愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■お問い合わせはこちらまでご連絡ください
0587-37-5825

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@に変えて送信を)

□学校リンク集
岩倉北小岩倉南小
岩倉中学南部中学
千秋中学一南高校
西春高校牧南高校
小牧高校岩倉高校
記事ランキング
最新のコメント
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
コメントありがとうござい..
by sakura-kobetu at 10:06
岩倉から啓成に通って二年..
by 365 at 01:08
次はそれで頼みますよ! ..
by sakura-kobetu at 21:46
>こっちかな? のリン..
by 中島 at 13:17
>たかとりーな たかと..
by sakura-kobetu at 00:18
私も岩倉に見学に行ってか..
by たかとりーな at 22:19
ブログパーツ
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...
検索
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:2009年塾改革( 7 )
DVD自立学習始めます
2009年度からの新しい取り組みについてのご説明を続けます。

今日は内部生の保護者より新年度のシステムについて不明な点を

問い合わせていただきました。

ありがたいことです。わかりにくい部分やよくわからない部分もあることと思います。

不明な点がありましたら、お電話にてお気軽に問い合わせてください。



***


さて、DVD自立学習についてご説明します。

どうしても個別指導の形態の塾ですと、

5教科フルに指導させてもらうことが難しくなります。



それは時間的な問題はもちろん、費用的な問題も関わってきます。

いかに指導教科が少ない中、他教科もフォローしていくか。

これが個別指導塾の長年の課題だったりします。



今までこの課題に対して、さくら個別指導学院としての取り組みは、

「勉強方法について指導をする」

「テスト前のテスト対策で個別指導の授業をする」

というものでした。



弱点は1点です。

費用が大きくかかってしまうところです。

授業を行うと人間(先生)一人を横に80分座らせるわけですから、

どうしても費用がかかってしまいます。

費用をもっと抑えて、同様の指導効果を挙げていきたい。



この問題を解決すべく、DVD教材の導入です。

このDVD教材は、新年度から導入する個別指導専用教材「フォレスタ」を

作成する会社から出されているもので、フォレスタの問題に沿う形で作られています。

しっかりと厳選された問題に対応しているので、コンパクトに、それでいて

要点をキッチリと押さえたつくりになっています。



以前も書きましたが、こういった対人ではない指導形態には

多少不安を抱いていました。「やっぱり人の指導でしょう。」なんて。


しかし、現在試験的に多くの生徒たちにDVDを実際に見てもらっています。

そのDVDの感想を聞いてみると・・・


「やばい、すごいわかる。」

「わかりやすいよ。」

「やべー、次のテスト点が上がっちゃいます。」


別に宣伝するために言っているわけでは無いんです。

皆がそのように言うのです。


さて、それはなぜか?


私が推測するに、「学校の授業が集中して受けることができていない」

ということが一番大きいと思いますけどね(苦笑)

自称真面目に授業は聞いているという生徒も「よくわかる」なんて

言っていたのでDVDの出来もやはりいいのでしょう。


効率的にコンパクトに要点をまとめたDVDです。

生徒の気持ちのハードルを下げるためもあり、

単元の導入の説明は吉本の芸人などが出てきます。

京大芸人のロザンをはじめ、吉本では無いですが

ドキドキキャンプ、ハマカーン、流れ星が導入を説明してくれます。

学力向上へのいい武器ですね。

e0092453_2072324.jpg












あとはこのDVDを真剣に見て問題演習をする環境を

準備してあげるのが一番肝だと考えています。

しっかり環境整えて、DVDの魅力を最大限に引き出したいですね。

これで費用を抑えて理科や社会の対策をしてもらえそうです。



***


テスト前の選択講座として募集予定です。

もちろん、通常の1対2の授業を受講するよりも費用を抑えての案内です。

中3生には入試対策として継続的に受講できるように案内予定です。

特に社会の歴史に関して、「授業を聞いていなかったから全くわからない」なんて

生徒にはお勧めです。夏休みに急に詰め込もうと思っても限界がありますから、

春からDVDを利用してじっくりと復習できたら理想ですね。


今月中には申込用紙と共にご案内ができると思います。

理科や社会もやっていきたいというご家庭はご検討ください。

今なら無限に無料体験できます!(2009年2月19日まで)




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-02-02 20:00 | 2009年塾改革 | Trackback | Comments(0)
講習会をターム制にします
※今回は現在お通いいただいている生徒とその保護者へ向けた記事です。


