愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■お問い合わせはこちらまでご連絡ください
0587-37-5825

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@に変えて送信を)

□学校リンク集
岩倉北小岩倉南小
岩倉中学南部中学
千秋中学一南高校
西春高校牧南高校
小牧高校岩倉高校
記事ランキング
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by sakura-kobetu at 10:06
岩倉から啓成に通って二年..
by 365 at 01:08
次はそれで頼みますよ! ..
by sakura-kobetu at 21:46
>こっちかな? のリン..
by 中島 at 13:17
>たかとりーな たかと..
by sakura-kobetu at 00:18
私も岩倉に見学に行ってか..
by たかとりーな at 22:19
コメントありがとうござい..
by sakura-kobetu at 17:21
もうご存知なのかもしれま..
by 花粉症 at 07:19
ブログパーツ
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...
検索
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:俺と100冊の勉強本( 6 )
俺と100冊の勉強本6「早朝学習で5科100点アップ」
久々に書く「俺100」の記事です。

100冊の勉強本を読んで皆さんに紹介していこうというコーナーです。


今日はこの著書がきっかけで塾へ見学に行かせてもらい、

お友達になっていただいた兵庫県学習教室サクセス、

岩田英証先生の著書です。

正式な書名で書きますと、

試験前たった1週間の早朝学習で5教科100点アップする勉強法

ですね。
e0092453_16435511.jpg


著者の岩田先生は学習塾の経営者であり、お寺の僧侶であり、書籍の著者である

というマルチな活躍をする方です。凄いですよね。



現役の個別指導塾の先生が書くこの著書は

子を持つ親の学習指導の参考になるのはもちろんのこと、

塾の先生の指導改善の参考にもなる本です。


中身はまず「早朝学習」について大きなページを割いて書かれ、

その後具体的な学習指導法についても書かれています。

そしてその後「子どもと一緒に勉強するとき、親が気をつけること」

なんていう章もありますね。

とても読みやすくスっと読めます。



・・・・・



私の読後の感想を3点にまとめてご紹介。

まず1点目

「早朝学習大変そう~」

→興味あるんですけどね。当塾での開催も。やる方もパワー要りますよね。
先日書いた「お前それ高校入っても独りでやれんの?」にも繋がりますし、
自分が朝弱いこともありまだ実施には至ってません(苦笑)
でも塾では結構流行ってて、知り合いの塾で実施しているところも多いですね。


次に2点目

「学習計画表を全生徒に書いてもらうことは難しい」

→掲載してた学習計画表は岩田先生に聞いてみると、
今は塾の指導で利用していないという返答をいただきました。
そうか、岩田先生の塾でも苦戦するんだ・・・なんて感想ですね。
ちゃんと書いてそれをプラスに活かせる生徒がとても少ないのです。
書くように指導した時間や労力に見合った結果が出にくいのです。
当塾でも今は学習計画表を書いてもらうことを辞めました。


そして最後の3点目

「まとめノートは私も反対派です」

→自学帳に要点のまとめを作り始める生徒全員に、
この本のこのページを読ませてあげたいです。
e0092453_17372818.jpg

そう!私もそう思う!なんて頷きながら読みました。
まとめノートは高等技術です。正しく取り組めれば抜群の成果が出ますが、
正しくできなければただの時間の無駄に成り下がってしまいます。

例えるならば・・・

パズドラに例えるなら「アヌビス」のようなものです。
e0092453_17464058.jpg

9コンボ以上のパズル力があれば爆発的な攻撃力を手に入れるモンスターですが、
パズル力が無い下手っぴが使うとただの雑魚のイヌに成り下がります・・・

・・



かなり的確な例えであると自負しているのですが、
いかんせん、まだパズドラやってる人を探す方が難しいですね(苦笑)


話が逸れました。

当塾ではまとめ勉強はその教科が内申4以上の子にしか許可してません。
下手なまとめを時間かけて作って、まったく身につかなかったら目も当てられません。
勉強キライな生徒が時間つぶしのために、
自学帳を埋めるためだけに教科書を写しているのも見てきていますからね。



こんな感じでしょうか。


・・・・


まとめますね。

この著書は現役の塾の先生が書いた

参考になる学習法本です。

読んでもらいたい人は、生徒の親と塾の先生です。


いつものように塾の本棚に置いてあります。

岩田先生のサインいりの貴重な1冊がありますよ。

貸して欲しい方は塾長まで。


今日はこのへんで。

それでは。


当ブログ関連記事
真面目に一生懸命(←岩田先生の塾へ行った時のレポ)
学習計画表リターンズ(←学習計画表利用の試行錯誤について)
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-07-15 17:53 | 俺と100冊の勉強本 | Trackback | Comments(0)
俺と100冊の勉強本5「頭がよくなる7つの習慣」
俺と100冊の勉強本の記事を。

