愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■お問い合わせはこちらまでご連絡ください
0587-37-5825

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@に変えて送信を)

□学校リンク集
岩倉北小岩倉南小
岩倉中学南部中学
千秋中学一南高校
西春高校牧南高校
小牧高校岩倉高校
記事ランキング
最新のコメント
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
コメントありがとうござい..
by sakura-kobetu at 10:06
岩倉から啓成に通って二年..
by 365 at 01:08
次はそれで頼みますよ! ..
by sakura-kobetu at 21:46
>こっちかな? のリン..
by 中島 at 13:17
>たかとりーな たかと..
by sakura-kobetu at 00:18
私も岩倉に見学に行ってか..
by たかとりーな at 22:19
ブログパーツ
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...
検索
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
やる気の無い子は応援しない!
本日、勉強への気持ちが無い生徒に10月は塾を休むように伝えました。

その生徒、今日の自習中にスマホを死角に置いてLINE見てたんですよね~(苦笑)

ほんと、いい度胸ですよね。

・・・と言いますかわかってないんですよね、

自分の振る舞いが塾でどれだけいけないことなのかを。

ちなみにこの生徒、夏休みにはこっそりイヤホンを片耳だけつけて

音楽を聴きながら勉強をしていました(苦笑)

しかもワークチェック終えていなくて居残りのような形で塾に来ている時にですよ(笑)

強者すぎて呆れましたね~。

このようにいけないことがわかっていない子だったので、

塾を休ませて身をもってわかってもらうことにしたのです。

そのまま本人には伝えました。


「いいか?うちの塾には勉強が嫌いでやりたくない生徒いっぱいいるよ、

ほら、すぐ後ろの先輩もそうだよ。勉強嫌いなんだよ、やりたくないんだよ。

でもな、それでも(やらなきゃいかんしなぁ)って思っているから塾にいてもらってるの。

(ほれ、頑張れ)って応援してるの。

でもな、お前は勉強嫌いだし、やらなきゃって全然思っていないわけ。

こうやって注意するの今回が初めてじゃないじゃん?夏にも言ったよな、

やる気が無いなら辞めなさいって。その上で今日の君の振る舞い、

勉強嫌いだしやる気が無いこと丸出しなわけだ。」

「俺はお前の心にいかんことをしたということを伝えなきゃいかんわけ。

だから10月は塾は休みなさい。

幸い今日は9月の最終日。しばらくもう来なくていい。

もしも、やっぱりちゃんと勉強したいってなるならば、

塾に戻ってくることを許可するよ。1か月よく考えな」

「勉強嫌いだけどやらなきゃなって思ってるやつは全力で応援する。

でも、勉強嫌いだしやりたくないって思ってるやつは応援しない。

前も言ったよな。よく考えな」



その後お母様に電話をして笑いながらその子の武勇伝をお伝えして、

お休みしていただくことが決定しました。




んー10周年を迎えるこの節目になんてことだ!(小峠風)

ただ、こんなことが起こっても、生徒のことを心から案じて

お母様と笑って話せることが良かったなぁと思いました。


塾に戻ってくることになるかどうかわかりませんが、

これに懲りてその子が行儀良くなることを祈ります♪


・・・・・・・・


新ブログへの移行は10月7日からにしました。

このブログ、2005年の10月1日からかと思ってたら、

10月7日からだったんですよね(苦笑)

キッチリ10年になるまであと1週間だけこちらでお付き合いをお願いします!



明日も2時から開放です!

自習に来てくださいね!


今日はこのへんで。

それでは。





[PR]
by sakura-kobetu | 2015-09-30 23:55 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
今年いちの瞬間最大生徒数!
本日定期テスト直前。

岩中は1日前、南中は2日前です。

生徒で溢れしっちゃかめっちゃかになる教室を落ち着かせるべく

助っ人講師久世先生に来てもらいました。
e0092453_21384066.jpg

こんなふざけた表記は中1の頃から来てる
一緒にインドまで行った元生徒の講師だからですよw

勝負は一番混みあう5講ですね。いざ。

きたきた、生徒たちがやって来ました!
e0092453_21391476.jpg

e0092453_21391624.jpg

e0092453_21391814.jpg

e0092453_21392071.jpg

猛烈に生徒は自習にやってきましたが、

昨年の瞬間最大生徒数までは及びませんでしたね。

昨年ちゃぶ台のような机を買い増しておいて助かりました。

なんとか今年いちの瞬間最大生徒数を乗り切ることができました!

