愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■お問い合わせはこちらまでご連絡ください
0587-37-5825

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@に変えて送信を)

□学校リンク集
岩倉北小岩倉南小
岩倉中学南部中学
千秋中学一南高校
西春高校牧南高校
小牧高校岩倉高校
記事ランキング
最新のコメント
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
コメントありがとうござい..
by sakura-kobetu at 10:06
岩倉から啓成に通って二年..
by 365 at 01:08
次はそれで頼みますよ! ..
by sakura-kobetu at 21:46
>こっちかな? のリン..
by 中島 at 13:17
>たかとりーな たかと..
by sakura-kobetu at 00:18
私も岩倉に見学に行ってか..
by たかとりーな at 22:19
ブログパーツ
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...
検索
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧
名古屋初を作る男
OFFです。余談を。


ゴールデンウィーク中にタイのバンコクで食べた「ガイトーン」という

ピンクのユニフォームで有名なカオマンガイ屋さんは

昨年東京に初上陸し、少し前に福岡にも店を出したようです。

「この様子だと名古屋に来るのは2年後かな」なんてブログ記事に書いたのですが、

期間限定で名古屋の百貨店催事場に来ていることを

土曜の東海ローカルテレビ「花咲かタイムズ」で仕入れましたw

5月上旬にタイで食べた味を名古屋で同じ5月に食べることができるなんて、

なんという巡りあわせでしょう。この事実を知った時に

カオマンガイを食べるためだけに名古屋三越に行くことが決定しました(笑)


なんでも6月1日月曜までとのことで、

急いで本日(5月31日)、名古屋三越へ行ってきました。


11時着で名古屋三越の催事場へ足を運ぶと

すでに20名近い人が並んでいましたね。
e0092453_20333290.jpg


人のこと言えませんがイカレタ人たちです。

こんな早い時間からタイ料理食べたいとかどうかしてます(笑)

しばらくかかるかもなぁ~なんて思ってぼんやりしていると、

行列を整理する三越社員がやってきました。

あ、見覚えのある姿、どうやら知り合いのようです。

学生時代に参加してた団体の後輩が

ここ名古屋三越でバイヤーをしてます。

しばらく東京勤務だったらしく見てませんでしたが、

5年ぶりぐらいに見かけました。


「リョウタ!」

「あー久しぶり~!どうしたの?」


「どうしたもなにも、カオマンガイを食べに来たがな。

ちょっと前にタイで食べて美味かったから食べたくなってね。

名古屋に来てるって昨日知って急いで来たんだよ」

「そう!この店は僕が名古屋に呼んできたんだよ~

もうすぐ大阪に店を出すらしくて、プレオープンのつもりで

出店しませんか?って交渉したんだ~」


軽ーい口調でスケールの大きなことを言ってくれるものです。

「この野菜うちの畑で採れたんだよ~」ぐらい軽い口調ですよね(笑)

渋谷の店がOPENする時にマスコミも話題にしたタイの有名飲食店を

リョウタが交渉をして今回名古屋に連れてきてくれました。

5月上旬タイで食べたカオマンガイを再び名古屋で5月下旬に食べることができたのは、

実は後輩のリョウタの仕業だったということです。ん~凄い。いい仕事。

さすが、東京勤務時代にTV番組ガイアの夜明けに出たことあるだけはあります。

交渉力に長けているんでしょうね。学生時代も美味しい食べ物好きでしたし(笑)


そんな話をリョウタと立ち話でしていたら、リョウタが私に言いました。

「今回の催事で出店してる四川 飄香(ピャオシャン)って店があってね、

そこの(よだれ鶏)が凄く美味しいんだよ。絶対好きな味のはずだから買ってみて!」

お、お、おぅ。

私の食べ物の嗜好を覚えていてくれたうえで

バイヤーに激しく勧められてしまったら買う以外の選択肢無いですよね(笑)


