愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@にして送信を)
記事ランキング
検索
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
最新のコメント
> ひかぽんさん 作り..
by sakura-kobetu at 18:57
その101匹わんちゃんの..
by ひかぽん at 12:35
昨日やられました❗何か悔..
by ヒロシ at 04:21
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
ブログジャンル
<   2008年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧
教え子、居酒屋をついにOPEN
ネットの接続を光に変えました。

そうしたら・・・


入退室メールに不具合が!!

すいません。現在メールを送ることができませんのでお願いします。

復旧作業頑張ります。


**

ミッション完了!

復帰しました。

これからメールが届くアドレスが

コミュファのアドレスになりますので

よろしくお願いします。



今日は正にてんてこ舞い。

いろいろお伝えしたかったのですが

明日も中3入試対策があります。

今日は退散します。



そうそう、明日昔の教え子が居酒屋をOPENさせます。

e0092453_22404835.gif

































メニュー表も完成しました。全8枚あるうちの1枚です。

e0092453_22412085.gif































これがメニューの背表紙です。

e0092453_2242599.gif

































前も少し書きましたが・・

実は全部私が作ることになりまして、

ヒーヒー言いながら今日、

朝から取り組み仕上げました(苦笑)


だいたい、OPENする4日前に原稿を持ってくるって

いうのが問題で・・・ おのずと突貫工事です。

この問い合わせの続く急がしい時に本当に大変でした・・。

頼まれ事は試され事といいますが・・

今回はきつかった!



まぁ、生徒が店を出すなんてことそうないですからね。

この広告とこのメニューが

開店祝いの花代わりということにしましょうw

頑張ってやれよ!



ここまで協力しているわけですから、

「さくら個別に通っています。」と

塾生IDカードを店で提示したら

10パーセント引きにしてもらえるように

店主に話しておきますね(笑)


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-02-29 19:01 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
年間予定に無い三者面談
今日は夜に年間予定には入っていない三者面談をおこないました。

今年中学3年生になるYさんは、中1のときに遠くから愛知県へ引っ越してきたという家です。

愛知県の高校受験状況が全くわからないといった状況なので、

これから3年を迎えるにあたりどういった勉強に取り組んでいけばいいのか、

具体的にアドバイスが欲しいということで面談を希望されたのです。


ここ最近定期テストで上昇気流に乗っていたYさんですが、

初めての愛知全県模試で打ち落とされたところでした。

これからの取り組み方について、具体的にお話をしていきました。

気合入りますよね。なんせ、私の力を必要としてくれて

年間予定には無い3回目の面談にお越しいただいているわけですから。


力の限り喋ったのでぐったりと疲れました。

明日から具体的に身体が動くようにお話したつもりです。

明日から気合を入れて頑張ってもらいましょう。


・・・


・・






「ズルイやん!俺も面談してよ!」



そんなカッコイイ台詞、

君らから待ってますよ♪



「あら、なら面談に行きましょうか。」



そんな台詞、

保護者の方からも待っております。



生徒数の定員も決めましたし、

来てくれている生徒のために

授業以外の場面で力を尽くすのが

私のメインの仕事です。



いつでもお越しください!!

手加減無用でお願いします!




**



さて、本日問い合わせをいただいた家庭から

このような質問を受けました。


「一番気になっていたのですが・・・

 入塾基準とか入塾テストとかありますか・・・?」



ちょいちょい聞かれますよね。

ちょいちょい聞かれるんで

今後は広告に書くように今日決心しました。


「入塾基準はやる気だけです!」







決まりましたでしょうか?

決まってないですか?




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-02-28 21:18 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
問い合わせアリ
「着信アリ」みたいに書いてみましたw


昨日広告を折り込みました。

昨日の問い合わせの電話数は・・・

1件でした(苦笑)



んー、頑張って準備したのにちょいとサブイなぁ・・

なんて思っていたら、今日は問い合わせが続きました♪

嬉しい限りですね。



今日あった問い合わせは基本的に

「○○さんに聞いて、広告も見て電話してるんですけど・・」

というものが大半でした。

口コミと広告の合わせ技ですね。




おかげでというかなんというか、

問い合わせ電話の対応ばかりしていたら

自学指導の自学指導記録にコメントを入れることができませんでした・・・

嬉しい誤算ではありますが申し訳ないです。




しばらくして中3Aくんがやってきて、

自学指導記録にコメントが入っていないのを確認すると

すかさず私にこう言いました。



「先生、ポリシーはどうしたんスか。」



・・・

・・



おー!!しっかりブログ読んでやがります(苦笑)

確かこの記事でしょうか?


