愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@にして送信を)
記事ランキング
検索
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
最新のコメント
> ひかぽんさん 作り..
by sakura-kobetu at 18:57
その101匹わんちゃんの..
by ひかぽん at 12:35
昨日やられました❗何か悔..
by ヒロシ at 04:21
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
ブログジャンル
<   2007年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧
ガンバルタイム
明日で夏期講習が終了になります。

イブである本日、午後の早い時間は授業も無く

空白の時間帯がありました。



わずかに中学生が3人自習に来ていただけです。

そのまま自習に取り組んでもらうこともできましたが、

なんとなくだらけてしまいそうに感じたので、

その3人にこう提案してみました。



「2時半からのコマをガンバルタイムにしようぜ!」



ガンバルタイムとは、革命社長と呼ばれる吉越浩一郎さんが社長をしている

下着メーカーの「トリンプ」が社内で行っている制度で、

12時半から14時半は、私語、電話、歩くことは禁止という制度です。

そうすることでだらけやすい午後の時間帯の仕事の効率を上げる効果が

あるそうです。



面白そうですしトリンプのマネをしてみましょう。

私も含めてだらけてしまうような気がしたので、

この午後の時間をガンバルタイムにして、

その時間でやる学習内容を一枚の紙に書き込み、

皆で無言でひたすら勉強することにしました。

私もやり遂げる仕事内容を書き込んでガンバルタイム参加です。



さて、実際にガンバルタイムをやってみての感想ですが・・


いいですね。


この「ガンバルタイム」というベタな響き、

とてもわかりやすくて、取り組みやすいです。

ガンバルタイムと名前をつけて、取り組む内容を紙に書いただけで

ピリッとした時間が過せました。これはちょっと良さそうです。


定期テスト前の自習室開放日とかにまたやってみましょう。



**



ガンバルタイムを一緒に過した生徒たちに、31日ですし

31パーセント引きになっている31アイスをご馳走しました。

夏ももう終わりですね。





今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-08-31 17:05 | 塾日記 | Trackback | Comments(2)
募集停止時間帯のご案内
9月が迫ります。

時間帯によってはもう席が無いコマが出てきました。

来てくれている生徒の中で

今後時間帯の変更を希望している子は見ておいてください。


****************************************

現在の時間帯による混み具合です。(2007年8月30日現在)

○⇒まだゆとりがあるコマです。 
△⇒もう少しで募集停止のコマです。      
×⇒募集を停止したコマです。


■月曜日■

3講…○  4講…△  5講…△  6講…△

■火曜日■

3講…○  4講…○  5講…○  6講…○

■木曜日■

3講…○  4講…○  5講…△  6講…×

■金曜日■

3講…○  4講…○  5講…△  6講…×


(月曜日はもうしばらくしたら×になるかもしれません。)

****************************************

こんな感じですね。

時間帯を選ぶことができるところも個別指導の利点なのに、

だんだん選ぶことができなくなってしまいました。

時間帯変更などは早めに申し出てくださいね。



講師の先生がもう少し増えれば△から○になるコマも

いくつかあるんですけどね。

いずれにせよ狭い教室です。

お友だちがもしも迷っていたら早めに言ってくださいね。

火曜日ならまだまだゆとりがありますけどね♪


この記事はHPにリンクを貼ろうと思うので、

余分なことは書かず、今日はこのへんにしたいと思います・・





え?

書くことが無くて困っているだけだろうって?

そそそそんなことないいいですよ(苦笑)


それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-08-30 17:49 | 塾日記 | Trackback | Comments(2)
なんの電話だか・・
夏期講習もあと4日です。

そろそろ夏期講習生の9月以降の

継続の確認をしなくてはいけません。



本日夏期講習中の指導の報告も兼ねて、

講習生の家に電話をしました。

この講習生のご家庭のお仕事はお花屋さんです。

小さな女の子たちの憧れの職業ですよね。



*


夏期講習での指導の報告を済ませ、継続の確認をすると

「9月からもお願いします。」という嬉しいお言葉をいただきました。

あぁ、良かった。生徒は楽しそうに通ってくれてましたし、

頑張って取り組んでくれていましたから、

継続してくれたらいいなと思っていました。


*

通常授業についての話を終えて、

電話を切るタイミングでしたが、

私が新たにこう切り出しました。

「すいません、お母様、全く関係の無いことを伺ってもよろしいですか?」



言葉を続けます。

「ポトスが折れてしまって根と茎の部分の2つに分かれてしまったんですけど、

 水をあげ続ければ息を吹き返すでしょうか?」




植物のことは植物のプロに聞くのが一番でしょう(笑)