今日は塾の先生である清水章弘さんが書いた

現役東大生が教える! 頭がよくなる7つの習慣

という本のご紹介を。

e0092453_1331647.jpg


2年前にこのブログでもご紹介している本ですね。

それは勉強?作業?(2013年9月9日)
問題集を3回を基本に(2013年10月10日)


タイトルに「現役東大生」とか使ってみたり、

「7つの習慣」という有名なフレーズを使ってみたり、

正直内容に不安を覚えるタイトルと見た目の本だったりするのですが、

この文庫本が実は素晴らしいです。


なんというか、たまたま入ってみた喫茶店のコーヒーが

めちゃくちゃ美味しかった感じです(笑)


塾の先生らしくシンプルに説明がしてあり、

わかりやすいたとえ話がちりばめられ、とても読みやすいのです。

それでいてすぐに取り組めそうな具体的な内容が

詰まった本です。この本が600円程度で手に入るだなんて、文庫本バンザイです。


本の内容紹介は先ほど貼った過去の記事でご確認ください。

また、アマゾンの「なか見検索」でかなり読むことができます。

アマゾンで立ち読みしてきてください→Amazonなか見検索はこちらから

この記事のために久々に読み直してみましたが、

やはり良いですね。この本は捨てられず本棚にずっといます。

東大教育学部の方が書いた本なのに、

こんなにわかりやすいなんて困ったものです。

運動も勉強もできるイケメンのようなものですよ(謎)



「家で勉強できるMAX時間を算出する方法」とか、

「テストは正確さとスピード」とか

「作業と勉強の違い」とか、参考にさせてもらい指導にも役立てています。


本書をお勧めするのは

中学生の子を持つ保護者と、学習塾に勤める方と、生徒本人です。

Amazonの立ち読みで面白かったら是非手に入れて

読んでみてください。


いつものように塾に置いておくので、

当塾の方は貸しますので読んでくださいね。



今日はこのへんで。

それでは。



本書に掲載されていた図をさっそく塾に貼ってみました。
e0092453_1352654.jpg


過去に紹介した俺と100冊の勉強本はこちらからどうぞ。
カテゴリー:俺と100冊の勉強本
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-05-19 13:53 | 俺と100冊の勉強本 | Trackback | Comments(0)
俺と100冊の勉強本4「本当の学力をつける本」
思い出したようにこのカテゴリーで書いてみます。

再び学校の先生が書いた著書からのご紹介です。

ベストセラー陰山英男先生の「本当の学力をつける本」です。
e0092453_22564572.jpg


2002年に発売され50万部も売り上げたスゴ本です。

こんな教育にまつわる本が50万部も売れるだなんて、

当時の関心の高さが伺えますよね。

ちょうど当時はゆとり教育が始まるタイミング。

そんなタイミングでこの本が出版され、

ゆとり教育に不安を持っていた多くの人の心を掴みました。

この本の編集部が言うには本書が「脱ゆとり」の

流れのきっかけを作ったとのことです。


・・


陰山先生の指導は2本柱です。

100ます計算に代表される「読み書き計算を主軸とする反復練習」と、

「早寝・早起き・朝ごはんを家庭ぐるみで習慣化させていく生活改善」です。


この柱を軸にまわりに塾もない山あいの公立小学校で指導を重ねた結果、

指導したクラスの2割もの生徒が難関大学に入学したという実績や、

全国共通の学力テストでずば抜けたクラス偏差値を叩きだしたことで

陰山先生は一気に有名になりました。

そしてこの本はその学校での取り組みを子供を持つ親へ向けて

書いたことで爆破的に売れたようです。


私も当時この本を買って熱くなりながら読みましたね。

成果が具体的に数値で示してあって、取り組むべき方法も具体的に記されてます。

そりゃ人気が出るわけです。とてもわかりやすい本ですから。

「早寝・早起き・朝ごはん」って何度か私書いてきましたが、

陰山先生の取り組みが最初だったんですね。知りませんでした。


久々に読み返すと私の中で根付いていることが多く書かれてます。

この本に影響を多く受けているという証拠ですね。



家庭でできることが具体的に紹介がされています。

保護者の方にまずお勧めしたいですね。

この本もできれば小学生の子を持つ親が一番ピッタリくると思います。



塾には2002年当時に買ったページが茶色くなったものと、

2012年頃に買った文庫本バージョンと2冊置いてあります。

塾生の保護者の方はご興味あればお子さんに借りてくるよう言ってくださいね。


塾外の方はご興味あれば文庫本版を本屋やアマゾンでお買い求めください。

600円でお釣りが来ますから♪



・・・


ふ~。これでまだ4冊目かぁ・・・

先が長げ~ww

1冊1冊重ねて100冊を目指します!


