愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@にして送信を)
記事ランキング
検索
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
最新のコメント
> ひかぽんさん 作り..
by sakura-kobetu at 18:57
その101匹わんちゃんの..
by ひかぽん at 12:35
昨日やられました❗何か悔..
by ヒロシ at 04:21
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
ブログジャンル
私立一般受験は転科合格を使いこなす
公立高校進学を目指す生徒にとっては、私立高校は滑り止めとなります。

そういった生徒は滑り止めになる私立高校の受験校を選んでいくわけですが、

選ぶコツは、「転科合格」のシステムを理解して使いこなすことだと思います。


転科合格とは、テストの点数に応じて志望した学科と

違う科に合格することもあるという制度です。


たとえば大成高校で説明してみます。

大成高校は私立中からの持ち上がりであるステューディアコースと、

特進コースであるラトナディアコースと、普通進学コースと、

3つのコースが存在します。


高校受験時にはラトナディアコースか普通進学コースのいずれかを

選択して出願するのですが、ここで転科合格のシステムが活躍するのです。

大成高校は当日の出来によって4段階の合格が出ます。


※2009年当時の話です。2015年現在は少し変わっています。


当日の得点が合格最低点を超えてこれば、「普通進学コース」の合格が出ます。

当日の得点が合格最低点を大きく超えていれば「ラトナディアコース」の合格が出ます。

当日の得点がさらによく取れていたら「ラトナディアコース」に特待扱いの合格が出ます。

さらにさらに、当日の得点が恐ろしくよく取れていたら、

私立中からの「ステューディアコース」に特待扱いでの合格が出ます。




どこの学科で受験しても、基本的に点数によって合格するコースが変わります。

普通進学で受験しても、当日点が良ければ

「ラトナディアコースでも合格してますけど、いかがですか?」といった感じです。

データを見る限り普通進学コースの合格者は全県模試の偏差値で40ぐらいから出ています。

そして、ラトナディアコースの合格者は偏差値70までの生徒が受けています。

これだけ幅広い実力の生徒が受験しているのは、

この転科合格の便利さがあるからかもしれませんね。



転科合格を使いこなせば、滑り止めの受験校数を減らすことができます。

ご紹介した大成を受験したとすると、1校受験することで4回のチャンスがあるのと一緒ですよね。

こういった理由から、岩倉の地域の人は「大成」1校だけ受験する人も少なくありません。



・・・


転科合格のもうひとつの使い方としては、

自分の実力を測る模試のような使い方です。


同じく大成高校でたとえてみましょう。

実際にある話ですが、西春高校を目指している生徒がいるとします。

実力的に少し不安がある生徒にはこんな風に話します。

「大成を受験して、ラトナディア特待で合格が出るようだったら西春勝負しようか。

 もしもラトナディア合格止まりだったらもうすこし考えよう。」


私立高校の受験を2月の段階での実力を測る模試として利用するのです。

受験料3万円の豪華な模試ですね(笑)


これは名城でも使えるでしょうか。

「名城を受験して、特待合格が出るようだったら西春勝負しようか。

 もしも普通止まりだったらもう少し考えよう。」

こんな感じで。



・・・・


このように、転科合格を知っているとこういった使い方があるのです。

では最後に岩倉市民がよく受ける高校で転科合格がある高校を

いくつかご紹介しておきますね。


 ○名城大附属高校
   →特進 と 普通

 ○大成高校
   →ステューディア特待 と ラトナディア特待 と ラトナディア と 普通進学

 ○啓成高校
   →サミッティア特待 と サミッティア と 普通進学 (商業科 と 生活文化科)

 ○大同高校
   →特進 と SEL と DU と 私大進学

 ○清林館高校
   →文理 と 国際 と 普通進学 (医療看護福祉系進学 と 情報処理科)



岩倉はアクセスの良さから、通うことができる

私立高校の数はとても多い地域です。

どういった組み合わせで受験したらいいのか、

ご相談あればいつでもおっしゃってくださいね。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-12-23 11:22 | 高校の選び方 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakura394.exblog.jp/tb/11828008
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 来年度準備 見かけの倍率と実質倍率 >>