愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@にして送信を)
記事ランキング
検索
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
最新のコメント
> ひかぽんさん 作り..
by sakura-kobetu at 18:57
その101匹わんちゃんの..
by ひかぽん at 12:35
昨日やられました❗何か悔..
by ヒロシ at 04:21
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
ブログジャンル
<   2007年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
笑いの美学 ~エノケンより学ぶ~
戦前の日本に、喜劇王といわれる芸人がいました。

榎本健一という人で、エノケンのいう愛称で親しまれた人でした。

何かのテレビ番組で彼の半生をまとめた番組を

はるか昔に見た覚えがあります。


その中で印象的だったエノケンのエピソードなのですが、

足の病気になってしまい、足の指を手術で切断することに

なってしまったようでした。

彼の最大の魅力であった動きの魅力が

このときに完全に失われてしまったそうです。

足を切断して間もない頃の舞台では、

客席にはぜんぜん笑いが起こらなかったそうです。

事情を知っている客が同情してしまっていたのでしょう。

頑張って演じれば演じるほど痛々しいものです。


そんな客たちの空気に耐えられなくなり、

ついにエノケンはこう叫んそうです。


「どうして笑ってくれないんだよ!!」



・・私のぼんやりした記憶を頼りに

書いていますので、多少間違いあるかもしれませんが、

こんなエピソードだったように思います。



***


いきなりエピソードから入りましたが、

この話が昨日書いていた

「笑いの美学」の話に繋がっていきます。



**


昨日書いた、キングコング西野のブログ記事と

トータルテンボス大村のブログ記事では

どちらに「笑いの美学」を感じるか?

という問いかけで終わっていました。

皆さんはどちらに感じたでしょうか?



私が笑いの美学を感じるのは・・・

実はトータルテンボス大村のほうです。




キングコング西野の記事はむしろ

お笑い芸人として

やってはいけない記事ではないのかな?

なんて思います。




**

エノケンのこのエピソードを見て、


笑いというものは

その芸人に対して「同情」とか「心配」とか

そういった感情を作ってしまうと

笑いを作ることが難しくなるんだなぁ。


とそのとき私は強く感じました。




そして、今回キングコング西野の記事を読んだときに

ふとエノケンのこのエピソードを思い出したのです。



西野はこんな風に書いています。


***
その中で梶原は120点の仕事をしました。

悪いのは僕が書いたネタがウンコだったということです。

キングコングが負けた原因は僕です。
***

とか、

***
今日はクソ面白くない漫才をしてしまってすみません。
***

とか・・



んー、とても真面目な人柄は伝わってきますが、

笑いの美学は感じませんね。

なんだか湿っぽいですし、

こんなブログを読んで、直後に

キングコングのネタを見ても

笑えないと思うんですよね。


「頑張って!西野さん!」

「今度は面白いネタ作ってね!」


なんて気持ちが湧いてしまったら、

それは笑いを作り出すいうことにおいて

マイナスなんじゃないでしょうか?



もしも本当にM1の頂点を目指すならば

どれだけ自分のネタを反省をしていても、

どれだけ感情的に悔やんでいても、

その感情を公の場で見せてはいけない

のではないでしょうか。

笑いを作るプロとして、

笑いを作ることにマイナスに作用することは

するべきでは無いと思うのです。



***


さて、一方トータルテンボス大村の記事は

最後にこのように締めています。


**
まあ、M1は終わったけど俺たちの漫才は終わらないし。
サンドウィッチマンは面白かった。そして羨ましい。ちくせう!
もう一生サンドイッチは食わん!

でわまた明日。
**


ラストチャンスであったトータルテンボスは

絶対悔しいはずなんです。最後でしたから。

それでも、もの凄く悔しくても、

反省しきりだったとしても、

公の場ではこうやって軽く笑わせるぐらいの

軽さで振る舞っておくことこそが正解だと思うのです。

これからもさらに良質の笑いを作り上げるためにも。

こういった彼の振る舞いに「笑いの美学」を強く感じました。




私がトータルテンボス寄りだから言ってるだけですかね?(笑)

キングコングのファンの方いたらすいませんね(多謝)



M1後の彼らのブログを読んで感じた、

「笑いの美学」についてでした。


・・





え、偉そうに笑いを語るおまえは誰だって?