5年ぶりに会ったリョウタは学生時代より断然良い顔つきをしていました。

世間に揉まれ良い顔になってきたんでしょうね。


・・・


早速リョウタが勧めてくれたよだれ鶏を買ってきて夜に食べてみたのですが・・・
e0092453_215148.jpg


美味すぎる(笑)

よだれ鶏、なんならカオマンガイより美味いからね(笑)

リョウタありがとう。



名古屋三越の催事で「名古屋初!」とか書かれた

東京の有名店の初出店を目にしたら、

その裏にはリョウタが関わってる可能性が高いですw

これからも東京から世界から、

美味しい素晴らしい店を名古屋に引っ張ってきてください。

これからのリョウタの仕事ぶりに期待します!



余談でお送りしました。



今日はこのへんで。

それでは。



よだれ鶏もカオマンガイも明日6月1日(月)までです(苦笑)
どうしても食べたくなったらマッハで名古屋三越まで♪
e0092453_20332953.jpg


あ、名古屋三越1階化粧品売り場には元教え子カオリもいますよ~
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-05-31 21:17 | その他 | Trackback | Comments(0)
心安らぐカフェが琵琶湖湖畔に
久々のOFFです。

余談を。


定期テストが終わってつかの間の連休です。

今日はOLの休日のような短い呑気記事を。(OLはそろそろ死語かなw)


・・・


北欧雑貨好きでカフェ好きの大田先生が

滋賀にある素敵なカフェを見つけてきてくれました。


北欧好きでカフェ好きには有名なカフェらしいです。

聖地巡礼と言ってもいいかもしれない知名度らしいです。

そういった情報はインスタグラムで拾ってきてくれます。

ファッションとかグルメとか、雑誌なんかよりも流行情報が

ダントツに早いそうです。時代を感じますよね。


滋賀へ行く用事があったので聖地へ行ってみることにしました。

そのカフェは彦根市の琵琶湖湖畔にありました。

vokko ヴォッコ」という名のカフェです。
e0092453_063829.jpg


駐車場に並ぶ車のナンバーを見ると、

「福井」「大阪」「岐阜」「三重」などなど。

全国各地からやってきてます。

聖地の名にふさわしいですよね。


古い小さな小屋を改装して作ったと思われるお店には、

北欧雑貨や食器や洋服が並べられ、

奥には少しだけカフェスペースが。


置いてある北欧食器はビンテージものだったりして、

私が生まれた頃に作られた皿などは5,000円とか、

コーヒーカップのセットは1万円越えもw

良いものが少しだけ置いてある店ですね。


この店は奥のカフェスペースが特に素晴らしくてですね。

置いてある椅子は北欧調な椅子です。

CH33(に似た椅子)グランプリチェア(に似た椅子?)など置いてました。

コーヒーもスイーツも美味しかったのですが、

何より一番素晴らしいのは窓から見える景色と聞こえてくる音です。

e0092453_064232.jpg


素朴な庭と大きな木と、その奥にかすかに見える琵琶湖の水面。

少しだけ開けた網戸から聞こえてくるのは葉の音と鳥のさえずりだけ。

道路から少しだけ入った立地がいいのか、交通量がさほど多くない道沿いだからか、

俗世間と結びつける車の音は聞こえませんでした。

店内にはとても小さな音で穏やかなBGMが流れてきます。

ぼーっとしていると心が緩んでいくのを感じました。



「あぁ~、温泉とかリゾートとか行って心を休めなくても、

ここで休めればよくね?」

素晴らしい居心地に思わずこう思いました(笑)


さすが聖地です。素晴らしい店でした。

商品も、カフェも。


もしも足を運ぶことになったときのためにお伝えしておくと、

カフェスペースは湖畔に向けて設置されているソファー席が断然良いです。

この席が空いてなければ、この席が空くまで待たせてもらった方が良いと

私は思います。(次座られていたらそうしたいですw)


・・・


ちょっと愛知からは距離がありますが、

遠征する価値がある素晴らしいカフェかと!