言い訳に「問い合わせ電話が多くてさぁ」なんて言いましたが・・・

ハイ、正に言い訳ですね。

ちゃんと段取り良くすればこの事態は避けれたはず。


この台詞言われないように頑張ります!

今日はコメント書けなくてゴメンね。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-02-27 19:54 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
2年ぶりの新年度広告
本日さくら個別の新年度広告が岩倉全域に折り込まれます。

昨年は新年度広告を入れなかったので

春に広告を入れるのは2年ぶりになりますね。

今日は広告からこちらのブログにお越しになった

ご家庭もいらっしゃるかもしれません。


そんな大切な時期なのに

フリーザについて語っている場合ではなかったですね(苦笑)


初めてお越しいただいた方へ向けて

ダイジェストになるような記事を作成しています。

よろしかったらこちらからご覧ください。⇒はじめての方はこちら

ホームページはこちら

どうぞゆっくりとしていってください。


今日はひとまずここで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-02-26 08:39 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
よりシンプルに
愛知県が生んだ世界の天才

鳥山 明の代表作「ドラゴンボール」というマンガで、

フリーザというとても強い敵が出てきます。

ただでさえ強いフリーザは、まぁ化け物ですから

変形してさらに強くなっていくのです。

第二段階、第三段階と、手足が伸び、筋力は上がり、大きくなり、

見た目もゴツくなっていくのです。



主人公の孫悟空に追い詰められてついにフリーザは

第四段階の最終形態に変身します。




最終形態は今までの流れからいくと、

とてつもなく巨大化してゴッツゴツの

恐ろしい形態になることを想像しますよね?

しかし・・



最終形態のフリーザは身体の大きさはむしろ小さくなり、

見た目もそれはそれはシンプルに変身するのです。


フリーザをご存知ない勉強不足な方々はこちらへ

(これは魔人ブウにも言えますけどね・・)



このシンプルなフリーザが今までの形態と比べ果てしなく強いのです。

恐るべしフリーザ、恐るべしシンプル形態。



***


ラーメン屋へ行ってテーブルに座ると、

テーブルに置いてある調味料に目をやります。

これはラーメンに限ったことではありませんが、

テーブルの上の調味料に関してこんな風に思うのです。


「テーブルの上に置いてある調味料の数と

 その店が出す料理のレベルは反比例するなぁ」


味に自信がある店は調味料が全く置いていないか、

本当に最小限です。

「うちのラーメンには何もかけてくれるな。

 何もかけないこの状態がベストなんだよ。

 コショウが好きな人がある程度いるんで

 仕方なくコショウだけ置いておくけどな。」

こんな感じでしょうか?


何でもかんでもテーブルに調味料が置いてある店というのは

一見とても親切そうに見えますが、

出す料理の味に自信が無いとも取れなくないですよね。


テーブルの上もシンプルが良いのです。




突き詰めていくとものごとは

シンプルになっていくということでしょうかね。


***


さてさて、このドラゴンボールとラーメン話が

どのように塾に絡んでくるか?



ちゃんと絡んでくるんです(笑)

要は塾のあらゆることを

よりシンプルにしていきたいということです。


そんな中、現在中学生の教材を

レベル別に2種類に分けようかと悩んでいるのです。



さて、これは塾として進化しているようで逆行か?

それともより生徒にとっていい形なのか?



手足を伸ばしゴツくするのか?

シンプルな形態を目指すのか?



調味料の数を増やすのか?

調味料はコショウだけか?



そもそも例えがおかしいか?

個別指導において一人一人の生徒に

合わせることも重要ファクターだから・・・


・・





そんなわけで使用する教材で悩んでいるところです。

もう少しだけ悩んでみますね。






****

公立高校入試志願者数今日の夜7時ごろ出ます。

さて、高校受験ネタはまた後日必ず。

今日はこれを書いてしまったので(苦笑)



さて、塾の授業では春期講習に向けて

提案を行っていきますね。

よい春を過せるように相談しましょう!




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-02-25 15:13 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
自学指導は見守る指導へ
今日はOFFでした。

OFFは自由勝手に書くようにしてます。

OFFになったら書こうかな・・なんてネタを

貯めていたはずなのですが・・

それを塾のデスクトップに置いてきました。


思い出せないということはその程度のネタなのでしょう。

今日はダラダラと徒然なるままに書かせてもらいますね。

「いつもですやん」という噂は信憑性高しです!