ただの塾人ですが何か?(苦笑)



塾に1ミリも関係しない記事にお付き合いいただき

ありがとうございました。



今日は2007年最後の日ですね。

私は毎年年末か年始にロイヤルホストに篭って

一年の反省と来年の計画を立てることにしています。

さて、今からロイホに向かいます。


良いお年をお迎えください。

今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-12-31 19:52 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
笑いの美学
昨日で年内の塾の授業を終えました。

みんな、家で勉強できているかな?

ちゃんと遊ぶ時と勉強する時とやる時間をきっちり決めて、

めりはりつけて取り組むんだよ!


**

そんなわけで本日からOFFです。

しばらく余談中心になるかもです。

では書いていきましょうか。





どんな業界で働く人にも「美学」というものがありますよね。

先日メジャーリーガーのイチローは、野球の日本代表の選手が

アジアの国との試合で1塁へのヘッドスライディングをしたことを聞いて

その先週に激怒したというニュースをネットで読みました。

以下、記事の転載です↓


****

米大リーグ・マリナーズのイチロー外野手(34)がソフトバンクの川崎宗則内野手(26)に激怒した。26日、神戸市内のオリックス合宿所で、3日間の合同自主トレをスタート。北京五輪予選の韓国戦(2日、台湾)でヘッドスライディングを見せた川崎に「かっこ悪い。夢を壊すな」とブチ切れた。

 問題の場面は1回1死。遊ゴロに倒れた際に、一塁へのヘッドスライディングを試みた。「話をして、いろいろと感じてもらったのに、僕の一番嫌いなことをしやがって。オールスターの選手として、すごくかっこ悪い」故障のリスクが伴い、一塁へは駆け抜ける方が早いため、イチローは避けているプレー。それを1回から敢行したのが許せなかった。

 昨年のWBCで親密になり、2年連続となった川崎との合同トレだが、一時は「(申し出を断って)福岡に送り返そうかと思った」ほど。それでも前日(25日)に「事情聴取したら同情する部分もあった」と約1時間30分、2人で練習をした。川崎は「学ぶことがありすぎて分からないぐらい」と感謝しきりだった。


****


「根性を見せた」なんて日本人には好意的に受けとめられそうな行為でしたが、

イチローの野球美学には無いものだったのでしょう。

美学という言葉がしっかりと胸に刻まれたニュースでした。



**


それから数日して、M1グランプリがありました。

ここでも美学という言葉を感じさせられました。





優勝は「サンドウィッチマン」というメジャーではないコンビです。

そのとき決勝第二ラウンドまで進んだコンビは

中堅漫才師トータルテンボスと

売れっ子漫才師キングコングでした。


優勝がサンドウィッチマンに決定し、

その日のトータルテンボス大村とキングコング西野の

個人のブログの記事はとても対照的でした。

ブログの記事より少しご紹介します。



まずキングコング西野の記事は・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おそらくDVDやら何やらで裏側を流されるだろうから先に言っておくと、泣きました。

僕は何年かぶりに泣きました。

悔しかったからです。

それはチャンピオンを取れなかったという事実よりも、僕自身キングコングよりもサンドウィッチマンさんの漫才の方が今の段階では面白いと思ったからです。

審査員の審査ミスなら幾分ラクだったと思います。でも、そうではなかった。

優勝は文句無しでサンドウィッチマンさんです。

その中で梶原は120点の仕事をしました。

悪いのは僕が書いたネタがウンコだったということです。

キングコングが負けた原因は僕です。



今回はいい機会なので言っておきます。

僕が皆さんに見せなければいけない事は、きっと戦っている姿だと思います。

ここで宣言します。

僕は来年もM-1グランプリに出ます。

いろいろデメリットもありますが、プライドが許さないので来年も出ます。

そして優勝します。



僕はもっともっと面白くなりたいです。

面白くないばかりに悔しい思いをしたので、面白くなって出場します。

もしかしてキングコングの優勝を期待してくれた方へ



今日はクソ面白くない漫才をしてしまってすみません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


このような記事でした。

ネット上のニュースでも流れていましたから、

この西野の記事はご存じの方もいるかもしれませんよね。



では一方トータルテンボス大村の記事は・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

応援してくれたみんな、「M1優勝」というビッグクリスマスプレゼントを
あげれなくてごめん。正直、悔しい。優勝できなかったこと、それは正直悔しい。
でも、まったく悔いはない。矛盾してるようだけど、悔いはない。
十分俺達の力は出し切れたからだ。漫才楽しかったなぁ。
あんな大舞台で思い切り2本もネタができたことが素直に嬉しい。
みんなのたくさんのコメントも全部読ませてもらった。泣いちまった。
まあ、M1は終わったけど俺たちの漫才は終わらないし。
サンドウィッチマンは面白かった。そして羨ましい。ちくせう!
もう一生サンドイッチは食わん!