愛知の方はひこにゃんに会いに来がてら是非です!


知り合いの滋賀の塾の先生!

(個別クロスの吉永先生~。ゴールフリー八日市の桐山先生~)

是非奥さん連れていってみてくださ~い。

心安らぐ場所は案外近くにありますよ~w


・・・


さっと更新を終えるつもりが、

カフェの素晴らしさを伝えたくて長くなりましたw


久々の連休ですし、

明日も呑気な記事でお送りしますね。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-05-30 23:21 | その他 | Trackback | Comments(0)
定期テストは努力が点になる部分のあるテストを
今日で岩中は定期テストが終了です。

最初の山場を終えますね。


昨日はテスト初日だったので、

早速生徒たちにテスト問題を持ってきてもらい内容を見ました。

大きな勝負がかかるテストですからね、

特に中3のテスト内容がとても気になります。

中3のテスト内容を見ていきますね。


まず国語。

「今回はワークをそのまま覚えてしまってもイイ」といった言葉が

テスト前の授業で先生からあった通り、

ワークからそのまま出題されている部分多かったですね。

3年間のまとめ教材マイペースからは単元8のB問題よりそのまま出題。

単元5から10までがマイペースの範囲でしたから、取り組んだ甲斐はあったでしょう。

漢字も事前に出ていたプリントから出されてました。

ちゃんと取り組んだ生徒は点がとれそうですね。

努力が点になるテストと言って良さそうです。



次に数学。

難易度は高すぎずワークレベルのものが多く出題されてました。

マイペースからは範囲表の記述通り基礎的なA・B問題が中心に

連立方程式やら一次関数から出てましたね。

指示通りに勉強していれば取れたのではないでしょうか。

最後の確率の難問は100点阻止問題でしょうか。

計算問題が多く出題されていますので、計算力が点差を分けそうです。

計算力がある子は高得点取れそうですが、

計算力が無い子がポロポロと計算ミスで点を落としてしまい、

平均点は60点台じゃないかと見てます。



最後は社会。

しっかりと作りこまれた力作のテストでした。

愛知県公立入試問題に似せた形式での出題で、

広い範囲を幅広く万遍なく出題されてました。

マイペースの範囲は単元1から10と広い範囲でしたが、

出題は後半の5から10の日本地理のみでした。

マイペースの部分もこれまた手のかかった力作で、

万遍なく出題ができるよう、入試問題のような構成で

さまざまなページの問題をうまく編集して

出題されてましたね。設問じゃないところの資料なんか

からの出題もあり、これは問題を1度解いた程度では

太刀打ちできないかなぁ・・・。いや、3度でもしんどいか?




