愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@にして送信を)
記事ランキング
検索
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
最新のコメント
> ひかぽんさん 作り..
by sakura-kobetu at 18:57
その101匹わんちゃんの..
by ひかぽん at 12:35
昨日やられました❗何か悔..
by ヒロシ at 04:21
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
ブログジャンル
<   2006年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧
神奈川遠征
30日は更新できるか心配なので

ちょっとずるして先に更新しておきます。


完全OFFの30日は、神奈川県にある個別指導教室まで

見学に行ってきます。

開業前からWEB上でずっと勉強させていただいていた

個別指導塾なのですが、お願いをして見学をさせて

いただけることになったのです。

充実したOFFになりそうです。(OFFか?w)

帰ってきたらまた報告します。



**


今日作った告知です。

e0092453_15454739.gif
























やる理由はたった一つ。。。

「愉快だから」です!

サンタ衣装が駅前100均で

300円で上下帽子が揃うのです。

箱買いしなきゃいかんですね(笑)


皆の参加をお待ちしています!


それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2006-11-30 00:14 | 塾日記 | Trackback | Comments(4)
特別開放は続く
本日5週目につき、塾はオヤスミです、、


本来は・・・。


中学生たちは今日でテストが終わるのでめでたしめでたしですが、

高校生達はまだまだ続きます。

よって、勉強する場を提供してあげるために

昼1時から夕方6時半まで教室を特別開放です。


時間限定ですがせっかく開放することにしたんで、

皆利用してくださいね。


**

さて、高校生のために解放する教室ですが、

昨日中1の生徒が帰りがけにこんなことを言っていました。

「先生、明日夕方から来ていいですか?

 金曜日に英語のテストが学校であるから勉強したいんです。」


あぁ、カッコイイ。

期末テストが終わった当日ですよ。

受験がまだまだ先の中1がですよ。

私なら千%来ませんでした(笑)

「お前、かっこいいな!」そう私が言うととても嬉しそうでした。


普段なかなか集中して勉強できない生徒ですが、

昨日はよく集中して勉強をしていたので、「今日はよく頑張った!」と

褒めてあげた後でしたから、いい意味で調子こいたのかもしれませんね(笑)


褒めるって凄い力があるようです。

今日夕方に本当に現れたら、また褒めてあげることにしましょう。



**


夜からは先日見学させていただいた岐阜県関市の開智塾へ再びお邪魔します。

移転して広く綺麗になったそうなので、覗かせてもらいに行きます。

そして、塾長岩田さんの醸し出す開智塾の空気もご馳走になってきます。

とても楽しみです。また報告しますね。



それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2006-11-29 10:04 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
世間は狭い
余談を



念願のスポーツクラブ通いでしたが、

実際に通い出すとひたすらに走ることには面白みを

感じなくなってきて、最近はだんだんと足が

遠のいてきていました。



違った形で体を動かすことにしようかと、

大好きなテニスのスクールに通うことを考え、

近くのテニススクールに無料体験レッスンの

申し込みの電話を入れました。

(3つぐらいまわってスクール選びを記事にしようという企みも、、)



無事に体験日時も決まり名前と電話番号を伝える段階に。

「お名前とお電話番号を教えていただけますか?」


私の名字は珍しい名字なので、ゆっくりと聞こえやすいように

伝えるように心がけています。

「く に た て といいます。」


・・



しばし謎の沈黙。。


おや?何か悪いこと言ったか??




「あ、あの、さくら個別の塾長ですよね。。」


「!!!!?」



「私、中1のTの母です。」


お互い電話口で高笑いです。

「わははははは。」



「娘には内緒にしておきましょうか?」


「いいですよ、別に恥ずかしいことじゃないですし。」


「では当日お願いします。」





こんな驚きが増えると愉快ですね。

余談でした。それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2006-11-28 14:15 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
油断大敵
最近中2が盛り上がりを見せています。

テストに向けて一番力が入っているのもこの学年でしょう。

母体数が増えてきて、自習で顔をあわせる回数も増えてきて、

少し中2どうしで仲間意識が芽生えてきているようにも思えます。



いいですね。

個別であっても一体感のある教室を作っていきたいと

常々思っていましたから、とてもいい感じです。

そこに若干名の中1や高校生も混ざって、面白い集団が出来上がってます。


**


さて、「教室にいい空気ができてきた」なんて

何度も報告していますが、油断は大敵です。

教室にいい空気ができているのは、自ら気持ちを持って自習に

来てくれているメンバーだから当然と言えば当然です。


より気を配らなくてはいけないのは、このように

自習に現れないメンバーたちですよね。




自習に現れないメンバーたちは家で勉強ができているでしょうか?