でわまた明日。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



こんな記事でした。



どうですか?

対照的な記事だと思いませんか?

そしてこの二つのブログの記事から

笑いの美学を感じますでしょうか?



私は笑いが好きなだけの素人なので

私が勝手に思う「笑いの美学」ということになるのですが・・


私は片方の記事には全く美学を感じず、

もう片方の記事には美学をビンビン感じます。




さて、あなたはどちらに笑いの美学を感じますか?


・・




私が感じるほうは・・・・・


・・





また明日にさせてください(笑)





え? この記事、塾関係ねーじゃねーかって?

OFFは何でもありでやってますんで、

ご勘弁を♪



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-12-30 23:54 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
仕事納め
e0092453_183143.gif















本日仕事納めです。

今年もあっという間でした。

充実していたという風に

ポジティブに思い込んでおきましょう(笑)


多くの人に支えられ、今年も無事に終わりました。

来年もよき年にしていきますね♪


ショートですが

今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-12-29 17:59 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
年の瀬の教室
本日も冬期講習が行われています。

お昼になりました。

おぉ、皆が談笑できるようにと購入した楕円のテーブルに

講師と生徒が8人ぐらい集っています。

生徒は小学生から中学生から高校生まで入り乱れています。

食事スペースとして開放しているのですが、

皆で正に談笑しています。

あぁ、いい光景ですね。

テーブルから離れた自分の席から

こう声をかけました。


「なんだかみんなが変な家族みたいやな!

      ・・・・でも、お父さん誰だろ?」



 「・・・塾長じゃない?」


「俺かよっ!!?」


むむむ、確かに若いのは気ばかりで、

ぶっちぎりで歳をとっていますが・・

父親かぁ・・・心外です!(笑)



**


平和に終わると思われた5講目、

通常授業に加えて冬期講習の授業も追加されるので

教室の座席は満席直前の状況でした。

そこで事件は起こるのです・・・


19時10分、見慣れない保護者の方と、

見慣れない中学生が塾へ入ってきました。

え?・・・・



あっ!!

やらかした!!

19時10分から新規面談だった!



ひとまずお越しいただいた

ご家庭には楕円のテーブルでかけてお待ちいただきました。



さぁ、まずいですね、今日のこの混みよう、

面談スペース作れるでしょうか?


面談スペースは教室の一番奥の授業ブースを分解して

机を給食隊形に直して行っているのです。

ですから、授業2ブースが潰れることになります。


そんな中、面談スペースのブースで本日も

ばっちり授業が始まってます・・・



私は恐る恐る教室を見渡し、

空いているブースを確認しました。

・・



助かった!2ブース空いてる!!


あとは面談スペースで授業をやっている生徒と先生に

移動をお願いするのみです。



「すまん!!ぶっちぎりで先生が悪いんだけど、

 面談があることを忘れてたんだ!

 申し訳ないけど授業する場所移ってもらえないかなぁ!」



先生にも生徒にも平謝りです(苦笑)



なんとか面談を行うことができました。

生徒にも先生にも大きく迷惑をかけてしまいました。

移動してもらった生徒と先生、本当にごめんね。


今年も仕事納めが近いからと

無意識に気が抜けているのでしょうか?

気を引き締めて最後までがんばります。


**

カレンダー上では本日が仕事納めですが、

冬期講習中のため明日が仕事納めです。

朝9時半から19時まで開放してますから、

明日も自習に来てくださいね。




今日はこのへんで。

それでは。

e0092453_21475494.jpg

















昼休みにジェンガに興じる生徒たちとしまい忘れたツリーw (昨日撮影)
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-12-28 21:55 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
自分の定規
先日愛知全県模試が帰ってきたときのことです。

コンスタントに好調な結果を残してくる生徒なのですが、

その生徒へ模試の帳票を生徒に返すときに講師が

このように言いました。


「うわー、すごいねぇ!