お母様は丁寧に教えてくれました。


 「水をあげ続けてくれればいいですよ。根が出てきたら植え替えるのですが、

  植え替えのタイミングは春か秋が一番良くて、・・・」



「あと、ポインセチアが枯れてきて葉がいっぱい抜けるんですよ。」


 「栄養が足りないか、水をあげすぎているかのどちらかですね。

  ポインセチアは夜になったら黒い袋などをかぶせてやらないと、

  赤い色が出ないんですよ。夕方5時ぐらいからかぶせて・・」



さすがプロですよね。

電話をしているうちに私が生徒になってました(笑)




なんの電話だか・・といった感じでした。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-08-29 17:04 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
夏期講習終了間近
今週をもって夏期講習が終了になります。

長い長い講習でした。

なんだか身体が重たいです。

さすがに20代の頃とは違うようです。


この重さ、原因を推測するに、

運動不足なのではないかと思うのです。


適度に身体の筋肉を動かしてほぐさないと、

筋肉が凝っていくのかもしれません。

講習入ってからというものの肩や首の凝りがヒドイです。


講習が明けたらテニスを週2ぐらいでやっていきたいですね。



***


本日は元気な中3のCさんが自習に来て、私にこう話かけてきました。

「ねぇ、うちらって結婚式呼ばれるの?」


いきなり何を言っているのでしょうw


どうやらブログの記事を見た友達から聞いたようです。

「いいねぇー、結婚いいねぇー、いいよー♪」

なぜだかわかりませんが、喜んでくれているようです。




生徒たちは気軽に言うんですよね。

「結婚式呼んでね。」なんて。


そうは言いますが、まず日本では式を挙げず、

海外で現地挙式の予定です。

そして、海外から帰ってきたあとに名古屋で1.5次会と言われる

披露宴と2次会の間のようなパーティーを開く予定です。

1.5次会とは会費制で、普通1万円はするものです。



もしも生徒を招待などということになると・・

いや、無理ですね(苦笑)



でも行きたいという気持ちは嬉しいですから、

なんか考えたいですね。

保留にしましょう。



**


今日は雑談しか思い浮かびませんでした(笑)

しかも自分のことばかり(苦笑)


明日は一斉授業のラストです。

授業の準備もありますし、

すいません、

今日はこの辺にさせてください。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-08-28 21:39 | 塾日記 | Trackback | Comments(2)
職業人インタビュー
***************************************
無事に課題を終わらせることができた生徒達へ

この1週間が勝負です。この1週間でしっかりと

夏課題を復習するのです。この1週間をのんびり

過してしまったら、早く課題を終わらせた意味ゼロです。

夏の最後、頑張って課題の復習に取り組むこと!!

課題テストでいいスタートダッシュを切るぞ!!
***************************************





「先生、相談があるんですけど。」

ハムカツ王子の高1Kくんが手にプリントを持って寄ってきました。

プリントに目をやるとこのようなタイトルが目に入りました。

 
 (産業社会と人間)夏休みの課題② 「職業人インタビュー」


働くとはどのようなことなのかを考えるというのがこの課題の目的だそうです。

「先生で書いちゃダメですか?」

5年前にも同じ宿題を手伝ったことがありました。

断る理由もありませんし、引き受けました。

ただ、ゆっくり回答している時間がそのときになかったので、

「回答はブログの記事として載せておくね」と返事をしました。


このブログの生徒登場回数TOPになりたいと言う彼と、

ブログの記事のネタを見つけるという二人の利害が一致したというわけです(笑)


そんなわけで、今日の記事は「職業人インタビュー」に答えてみたいと思います。


----------------------------------------------------


□職業名□   個別指導学習塾経営(学習塾講師)

□職業分類□  自営業

□年齢□    33歳 男

□キャリア□  11年

□休日□

 毎週日曜日と土曜日が一ヶ月に1回程度、ゴールデンウィークとお盆と正月休み


□この職業について(仕事内容についての全般的な説明、勤務時間や残業など)□

 勤務時間は14時から22時というのが一般的な学習塾の定時。
 しかし、繁忙期になると、朝早くから仕事に取り組んだり、
 夜遅くまで仕事に取り組んだりと、長時間労働になります。
 よほど大きな株式会社の会社で無い限り「残業」という言葉は
 ありません。授業に対する準備や残っての指導などは
 「残業」という枠に入れることのできない難しいところです。
 教育という業界において「残業」という言葉は無いと思っていいです。