**



さて、塾も3年目に入りました。

だんだん落ち着いてきましたね。

今年も生徒数をさほど増やさず、

いかにして生徒が自分で勉強ができるようになるかを

模索していきたいと思っています。




水曜日の自学指導は教室内に本当にいい空気ができてきました。

小学生から高校生までが同じ空間で、ひたすら自分の勉強に取り組んでいます。

ぼけーっとしたり他ごとをしている人は本当に一握り。

そんなことすらもしていると恥ずかしいような空気ができつつあります。

80分ノンストップで皆が自学に励みます。

水曜日のこの時間が、多くの生徒にとって

1週間で一番集中して自分で勉強する時間なのではないでしょうか?

(今度の水曜日に皆に聞いてみよう。)




開校当初、水曜日はひたすら個人個人の勉強法に口出しをしていって、

もっとこうすべきだ、こうやったほうがいいよ、なんて声をかけてまわりました。

以前はそんな風にふるまっていたのですが、

今ではよっぽどトンチンカンなことをしていない限り、声をかけないようにしています。



死ぬまでずっと生徒の様子を見てあげることができるわけではありません。

なんとか自分でできるように仕向けて行かなくてはなりません。


たとえばテスト結果がまずかった時には、

反省をして自分で勉強方法に修正を加えて新しい方法を試していく。

「反省して計画して実行」 この繰り返しですよね。

「トライ&エラー」これは勉強に限らずですよね。


私が(私たちが)力を入れるべきところは、

その反省をする時に同席し一緒に次の作戦を考えていくこと。

そして、一生懸命取り組むことができる環境を作り上げて見守っていくこと。

このあたりじゃないのかなって最近は思い始めています。



一人の人間に出来ることは限られています。

流行りの言葉を使うならば、「レバレッジ」を充分に効かせて

一度に多くの生徒をより良い方向に持っていけるように

試行錯誤を重ねていきたいと思います。





さて、明日より2月最終週です。

頑張っていきましょう。


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-02-24 23:08 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
岩倉の中学生が組み合わせる公立高校併願例2008(1)
2006年に一度岩倉の中学生が受験しやすい併願例を

記事で書いたことがあったのですが、

その併願例というのは私の培った感覚だけで書き出したものでした。

すると実際に生徒たちが受験する併願例とにズレが出てるんですよね。

ちょっと修正を加えて書いていきたいと思います。



レベルの高いところから順に見ていきましょうか。

私の生まれと育ちが春日井なもので、

名古屋市内まで通うトップ高というと

旭丘・菊里・千種なんてイメージがあったのですが、

こちら名鉄犬山線沿線の都市から考えると

名古屋市内まで通うトップ高というと

明和・向陽あたりが岩倉から交通の便もよく、

名前が挙がりやすい学校ですね。

あまり岩倉では耳にはしませんが、

瑞陵・千種も遠いですが通う価値のある学校です。

あとは松蔭・名西・中村あたりもよく名が挙がります。



このあたりの学校を少し入れて組んでみましょうか。



えーっと、

最初に書いておきますが、組むことができるけど

あまり実現しない組み方というものがあります。

例えば、 「明和 と 西春」 とか 「一宮 と 瑞陵」
 
なんて組み方は可能ですがあまり実現しません。


地元の方はご理解いただけると思いますが、この組み合わせ、

黒人が演歌を歌うぐらい違和感があります。(今は違和感無いか!)


なぜなら、この組み合わせは学校の方針が180度違うのです。

西春や一宮など尾張地区の上位校は

学校が勉強面全般を引っ張っていってくれます。

「行くぞ!国公立大学現役で入るぞ!

 塾は行かんでいい!学校を信じろ!」

こんな感じです。


対して名古屋市内の上位校は

勉強をするのも自由を謳歌するのも

本人の責任ということで一任しています。

「勉強したゃーやつ、勉強しよみゃー。

 遊んどるやつ、浪人でもしやー。

 そんなもん、遊んどったおみゃーさんが悪いんだわ。」

こんな感じでしょうか。(名古屋弁バージョンでお送りしました)



こんなカラーの違う2校を併願で受ける人は

よほど環境適応能力が高いか、仕方なく組み合わせたか、

はたまた、何も考えていないかのどれかでしょう(笑)