半分の子はできていることでしょう。

家でしっかりとできるので自習に現れないというだけです。



では、残りの半分の子たちは。。。

テスト勉強へのエンジンかかりきらず、

塾へ来て自習をするほど気持ちに火がついていなくて、

なんとなく家で過してしまっている。

なんとなくやった気になるような勉強を家でしている。

このような感じでしょうか。



先週の祝日、土曜、日曜と、この3日間現れなかった

残り半分のメンバーに関してはものすごく心配です。

こんな子達こそ背中をドーンと押してあげなくてはいけないですね。

声をかけていきます。




テスト終了まであと少し、気を抜かず、視野を広く持って、

全ての生徒の向上を目指していきます。


本日は大半の学校がテスト初日で、

生徒たちは13時半には現れるでしょう。

もうすぐやってきますね。


さあ、皆あと少し頑張るぞ!

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2006-11-27 11:24 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
テスト前日特別開放
おはようございます。

本日は朝の7時半から教室開放です。

休日なので11時半までの限定開放ですけどね。

短いように思うかもしれませんが、4時間塾で集中して取り組めば、

家でのんびり取り組む6時間の勉強に相当するでしょう。

限りある時間の中で集中して頑張ってもらいましょう。



あれ?当初来ると言っていたメンバーの中で

まだ姿がみえないメンバーがいますね。

もっとこの時間に来ることに強制力をつけれあげればよかったです。



以前、朝からの開放に関して、「起きれるかわからない」などと

のたまっていた高校生に対して強制力をつけてあげたことがあります。

人質ならぬ物質です。電子辞書を置いていかせました。

時間通りに来ない場合、マッキーペンで「さくらこべつ」と書く約束です(笑)

何度かこの約束をして、彼女は時間通りに現れることが出来ました。


1回を除いて。。

e0092453_9263825.jpg
















私が書いたんじゃないですよ。

同級生のYが書いたんですからね(笑)


最後の追い込み、頑張ってもらいましょう。

それでは。




***

HP衣替えしました。

実はこちらから素材を借りてきているので

衣替え所要時間5分です♪
[PR]
by sakura-kobetu | 2006-11-26 07:56 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
テスト直前の教室
テスト前もあり、

指導の甲斐もあり、

皆の意識の高まりもあり、


中学生高校生混ざりながら

現在教室内はとてもいい空気で

テスト勉強に取り組んでくれています。


相乗効果が出てますね。

皆のやる気が掛け算で計算されていき、

その合計の数値が教室内の

澄んだ碧い空気として現れています。



的が外れた勉強をしている子に声をかけながら

この恍惚の境地を楽しんでいきたいと思います。



(言いすぎかな。。うっとりするには早すぎるか!)


それでは。



***

下駄箱にスリッパを入れっぱなしの生徒に警告を出しておきました♪
e0092453_14322085.jpg
[PR]
by sakura-kobetu | 2006-11-25 14:34 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
落ち着いて問題を解くとは
昨日は最近来てくれた講師が授業をする様子を

少し見学をしていました。


その講師が指導の中で生徒にこのような台詞を言いました。


「エックスをつけわすれたりするようなちょっとした

 ミスが多いから落ち着いて問題を解くようにね。」


生徒も「はい。」なんて返事してました。


また、違う講師ですが、授業の報告書に

「~なので、落ち着いて問題を解くように伝えました。」と書いていました。




よく使われる台詞ですよね。数学や英語の指導のときに耳にしますね。

私も思わず口にしているかもしれません。

「もっと落ち着いて解けやー。」

冗談めかして言ってそうですね。


さて、この台詞について昨日ふと思いました。

「落ち着いて問題を解くように」とはどういった指示でしょうか?

メンタル的な部分の指導というのはどうしても抽象的な

指導になってしまうことが多いのでしょうが、

あまりにもぼんやりとした指示のような気がします。


焦って問題を解こうなんて生徒はいませんから、

自然になってしまっているんですよね。

それに対して「落ち着いて問題を解くように」という指示。

聞きなれた常套句なんで生徒も「はい。」とはいいますが、

具体的に何をしていいのかわからないですよね。

大人が聞いて具体的に動けない指示は、

子供が動けるわけがありません。





もっと生徒が聞いたとたんに体が動くような具体的な指示に

言い換えることはできないでしょうか?


