人気ブログランキング |

愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@にして送信を)
記事ランキング
検索
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
最新のコメント
> ひかぽんさん 作り..
by sakura-kobetu at 18:57
その101匹わんちゃんの..
by ひかぽん at 12:35
昨日やられました❗何か悔..
by ヒロシ at 04:21
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
ブログジャンル
学ぶ意欲の心理学 後篇
昨日の続きです。


学校のテスト結果に対して親がご褒美設定をするのは

「邪道じゃないのか?」と疑問に思っていたが、

ある本を読んでようやく腑に落ちた。

その理由は・・・


という流れでしたね。


・・・


高学歴の知り合いたちの親が

テスト結果に対してご褒美設定をしていた理由について、

私が感じたその理由を書いてみますね。



私が考えたその理由は


「いろいろな動機に支えられている学習者はとても強いということを
ご褒美設定をした親たちは知っていたから」


「多くの勉強への動機が心に芽生えてくるまで、(ご褒美)という
動機で強く支えていただけ」

「そして他の動機が育ってきたら(ご褒美)を外しても自ら学習するだろう
という目論見がしっかりとハマった」


ということです。



こう考えさせられたのが、市川伸一著「学ぶ意欲の心理学」という本でした。

この本の中で、学習動機についてこのような表でまとれられていました。


学ぶ意欲の心理学 後篇_e0092453_75732.gif




















中学生にもわかるようにこの図を説明してみると・・

学習の動機はこんな感じで大きく6つに分けられるよ。

上段は「心の内から湧いてくる動機」で、

下段は「心の外から与えられる動機」だよ。

(※功利性とは自分にとって利益になる事を優先する性質ね)

人によってどこを重視しているかは変わってくるけど、

これらの動機を多く持って学習している学習者は

なかなかくじけない強い学習者だと思うよ。

・・・

・・



こんな風に書いてありましたね。



・・・

子供はやはり心の外から与えられる動機が多いようで、

そこから心身の成長と共に徐々に心の内から湧いてくる動機が

育っていくようですね。


心の外からの動機というのは動機として継続力が低く力が弱いからこそ、

親は他の動機を育てるためにあえて「ご褒美」という

心の外からの動機を大きく継続的に与えたのでしょう。


私はこのことを頭の中でイメージしていたら

ずっと前に読んだ「影響力の武器」という本に書いてあった

ローボールテクニックの図が頭に浮かびました。

そのときの記事


その図を使ってこの流れを見てみると・・・

まずは子供はとても細く弱い動機によって学習を支えています。
動機もメインは「心の外からの動機」です。
学ぶ意欲の心理学 後篇_e0092453_75776.gif
















そこに親が太く継続的な動機を投入します。ご褒美作戦ですね。
学ぶ意欲の心理学 後篇_e0092453_7572382.gif
















もともと頑張る気持や勉強が楽しいという気持ちを持っていた子供は
ご褒美に支えられてその他の弱かった動機を育てていきます。
そして、それらの動機がだんだん太く強くなってきたのを確認した親がご褒美を・・・
学ぶ意欲の心理学 後篇_e0092453_7573475.gif
















ご褒美を取り外します。
他の動機がしっかり太く強く育っていますから、
ご褒美を外してもしっかりと学習が支えられています。
そしてその動機も「心の外から与えられる」動機がメインであったのですが、
時と共に・・・
学ぶ意欲の心理学 後篇_e0092453_7573969.gif
















心の内から湧いてくる動機が学習を支えるメインになって、
多くの強い動機に支えられた学習者となるのでしょうね。
学ぶ意欲の心理学 後篇_e0092453_7574334.gif

















伝わりましたでしょうか?

頑張って図を作ったので伝わると嬉しいです(笑)


勉強が得意であった知り合いたちの家庭が

このご褒美作戦を多く取り入れていたのは、

本当に勉強が得意で学年1位とかを取り続けると

「プライドや競争心」が煽られるような相手がいなくなってきて

学習を支えているその1本の柱が取れてしまうのかもしれませんよね。

(勉強へのやる気を継続して持つことが難しくなるかもしれませんよね)


そんな一握りのTOPの子にしか無い特殊な悩みを解決すべく、

「プライドや競争心」という細くなった柱を強く支えるべく、

ご褒美作戦を投入していたのかもしれませんね。



・・・


この本を読むことで長年の疑問が晴れましたね。

とてもわかりやすく興味深い本でした。

ご興味あれば読んでみてください。

保護者の方と同業の方にオススメです!



・・・


長い記事になりましたね。

セキが止まらず早朝から起きてしまったので

時間つぶしにちょうど良かったですけどね(笑)



さて、定期テスト2週前を切りました。

多くの動機に支えられた強い学習者たちを作るべく、

頑張って指導していきたいと思います!


今日はこのへんで。

それでは。
by sakura-kobetu | 2012-11-13 08:45 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakura394.exblog.jp/tb/19201907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< やる気のスイッチは静かに入る 学ぶ意欲の心理学 前篇 >>