 どの教科も凄く取れてるじゃん。

 志望校まで充分な実力だね。」


おっとっと。

これは危険です。


「いや、これで満足しちゃだめなんだよ。

 ここからどこまで伸ばして、

 アドバンテージをつけて入学できるかだよ。」


私はそう付け加えました。


**


単純に自分の感覚で「凄い」とか「できない」

とか言ってしまいそうになりますが、

その生徒の基準を考えて言葉を選ばなくてはなりません。



その生徒は入塾した頃から高い水準で点が取れていましたから、

今回の模試の結果がいつもと比べて取り立てて良かった

というわけでは無いのです。彼女にとってはいつも通りなのです。



そんな彼女はより高みを目指すために塾へ来ているわけですから、

そういった言葉を安易にかけてしまうと、彼女のモチベーションは

下がってしまいます。「これでいいのか」となってしまいます。

私たちの言葉を聞く事によってです。



**


これは成績が下の子に対してもいえますよね。

先生(親)の基準で考えて生徒に言ってしまう

ヒドい言葉の日本代表はこちらです。



「こんな問題もわからないの?」



よく聞く言葉ですよね。

大人に言われて傷ついたという言葉として。

状況によっては使えるのかもしれませんが、

基本的にタブーとされている言葉ですよね。



**


自分の基準、

自分の定規で話をしないように気をつけなくてはなりません。

それは、成績不振生徒にも、成績好調生徒にも。


特に私たちは個別指導学習塾です。

その子にあった定規で話をしなくてはいけません。


普段10点ぐらいしか取れない英語が

30点になったときには、本人からしてみれば奇跡です。


普段95点を下回らない数学のテストが89点であったなら

本人からしてみれば1日落ち込むことでしょう。


単純に自分の定規で考えて声をかけないように

していきたいですね。


・・





うちの講師の先生が読んでくれているといいなぁ。

そんなわけです。読んでくれている先生方、

お願いしますねっ♪




今年の指導もあとわずか。

頑張ります!


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-12-27 21:31 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
サンタ祭り07~宴~
宴は終わりました。

皆本当に楽しそうでしたね。


生徒同士の横のつながりが作りにくい

個別指導であっても、

こんな行事で

講師と生徒が繋がり、

生徒と生徒が繋がり、

塾への愛着を皆が感じるようになり、

卒塾しても顔を出したくなるような、

第二の家庭のような、

そんな塾にしたいですね。


いつも言っていますが、

改めてそう思わされた

とても愉快なひと時でした。


また生徒専用ブログで紹介するか、

プリントして皆に渡しますね。


サンタロボを作ってきて!というオーダーをしっかりとこなして
きてくれたレゴビルダーの作品です。サンタ乗ってますw
e0092453_2213259.jpg

















全て先生たちです。一番はしゃいだ格好だという噂も・・
9人の先生たちが参加して手伝ってくれました!
e0092453_2231537.jpg

















ビンゴ大会に集中するサンタたちです。これが盛り上がった!
e0092453_2251519.jpg

















お隣の秀英の塾長へクリスマスプレゼントを持っていきました(笑)
うわっ!U働先生爽やかだ。隣には太ったムスカみたいなのがいる・・
e0092453_22131378.jpg

















皆いい笑顔ですね。いいクリスマスでした。
e0092453_2255323.jpg




















開催にあたって手伝ってくれた先生たち、本当にありがとう!

いろいろと差し入れをしていただいたお母様方、ありがとうございました!

そして、一緒に楽しんだ君たち・・・


愉快なひと時だったよ。ありがとう!

明日から再び勉強頑張ろうな!!



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-12-26 22:08 | 塾日記 | Trackback | Comments(2)
サンタ祭り07~直前~
昨日中2Tくんは帰り際にこう言いました。

「先生、明日は楽しみにしてるからね!」


もちろんサンタ祭りのことでしょう。



正直少々しんどいですね(苦笑)

私、もう33歳です。

生徒に合わせてはしゃぐには

いささか歳をとりすぎてますよね・・


・・・


・・





なーんて、

真紅のウソですw

皆のども!引くことなく

ついてこいよっ!!