**


余談めいたところで長くなりましたね。

さて、早速書いてみます。

飽くまで岩倉の中学生のことを考えて挙げていきますね。

岩倉の中学生が特によく組み合わせる併願例は赤い字にしておきます。

学校名の後ろの数字は受験者数愛知県下最大規模の

愛知全県模試2007年1月模試からのデータです。

合格者平均偏差値になります。



 明和(67.9)  と  千種(65.7)

 明和(67.9)  と  瑞陵(64.1)

 向陽(66.0)  と  西春(62.4)

 一宮(67.6)  と  西春(62.4)

 西春(62.4)  と  松蔭(58.7)

 西春(62.4)  と  新川(57.5)

 牧南(57.5)   と  一南(54.7) 

 江南(56.0)  と  尾北(50.0)

 江南(56.0)  と  岩総(50.4)

 一南(54.7)  と  尾北(50.0)

 一南(54.7)  と  岩総(50.4)

 尾北(50.0)  と  小牧(43.9)

 岩総(50.4)  と  小牧(43.9)

 小牧(43.9)  と  犬山(37.5)



こんな感じでしょうか。

前回作ったときと比べてると・・

名古屋のTOP高を入れたこと、

丹羽を外したことぐらいでしょうか。


もっともっと書きたいことあるのですが、

いかんせん、データをひっくり返しながら

書いているので時間がかかってかかって・・・


今日はこのへんにしておきます。

またもう少し掘り下げて、

一つ一つの併願例を見ながら

書いていきたいと思います。



***


堅い記事が続きますが、

始めてきた方へのリンクページに貼るつもりですので

しばらくお付き合いをお願いします。



明日はOFFですから柔らかくいきますけどね。

書きたい柔らかい話題、溜まってきています。

早く書きたいなぁ(笑)


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-02-23 15:56 | 高校の選び方 | Trackback | Comments(0)
岩倉の中学生のための高校選び2008~予告~
前回「岩倉の中学生のための高校選び」

という記事を書いてから間もなく2年が経過しようとしています。

時の流れは速いものです。

すでに前回書いた記事から状況が変わってきているところもあります。

私が前職では江南で指導していたので、江南での

高校選びの常識をベースに記事を書きましたが、

岩倉では当てはまらない部分もあることもわかってきました。

また、岩倉での指導が3年目に入り、

岩倉人の高校選びの傾向も肌で感じるところがあります。




そろそろ改めて高校選びについて記事を書いてみたいと思います。

何件か続きますね。

思いつくまま書く予定のタイトルを決めておきます。


 ● 岩倉の中学生が組み合わせやすい公立高校併願例2008
   ~江南か小牧南か~ ~小牧と岩総上昇中~

 ● 岩倉の中学生の私立高校推薦入試状況2008

 ● 岩倉の中学生の公立高校推薦入試状況2008
 
 ● 中学の先生に高校受験を応援してもらう方法


こんな感じでしょうか?

このような記事を書くと決めて発表してしまうことで、

必ず記事を作り上げることが確定します。

記事を実際に作っていく過程で、頭の中でなんとなく感じていた

高校入試に対する知識が整理されます。



ブログって便利ですねぇ。

もしもブログがなかったら、意志の弱い私ですから、

「また暇ができたらまとめてみよっと。」

なんて、一生来ない暇を待ち続けることになってましたよね(苦笑)


さて、そんなことを言っているうちに公立高校の推薦入試が終了しました。


「クジを手に入れたと思って軽い気持ちで受けなさい。

 落ちるときは軽く簡単に落ちるから、ガッカリしちゃだめだよ。」


そんな言葉をかけて送り出した生徒は4人いました。


・・





なんと、

無事に4人とも合格を手にして帰ってきました。

見事です!よく頑張りました!


私立推薦、公立推薦とどんどん進路が決まっていきますね。

さて、あと公立一般入試を残すばかりです。


公立一般の生徒たち、

みんなに続こうね。






岩倉中学も定期テストは今日までです。

まだ高校生と一部の中学は定期テストを残すものの、

ここから春期講習モードに切り替わっていきますね。


よい春を迎えることができるように

復習ができる機会です。

濃い春休みになるように授業を組んでいこうね。




もちろん、遊びも力の限り頑張れよ。

 あぁ、言わなくても遊びは頑張るか(笑)




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-02-22 08:35 | 高校の選び方 | Trackback | Comments(0)
個別指導の指導の仕方
昔々、はるか昔、中学生だった頃、