 仕事内容としては、一人でやっているので全ての仕事になります。
 大変ですが、全て自分で行うというところに面白みはあります。

 大きく分けて2つです。先生としての仕事と、経営者としての仕事です。
 先生としての仕事は、生徒学習指導、保護者面談、講師指導などで、
 経営者としての仕事は、経理、人事採用、授業運営管理などです。

 
□この職業を目指すことになったきっかけ(いつ頃から仕事について考えたか)□

 就職活動が始まる直前にサークルの後輩にお好み焼き屋でポロっと勧められて
 初めて考え始めました。それまで意識はしていませんでしたがそれまで
 キャンプカウンセラーサークルに所属していたり、学習塾でバイトしたり、
 家庭教師をしていたりと子供に指導をする仕事ばかりしていたので、
 向いているのではないかと思い、この職業に決めました。


□この職業のおもしろさと辛さ(感動したことや失敗談など)□ 

 心身ともに大きく成長していく年代の子供たちを、学習指導を通して
 その姿を見守ることができる所でしょうか。
 あと単純に「人に物を教える」ということは快感だったりしますね。

 感動したことは・・⇒こんなときや、こんなときかな。
 
 失敗談は・・⇒この記事でしょう。



□この職業に就こうとしている高校生へアドバイス(必要な資格や心がけたいこと)□

 必要な資格はありません。よって塾業界は玉石混交などと言われますが、
 民間の教育なので、力のない学習塾は淘汰されていきます。
 指導に対する情熱さえあれば、始めることができると思います。
 大学生になったならば、学習塾や家庭教師のアルバイトをしてみてください。
 そこでの経験はとても大きなものになるでしょう。頑張ってください。



□将来の夢□

 「楽しい毎日だったし、人生にくいは無いよ。」と、知り合いに囲まれて
  微笑みながら死んでいけたらいいなと思ってます。

  その瞬間ために現在を楽しみ尽くすことが夢と言えば夢でしょうか。
  晩年は自給自足の生活を海辺の町で過し、晴耕雨読といきたいですね。
 


-------------------------------------------------


こんな感じです。


こう改めて文字にしてみると、

なんだか初心に戻る気持ちですね。


ためになったインタビューでした。

ハムカツ王子ありがとう。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-08-27 14:28 | 塾日記 | Trackback | Comments(2)
勉強合宿 ~in かわしま進学塾~
昨日は開智塾の中村さんと

かわしま進学塾の川島さんと

名古屋で名古屋飯を食べました。


昨日とは違い塾人の集まりであったので

塾の経営についてや塾の内情についてなど

手羽先やどて煮を食べながら語っていました。

e0092453_23491588.jpg


















名古屋飯にご満悦のKわしま氏です。

**


ふと勉強合宿の話になり、川島さんと話していたら、

かわ進でやっていた勉強合宿の思い出話になりました。


山口でお世話になっていた2年前、私もちょうど勉強合宿の

時期にいたので一緒に参加しました。

参加したといっても、場所は塾です。

そして合宿と名はつくものの、一睡もせず朝まで学習です!!