ひとまず

今日はこのへんで。

それでは。

e0092453_1345082.jpg
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-12-25 13:46 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
さくら家庭教師学院~報告~
先週の土曜日に書いたA君の家での

さくら家庭教師学院のレポートをしたいと思います。

家庭教師なんて本当に久々ですね。

さて、A君は部屋は頑張って片付けたとのことでしたが・・


誘惑するものがまだ部屋に残っていました。


一緒に殲滅していきたいと思います♪

(撮影許可をお母様にいただいています!)



まずマットの下にはドラゴンズの新聞記事の切抜きが・・

「はい、これ撤去ね。」

e0092453_11505629.jpg


















机の棚には勉強の宿敵「卒業アルバム」と

自慢の「ドラゴンズトレーディングカード」・・

「んー、はい、もちろんこれも撤去ね。」

e0092453_1155059.jpg


















あれ?引き出しからはまた「ドラゴンズカード」・・

「・・はい、これも撤去・・」

e0092453_11562968.jpg

















部屋の隅に置いてあったダンボールを

開けてみると、中から山のようなドラゴンズカー・・
ってドラゴンズばっかかいっ!!

e0092453_1159031.jpg

















なんだかドラゴンズファンのお宅訪問みたいになってきました(苦笑)

全て隣の部屋へ撤去です。


棚の中に隠れていたベースボールマガジンと

ゲームの攻略本も全て撤去完了しました。



**

いやー、すっきりしました。

勉強部屋に生息していた誘惑するものを

全て殲滅しました。

e0092453_1254845.jpg



















勉強に関係の無いもので部屋に置くことを許可したものは・・

デフォーのマスコットとw

e0092453_124302.jpg

















相田みつをの本だけです(笑)

e0092453_1251264.jpg

















きれいになった部屋で模試のやり直しを一緒にしました。

誘惑が無いっていいですね。



あとはこの部屋で本人が勉強できるようになれば

全てOKですよね。

彼の部屋をキレイにした成果を見ながら

今後の「さくら家庭教師学院」の活動を考えていきたいと思います(笑)


というわけです、A君頑張れよ!


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-12-24 12:16 | 塾日記 | Trackback | Comments(2)
M1と塾と空気
本日OFFです。

どうでもいい話を。



本日M1グランプリでしたね。

何度か書いたことがあるのですが、

お笑い好きなんですよね。


昔はよく吉本栄3丁目劇場なんかに

大阪や東京から人気芸人が来るような

日を狙って行ってましたし、

今年の秋にも愛知県勤労会館であった

「吉本ゴールデンシアター」のチケットを

オークションで落として見に行くぐらい

好きだったりしますw

今回のM1で決勝まで残った

笑い飯、キングコング、トータルテンボス

なんかもそのときに生で見てきました。



さてさて、どうでもいい話は続きます。

今日のM1、正座をして最後まで真剣に見ました(笑)





M1は塾と一緒で空気が大切です。

空気が暖まっていない段階でどれだけ素晴らしい

漫才をしても客席にはなかなか伝わりません。

一部の本物の審査員は客席の受けは関係なしで

審査をするんでしょうけど、審査員もやはり人間です。

会場の空気が充分に暖まって、皆が爆笑する中で見る

漫才と、まだ皆の緊張の空気が消えず空気が冷え切っている

中で見る漫才では、同じものを見ても点数は違うことでしょう。



そんな観点から考えると、

どのコンビがどのタイミングで最初の緊張の空気を破り、

会場を暖めるのかが、決勝第2ラウンドへ進出する

大きなカギになるような気がするんですよね。

昨年で言うと、優勝したチュートリアルが一気に会場を温めましたよね。


当り前のことを書くようですが、そんなわけで後半に登場したほうが

断然有利ということです。一応決勝まで残るようなコンビの集まりですから、

いまいち受けなくても凍てつく波動で会場の空気を凍らせることなく、

会場の空気を保温するぐらいの力は持っているものです。




さて、今回私が一番応援していたコンビはトータルテンボスです。

トータルテンボスは結構好きで、大村のブログはいつも読んでいます。


また、講師の米田先生が私からの影響で、

折り入って相談があるときに


「折り入っちゃっていいですか?」


なんてトータルテンボスのギャグを言うようになってしまうぐらい

トータルテンボスが好きだったりします(笑)



**



さて、決勝第一ラウンド、彼らは最高のパフォーマンスを見せます。

今年のM1で緊張した会場の温度をぐっと上げたのは

間違いなくトータルテンボスです。


キングコングはトータルテンボスの後で

ラッキーだったように私は思います。

秋に生でも見たよく作りこまれたいいネタでしたが、

あの素晴らしい点数を叩き出したのは、会場の空気を

温めたトータルテンボスのおかげでしょう。

決勝第一ラウンド、トータルテンボスは全コンビの中でも

最高レベルの出来だったのではないかと私は感じました。

これは優勝行くんじゃないか!?