新年度からの変更点について

引き続き説明をさせてください。

このような場所があって本当に良かった。

際限なくお話をすることができるから。


興味を持って通っていただいているご家庭に

しっかりと想いを伝えることができるから。



**



さて、夏期講習・冬期講習・春期講習についての変更点について

お伝えさせてください。


今まで自由に教科と回数と時間帯を選べる講習会を行ってきました。

授業を組むのも、準備もとても大変ですが、これがベストであろう

と信じて前職の時代からずっとこのスタイルで行ってきました。

さて、現在のスタイルをもう少し深く見てみます。



この講習会の長所は

 ●生徒のやりたい所にピンポイントに合わせてやれるところ。

 ●生徒が来たい時間帯にピンポイントに合わせて授業を組めるところ。



それに対して短所は

 ●生徒のやりたいところは必ずしも生徒にとって必要な単元を網羅していない。

 ●生徒のやりたい回数はその教科のその単元に置いて必ず足りているとは限らない。

 ●生徒と講師の話し合いだけで苦手単元が全てあぶり出るわけでは無い。

 ●予定に合わせてバラバラに組むので、生徒が予定を忘れたり間違えやすい。



このような感じです。


近年ちょっとずつ違和感を感じていたのです。

書き出した短所が気になってきていたのです。


本当に生徒の要望に100%合わせることが生徒のためになるのだろうか?

今の形がベストなのだろうか?



***



上記に書いた短所を克服すべく、

次回の春期講習よりターム制で講習会を実施することにしました。


ご説明します。


ターム制とは、今度の春期講習を例にして言うならば、

春休みを大きく2つのタームにわけます。

3月の26日・27日・28日・29日を1ターム目、

30日・31日・4月の1日・2日を2ターム目とします。

各ターム時間帯がM1講・M2講・1講・2講・3講・4講・5講・6講とあります。

(講習中は新年度より通常授業を停止するので夜の講も選択できます。)

この2ターム×8講=16箇所 の受講パターンから選んで受講してもらうのです。


例えば、

数学を1ターム目の2講に受講したとしましょう。


すると、

3月の26日・27日・28日・29日と4日連続で

2講の時間に数学の授業を受講することになります。


簡単に言いますと、

4日連続の同じ時間で来てもらう。

1教科で最低4回受講してもらう。

ということです。


現在のシステムの短所の解決になっているでしょうか?

先ほど書いた短所を挙げて確認してみます。


 ●生徒のやりたいところは必ずしも生徒にとって必要な単元を網羅していない。

 ●生徒と講師の話し合いだけで苦手単元が全てあぶり出るわけでは無い。


  →フォレスタステップという講習用の教材を使用して、最初の単元から

   最小限の時間でレベルチェックテストをして、苦手な単元を丁寧につぶしていきます。


 ●生徒のやりたい回数はその教科のその単元に置いて必ず足りているとは限らない。
  →ターム制にすることで4回という最低回数受講することになり、広くカバーできる。
 
  
 ●予定に合わせてバラバラに組むので、生徒が予定を忘れたり間違えやすい。

  →4日間連続で同じ時間帯に来ることになるので、間違えることがない。



短所はカバーできそうです。

新しく導入するターム制ですが、もちろん短所もあります。

ターム制の短所を考えた対策と共に書いてみます。


●習い事などで4日も同じ時間を確保できない
 →まず今までと違うのは、講習中は通常授業が無くなることです。

  それにより、講習中も夜のコマを受講することができます。これで旅行や合宿に

  行かない限り対応できるのではないかと考えています。

  あとは、やむ得ない場合に対応できるよう、振替専用の日を何日か設定予定です。


●1単元だけで2回ぐらいだけ受講したい教科(単元)がある。

 →この場合を検討中です。そういったショートコースを作成するのかどうか・・

  ひとまず理科と社会はDVDの映像授業を選択受講できるようにしますので、

  それでカバーしていこうかと思っています。

  


****


長々と書きました。

システム変更にいたるまでの経緯や想いを

しっかりと伝えていきたいと思ったのでお許しください。




これでも伝えきれていない部分はあるかと思います。

不明な点や質問等ありましたらお電話ください。


また講習前にご案内しますね。


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-01-27 20:19 | 2009年塾改革 | Trackback | Comments(0)
残すべきもの。変えていくもの。
昨日は一日中広告を作っていました。

作り始めた当初は、広告表面の一番大きなキャッチコピーは

「成績保証制度開始。」としていました。

その下の本文には「おかげさまで3周年」という文章が続きます。

自分で作っておきながら、このメインのコピーに何かちょっと違和感を感じていました。



すると、一緒に作っていたフォークス@植田の石橋先生が

この広告を見ておっしゃいました。


「ちょっと表面のキャッチコピー何か違和感無い?

 成績保証制度は今いる生徒には関係無いんだよね?

 今来ている生徒や保護者の皆に感謝の気持ちも届けたいんだったら、

 表面はそういった内容に統一したほうがいいんじゃないかな?