こんな感じですね。

社会は仕事がとても速く、

テスト当日に返却されたクラスがあったようです。

そのクラスの平均は50台半ば。

でしょうね。社会を元々得意とする子と、

今回から頑張ろうと努力した子の差が

埋まらないテストでしたからね。


・・・・・・

社会のテストは本当に作りこまれた力作で素晴らしい作品でした。

問題集のデータストックからエイエイッとコピペをして

30分もかからず完成するような定期テストも見てきてますから、

今回の手間と時間をかけて作りこまれたテストは素晴らしかったです。

ただ・・・

・・



塾側から勝手な要望を言わせてください。

テスト前のテスト勉強の努力が

わかりやすく点に繋がる部分を少しだけ

作ってもらえると嬉しいなと思うのです。


「頑張った甲斐があった」「頑張ったからここは取れた」

と生徒たちが実感できる部分を少し作ってほしいなと思うのです。


国語力があり、社会が好きで得意な子にとっては

なんてことないテストと感じるとは思うのですが、

国語力がなく、社会が嫌いで苦手な子にとっては

取り付く島もない難しいテストだったように思うのです。


歴史の教科書を読ませてみれば、

1ページで5個10個と意味の分からない言葉があって

書いてある内容が自力で理解できない生徒が沢山います。

そんな生徒たちは学校で配付されているワークだけが頼りで、

そのワークに取り組むことがテスト勉強の主になります。

どうしても1問1答のような勉強になってしまい、

出題角度を変えられるとお手上げになる子も多くいます。


そんな子たちにも

「ワークやったから前半の方はできた部分あった」

なんて、努力の価値を実感できる部分をお願いしたいのです。



国語が正に努力が点になる典型のようなテストでしたから、

社会はそれを受けてバランスをとったのかなあとも思いますが、

生徒たちには「頑張って努力をして点がとれた」

という経験を重ねて努力の大切さを知り、

この先そういった経験を自信にして新たなことにチャレンジしながら

生きていって欲しいんですよね。



・・


そんなわけで塾側の私からの勝手な要望ですが、

先生方、定期テストでは

「ワークまんまですやん」パートを少し作ってもらえませんでしょうか(笑)

宜しくお願いします♪



・・・・・・


さてさて、生徒たちには恐ろしい事実をお伝えしておきます。

次の定期テストまで1か月切ってるからね~!

来週からテスト対策用紙を配付していくからね~!

岩中は息を吐いて肩の力を抜くのは次の定期テストが終わってから。

9科のテストを攻略すべく早くテスト勉強していこうね~♪



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-05-29 10:40 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
呼吸するように変化する教室の空気
昨日は岩倉中学がテスト前日でした。

明日のテストへ向けて皆が集中して取り組んでいましたね。


・・


教室内のルールを緩和しましたという記事を3か月前に書きました。

塾のルールを緩和したら・・・


この通りルールを緩めてやってきましたが、ここ最近

「友達同士が隣り合って自習席に座ってはいけない」というルールは

再開する必要があるかもしれないと感じています。


少し目につきますね。

どんな理由であろうと、自習中に隣の友達に声をかける姿が。

(テスト範囲を聞いていたんですなんて言い訳文句は塾アルアルw)

昨日も多少目につきました。



おかしいな。

3か月前はできていたのにな・・・なんて思ったのですが、

考えてみれば理由は明白でした。


・まず勉強に対する真剣な濃い空気を放出していた今春までの
中3受験生たちの勢力が卒塾でグッと小さくなったということ。

・そして、受験生ルーキーでまだ勉強への真剣度が上昇中である
新中3生が最大勢力になったということ。

・そして、昨日は大半の高校生がテスト終了したばかりで
自習に来ておらず、教室内のパワーバランスが崩れたこと。




こんな理由でしょうね。

自習中に隣に話しかけると言っても

決して勉強に関係のないことを喋っているわけでは無いんです。

本当に範囲の確認であったり、教材や解答の貸し借りであったり、

分からない問題を聞いてみたり、そんな会話です。

しかし、話しかけることで相手の集中をいちいち切りますよね。

そんな会話は全て休み時間にすべきことで、

自習中にふと思い立っても休み時間まで我慢すべきことでしょう。



今の生徒たちにはまだこのルールは時期尚早だったかもしれません。

再度友達同士隣に座らないルールを再開することを検討してみます。



・・・



教室の空気はいるメンバーによって

呼吸するように変化しますね。

いるメンバーを見て、その変化をしっかりと見て、

勉強に集中して取り組める空気を保っていってあげたいです。



そんなわけで、本日岩中定期テスト最終日前日。

友達と隣同士で座ってはいけないというルールを

再発動して様子をみてみたいと思います。

加えて「質問や教材貸し借りなどは休み時間に」

と釘を刺しておきましょうか。


ルールはシンプルに少ない方が美しいですし素晴らしいですけどね。

iPhoneの説明書とかペラッペラですよねww

何事も洗練されてくると説明の言葉が少なくなるということでしょう。

シンプルに少ないルールで運営できるよう頑張ります。





今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-05-28 09:19 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
自学帳は自由にやらすな
中学校から宿題で出される自学帳がやっかいです。


「自学帳」のようなものは全国にもあるでしょうか?

