愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@にして送信を)
記事ランキング
検索
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
最新のコメント
> ひかぽんさん 作り..
by sakura-kobetu at 18:57
その101匹わんちゃんの..
by ひかぽん at 12:35
昨日やられました❗何か悔..
by ヒロシ at 04:21
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
ブログジャンル
カテゴリ:勉強の方法( 5 )
俺と100冊の勉強本
「俺100」ってご存知ですか?

これは

「成功本を100冊読むことで、成功できるかを検証する」という

2003年からスタートした「俺と100冊の成功本」

というタイトルの人気書評ブログです。

とっくに100冊など越えてしまいましたが、

今も続く(?)老舗のブログですね。

私も昔このブログで紹介されていた書籍を買ったことがあります。

→こちらからどうぞ「俺と100冊の成功本





一昨日勉強法について塾の先生が書いた本を買ってきて読んでいたのですが、

ふと思いついたのです。


あ、「俺と100冊の勉強本」ってタイトルのコーナーを作って

勉強本の紹介をブログに書いていったらどうだろう?

面白そうだな。「生徒におすすめ、保護者におすすめ、同業の方におすすめ」

なんてカテゴリー分けしたりして。


今までそれこそ勉強法に関する本はたくさん読んできています。

お、これはもう一度読みたいな、なんて思えたものだけが家と塾の本棚に残ってます。

家と塾の本棚を探ってみると・・・

これぐらい残ってましたね。
e0092453_10242211.jpg

(左下の書籍が一昨日購入したものです)


勉強本というくくりではなくても学習指導の参考にさせてもらった書籍は他にも

たくさんありますからね。そういう本も紹介してもOKとして、

あとはこのコーナーのために継続的に勉強本を

買い足してレビューを書いていけば・・・100冊ぐらい余裕っしょ!


私は再度これらの書籍に目が通せますし、アウトプットして脳内整理できます。

また、100冊紹介し終えた後に100冊の中に掲載してあった

勉強についての重要な事項をランキングにしても面白いですよね。


決めました。やります。

2020年4月末までに100冊の勉強に参考になる本を紹介する記事を書きますよ。

書けなかったら逆立ちして鼻からカルボナーラ食べる動画配信します(笑)



いつも御覧頂いている同業の皆様、諸先輩方。

「なに!お前はあの本をまだ読んでおらんのか?モグリめ!」

「お前の目はフシアナか?なぜあの本がそこに並んでおらん!油断が過ぎる!」

なんていう写真に載っていないお気に入りの勉強関連本がありましたら

ご紹介いただけませんでしょうか?よろしくお願いします。


私のもとに素晴らしい書籍情報も集まって、良いことづくめですねww

まずは手持ちの書籍の紹介から始めていきたいと思います。



「俺と100冊の勉強本」予告記事でした。

今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2015-04-14 11:35 | 勉強の方法 | Trackback | Comments(0)
音読!音読!音読!
大学受験英語のカリスマ英語講師である

安河内哲也さんの著書

「英語は音読で伸ばせ!」を読みました。
e0092453_2046088.jpg











英語の学習においての音読の大切さは重々承知のつもりでしたが、

再度心に刻みつけようと購入して読んでみました。



何も考えずに英語のフレーズが口をついて出てくるようになるまで

何度も音読するということの重要性について、しっかりと書いてありました。

やっぱり読んでよかった。

とくにこの記述にドキっとさせられました。

↓↓



単語リストや文法の整理そのものは「勉強」ではない、

ということをよく理解してもらいたいのです。

机での作業はできるだけ少なくし、机を離れて「読む」ことに

英語の学習の大半をあてさせましょう。


割合としては、中学生は
机での作業を3としたら音読は7。


高校生の大学入試レベルならば机が5、音読5、くらいが理想です。


・・



えぇ~!!確かに大切だとは思うけど、

音読はそんなに高い割合ですかっ!?

ちょっとこの本のために盛ってませんか!?