昼過ぎに集まって勉強勉強勉強。

夕食は先生達が用意して皆でカレーを食べます。

そして引き続き勉強勉強勉強。

夜中1時ごろには卒塾生が来て生徒達にアドバイスをします。

そして引き続き朝に向けて勉強勉強勉強。

この合宿で生まれて初めて徹夜をする生徒も多くいました。

この合宿は勉強の成果というよりも、

ここまでして頑張ったという体験が一番のプレゼントです。

「合宿であそこまで頑張れたんだから・・」

そういった意味合いの強い合宿でした。


へとへとになりましたが、とても楽しく、充実した合宿でしたね。




*


「いやー、あれはしんどかったよね。」


昨日はそんなことを笑いながら川島さんと話していました。



*****


**


*


かわしま進学塾での勉強合宿も、12時を越えて後半戦に入りました。

深夜3時ごろの休憩に向けて一部のスタッフは

生徒達の夜食作りに追われていました。


大学生になった卒塾生3名、社員ののりおちゃん、そして私でした。

2階の教室を使い、小さなホットプレートで、

狂ったように焼きそばを作り続けます。

相手は中3生大人数です。


3時が迫り、もの凄い量の焼きそばを用意しました。

ある程度これで大丈夫だろうと思いながらも、

私たちスタッフは引き続き焼きそばを作り続けました。




深夜2時半をまわりました。

勉強に疲れた中3生がわらわらと焼きそばに群がります

さすが中学生、食欲は旺盛です。

用意した焼きそばがみるみるうちに消えて行きます。



現場でその様子を見ていた卒塾生スタッフの一人が2階の教室に報告に来ました。

「焼きそば切れました!次はまだかと階段を登ってきそうな勢いです!」



社員のりおちゃんが焼きそばを作りながらそのスタッフにこう言います。

「もう・・階段を封鎖して!!」



そのやりとりを聞いていた私は、踊る大捜査線の青島刑事風に言いました。

「階段封鎖できませんっ!!」






疲れも加わり深夜の教室は爆笑。

そんな愉快な思い出のある勉強合宿でした。




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-08-26 23:46 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
よりよい個別指導を作るために
本日は朝から中3生は模試です。

久々の早起きにウトウトする子も・・

頑張ってやれや!

本番の緊張感を持って取り組めよっ!



***


昨日は川島さんがお見えになったので、

終業後に講師の子達も誘って

一緒に食事に行きました。

本当は隣のビルの居酒屋太陽へ行って

名古屋コーチンのタタキや、ヤマイモの天ぷらなどを

召し上がって欲しかったのですが、

昨日はすでに太陽は沈んでいました・・(お休みでした)

金曜日に休むとはなんということでしょう・・

「仕方なく」とは失礼な表現ですが

仕方なく小樽食堂へ行きました。

(元生徒のメグがいました!)



**


いろいろな話をしていたのですが、

その中で川島さんが「講師の目線から考える

よりよい個別指導教室を作るためのコツは?」

という質問が、うちの講師に対して出ました。


いろいろと意見が出ましたが、講師たちの中で

最終的に落ち着いてまとまった意見がこんな感じでした。



「講師の仕事をお金を稼ぐ手段の仕事と思わない。

 生徒への指導や交流を自ら楽しんで取り組む。

 そして、そういうメンバーを増やしていくこと。」



あぁ、確かにその通りですね。

私の口からではなく、講師の口から出た台詞

というところが嬉しいところですね。


教育業界はお金の割がいいようで実は割が悪い仕事であると思います。

熱心な授業後の指導に残業手当がつくようなことは基本的にありません。

授業時間の枠を出た、その生徒への指導や準備も隠れた仕事としてあります。



そういった状況を踏まえて、

講師採用面談のときには、面談する学生に必ずこう言います。


「もしもお金がいいという理由が5割を超えて講師の仕事を志望したならば、

 辞めておいた方がいいと思うんですよね。

 この指導するということへの興味、講師という仕事へのやりがいを

 感じてやってもらえなかったら、お互いに嫌な思いをすると思うのです。

 私はよりよい指導をしてもらうために、いろいろな要求や助言をしていきます。

 お金が目当ての人にとっては、私の要求や助言はただの雑音でしかないですよね?

 ですから、もしもお金が目当てでお越しいただけたなら辞めた方がいいです。

 いかがですか?」


もちろんお金を稼ぎたいという気持ちが根底にあるのは当たり前ですが、

それを求めるならば引越しとかいろいろもっと割のいい仕事がありますよね。



川島さんもよりよい教室を作るためについて

おっしゃっていました。


「要はいいチームが作ることができるかどうかですよね。」



そうですよね。

いいチーム作り、

引き続き頑張っていきたいと思います。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-08-25 10:18 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
検索上手は教え上手?
以前、佐鳴学院の佐藤イサクさんが、

「恋愛上手は学習指導も上手」

という持論を持ってみえる話をご紹介しました。

この話、結構うなずけると思います。




同じようなことを昨日ふと思いつきました。

「パソコンの検索上手は学習指導も上手」

かもな・・・なんて。


検索ワードというのは、世の中の人たちが

その事柄に対して文章を書くときに

どんな言葉を織り交ぜるかを想像して入力していくわけですよね。

一般の人たちが考える思考回路を辿り、

その言葉を検索ワードとしてピックアップするわけです。


思考の柔らかさや、相手の気持ちを想像することが必要なので、

PC検索が素早く的確にできる人というのは、

学習指導が上手に違いない・・・

という考えなのですが・・・



果てしなくどうでもいいですね(苦笑)



**


さて、

川島さんが仕事の都合がついたようで、

名古屋入りが1日早まって、今日になったようです。


明日はうちの塾が1日中模試で、授業の様子を見ることができません。

個別指導の授業の様子をやはり見ておきたいとのことで、

なんとか今日に名古屋に来れるように調整されたのかもしれませんね。


視線が常に上にある人は貧欲ですね。

本日は多くの生徒が来る日ですから、

普段の様子を見ていただけると思います。

外からの目でご意見もらえるといいですね。

社交辞令ではなく本当に狭い教室ですが、

お待ちしております。



***

明日の模試は中3は朝9時から!