自学自習用のノートを用意させて、

毎日そのノートに勉強をしてくるというのが

日々の中学の宿題になったりします。


自学帳には何をやってよいことになっていて、

教科書丸写しで見た目は綺麗だが脳が一ミリも動いていない自学も、

問題演習中心の見た目地味だが学力向上が感じられる自学も、

どちらも先生のチェックしましたというハンコ一つか、

サインが記入されることがほとんどです。


生徒たちはどんな自学を提出しても先生からの同じリアクションであれば

「こんなんでいいんかな?」となるわけです。

ここから間違いが始まります。


「勉強を身につけるための自学」から

「毎日提出するための自学」「見栄えのいいカッコいい自学」

という風に目的が変わっちゃうんですよね。


このへんの間違った意識を正してあげるのも塾の役目です。


・・・

昨日は中1の子が自学帳に取り組んでいて、

1行目にこんな風に書いていました。

(1) Mike ( is / are ) a junior high school student.

そしてisの方に丸をつけて答えていたのです。

あーまずいですねぇ~。


・・・


その子の手を止めさせて話をしました。

「いいかい、テスト2日前だし、今日やる自学っていうのはね、

テストの点数を上げるためだけにやらなきゃいけないと思うんだよ。

今君が書いたこのノートの書き方が良くないのはわかるかい?

この書き方は自学を見てもらう担任の先生にわかりやすいように、

問題を最初から全部書いているわけでしょ?

もしくはノートの見栄えを良くするためじゃないかい?

あのね、そんな気遣いは必要ないし、そんな時間はもったいないんだよ。

やっている目的を忘れちゃダメだ。自学をやるのはテストで点を取るためだ。

先生に見せるためでも、綺麗なノートを作ることでもないよ。


もしも塾の宿題としてこのページを出されたら、

君は一番の答えは (1) is って書いて終わりでしょ?

1点でも多くテストで点をとるために、テスト前は1問でも多く問題をやって練習するの。

幸いまだ1行目だ。消して書き直そうか!」


この生徒は昨日も自学帳について指導をした生徒でしたねw

1回や2回の指導じゃすぐに直らないですからね。


「脳を使わない教科書丸写し自学」や

「脳を使わない漢字練習自学」とか

「教科書の図を綺麗に書いてウットリ自学」とか、

なんというか蜜の味ですからね(苦笑)

わかってるけどやめられない系です。



どうせやるなら身になる自学帳になるよう指導したいですよね。

一番ありがたいのは担任の先生から

意味のない自学にはダメ出しをしっかりしてもらうことですが、

正直、学校の先生は忙しすぎます。そこまで期待するのは酷かと。

ここは家庭とか学習塾のテリトリーかもしれませんね。


・・・


「自学帳は自由にやらすな」


保護者の方は家庭で自由にやっていい自学帳の内容について

アドバイスをするのは反抗期とかも絡んで難しいですが、

ちょっとお子さんの自学帳を覗いてみてください。

突っ込みどころある内容であれば

反抗される覚悟で一度アドバイスしてみてください(笑)


内容100の自学に取り組む生徒が30日で取り組んだ学習合計値は3000で、

内容0の自学に取り組む生徒が30日で取り組んだ学習合計値は0ですから!



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-05-27 11:11 | 塾日記 | Trackback | Comments(4)
通信教材と自宅トレーニング器具
私事ではありますが、

スポーツジムに通い始めて3年ぐらいになります。

「身体を動かすことが気持ちいいことだ」という事実を

40歳になり初めて知りました(笑)