考えてみたのですが、例えばこのような指示でしょうか。


「君はちょっとしたミスが多いから、

 問題を解く時には最後に必ず見直しの時間を確保してから

 問題を解き始めること。ラスト5分になったらどれだけ問題を

 解いている最中でも最初から見直しをする時間に充てるようにしなさい。」


「君はちょっとしたミスが多いから、

 途中式をこれ以上細かくできないというぐらい書いていくこと。

 余白を使って大きく読みやすく書くこと。慣れてきたら途中式の

 細かさを減らしていけばいいから、今はとにかく細かく書きなさい。」


「君はちょっとしたミスが多いから、

 問題文に書いてある答えるときに注意すべきことには必ず

 下線を引きなさい。書き抜きなのか、文字数制限は、

 相応しいものか相応しくないものか、などにね。

 そうすれば忘れずに意識できるから。」



いろいろ教科についての一場面を想定して書きましたが、

こんな指示なら体が動きそうですよね。



***


考えたことをまとめてみましょう。



生徒への指示は具体的に。

聞いて体が動くかどうかを具体的か

どうかの判断の基準にする。

できればやれたかどうか後で講師が

チェックできるような指示がベスト。



***


全ての指示が具体的になるわけではありませんが、

意識してやっていきたいです。

さて、そう講師にも伝えてみよう。



*


最後に神奈川で個別指導をしてみえるpcclubさんの

ブログに載っていた

ケアレスミスをなくす4つの方法」という記事をご紹介します。

今回書いた記事の内容に通じていると思います。

私はこの記事に感動して、よく生徒に話しています。


「いいか、野球に例えるならエラーしようとしてエラーしている

 選手はいないよな?じゃあエラーをなくすためには

 どうすればいいか!それは・・」


なんて(笑) インスパイヤされまくりですね。。





今日も頑張っていきましょう。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2006-11-24 09:58 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
課題点検無事終了
最初に昨日UPし忘れた教室開放予告を。

e0092453_1513228.gif























提出課題点検が終わりました。

しっかりとやれている子が大半でしたが、

やり残しをした生徒は各学年1人ずついましたね。



やり残していた中1の生徒に関しては、

前日に「先生!やばい、ワークやり残しがあることが発覚した!」

なんて飽くまでハプニングを装っていましたが、

なにがなにが、昨日点検したときには3教科で

30ページぐらいやり残していました。。


「お前発覚とかいうレベルじゃねーやねーかっ!

 適当なこと言ってんじゃねーぞ!!」


「すいません。。。」


大幅にやり残したメンバーも全て今日中に完成させてもらいます。




この課題が全て終わってしまえば、

提出課題に追われることなく、追いかける形で勉強ができる

テストまでの残りの4日間です。

貴重な時間ですから、濃度の高い時間を過してもらいましょう。




課題点検、まだテストの結果が出ていないので

なんともいえませんが、とてもいい感触です。

今後も取り入れていこうかと思っています。




**



さて、休日ですが昼から教室は開放しています。

現在多くの生徒が自習に来ています。

いい雰囲気ですね。教室内の空気が澄んできています。


・・





おっと、

空気に乗れずなんとなく席に座っているだけの

生徒も中には混ざっていますね。

集中が切れてペン回しや消しゴムをさわっている生徒も。。

声をかけていきます。



それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2006-11-23 14:50 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
本日提出課題点検
本日水曜で自学の日です。

全生徒が来るので、配付物や集める物を

するときにとても便利です。


そんな特性を活かし、本日中学生は

提出課題点検日です。


この点検は初めての試みですが、とても心配です。

皆しっかりと段取りよく消化できたでしょうか?

この試みがマイナスに働いてしまっている子はいないでしょうか?