助っ人久世先生ありがとう!



明日は昼2時から教室開放です。

テスト初日の岩中生、しっかり昼から自習に来てくださいね。


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-09-29 22:10 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
ふきこぼれ対策
勉強が苦手で本人に合った指導がなされていない生徒を「落ちこぼれ」

なんて呼び名がついているように、

勉強が得意で本人に合った指導がなされていない生徒を「ふきこぼれ」

なんて言うようです。


今年は特にふきこぼれが懸念される生徒が多いので、

ふきこぼれ対策として自由に使って良い教材をわかりやすく陳列しておきました。

e0092453_2355729.jpg

e0092453_2355997.jpg


こういうのを自由に使って良いとだけ書いておくと、

まだ手持ちの教材すら出来ていない生徒が飛びつくんですよね。

安易な教材の浮気を許さないように釘を刺す文言を添えてます(笑)


安易に手を出すと逆効果ですからね。

正に「二兎負うものは一兎も得ず」です。


教材の浮気をするにまだ早い生徒には

「3世紀早いよ♪」と指摘してあげますからね。



定期テスト直前!

スパートかけてもらいます!


ショートですが、

今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-09-28 23:59 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
集団指導塾に併設された個別指導コースって?
個別指導塾がたくさんある岩倉駅前に、

どうやら新たに個別指導塾ができたようです。

どこに出来たかというと・・・

秀英予備校さんの校舎の中ですね~。

集団指導の校舎の中に併設する形で設置されたようです。



どうしてその存在を知ることになったかというと、

秀英の各校舎の窓に個別指導部がスタートしたという

大きな張り紙が貼ってあって知ったんですよね。


大きな文字で「個別指導部開始」だったかな?

貼りだされているのですが、上手いのがそのカラーリングです。

鮮やかな水色を背景にして太めの黄色の文字で書いてあるのです。

思わず口にしてしまうセリフは・・・

「明光カラーリングですやん!」



明光義塾さんが青と黄色のカラーリングを

個別指導塾のイメージカラーと言ってもいいぐらい印象つけていますよね。
e0092453_13285155.gif



黄色と青のカラーリングで「個別指導」と大きく書いてあれば

見る人に強く印象付けることができますよね。
e0092453_13285327.gif


「あぁ個別指導が始まるんだなぁ~」なんて。

上手いこと利用したんだろうなぁ~。

たまたまかもしれないけど、実際そう感じました。


・・・・・・・・・・・・


集団授業塾内に併設された個別指導コースってどうなのかな?

ずっと興味がありました。

前職時代、集団授業塾内に個別指導部門が併設されていましたが、

上手く行かなかったですね~。

上手くいかない理由は何点か思い当たりました。

「集団指導に馴染めない生徒の受け皿としか会社が考えていなかったこと」

「個別指導部門専門の担当社員が配置されていなかったこと」

こんなところかもなと。

個別指導塾ブームが来る前の話ですけどね。



この2点をしっかりと対策をして、

しっかりとしたカリキュラムと社員を配置したとしても・・・

併設タイプの個別指導コースはちょっとデリケートな問題が残っていまして。

それは

「集団指導部門の生徒たちに対して劣等感を感じやすい」

という点ですね。

これは実際通っていた生徒に感想を聞いて学びました。

休み時間などが集団と個別でズレていて、

集団の休み時間は教室の外が賑やかなんだそうです。

学校でもやんちゃで元気な生徒が

某集団指導塾内の個別コースに通っていた時の感想として

「なんだか集団のやつらに遠慮してた」なんて言っていたんですよね。

どうしても「集団が上、個別が下」という印象は拭えていなかったのでしょう。



ここですね。このデリケートな問題を突破できれば、

集団授業塾の中にも個別指導部門が上手くやれるはずだと私は思います。

実際、豊田駅前のサナルさんは集団指導部門だけでなく、

個別指導部門もたくさん生徒を集めているそうです。(ソースは豊田の柏本先生@皆星ゼミ

圧倒的なサナルブランドが効いているだけかもしれませんけどねw


・・・


秀英予備校岩倉駅前校さん、個別部門開設おめでとうございます!