 裏面に変更するシステムを集めて載せたていったほうが良くないかな?」


あっ、そうだ。

それだ。

心の中でもやもやと思っていた言葉が

明確に言葉としてもらえました。



表のコピーは

「さくら個別は3周年」として、

地域の皆さんのおかげでここまでこれましたという文章に変更です。



ありがたいアドバイスのおかげでいい形になってきました。



****


作っていて石橋先生と話していたのは、

「あんまり成績保証・成績保証って言いすぎちゃうと、

 なんだか個人塾としての良さが薄れちゃうね。」

なんて内容でした。



確かにそんな気がします。

成績を上げることが塾としての目的ではありますが、

その目的一点を見続けて黙々とその業務だけを遂行するのでは

なんだか個人で塾をしている甲斐というものがありません。



何度も書いていますが、塾として私が目指したい雰囲気はこんな感じです。


「学習時にはテスト時のような緊張感を出しながら熱気ある雰囲気を。

 休憩時には家族の団らんのような柔らかく暖かい雰囲気を。」


この2つの空気を交互にうまく生み出していきたいなぁって思っています。

学習指導を通してもっと人としての基本や大切なことも

身につけてほしいなぁって思っています。



・・・・


うまく言えませんが、今回変えていくのは第一の目標である

「成績向上」に関するシステムについてです。

さらに生徒たちが成績を上げるために取り入れるシステムではありますが、

今まで作ってきたものを無くすわけではありません。


今までの雰囲気は残すべきもの。

成績向上に向けて指導のシステムは変えていくもの。


残すべきものと変えていくものをしっかりと見極めて、

皆にとっていい形でさくら個別をチェンジしていきます。


そう、イエス、ウィーキャンです(笑)



***


今週の水曜に来年度の変更点を書いた

新しい入校案内をお渡しする予定です。

皆さまよろしくお願いします。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-01-26 11:48 | 2009年塾改革 | Trackback | Comments(2)
使用教材は個別指導専用教材「フォレスタ」
引き続き来年度の変更点について書いていきます。

今日は教材についてです。


新年度からの教材は何度かここでも書いてきましたが、

個別指導専用教材「フォレスタ」を採用することにしました。


e0092453_13104959.jpg














個別指導専用教材とは、ここ4・5年で広がってきた、

文字通り「個別指導塾で指導するために開発された専用の教材」なのです。



この教材は教材会社が開発制作したのではなく、

新潟から始まった森塾という個別指導塾が開発制作したものなのです。

だから、実際に指導している先生たちの想いと工夫がギッシリ詰まった教材なのです。



「1対1で先生たちが説明がしやすいように説明ページは作ろう。」

「1学期最初のテストは昨年の内容も出るので、昨年の単元も載せておこう。」

「コピーに行ったりする時間がもったいないから、

 数学のグラフや作図は後ろのページに別でつけよう。」

「授業で行う問題と、宿題専用の問題と分けて行こう。」

そんな先生たちの生の意見が反映された教材なんですよね。



そのうえこの教材は毎年改訂されていきます。

毎年改訂される教材というのは珍しいです。

なぜならいやらしい話、商売だけ考えたら

一度作ったらあとは印刷し続けるのが一番儲かるわけですから。

毎年改訂は本気の印でしょうね。

費用がかかってもいいものを作っていきたいというスタンスなんでしょうね。

フォレスタは毎年全国から定期テストの問題用紙を数千枚集めて分析し、

問題傾向の変化などに対応しているそうです。



フォレスタに対する知識を深め、実際に使用している様子を

塾を見学して見せてもらって、この教材を使用することに決めました。



ここ最近、教材会社から追うように2つの個別指導用教材が出ましたが、

作成元の森塾が実際使用して日々改訂される血の通ったフォレスタには、

まだまだ及ばなさそうです。



上記のような経緯で来年度の教材を決定しました。

この新しい教材は学年末テストが終了した後の

2月末には配付していこうと思っています。


よろしくお願いします。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-01-22 12:59 | 2009年塾改革 | Trackback | Comments(4)
成績保証制度導入について
2009年4月より「成績保証制度」を導入します。

概要をお伝えすると、


  入塾後2学期以内に学校の中間・期末テストで、

  60点以下でご入塾の場合、受講科目が1科目で+20点以上になることを保証します。

  60点以上でご入塾の場合、その科目が80点以上になることを保証します。


  もし、以上の基準を超えて学校成績が上がらなければ3学期目の対象科目の

  授業料を全額排除し、1学期間無料で指導させていただきます。

  (公立中学生対象の制度です。)



ということです。


ただ、誰でもかれでも魔法のように成績を上げることはできませんから、

この保証制度には対象条件がしっかりとあります。

例えば、「遅刻欠席回数が規定以下であること」とか、

「対象科目については講習会に参加いただくこと」とか。

詳しくは新しく作り直す入塾案内に掲載していきます。



**



何度も書いていますが、こういった成績保証は

これからの個別指導塾の当たり前になってくると思います。

おそらく10年以内ぐらいまでには。(長っ!)