身体を動かしている方が仕事の調子もいいですね。

しばらく動かしていないと身体が不調を訴えてきます。


喜んでジムで身体を動かしているのですが・・・

江南にあるジムにちょっと通うのに時間がかかるんですよね。

岩倉にスポーツジムができるといいのですが、

岩倉はスポーツジムを作るには住んでる人が少なすぎます。


そしてテスト前であったり、入試前であったり、講習中であったり、

塾の仕事が慌ただしくなる時期はジム通いを休みがちになっちゃってます。


ジム通いが全て順調では無く、こんな感じで困る点も多少出てきていますね。



こんな状況がなんとかならんものかなと考えた結果、

いつもジムで行ってる器具を購入して、

家でやってみようという結論に至りました。



早速先日ヤフオクにて正規価格の3分の1程度で落札しました。
アメリカの商品なのに国際便で北京から届いたことに少し不安に思ってますw
e0092453_938747.jpg


自宅で取り組むことができるTRXという器具です。


スポーツデポでバイトする澤田先生に頼んでヨガマットも買ってきてもらいました。

これで自宅で運動する準備が整いましたね。



今の私の気分はですね、

進研ゼミのチャレンジ教材をフルセット手に入れた中学生ですね(笑)

道具は完璧です。最高です。

あとは使う人の方の問題だけですね。


・・・


常々思うのですが、スポーツジムと塾というのはとても良く似ていると思ってます。

どちらも一人でやれるなら必要が無いという点だったり、

通う人の中にはできることなら行きたくないと思っている人がいたり、

通わなくても今すぐ大きく困らないという点だったり、

似ている点がとても多いです。


ジムや塾に通わないで、一人でやるための教材や器具も沢山世の中にありますが、

多くの人が挫折して粗大ごみにしてしまうなんて点までそっくりです(苦笑)



家庭用通信教材は費用が安いです。

塾と違って場所代いりませんし、先生の人件費も要りません。

場所は家で、気持ちは自分で奮い立たせてやるから安いわけですよね。


家庭用トレーニング器具も費用が安いです。

ジムと違って場所段いりませんし、トレーナーの人件費も要りません。

場所は家で、気持ちは自分で奮い立たせてやるから安いわけですよね。


挫折する人が多い中、いっちょ自宅で頑張ってみます。

家で継続的に運動できるようになったならば、ジムは解約します。


「人間の気持ちの弱さを舐めるな」と生徒たちに常に説いている私ですが、

さてさて、どこまでやれるか?

またレポートしますね。

継続しているレポか、粗大ごみレポか(笑)


・・・


熊野中・西春中は本日テスト終了!お疲れ様!

岩中は本日テスト2日前!最後の追い込み頑張るぞ!





今日はこのへんで。

それでは。


当ブログ関連リンク

スポーツジムと学習塾の共通点

勉強を頑張る雰囲気を買う
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-05-26 10:17 | その他 | Trackback | Comments(0)
地デジDボタンアンケートの説得力
我が家の午前中はテレビがついていることが多いです。

いつもは日本テレビ系列のスッキリがついていますね。


今日は「女性30歳台はお姉さんかおばさんか」

という話題について、街の声を放送していました。


年代性別バラバラにお姉さん派おばさん派の意見が放送され、

最後に若者たちからのお姉さん派おばさん派の意見が放送されました。

この放送を見るだけでは結局どちらの意見が多いのかがわかりませんが、

最後に地デジDボタンを利用した視聴者アンケートをその場でとる展開になりました。

視聴者アンケート集計をぼんやりと見守っていましたが、

圧倒的な差で「お姉さん派」が票を集めまたのです。

私の記憶に頼った票数になりますが、たしか

おばさん派が44000票程度、お姉さん派が260000票超で、

6倍以上の差がつきましたね。

凄い!この差は!