個別指導塾銀座のこの地にいらっしゃって、ますます岩倉駅前は盛り上がりますね。

東京がグルメの絶対聖地になっているのは競合の数が多いからです。

塾も競合が多いほうが各塾が切磋琢磨して良い塾が増えるはずですよね。

そんな点からも岩倉での個別指導部門の開設は嬉しく思います。負けないように頑張ります!

お互い地域の子どもたちのために熱い指導をぶちかまして成績を上げていきましょう!




誰に何を伝えたくて書いたのかわからぬ記事になりましたが、

ライバル塾が増えると盛り上がるなぁということですね。



今日はこのへんで。

それでは。



昨年見学させてもらった明光義塾岡場教室。
とてもキレイな教室でした。
e0092453_13355283.jpg

[PR]
by sakura-kobetu | 2015-09-27 14:25 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
ワークのマル付けを溜め込む生徒へ
お前な、例えば野球部の練習が毎日あるだろ?

月曜から金曜まで練習を行った後に、

金曜日の最終下校近い時間に顧問の先生が

ミーティングを始めたとするのよ。

そこでな、

「月曜の練習時のファーストの守備が最低だった。もっと視野を広く!」

「火曜はショートのポジショニングが前すぎだ。もっとサード寄りで下がれ」

「水曜は4番のスイングが雑だった。もっと腰を落としてコンパクトに!」


これを顧問から金曜の夜に聞かされるわけだ。

お前突っ込みたくならないか?


「覚えてねーし!そのときに言えよ!」


なんて・・・


・・・


・・





いいか、お前のマルがつけられぬまま

5ページ進んだワークがまさにその状況だ。

5ページ前の間違いに対してお前は関心を持って間違い直しができるんか?

その時考えていたこと、思っていたこと覚えていないだろ?

突っ込みのセリフがそのままお前に降りかかるわけだ。

「やったときのこと覚えてねーだろ!そのときにすぐマル付けと直しをやれよ!」







テスト前の週末教室解放の本日。

マル付けを溜め込んでいた生徒たち3人ぐらいに

部活に例えてこんな風に話してみました。


これはいい例じゃねーか?会心の出来だろ!

なんて思っていたのですが・・・

生徒の反応はイマイチでしたね(苦笑)


いつまでもいつまでもこの内容で生徒に注意してますからね。

一発で直るような伝え方で指導したいですね~。

もうちょっと伝え方考えてみますw



明日も朝9時から夜8時まで教室解放です。

明日は岩中が学校があるので南中生中心ですね。

朝からどんどん自習に来てください。

岩中生も夕方から来てくださいね~。


今日はこのへんで。

それでは。



植田先生のゲームで今日も休み時間は盛り上がる。
e0092453_22541624.jpg

[PR]
by sakura-kobetu | 2015-09-26 22:55 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
劣悪学習環境から脱したTくんのその後
26日(土)27日(日)の岩倉校は9:00~20:05まで開放です。
北名古屋校の生徒も良かったら!電車で4分の岩倉へ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月お盆明けに劣悪な学習環境であることが発覚した中3Tくん、

私の説得により彼の部屋のデスクトップPCは

事実上ただのガラクタと化しました。

Wi-Fiのレシーバーとマウスとキーボードを塾に没収したのです(笑)

これでこのPCを操作するためには、姉のキーボードとマウスを借りるしかありません。

夜中とか変な時間にPCは触れなくなりましたね。これで体調が整うでしょう。


「しょうがねーだろ、だってお前もっと上目指したいんだろ?