中1中2は午後1時から!

時間に遅れるようなことがあっても無視して

スケジュール通りやりますからね。

5分前には席についているようにね!



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-08-24 16:38 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
お土産ありがとうございます。
昨日は夏の課題点検の日でした。

終了してしまった人は手ぶら、

やり残した人はその教材を持ってきてもらって、

週末までにやりきる相談をしました。



余裕でやりきってしまった人もいれば、

結構な量を残してしまった子もいます。

やり残してしまった子には、完成した課題を持って

土曜日に再び現れてもらうことにしています。



これで夏休み最終週が自由に勉強ができるようになります。

休み明けの課題テストに向けて勉強をするもよし、

2学期の勉強の予習に力を入れるもよし、

有意義な1週間になるように頑張ってもらおうと思います。



**


お盆が明けて、多くのご家庭からお土産をいただきました。

この場をかりてお礼を言います。お気遣いありがとうございました。


今年一番のインパクトがあったお土産は・・

e0092453_16415017.jpg

















いなごです。

以前いただいた白魚の踊り食いもインパクトがありましたが、

ビジュアル的なインパクトは、いなごが圧勝です(笑)


昨日の最後の時間が終了してから、

興味ある生徒3名と大人2人で食べてみました。

(女の子はなぜかそそくさと帰っていきましたw)


食べる順番をあみだくじを作ったりして

ヤイヤイ楽しんでいましたが、皆の感想は・・


「あ、普通にうまい。」


いなごと男は見た目じゃないですね(笑)



今日はこのへんで。

それでは。


**

e0092453_16495141.jpg


















率先してあみだを作ったら、

見事自分が一番になり

ビビッているTくんです。
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-08-23 16:52 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
国語の指導に鮮血を
もともと私は勉強は得意な方ではありませんでした。

そんな昔が幸いして、数学なんかは

わからない子の思考回路が手に取るようにわかる

教師であると自負しておりました。



**


本日、国語の入試対策の一斉授業をY先生がやってくれていました。

手助けがてら授業に参加してみました。

愛知県公立入試国語の問題のヤマである文章要約問題でした。



国語に関しても昔はそれほど得意ではなかったように思いますが、

さすがに年を重ねてしまって、触れる文章の量も増えてきたので

知らぬ間に文章の要点があぶり出しのように見えてきてしまいます。

俯瞰の視点から見れるといいますか、文章の肝の部分が見えてしまうのです。



苦手な小学生の頃や中学入りたてのころは、抜き出しにせよ

要約にせよ、宝探しのような感覚でやってしまっていたように思います。

「ここっぽいな。」「いや、ここかもしれん。」

どこが要点なのかとか、文章の大きな流れはどうなっているのかとか、

そんなこと読み取れるわけありません。

とにかく宝探しのような感覚で取り組んでいたのです。




そんな私だったはずなのに、高校入試程度の文章でしたら、

今はあぶり出しのように要点や答えが見えてしまうのです。


わかるようになったのだから一見問題ないように感じますが、

正直言って困りますね。

どのような過程でこの文章の骨組みを理解できるようになったのか、

自分の思考の過程を説明することができなかったら、

生徒たちをぐいぐいと導くことができません。



せっかく勉強が苦手だったのに、

苦手であったという私の特徴が充分に生かされていません(苦笑)

自分なりに思うところ、一般的に言われる指導はできますが、

その言葉には鮮血が流れていないんですよね。



自分の経験値としての言葉には真っ赤な鮮血が流れています。

そんな言葉を伝えることができるようにしなければなりません。

国語の指導はまだまだ努力の余地があります。

努力して鮮血流れる言葉を言えるようにしなくては。



そんな風に思った一斉授業でした。

Y先生、授業ありがとうね。

作った作文のフォローもお願いしますね。




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-08-22 15:44 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)