愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@にして送信を)
記事ランキング
検索
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
最新のコメント
> ひかぽんさん 作り..
by sakura-kobetu at 18:57
その101匹わんちゃんの..
by ひかぽん at 12:35
昨日やられました❗何か悔..
by ヒロシ at 04:21
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
ブログジャンル
<   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
ほっと一息
夏休みが始まる直前のことです。


「先生、7月31日さぁ、マリアンの誕生日だから、ケーキ買ってみんなで食べようよ。」

自分のことを「さ○かマリアン」などと自称するオタクなSさんが言いました。


自分の誕生日を祝えとストレートな要望です(苦笑)

「その日まで毎日朝から来て掃除とか手伝って、そのあと勉強するからさぁ。」


まぁ、ケーキはそのときにいる皆で食べればいいですし、

掃除を手伝ってくれるなんて言ってますし・・・

まあ良しとしますか。その案を承諾しました。



彼女は本当に毎朝やってきて掃除を手伝ってくれました。

でもどうも話がなんだかおかしいのです。


あれ?

Sさんの誕生日じゃないの?

さ○かマリアンっていつも自分で言ってるじゃん?




「違うよ。クロスマリアンの誕生日だよ。」




え?なんだよ、マリアン違いか?

他人の誕生日を祝うのか?

だいたい誰だよ、クロスマリアンって・・・



ググッてみました。


ク・・ロス・・マ・リ・・ア・・ンっと


ほいっ。






















e0092453_1124578.jpg



























おい!アニメのキャラクターじゃねーかっ!!


なんだか軽く引っかかってしまいました(苦笑)

なんでも昨年もクロスマリアンのために

ケーキを買ってお祝いをしたそうです。

恐るべしオタクな人々(笑)



そんなわけで私も

アニメキャラの誕生日を祝うという行為のデビューです(苦笑)

夏期講習中の最中に、ちょっと一息を入れたいと思います。


今日はこのへんで。

それでは。

e0092453_1325490.jpg
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-07-31 11:30 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
ベンキョウ番狂わせ
「ロック番狂わせ」という曲があります。


えぇ、マキシマムザホルモンですけどね(苦笑)


この曲は相撲や競馬など勝負の競技だけではなく、

ロックの世界でも番狂わせを起してやるぜ!なんて曲です。

曲解説にはこんな風に書いてありました。



   黒帯の実力者たちを俺は白帯でぶっ倒したい。

   白帯が黒帯を投げる。番狂わせだ。






ミリオンセラーを何枚も出すような、

ドーム公演をするようなビッグアーティストであろうと関係ない。

同じステージと同じ種類の楽器を使った同じバンドとして、

ロックでの番狂わせを起してやるぜ!



とまあ、こういった気持ちを歌った歌です。

あぁ、相当かっこいいですね。

しびれます。




***



夏休みに入って、中3生は大半の部活動が引退をしました。

日々大量に出た学校の課題と対決する日々を迎えていますが、

そんな中3生が課題の進捗状況をしっかりと把握できるようにと

昨日の記事でご紹介した「課題チェック表」を作りました。



コツコツと努力のできる成績も上位の生徒たちの課題チェック表は

順調に確実に色づいていきます。8月4日の出校日に点検するところは

すでにクリアーしていますよね。

e0092453_13391492.jpg


















そんな中、「勉強だけをやるには、世の中が面白すぎる。」

そんな台詞がピッタリの中3Rくんが夏に入り勉強に集中し始めました。

白いジャージとかを着て、シルバーのネックレスなんかして、

ヤンチャな生徒の模範のような格好をしていますが、

ここのところ毎日のように昼過ぎから夜まで自習に来ています。



「お、頑張ってるな!ヤンキーのくせに!」


「だからぁ、ヤンキーじゃないってば。」



そんな会話を私としながらも、

彼は日々遊びに向けていたパワーを勉強に向け始めています。




「やばい!先生、今日は眠いわ!昨日寝たの夜中の2時頃だったし。」


 「そんな時間まで何してたの?」


「ユーチューブでワンピースをずっと見てた。」


 「知るか!!」



遊びもまだ多少楽しんでる彼ですが

こんな日も眠気に負けず、日が暮れるまでしっかりと勉強していきます(笑)