今のレベルでいいならここまで言わないけど、今のお前の学習環境劣悪だぞ。

今いる生徒全員に声かけて聞いてみろよ。自分の勉強部屋に

デスクトップパソコンが置いてあるやつなんていねーよ。

不規則な生活送ってるから体調が整わないんだよ。全力が出せないんだよ」


覚悟をした彼はしばしPCとの別れを決意してくれました。


・・・


2学期が始まり彼の勉強に対する取り組みの変化は如実に出ました。

今までは塾で2コマ(80分×2)も勉強をすると息絶え絶え。

ボーっとすることが多く、集中持続時間も短く、

休みのたびに「ちょっと散歩してきます」なんて外へ行っていました。


それがです、


今や1日に塾で4コマ集中を切らすことなく勉強をすることができるようになってます。

どうやら今まで本当に生活リズムが崩れきっていたんでしょうね。

ここまで簡単に成果が出ると驚きます。勉強に集中して取り組める時間が

単純に倍になってるわけです。


これまではショートしている頭を冷やすべく休み時間に外へ散歩していた彼でしたが、

今は植田先生にもらったパズルで休み時間も頭を使って遊んでます。


「やはり全ての基本は全力を出すための体調管理なんだなぁ」


とても良い例となってしまったTくん、

無駄にしてしまった1学期分を取り返すべく、

これから春まで頑張ってもらいたいと思います。



今日はこのへんで。

それでは。



それにしても植田先生からいただいた卓上ゲーム、好評です!
e0092453_13575179.jpg

[PR]
by sakura-kobetu | 2015-09-25 14:01 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
男子だけが持つゲーム的感覚
テスト前には学校で配付される教材を繰り返し取り組むようにしています。

多くの教材に手を広げて、どれ一つとして身にならない子多く見てきました。

まずは学校から配付された教材がしっかりできるようになることが大切。

他の教材への浮気はそれから。

そんな風に指導しています。


学校のワークは理解度をしっかりと見ることができるように、

各単元で正答率を出すようにしています。
e0092453_1193926.jpg

e0092453_1194279.jpg


これは横浜の藤野先生@個別指導塾スイングの真似ですね。

藤野先生ごちそうさまです。


生徒の言う「ワークはだいたいできた」とか「ワークは大丈夫だった」

がどれほどなのかを数値にして確認できます。

生徒も本当に大丈夫なのかが具体的に見ることができます。

ある単元だけグッと正答率が低かったらその単元のみ復習すればいいですよね。

(あとは正答率を算出させることで皆が苦手な割合の感覚が身についたらいいなぁともw)


こんな理由あって、ワークの単元ごとの正答率を出してもらってます。





さてさて、このワークの正答率算出についてなんですが・・・

男子には好評です。

なんといいますか、ちょっとゲーム感が出ますよね。

「おお、前回よりも進化した!」なんて上がった正答率を眺めて男子はウットリします。

「おお!この単元はコンプリートしたぜ!」なんてニヤニヤと。

正答率を出すために電卓を叩く作業が楽しげなんですよね。

普段ワーク演習中に見えない自分の理解度が単元ごとに数値化されるということが、

それを自分の手で数えて数値を算出するという過程が、

男子にはたまらんのですよね(笑)

私はそう思いますし、澤木先生もそう思うと言ってました。





一方、女子にはこの想い届きません(笑)

どうもこのロマンが伝わらないようなのです。


ある学年の女の子が早い段階でワーク演習を行っていたので、

この正答率算出用紙が準備できていないことを伝え、

「急いで作るから待っててね」なんて言ったのですが・・・

「別に無くてもいいですよ」

なんていう連れない返事をもらいました(苦笑)

大田先生もこの正答率算出時に感じる

ワクワク感など無いと言ってました。



おかしいなぁ。

男子特有のものなのかなぁ?