・・・


どうしてもよくテレビのやらせ報道を見ていることもありますし、

民法はスポンサーを大切にするのが当たり前なので、

テレビが紹介する数値の情報は基本間違ってると思ってみてます(笑)

そんな中、地デジDボタンのライブでのアンケートは

思惑が入り込む余地がありませんから、その結果は爽やかです。

その数値を信頼して、興味深く見てしまいます。

(地デジアンケート自体がやらせで操作されていたら終わりですがww)



中でも今日の地デジアンケート結果は圧倒的でした。

おばさん派お姉さん派の意見はVTRでは半々のように紹介されていましたが、

実際の数値はお姉さん派が6倍の差をつけて票を集めましたからね。


恐らくこのコーナーを企画した人は怒られてるでしょうね。

「お前、大差ついちゃったじゃねーか!お前の感覚がズレてるんだよ!」

なんて(笑)



・・・・


話は戻って昨日の塾での話になります。

数学のワークに取り組む中3Hくんがペンを止めて悩んでました。

話しかけてみると、

計算の途中で何をすればいいのか分からなくなったとのことでした。


問題を見ると因数分解の問題です。

今までなんとなくの感覚で展開したり因数分解したり、

式の形を変えてきただけだったので、

何度もやっているうちに何をすればいいのか分からなくなったようなのです。


これは「展開とは」「因数分解とは」ということが

ボンヤリしているから起こることですよね。

なんとなくパターンで勉強に取り組んできてしまった

生徒に多い症状でよくあることですね。


「いいかい、展開とは式のカッコを外してバラすことだ。
展開の開って開くって字でしょ。開くっていう感覚を大事にしよう。
で、因数分解は展開の逆だ。
バラした式をカッコの形に戻すことをいうんだよ。これをまず覚えなよ」


この感覚が身体に入っていれば、さっきのように迷うことは無いはずです。

「因数分解せよ」と問題にあれば、「あぁ、カッコに戻すやつだなぁ~」なんて

イメージできると思うのです。



・・・・



さてさて、

昨日のHくんの数学の戸惑いと

今日のスッキリで見た地デジDボタンがどう繋がるかですw


それはですね、

「地デジDボタンのアンケート結果ぐらい明快に

その情報の重さを生徒に伝えれたらいいなぁ」

なんて思ったのです(笑)

Hくんは私が伝えた内容を習ってきているはずなのです。

しかし、その他の情報と同列に脳にインプットされ、

その他の情報と同様に忘れ去られてしまったのでしょう。

とても重要な事柄なので、脳に刻み付ける必要があったわけです。


「展開はカッコ外す。因数分解はカッコに戻す。因数分解は展開の逆」

なんてテキストに大きな太文字で書いてあればHくんは迷わなかったかな?

余計な説明はそぎ落とし、シンプルに重要なことを生徒の心に刻み付けたいな。

重要度合いをミシュランのように五つ星表記したらいいかな?

・・



お姉さん派の意見の強さを正しく明確に表現した地デジDボタンアンケート結果に

感動し、そんな風にいろいろと考えさせられました(笑)


ここから塾の指導へ繋がる素晴らしい展開に持っていければ最高なのですが、

結局指導に活かす手法にまでは考えは至っておりません(苦笑)



なんだか強引なこじつけだったでしょうか?

日々記事を書くことにしているので、何かしら塾に結びつかないかと

考えるクセがついてるんですよね(笑)

昨日の塾の出来事と今日の午前中の出来事で感じたことを書いてみました。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-05-25 14:20 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
総力決して
テスト直前。

本日も定期テストへ向けて追い込みをかける1日でした。

昨年度1年間の指導を反省し、

今年の指導に活かしています。

そして、昨年度1年間の塾見学で得た知識や指導が

今年の指導に活かされています。


定期テスト前の指導も今までの経験や指導の成果の

結晶をぶち込んでいます。

総力を決してこの定期テストへ向けて指導をしているということです。


さて、その総力を決した指導の感触なのですが・・・

まずまずの手ごたえなんです。

恐る恐る北名古屋校の澤木先生にも指導の手ごたえを聞いてみるのですが・・・

やはりまずまずらしいのです。


小さな声で澤木先生に話しかけます。

「だよね!?でも油断するとろくなことないから、

まずは生徒たちの結果が出るまでは油断せず、

全力で指導をし続けてていこう」

なんて話をしました。


もしも思惑通り生徒たちが頑張った結果を持って帰ってきたならば、

今回の指導を元にもう一つ上のステージが目指せそうです。


・・・


一昨日も書きました。

1学期中間テストは結果を出してあげやすいテストです。

良い結果をプレゼントできるよう、

追い込んでいきたいと思います。


・・





ちなみに言っておきますが、良い結果がプレゼントできるのは、

本人も頑張りたいと思って取り組んでいる子だけです。

勘違い無いように。

結果が付いてくる自信が無い生徒は明日から追い込もうね!!