そんな彼の課題チェック表をご覧いただきましょう。


!!!!

e0092453_13542687.jpg

















定期テスト学年一桁を取るような成績優秀者をぶち抜いて

課題の進度は30人近くいるうちの塾の中3メンバーの中で一番です。

このペースなら4日の出校日までには全て終わりそうです。



まさに「ベンキョウ番狂わせ」です。








「ロック番狂わせ」ではこのように歌っています。




   しゃしゃり出ろ 身の程知っても

   はしゃぎだせデタラメ

   井の底に引きずり落とすような 井の中の蛙であれ





彼がただ消化するだけの薄い勉強ではなく、

しっかりと取り組んでいることは、

いつも塾にいるのでよくわかります。

この調子でテストの順位、内申点、偏差値でも

「ベンキョウ番狂わせ」を起してもらいましょう。

そして、「あいつスゲー。俺もやったるぜ。」

なんて他の生徒たちの心にも火をつけて盛り上げて欲しいですね。

(この記事を書いた夜の9時に、彼は全ての課題を終えました!)






HEY受験生

だれができて だれができない?

もうどうでもいい

HEY受験生

なにが優れ なにが劣る?

そんなんどうでもいい


HEY!HEY!ベンキョウ番狂わせ

HEY!HEY!ベンキョウ番狂わせ

YEAR!YEAR!YEAR!ベンキョウ番狂わせ

YEAR!YEAR!YEAR!ベンキョウ番狂わせ





今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-07-30 14:07 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
7月の長い昼
夏期講習のお昼の時間ははとても長いです。

名曲「8月の長い夜」からとったタイトルです。

もちろん曲はTMネットワークの作品ですね。

・・



昭和ですねぇ。

誰も知らないですねぇ(苦笑)



今日は最近あった

ちょこちょことした小ネタを

ちょっと書いてみますね。



今日の記事も画像ばかりです。携帯からご覧の方は

是非PCからご覧ください。携帯の方には

重たくて評判が悪い我がブログです(苦笑)



**



先日、テニス仲間の稗田くんからメールが届いていました。

なんでも、私が下敷きに名入れをしたいという記事を書いたのを見て、

下敷きに名入れをしてくれそうな業者を探してくれたみたいなのです。

あぁ、なんとありがたいことでしょう。


早速その業者に問い合わせてみます・・・



どうやら1色で下敷きの1か所にワンポイントで印刷するのに

1枚280円かかるそうです。

値段の交渉の余地は残っていそうでしたが・・・

まあ、それだけかかるわけです。


ちょっとどんな風になるかイメージ図を作ったりして様子を見てみましたが・・

e0092453_1275653.jpg















e0092453_1281322.jpg


















んー、なんだかピンときませんね。

基本的に塾でやる全てのこういった行動は

私の自己満足がベースになっていますが、

自己満足を満たすには1枚280円というのはさすがに・・・

100均で買えば1枚105円ですからね。

3枚近い金額がするわけですよね・・・



せっかく業者を探してもらいましたが、

今回は見合わせましょうかね。

どうせなら名入れしていない下敷きを配りまくった方がいいかな。




**



塾内最大派閥「岩中3年」のために宿題進度確認表を作りました。

e0092453_1292593.jpg






















やった単元を塗りつぶしてもらって、進度を確認します。

これをホワイトボードに一斉に貼りだすことによって・・・

e0092453_12102191.jpg

















e0092453_12103577.jpg


















「うわ、あいつめっちゃ進んでる。やべーな。」

「お前やばいんじゃない?出校日までに間に合うのかよ?」


なんて、ちょっと競い合いながら宿題が消化されていきます。

自分が勉強して進んだ状態がこう視覚化されるとちょっと嬉しいですよね。

この夏のちょっとしたヒットです。



**



さて、昔記事で書いて言いっぱなし企画


   これを読んだら「勉強の仕方がわからない」とは

   2度と言わせないぞこのやろうBOOK


これを作らなくてはいけませんでした。

ひとまず形から入りましょう。

表紙でも作ってみましょうか。

・・



できました。

e0092453_1211531.jpg

















この本に酷似しているという噂は信ぴょう性が高いですね。

e0092453_1211237.jpg



















まあ、内部生用の小冊子なんで良しとしましょう(勝手に)