私は地元の個人塾に通っていました。

わからない問題があったときは

塾長のところへ持っていって質問をしていたのですが・・

説明してもらってもわからないときがあるんですよね。

塾長の説明は一本調子のマシンガントークで、

生徒が理解しているかどうかはお構いなしでしたでしょうか。

私はたびたび解説についていけてませんでした。


「わかるか?」

そう最後に問いかけられたときに私は

こう答えていたように思います。

「は、はい。」


心の距離はさほど遠くは無かったと思うのですが、

わかるふりなんてたまにしていました。

今思えば、「こんなこともわからんのか?」とか

思われるのが怖かったのかもしれません。または、

「これぐらいはお前はわかっているだろう?」

という塾長の思いに無理して応えていたのかもしれませんね。


**

このへんって、凄くデリケートですよね。

私が理解の悪かった生徒だったからしみじみ思います。


今もうち塾で小6クロミちゃん

私が宿題の丸つけをしているときにやたら絡んできます。

彼女にとって、とてもとてもデリケートなところのようです。



「先生、丸つけしてるとき私のこと

 (こんなのもわからないのか。馬鹿だなぁ)とか思ってるでしょ?」

「思ってないよ。」



「絶対思ってる!そういうの嫌なの私。ねえ、思ってるでしょ?」

「思ってないってば。」



「絶対思ってるってー。そうでしょ?」

「いちいちうるせーなーって思ってるよ(笑)」



彼女は丸付けしているときの先生の表情の変化を

見るのが怖いと言っていました。

彼女の例は極端にしても、なんだかわかります。その気持ち。



**



デリケートなこのあたり、

私たちは心を配りながら指導していかなくてはなりません。

私は特に「塾長」なんて肩書きついちゃってますから、

このへん気を使われてしまう確率高いかもしれません。

私はこのあたりの対策として・・



まず生徒の目とテキストを交互に見ながら指導します。

解説の途中で生徒自身に答えさせたりして理解度を測ります。

そして理解度を考えて区切りを入れ、解説したところまで

理解しているかを確かめていきます。

「俺が言っていることについてきているかい?」

と、相手のリアクションを見ます。

言葉を聴くというよりも、表情や口調やしぐさなどから

理解について判断をしてますね。

私に対しては気を使って「はい」なんて

言うかもしれませんから。


そんな問いかけも表情を見ながら変えるようにします。

表情が曇って、解説の途中でわからなくなったとこちらで判断した

子にはあえて先回りをしてこう問いかけます。

「どこから解説についてこれなくなった?」



変に指導に対してプライドを持って

「俺の説明を聞け、神の説明を受けることができて君は幸せだ。

 耳をかっぽじってじーっと聞いていれば必ずわかるんだよ。」

なんて心の底で思っていると、

独りよがりのわかりにくい解説ができあがるでしょう。

今までの10人が良くわかるといってくれたからと言って、

11人目の子がその説明で理解できるかどうかは別物です。

オートメーションの集団授業ではなく、オーダーメイドの

個別指導ですから、相手に合わせて指導できるようにしたいですね。




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-02-21 18:12 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
代打もいいな
昨日は講師の代打で授業に入りました。

気がつけば3コマ連続授業に入っていました。

普段授業中の私は自分の席に座っていて、

用がある生徒に話しかけにいく

感じで授業は流れていくのですが、

本日ばかりは授業と同時進行です。



生徒たちに問題を解いてもらっている間に

用がある生徒に話しかけに行きます。

電話が鳴れば熱を入れて説明をしていても

電話を取りにいかなくてはなりません。



慌ただしい一日でしたね。


でもたまに代打で入るといろいろな発見があるんですよね。


「あれ、この子こんなにできるようになってる!」

「あれ、こんなにしゃべる子だったんだなぁ。」

「あれ、この説明のスピードについてこれるんだ。」


水曜日とかに皆と話したり様子を見ているつもりでしたが、

実際にじっくりと授業で入るとまた違いますね。


こういったときに感じた本人の様子が

保護者面談で話す話に厚みを作ります。


面談の際に

「こういうところがあるって講師より報告を受けております。」

という台詞を使うよりも、


「以前授業に入った時にこういうところがあることを感じました。」

という台詞を使える方が

断然伝わりがいいですよね。



最初に書いたように、私が授業に入ってしまうことでの

デメリットもありますが、スポットスポットで

入れる時は入っていきたいと思います。



南部・北里は本日テスト終了!お疲れさま。

岩中はあと2日!これからだ!

頑張っていきましょう。


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-02-20 08:55 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)