今日しっかりと見極めたいと思います。



生徒たちに聞いてみると、やはり学校のワークは1回やってやりっ放し

が多く、赤で○ツケをしたら開くことは二度とないことがあるなんて子もいました。

勉強とは「できないことをできるようにすること」ですよね。

そのワークを1回やって○付けしただけでしたら、それは

「現在どこまでわかっているかを確認」しただけに留まります。


間違えた問題番号に印を付け、間違った問題の答えの解説をじっくり読み、

それでも理解できないところは人に聞き、

解答欄を隠して印をつけた問題を再び解いてみる。

ここまでやって、正解した時にようやく「勉強した」と言っていいでしょう。



今日全て完成させることができたら、残りあと5日間、

リッチなワーク2回目に取り組むことができます。

もういちど間違えた問題をやってみてみてください。

今まで答えあわせを作業のようにしてきた生徒たちは

2回目でもできるようになっている問題は少ないでしょう。

自分の学習能力の無さに愕然とするでしょう。

しっかりと体感して改善していきましょうね。



**


さて、地味に祝日がやってきますね。

祝日と週末の教室開放についてのお知らせを

掲示しておきました。また後でここに載せますが、

開放希望者が多ければ日曜日も午前中だけ

開放しようと思います。

調子こきのSくんは

「午前だけだったら朝7時から開けてよ!」

などと言っています。

「その時間から来るからやりたいという生徒を

 5人集めたら朝7時から開けてあげよう。」

そんな風に返事をしておきました。さてどうなることやら。



祝日も週末もうまく塾を利用して

勉強に取り組んでくださいね。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2006-11-22 10:58 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
メッセージ
テスト一週間前になり、

生徒達と約束していたものが塾に届きます。



ゲームの中毒になっている生徒が

プレステ2のコントローラー・ソフト・PSP・PCのマウス

を袋に入れて持ってきました。



絵や漫画を描くのが大好きな生徒が

絵の具・カラーペン・スクリーントーンを持ってきました。



いずれも誘惑に負けぬよう試験が終わるまで

塾で封印しておこうと約束したモノたちです。



そしてある生徒が写メールを見せてくれました。

自分の部屋の整頓された学習机が撮影されています。



この生徒とは漫画が山のように積んである机の上を

整理して写メールを取ってくるように指示を出した生徒でした。



**


これらのことはこの行動自体に大きな意味はありません。

ゲームを封印しても、しようと思えば兄弟のDSをすることができるし、

絵描きグッズを封印しても、書こうと思えば鉛筆一本あればことたります。

机の写真もドサッと漫画を下に落として撮影だけすることも可能ですから。



これらのことの一番大きな意味は

「君が勉強をするのを応援してるぞ!」というメッセージを

生徒に強く感じてもらうことにあるような気がします。


自分のことに関心をもってもらうことというのは嬉しいことです。

生徒の懐に3歩踏み込んだこんな約束が、生徒達には応援されているという

喜びになっているのではないか。そしてそこから勉強に対するやる気

に繋がっていくのではないか。そんな風に思います。


その証拠にほら、、



 私「おお、この絵描きグッズってスクリーントーンって

   言うんじゃねーの?これって高いんじゃねーのか?」

 生徒「はい。でも安い店で買うと一枚200円前後からあるんですよ!」


絵描きグッズを持ってきた生徒は自分の趣味の一端を見られるのが

嬉しいような恥ずかしいような表情で私に手渡しました。



 私「おい、この写メ机に近すぎて様子がわかんねーよ。

   これ作戦やろ?実はこの隣に漫画山積みになってるんやろ?」

 生徒「そんなことないですよ。ちゃんと片付けましたよ。」


普段めったに自分から話しかけてこない彼が、「写メ見せるの今日でしたよね。」

と満面の笑みで話しかけてくれました。恥ずかしいような嬉しいような表情でした。



生徒とのコミュニケーションにもなるし、

我ながら愉快な作戦だなぁと思っています。

めでたしめでたし。


・・





と、この記事を締めたかったのですが、

ゲームを取り上げた生徒がまたいましたね。

この生徒のリアクションは、、



あちゃー、ゲームを持ってきた生徒の顔が苦痛で歪んでいます(笑)

苦虫を口いっぱいにほうばっているようです。


「先生、明日テスト終わるから、

 今日の帰りに返してよ!

 終わったらすぐやりたいから!」


眠たいことを口走っていますねぇ。

最愛のゲームを塾に持ってくることになって

家では荒れたそうです(苦笑)

「勉強を応援しているぞ」というメッセージが

届く相手ばかりではありませんね。。

この生徒はゲームを塾に封印すること自体が意味を成しそうです。。




テストが終わるまでしばらく、

大事に保管しておきますから、

心置きなく勉強に取り組んでくださいね。


それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2006-11-21 15:02 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)