・・・

・・



そんな風に思ったのですが、

本を読む限り安河内先生は本気のようです。





・・・・・・・・



現在当塾では英語指導の中で音読がしめる割合はとても低いです。

英語の音読の指導を個別指導の中に組み込んでいって、

全ての英語の授業で同じレベルの音読指導を行うのは難しいのではないか?

音読は各自に任せ、他の指導に時間を割いた方がいいのではないか?

という考えの元に音読指導は授業内で最低限でした。

ゆとりを持って取り組める生徒に対してだけ

時間を割いて音読を取り入れて行っていました。




・・・



「やはり英語は音読をもっと取り入れていきたいなぁ・・・」

なんてぼんやりと考えていたところにこのパンチのある本です。


ここはひとつ、再度音読を全ての授業に組み込めるように、

英語の授業の流れを考え直してみましょうか。



「でも今の指導の流れの中でどの部分に音読を入れたらいい?」


「単語の指導を削って、本文音読から本文全文英作文へ繋いでいって

 本文で単語を覚えてもらうのはどうだろう?」


「キーワードテストも本文英作文を行えば削れるな」


「最悪水曜自学を利用してそのテストを実施していくのもいいかもな」


「音読のお手本はどうしよう?講師が読む方がいいかな?」


「教科書ガイドについているCDを利用して家で練習してきてもらうのはどうかな?」


「でもあのCD、発音がリアルで早いし、生徒に丸投げで暗記できるかな?」


「音読の練習がしやすいように訳とか発音とか書いたプリントを用意した方がいいかな?」


「でも可能な限りシンプルに、1人でやるときにも応用が効く形にできたら、

 今後生徒の役に立つよな」


「俺が音読指導をやるのは簡単だけど、これを講師の誰もが出来る形で、

 生徒も無理なく取り組める形でやれるように整えていかなゃいかんわな」


「よりシンプルに、より明確に指示は出さないとな」


・・・


・・





こんな風にあーでもないこーでもないと

指導について考えを巡らしているときは至福のときです(笑)




この企みを形にして取り入れることができるように

引き続き考えて行きたいと思います。




*****



明日から夏期講習再開です。

皆の勉強の調子はどうでしょうか?

しっかりと見せてもらいましょう。


明日の9時半から再開です。

お盆ボケすることなく、是非自習に来てくださいね。




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2011-08-14 22:20 | 勉強の方法 | Trackback | Comments(5)
英会話教室が一番大事にする勉強法
昨日ご報告した英会話教室ですが、

英会話のAE○Nです。

○はアルファベットではありません(苦笑)

飽くまで伏字です。某英会話教室ということで♪



早速もらってきた教材をチェックしてみました。

チェックしたものは

「楽しくできる英語上達トレーニング」

というDVDです。

さて、英会話指導一筋何十年の会社が作る

英語上達のための入門DVDです。

指導のヒントが詰まっているといいですが・・・



ん!

流石です。

すごい勉強になりました。


これは中3公立入試受験対策講座の

リスニング対策でキッチリ生かさせてもらいましょう。

今までやっていたリスニング対策が、

もっと具体的に、もっとピンポイントに取り組めそうです。



・・・・・


DVDの中で「最低限これだけはやりましょう!」

といったタイトルで紹介していた

英語(英会話)上達練習法なのですが、


その内容は・・・





「音読」でした!!!





そうか!

やっぱりか!

そうだよなぁー(昨日からこればっかり)



やはりこのDVD、お宝でしたね。

このあとも熱い内容のDVDでしたが、

あんまり詳細に書くとAE○Nに怒られそうなんで

このへんで。



指導に反映していきますね♪


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-04-19 22:50 | 勉強の方法 | Trackback | Comments(0)
スタディーパッド社会 ネ申Sくん編
e0092453_11163235.gif






ネ申降臨☆定期テストの社会

中3Sくんのレシピ                    レシピID0002


このやり方で点数が10点ぐらい上がりました。

(塾長追記 彼の前回の定期テストの点数は97点でした。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

材料

 授業ノート

 学校のワーク

 紙(文字を書くだけのスペースがあるもの)