今日はこのへんで。

それでは。



今までご紹介した本はカテゴリーからご覧ください
俺と100冊の勉強本

当ブログ関連記事

早寝早起き朝ごはん!
保護者に協力していただきたいことブッチギリ1位は?
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-05-09 23:14 | 俺と100冊の勉強本 | Trackback | Comments(0)
俺と100冊の勉強本3「参考書だけで合格する法」
勉強本を100冊紹介しようというこのコーナー、

3冊目は塾業界に新しい風を吹き込んだ武田塾塾長林尚弘先生の著書です。

参考書だけで合格する法―偏差値37から独学で早慶大・国公立大医学部に入る!
e0092453_10323640.jpg

公教育の先生が書いた1冊目2冊目とは打って変わって、

こちらの本はゴリゴリの私教育の先生が書いた本です。

公教育と違ってビジネスとしても成り立たせる必要があるので、

自塾への営業の香りも多少する本ですね。

センセーショナルな文言が飛び交う本で、

「1秒も授業を受けずに難関大学に合格!」
「今やってる勉強法だと、あなたは不合格になる!」
「高校や予備校の英語は拷問だ」
「国語の授業はもっとも無駄だ!」

とエッジの効いた言葉に、

不安な気持ちを抱える受験生は読むとドキドキするでしょうね。

出始めのホリエモンの著書のように切れ味の良い言葉が並んでますね。

清々しい切れ味です。

そんなセンセーショナルな言葉が並ぶ著書だから、

読んだ人の賛否両論の波がまた凄いです(笑)

アマゾンのレビューは肯定派とアンチがぱっくりと割れています。


・・・


私のこの本を読んだ感想ですが、

とても勉強になりました。

「実際にこの記述を元に自分の生活をかけて指導をしている。

その結果多くの支持を集め全国に教室を増やしている」

この事実は動きません。

刺激的な言葉で営業をする手法を毛嫌いする方もいるのでしょうが、

記述内容はとてもわかりやすく、参考になる部分の多い本でした。


個別指導の授業で指導する教科以外の他教科は

生徒の自学自習で伸ばす当塾からしたら、

「授業をしない武田塾」でのさまざまな

取り組みが参考にならない訳がありません。



私が一番素晴らしいと思ったのは「例え」ですね。

皆が同様に過ごした小学生の頃の体験に例えて

書いてあります。

「九九を覚えた時こうだったでしょ?だから同じように・・・」

「なぜ小学校の頃は家でちゃんと宿題したか覚えてる?それは・・」

「高校の授業の内容は覚えていないのに、なぜ小学校の頃に

 習ったことは大半今も覚えているのか?それは・・」

こんな感じですよね。

九九が言えない生徒はこの本を手に取っていませんし、

小学校の内容の理解が怪しい生徒もこの本を手に取っていません。

読む人全員に「確かにそうだ!!」なんて思わせる例えを出して、

勉強法の紹介をしているのです。


エビングハウスの忘却曲線が出てきたり、

代表的な6つの暗記法を記して自分に合うものを試せだったり、

記述内容を単純な棒人間で図解してあったり、

全体的にとてもわかりやすかったです。



・・・


本書をお勧めするのは、

中高生の生徒たち、

同業の塾の先生、

でしょうか。

大学受験を目指す高校生へ向けた本なので、

もう保護者の方が読んでもお子さんに実践できないと思います。

ご興味あればどうぞ。


そして最後に、

「独学で参考書だけで合格する」

ことが高確率でできるのは、

志望校への強い気持ちを持ち、

国語の成績が高い生徒であると私は思います。

文章から情報を得ることがスムーズにできなければ、

気合があっても非効率です。

当てはまらぬ人は学習塾や、

流行りの映像授業等の利用も検討してくださいね。





今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-04-23 11:30 | 俺と100冊の勉強本 | Trackback | Comments(0)
俺と100冊の勉強本2「向山式中学生の家庭学習法」
勉強本を100冊紹介しようというこのコーナー、

2冊目は向山洋一先生の著書

塾だけでは実力がつかない向山式中学生の家庭学習法
e0092453_14483525.jpg


です。


1冊めにご紹介した「見える学力、見えない学力」も古い本でしたが、

こちらもとても古い本ですね。

どこからか聞きつけてAmazonで中古で買った覚えがあります。

1991年に出た本ですから20年以上前の本です。


向山洋一先生というのは有名な学校の先生で、

学校の先生向けの学習技術に関する書籍を

とても多く出されている方ですね。

「モンスターペアレント」や「学級崩壊」などの

言葉を作った方なのだそうです。


本屋で何度か目にする名前であったので、

勝手に親近感沸かせてこの本を買ったのではないかと思います。


本の内容としては、向山先生自身の家庭学習での取り組みを少し紹介して、

その後は仲間の先生たちが5人登場し、5人が各教科の勉強法について

語るというものです。


読み返してみると・・・

20年前には貴重な情報だったのだとは思いますが、

やはり5人の先生が思い思い書かれているので、

全体的なまとまりには欠けるかなと。

2冊目に紹介しておいて、それほどお勧めではありません(苦笑)