こんなところで性別による興味の違いを感じて面白いです。

女子たちともこのワクワク感共有できたら、

ワーク演習が楽しめると思うんだけどなぁ~。

勝手な男子側の言い分かなぁ~。


また男女双方に感想を聞いてみたいと思います。


・・・


岩倉市内中学は定期テスト7日前を迎えました。

シルバーウィークはずっと昼過ぎから教室解放をしてましたね。

今日は岩倉市内中学は体育大会の振替休日なので、

まだシルバーウィーク中です。

今日も13:55より教室解放ですので利用してくださいね。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-09-24 11:44 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
模試結果は概ね作戦通り!
第三回愛知全県模試の結果が返ってきました。

結果としてはまずまずです。

春に行われた第一回の模試も受けた中3生は全員で20人、

成績の推移を調べてみたら・・・

5教科の偏差値ではこんな感じでした。

成績上昇8名  成績維持9名  成績下降3名

(※偏差値が前回からプラスマイナス1未満の生徒は維持としました)


5教科の偏差値で見ると「多少上がった生徒が多いかな?」

ぐらいですが、英数国の3教科の偏差値で調べ直すと成果が如実に。

成績上昇17名 成績下降3名

よし。思惑通りです。


一度理解したら忘れにくい「理解系」教科の英数を先に学び、

忘れやすい「暗記系」教科の理社を部活が無くなる秋から入試まで詰め込む。

生徒たちが覚えているかどうかわかりませんが、

この高校入試への作戦の大枠を夏休み前に中3生たちには伝えました。


作戦通りだから。理社は追い込みが効く教科だ。

理社に重点を置いてここから追い込むよ。


そんな風に話しながら模試を返却している最中です。



もちろん、成績を下げた3名にも、

ここからのリベンジについての相談をしていきます。


定期テスト前に気合を入れる良い材料です。

今日も塾は13:55分より開放です。

中3生中心に頑張ってもらいましょう♪



今日はこのへんで。

それでは。


中学校の進路相談みたいに、廊下に机を出して模試を返却してみました(笑)
e0092453_912103.jpg

[PR]
by sakura-kobetu | 2015-09-23 09:18 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
「点数の上がらない塾」は「痩せないライザップ」
僕たちの仕事は生徒の授業をすることじゃないんです。

生徒の点数を上げることなんです。

点数を上げれない塾など痩せないライザップと同じです。

存在価値が無いんです。


生徒に点数をプレゼントできるように、

このテスト直前、生徒たちをキッチリ追い込んであげましょう!


今日も生徒の成績を上げるために宜しくお願いします!




授業前の講師ミーティングで今週伝えている内容です。

最後の締めの言葉は森塾のパクりですけどね(笑)

「点数を上げる」という1点のためにやっているということが

ブレないように伝え続けています。


痩せないライザップにならぬよう努力を続けます!




ショートですが、

今日はこのへんで。

それでは。



休み時間は植田先生にもらった卓上ゲームで真剣に遊んでますけどね(笑)
e0092453_0122421.jpg

e0092453_0121945.jpg

e0092453_0121573.jpg

[PR]
by sakura-kobetu | 2015-09-22 23:52 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
休み時間を彩る卓上ゲームをいただいた!
先週土曜に大阪より学習塾FRONTの植田先生が塾に遊びに来てくれました。

なんてことない、土曜に開催した「パクチー塾長の会」に

ダメ元でお声をかけたらお越しいただけることになり、

せっかくなのでと塾に見学に来ていただいたのです。


ずっとお会いしたかった先生だったので嬉しかったですね。

やっぱり言うだけタダですし、いろいろ言ってみるものですね♪


・・・


わざわざお越しいただいたうえに、

お土産までいただいてしまいました。ありがたいことです。

おおっ?これはなんだ?
e0092453_20543955.jpg


「ゲームをお土産に持っていくのがマイブームなんです」

とのことで、生徒たちと休み時間に遊べる卓上ゲームをいただいてしまいました。

植田先生が使い方を説明しましょうと教えてくれたのですが・・・
e0092453_2054419.jpg


いただいた3つのゲーム、どれももれなくルールがシンプルで、

どれももれなく楽しそうです!

植田先生が自塾で使ってみて楽しかった精鋭たちなんでしょうね。


本日早速生徒とやってみましたが・・・
e0092453_20543620.jpg

e0092453_20543410.jpg


やはりどれももれなく面白いです!!

これから休み時間が楽しくなりそうです♪

植田先生ありがとうございました!

また伺ったときにでもお手合わせお願いします(笑)



今日はこのへんで。

それでは。



明日も13:55より教室開放!

中3生かかってこい!!
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-09-21 21:13 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)