 塾のワーク

 自分の持っている参考書(あれば)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

勉強のやり方


いつも

学校の授業をしっかり聞いて、

黒板に書いたことはすべてノートに書く。




テスト範囲発表後

学校のワークをなにも見ずにやる。

1ぺーじごとか2ぺーじごとに答え合わせをする。

漢字が書けなかったものは書けるようになるまで書く。



学校のワーク終了後

塾のワークや自分の持っている参考書を使ってたくさんの問題になれる。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コツ・ポイント

この方法で重要なのは、たくさんの問題をとくことです。

たくさんとけばといただけ、いろんなパターンになれるし、

文章を何度も読むことによって年号まで覚えれてしまうとてもラッキーな方法です。


時間が中途半端に余った場合は1でとったノートを見かえすと

さらに点数がUPします。

2でワークをなにも見ずにやるのは、

自分がどれだけ分かっているか、

どこが苦手なのかを知るためです。



*******************
*******************


前回少し予告した現役中学生による、勉強法レシピです。

書いてもらった原文を忠実に再現しているので、

変なところがひらがなだったりします(笑)

勉強法のタイトルだけは勝手につけました♪



このレシピのコツはやはり手順1が全てですよね。

いかに授業を集中して受講できるか・・・です。



生徒のみんな、もうすぐ新年度始まるね。

今まで授業中に集中して授業を受けていない子、

今が変わるいいタイミングだよ。

新しいクラスが発表されて自分の席に座ったら

周りの皆にこう宣言するんだ。


「俺は今年勉強するから、授業中話しかけないでくれ。

 授業中に騒がしかった俺は昨日闇に葬ったんだ。

 そしてもしも俺が授業中におまえに話しかけたら俺を殴ってくれ。

 俺は今年内申点を爆破的に上げることに決めたんだ。」


この台詞を始業式があった日にクラスで言いまくると

このレシピはさらに効果を増すね。

さらに美味しい点数が取ることができるでしょう♪


お願いして書いてもらった社会の勉強法レシピ。

良かったら試してみてくださいね。


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-04-02 11:47 | 勉強の方法 | Trackback | Comments(0)
スタディーパッド社会 大田先生編
e0092453_18123386.gif





バッチリ☆定期テストの社会

大田先生のレシピ                    レシピID0001


このやり方で中学の時の定期テストはだいたい80点から
90点代で、通知表は4か5をもらうことができました。
簡単に、劇的に点数が上がる方法では無いけれど、
皆がやっている王道な方法だと思いますよ♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

材料

 自学帳

 社会の教科書

 学校の社会のノート

 学校の社会のワーク


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

勉強のやり方


普段から学校の社会のノートを

毎日の宿題で出る自学帳にまとめて書いていく。

ここで自学のページを稼ぎながら、社会を覚えていく。



テスト1週間前になったらまず教科書を開き、

テスト範囲で難しい漢字の用語を広告の裏などに練習する。

それから学校のワークをやってみる。



そこからワークを2回から3回、完全に覚えるまで繰り返しやる。

右側のページは折り曲げて答えを隠してやる。

左側のページは隠せないので1文ずつ覚えているか実際に言ってみる。

できた問題も、できなかった問題も全部やり直す。

間違えたらチェックをつけていく。



テスト直前には間違えてチェックをつけた問題のみを

やって最終確認をしていく。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コツ・ポイント

「授業を真面目に聞いてノートを取るという作業を

日々繰り返すことができるか?」ということ、これに限ります。

人の話を聞いてまとめる力は後でも役に立つと思いますよ。



*******************
*******************


実際に形にしてみると、「スタディーパッド」って面白いですね。

元祖のクックパッドに似せてレシピ調に作ってあります。

多くこのレシピを作って、プリントアウトしていく。

そして中学に入ったばかりの中1生に、

自分に合いそうなレシピの通りに勉強をしてみてもらう。

そして、その経過と結果を「つくれぽ」みたいにレポートしてもらう・・・


んー、面白そう!

もう少し整理をして、TOPページからアクセスしやすくして、

このコーナーを大事に育ててみます。




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-03-05 18:03 | 勉強の方法 | Trackback | Comments(2)