5人の先生のおっしゃる取り組みが全てできればいいんでしょうが、

それぞれの先生が全力で書いてますので、5科こなすのは

しんどいかなと。バイキングで美味しそうな料理を取り過ぎて

お腹がパンパンになる感じでしょうかww



私にとってのこの本のクライマックスは

最初の向山先生の取り組みについての記述でした。


問題集の取り組みについての記述です。

以下本書のP16の記述です。

問題集を一生懸命やって、勉強したつもりになるが、

実のところ「できた」「できない」の区分けをしたにすぎない。

極端に言えば、ここまでのことなら、問題集を解かなくても

「できる」ものはできたし「できない」ものはできなかったのである。

問題はここからなのだ。

つまり「できない」問題を「できるようにする」ことは、

自分の実力を飛躍させる。

これこそが勉強である。


ガーン!

この問題集に対する考え方の言い回し、フレーズは・・・。

私の中に根付いています。この私の中のこの想いは

向山先生のこの本から取り込んでいたのかもしれません。

それを証明するように、

現在教室に掲示してある勉強法について書いたものがこちら。
e0092453_159181.jpg


マンマですね(笑)

私としてはこれが確認できたので良しとする1冊でしたw


・・・


今や絶版でAmazonで中古でしか手に入れることができません。

熱心な保護者の方に少しだけお勧めです。

20年の時を経ても変わらぬ部分、

やはり20年の時を経て変わってしまって使いにくい部分、

ご覧になれると思います。

ご興味あればAmazonでどうぞ♪




今日はこのへんで。

それでは。





余談ですが、昔たまたま興味あって購入した
アフリカのケニアに単身音楽修行に行くという本の著者
向山恵理子さんがこの向山洋一先生の娘さんであることを
読後に知ってテンション上がりました(笑)

この本の方がお勧めかも(笑)

夢をつかむ法則 アニャンゴのケニア伝統音楽修業記
e0092453_15201661.jpg

[PR]
by sakura-kobetu | 2015-04-22 15:23 | 俺と100冊の勉強本 | Trackback | Comments(0)
俺と100冊の勉強本1「見える学力、見えない学力」
勉強本を100冊紹介しようというコーナー、

記念すべき一冊目は岸本祐史先生の著書

見える学力、見えない学力 (国民文庫―現代の教養)です。
e0092453_141014.jpg



100ます計算で有名になった蔭山先生の師匠にあたる先生だという

触れ込みを聞いて、興味が出てアマゾンで購入した書籍でした。

初版が1981年です。

私が7歳の頃ですね(笑)


30年以上前の書籍ではありますが・・・

本の内容は色褪せません。

人間の外見は時と共に変わっても、人間の中身は変りませんからね。

人間の中身について書かれた本書は時を超える名著ですね。

1986年に発表された天空の城ラピュタが

時を超えて今も愛される冒険活劇映画であるのと一緒ですね(言いたいだけ)


・・・


本の内容はタイトル通りです。

「数値として見える学力と数値として見えない学力があって、

学力を伸ばすためにはどちらも大切だ。

特に見えない学力のほうは大切だから、

細かく分類して説明しましょう!」

私なりにかなり意訳しましたが、

各教科の勉強の取り組みについて書く前に、

目に見えない学力のほうが力を入れて説明されていました。


本書からその見えない学力について端的に表した図があったのでご紹介を。
e0092453_1401095.jpg


わかりやすいなぁ。

賢い人は難しいことを簡単に表すのが上手いよなぁ。


岸本先生が挙げた見えない学力の内容は大きく4つで

「言葉」「読書」「しつけ」「遊び」でした。


本書は子を持つ親に特に読んでほしいですね。

可能ならば小学校入学前の子を持つ親が一番いいなと。

もちろん、指導側の人にも是非。

中学生は・・・読んでもいいかな。テレビとか砂糖とか控えるようになって、

家で手伝いをするようになるかもしれませんから(笑)


私は本書にあった「1日5分からスタートして毎日1分ずつ伸ばしていく勉強習慣定着法」

が興味深かったです。勉強習慣の定着には3カ月が勝負とのことでしたね。


あとは・・・貧しい家庭ながらゆたかな学力を持つ子供が育ったという実際の子育て例が

勉強になりました。やっぱ親の愛情ですねぇ~。


・・・・


こんな感じでしょうか。

1冊目は手持ちで一番古い本をご紹介しました。

ご興味あれば是非。

天空の城ラピュタやローマの休日のように、

時代を感じさせない良さがある本ですから!



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-04-17 14:18 | 俺と100冊の勉強本 | Trackback | Comments(0)