りんご塾@滋賀の田邉先生も、フォークス@天白区の石橋先生も、

アンテナ高くフットワークの軽い先生たちは

成績保証をとっくに取り入れています。

「成績保証はいいよ!」

そんな風に話を前から聞かせてもらってはいましたが、

今一歩導入に向けては私の勇気が足りなかったんですよね。


成績を保証しちゃうわけですから(笑)



りんご塾の田邉先生はおっしゃっていました。


「これは成績を保証することに意味があるのではなくて、

 塾としての指導成果への覚悟を地域の人に伝えることに意味があると思う。」


そうですよね。

誰もこの成績保証制度によって、3学期目の授業料が無料になることを

期待なんてしていません。無料になって喜ぶ人は誰一人としていません。


これは指導への覚悟の具体的な表現方法のひとつなのでしょう。

「これぐらい本気でやっています。本気で勉強を頑張りたい人来てください。」

ってことですよね。

「〇〇ちゃんが行ってるから俺も行ってみよう。」ぐらいの軽い覚悟では

入ってから苦労をするということを最初に伝えておくのです。




そんなわけで、さくら個別指導学院でも成績保証を導入します。

その想いは先ほど書いた通りです。


「これぐらい本気でやっています。本気で勉強を頑張りたい人来てください。」






今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-01-16 09:47 | 2009年塾改革 | Trackback | Comments(6)
HPリニューアル
発注したあったホームページの初稿が上がってきました。

んー。

さすがプロです。

お客の要望をしっかり受け止め、

素晴らしい形で表してくれました。

e0092453_2012972.jpg














ここから調整して、よりわかりやすいHPを作っていきます。



***



明日は昼1時半から塾は開いています。

テスト中の公立中3生。

それぐらいの時間に家に帰ってくるよね?

家に帰って寝てしまうぐらいなら、

塾に来て勉強していきなよ♪



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-01-13 20:19 | 2009年塾改革 | Trackback | Comments(0)
2009年塾改革 其の壱
今年は塾を変えていきます。

この今年の塾の改革については、

「2009年塾改革」というカテゴリーで書いていきたいと思います。

どういった経緯で、どんな想いで変えていくのか?

そのあたりをできるだけ詳しく書いていけたらと思っています。



さて、早速ですが変更予定なものを大きなものから挙げてみますね。


 ●塾移転            ・・・実現度80%

  以前NOVAの入っていたところを狙っているのですが、
  去年みたいに物件を逃さないように交渉中です。


 ●成績保証導入       ・・・実現度100%

  これからの個別指導塾のスタンダードになっていくでしょう。
  これでこちらの本気度も伝わると思います。本気でやりたい人に来てもらいましょう。
  当地区初導入です。(なんかこの表現、パチンコ新台みたい。。。)


 ●個別指導専用教材導入 ・・・実現度100%

  個別指導専用教材が世に出て2年3年経ちました。
  見守ってきましたが、どうやら素晴らしいようです。採用します。
  現在3社より出ている個別専用教材の中から、最も素晴らしい
  森塾作成の「フォレスタ」を採用します。こちらも多分当地区初導入です。


 ●DVD教材導入       ・・・実現度95%

  やっぱり対面授業だろう・・と、こういった映像教材は懐疑的だったのですが、
  この教材は日本一の個別指導森塾の手がけた、個別指導で使いやすい教材です。
  学校で授業を聞いていない生徒が、自立学習できるよう、試験的導入してみます。
  選択受講にする予定です。今日より無料モニター募集してます。(先着5名)
  対象は公立中学に通う中1中2生、教科は理科社会です。
  期間は次の定期テストが終わるまでです!


 ●HPリニューアル      ・・・実現度100%

  自作のHPが古くなってきました。昔と違って時間も無いので、
  今回はプロに作成してもらいます。HPは24時間OPENしている塾の広告と
  言っても過言ではありません。2月中にはリニューアルします。





変更点はざっくりこういったところです。

後日、順にくわしく書いてみますね。

また、付随する細かな変更点も追々書いていきます。

(料金改定 ・ 講習会ターム制導入 etc・・・)


・・・

・・



いろいろと変更点が出てきますが、

もともとの塾の心臓部は変わりません。


「1対2の個別指導」

「水曜の自学指導」

「暖かみのある個別指導」


ここを軸に、肉付けをしていくイメージですね。

さぁ、今年は忙しくなりそうです。

頑張ります。



***


今日は朝9時半から開放中ですよ!

学年末テスト直前の中3生、

家でエンジン掛からない人は塾においでよ!!



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-01-12 10:08 | 2009年塾改革 | Trackback | Comments(1)