さて、中身にとりかかりますか。



今日はこのへんで。

それでは。

e0092453_12125489.jpg
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-07-29 11:38 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
「学校見学へ行こう!」再び
「学校見学に行こう!」

シリーズ第2弾として、

今週の金曜日に大成高校へ見学に行ってきます。

まだ創立20年程度の新設校ですが、少し前に

東京大学合格者を出して、地域を驚かせた学校です。

学習指導と生活指導に定評がある、

どちらかというと硬派なイメージの学校ですね。



塾向けの説明会が終わってしまっていたので、

資料だけでも欲しいとメールを送ってみたら、

大成高校の渉外部長である井上先生が、

「せっかく近くなんで。」

とわざわざ塾まで持ってきてくれました。



そこで見学の話を出してみたら・・・

問題ないとのこと。

井上先生が直々に案内してくれることに!

「他の塾の先生とかも呼んでいただいても結構ですよ」

とおっしゃったので、想論館江南校の横山塾長を誘い、2人で行くことに。

写真撮影の件も、ブログ掲載の件もok取れました。



楽しみですね。

岩倉から自転車で通うことができる場所にある学校です。

この地区の多くの生徒たちが受験する学校です。

しっかりと見学してきますね。

(元気があったらカメラ片手に実際に自転車でも行ってみるぞ♪)



あと見学しておきたいこの地区の生徒が良く受験する私立高校は・・・

啓成高校・名城大附属高校・誠信高校・・・

この3校は外せないですね。


後は・・・

同朋やみずほや桜花、

名電や高蔵や市邨や東邦・・・

んー、キリないですね(苦笑)


・・



なんて話していたら夕方に尾関学園の先生がいらっしゃいました。

来年度の変更点を説明していただきました。

私立高校は熱心ですね。




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-07-28 12:35 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
相思相愛
もっと生徒数を絞り込もうかと最近思うのです。

もっと募集する学年とかを絞り込もうと思うのです。

自分の中では絞り込んだつもりでしたが、

もっといろいろと絞り込んでもいいかなって思うのです。


こちらがやりたい指導をもっとシンプルにわかりやすく伝え、

「あぁ、そういう指導を受けさせたい。」

「あぁ、そういう指導を受けたいんだ。」

なんて家庭、生徒に来てもらいたいと思うのです。




えー、OFFですし、

いつもどおりラーメンで例えさせてください(苦笑)