**



さて、決勝第二ラウンド、

トータルテンボスが悲願のグランプリ制覇を成し遂げるだろうと

正座をして固唾を飲んで見守りましたが・・




優勝は「サンドイッチマン」でした(苦笑)




トータルテンボス残念!

いい戦いだった!

M1最後の挑戦お疲れ様でした!




いやーそれにしても・・・

勉強不足でサンドイッチマン全く知らねー。

でもすげー面白れー。

同い年で少し嬉しー。


・・






お笑いの世界の裾野の広さを感じさせられた大会でした。

当たり前ですが、お笑いは吉本だけじゃないんですよね。

いやー勉強になりました。

さ、次は29日のオールザッツ漫才ですね♪








どうでもいい話が続きましたね。

野球好きが野球の話を延々としているような感じで、

興味の無い人には「ハイハイ」ってな感じで

読まれていることでしょう(苦笑)



このへんにしておきましょうか。







そして、今回の記事を無理やり

塾にからめてまとめるとするならば・・


「その場の空気が大切」


ということですね(笑)



眼には見えませんし、数値化することもできませんが、

明日からも頑張って教室の空気、暖めていきますよ!!




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-12-24 01:10 | その他 | Trackback | Comments(0)
さくら家庭教師学院
終業式を昨日終えて、本日より

教室開放が朝9時になっております。

授業も9時半から開始されています。


夏期講習が先日終わったと思っていたら

もう冬期講習です。



んー、正に


少年老い易く学成り難し

一寸の光陰軽んずべからず



ですよね。



**


さて、本日土曜日ですので授業終了が7時になります。

本日は特別にそこから新しい試みが始まるのです。



題して「さくら家庭教師学院」ですw



e0092453_1038356.gif







11月に中3生のAくんの家庭と面談をしていたときです。

お母様がこのようにおっしゃられました。



「本当にこの子の部屋は汚いんですよ。

 勉強ができるレベルじゃないんですよ。

 先生に来てもらって見てもらいたいです・・」



はっ!?

これは!?


とっさに私はこう答えました。



「では、お母様さえよろしければ、本当に伺っても良いですか?

 勉強に相応しい部屋になるように見ながら、

 ついでに勉強も指導しましょう。

 以前から一度やってみたかったのですよ。

 実際に生徒のお宅に伺って、

 勉強環境を整えるお手伝いをするということを。」



お母様はこう答えました。



「はい、是非お越しください。」




**



社交辞令のようなこんな会話ですが、

社交辞令では終わらせません(笑)


昔本当にこのようなことを考えたことがありました。

少しだけ大田先生の書いてくれた記事にも少し出ています。

家庭学習をどのように充実させていけばいいのか?

直接家庭へ行って充実するように仕向けていくのが良いのではないだろうか?

家庭学習が充実したら成績は上がっていくのではないだろうか?

・・・


そんな風に考えていたのです。



以前から考えていたこの指導、

ついに実現する日が来たのです。

本日本当に伺うことにしたのです。


部屋を先にキレイにしておきなさいとAくんには言っておきました。

「汚かったら部屋の写真をブログに載せるぞ!キレイにしておけ!」

そんな言葉をかけておいたので、キレイにしているでしょう(笑)


Aくんは2学期の内申で5つも一気に上げてきました。

ようやく志望校も射程圏内に入ってきました。

この好調をキープできるように彼の部屋で気合を入れてきたいと思います。



また報告しますね。

このさくら家庭教師学院、

いい感じでしたらまたやってみますね。

「うちの子の部屋をなんとかしてくれ!」

なんてご家庭ありましたら、また伺いますね♪





今日はこのへんで。

それでは。


e0092453_10211233.jpg

















教室のルールを喫茶店グッズにセットしました♪

ちなみに裏は・・














e0092453_15495362.jpg



















さらにふざけました(苦笑)
[PR]
by sakura-kobetu | 2007-12-22 10:31 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)