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-05-24 22:37 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
「あめじゃん」告知
2009年頃から

塾の帰りに塾長とじゃんけんをして

勝ったらアメが1つもらえる。

という変なゲームが始まりました。

生徒が言い出してなんとなく定着したゲームです。


このアメじゃんけんについて以前も記事で書きましたね。

アメじゃんけん


つい先日、北名古屋校にもアメを設置して、

北名古屋校でもアメじゃんけんを始めました。


口伝であったこの「アメじゃんけん」を澤木先生が

北名古屋校のために掲示物にしてくれました。

ありがたい。

さっそくそのままパクらせてもらって

岩倉校でも案内開始。

e0092453_14595677.jpg


いいですね。

これでアメじゃんけんチャレンジャーが増えるといいです。



・・・



呑気な記事書いてますが、

定期テスト対策真っ最中です。

明日も朝9時から5講まで開放です。

(北名古屋校は4講まで)



定期テストまであとわずか!

気合入れていきましょう!



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-05-23 16:18 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
1学期中間テストは点数が取りやすい
スタディーハウス@石川県の辰村先生が、

1学期中間テストについて本日こんな記事を書かれていました。

【 中間テストは 逆算(#^.^#) 】

読ませて頂いて、

そうだよなぁ~仰るとおりだよなぁ~。

1学期中間テストこそはキッチリと追い込みたいなぁ~。

なんて思いましたね。

(辰村先生5科目500点のエピソードもごちそうさまでした)



・・・


1学期の中間テストは辰村先生が仰るように、

点数が取りやすいテストですよね。

その理由を私なりに3点にまとめてみました。


1点目・5教科しか無いから。
→期末テストは9教科です。準備期間が短い上に9教科とかキツイですよねw
5教科なら時間をかけてやり込むことが可能です。

2点目・数学は計算主体で努力が点になりやすいから。
→数学の苦手な子は1学期の最初のテストが勝負です。
2学期以降に出てくる文章題や図形などは苦戦を強いられますから。

3点目・準備にかけることができる期間がとても長いから。
→塾では春休みからテストへの仕込みが始まります。
丸2ヶ月かけてこのテストへの準備ができるのはとても長いですよね。




こんな理由から

「1学期の中間テストは点数が取りやすいテスト」

と言えると思います。

これを塾側からの表現に書き換えてみると・・・

「1学期の中間テストは点数を取らせてあげやすいテスト」

と言えますね。


塾としては春に受験生を送り出し、ゴールデンウィークで骨休めをし、

新しい試みや準備を4月中に仕込みまくって万全の体制で迎える最初のテストですからね。

特に指導に力が入りやすいです。


この最初のテストで生徒たちに上手く点を取らせてあげることができれば、

中3生は来春の入試へ向けて良いスタートダッシュを決めることができたと言えます。

他学年も努力が点数に替わるということを体験してもらって、やる気に繋ぎやすくなります。


取り組んだ努力に見合った良い結果を生徒たちにプレゼントしたいですね。


・・・


さてさて、

テスト直前の土日である明日・明後日はテスト勉強の天王山です。

土日は両日朝9時から夜8時まで開放です。

点数が取りやすい今回の定期テストで

良いスタートダッシュを決めれるよう、

是非自習に来てくださいね。

予定外の自習追加は大歓迎ですからね♪



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-05-22 22:02 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)