名古屋で大好きなラーメン屋は栄にある「ら・けいこ」です。

ラーメン業界的に言うと「二郎インスパイヤ系」にあたるのですが、

どんなラーメンを出すかというと・・・


超極太な縮れ麺、飲み干せない濃い醤油味のスープ。

背油ばりばり、キャベツモヤシがどっさり。角煮のような武骨なチャーシュー。


ここ最近になり流行りの形式のラーメンになりつつありますが、

普通のラーメン屋では食べることができない、

その店でしか食べることができない独特なラーメンです。


チャーハンやチャーシュー丼や餃子など

サイドメニューなんか置いてません。

基本のラーメンが全てなのです。



お店がお客に食べさせたいラーメンが明確です。

ブレがありません。

お客もこのラーメンを食べにやってきます。

ブレがありません。



「俺はこのラーメンが最高だと思うんだ。

 この最高のラーメンを食べてくれよ。」


「俺はこのラーメンが食べたくて今日は来たんだよ。

 いつものガツンとしたやつ食べさせてくれよ。」


お店の人とお客が相思相愛ですよね。



・・・


・・




こういう塾をやりたいんですよね。



繰り返しにはなりますが、

もっとこちらがやりたい指導をシンプルに明確にして、

もっとこちらがやりたい指導の精度を高めて、

そのために募集人員を限定して、

そのために募集学年をもっと狭めて、

今はやってる指導で廃止することを決め、

今はやっていない始めるべき指導を始め・・・



方向性はこんな感じです。



いろいろな生徒に合わせていくべき個別指導としては

いろいろと絞り込んでいくことが変な感じも多少しますが、

この方向で間違いないと思うんですよね。

いや、この方向が私には合っているなぁ・・ですかね。



塾と家庭が相思相愛な塾にしたいと思います。



最近思う塾の形について書いてみました。

さくら個別はこんな方向に向かって動いて行く予定です。




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-07-27 23:44 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
学校見学に行こう ~享栄高校編エピローグ~
昨日で享栄高校の学校見学のレポートを一段落しましたが、

最後にもう少しだけ書き加えておきます。


享栄高校が定員を超える生徒数を集めるようになったのは、

2年前からと山田先生はおっしゃっていました。

そして、山田先生が享栄高校の入試広報室の部署に入ったのも

2年前だそうです。

・・・

・・



これって、偶然では無いと思うんですよね。

享栄高校の今の好調は山田先生の力によるところも大きいんだろうな・・・

なんて私は勝手に思っています。



**


山田先生が初めて塾にお越しになったのは1年前、

いや、1年半前ぐらいだったでしょうか?

空き時間に精力的に学校や塾を回ってらっしゃったのだと思います。



おかげさまでさくら個別も近年は多くのセールスマンや、

学校の関係者なんかも飛び込みで塾にいらっしゃる方が増えましたが、

同じように山田先生も飛び込みでお越しになりました。


塾の扉を開けて5秒10秒で

そのセールスマンや学校の先生の印象は決まると思います。


「あぁ、ノルマを達成するために嫌々回ってるセールスマンだなぁ。」


「あぁ、冷たい対応をされ続けてきて、売る気が半減してるセールスマンだなぁ。」


「あぁ、元気いっぱいだけど、空気読めてないなぁ。生徒自習しているし・・。」



そんな方たちが大勢いらっしゃる中、山田先生もお越しになりました。

扉を開けると、前回の記事の最後の写真のような笑顔で

山田先生がいらっしゃいました。


「享栄高校の山田と申します。学習塾に挨拶に回っておりまして・・・」

あ・・・この方はなんだか暖かな空気を持った方だなぁ。

表面的な挨拶の言葉ではなく、血が通ったとても丁寧な喋りだなぁ。


私は最初の5秒10秒で山田先生に関してそう感じました。

その日は山田先生に教室に入っていただいて、

学校の説明を聞かせていただきました。


どうでしょう?山田先生でなかったら、

学校の説明は聞いていなかったかもしれませんね。


・・・

・・





山田先生の柔らかなオーラに包まれて、

私と同様に多くの塾の先生や学校の先生が

山田先生と、享栄高校と、パイプを結んでいったのでしょう。

その結果、多くの生徒が集まってくれたという側面もあるんじゃないかなぁ・・・


推測ですけどね。私はそう思います。



****


さて、いろいろな縁があり、ちょうど昨年もさくら個別から

生徒が一人享栄高校へ進学をしています。


山田先生から、その生徒が今はクラスでも上位にいて、

とても頑張っていると聞いたので、同学年の子にメールアドレスを聞いて

「頑張ってるらしいじゃん!」なんて、その子にメールをしてみました。


すると返事がきました。

携帯の返事のメールを

そのまま掲載すると・・・

↓↓↓↓↓


ありがとございます
学年も
次こそは
■■以内に
入れるように
頑張ります

内申も今、
110/■■
あります笑

自分が
生まれ変わって
親がめっちゃ
びっくりして
喜んでます
今は大学行くために
頑張ってます!

こんな風に
色々考えれたのは
國立先生の
おかげです
ありがとうございました



↑↑↑↑↑


ひゃー!

話が出来すぎだー(笑)

すごいいい子になってるー!!


おかしいなぁ、

宿題もままならず、遊びも大好きな子だった記憶があるんだけどなぁ(笑)

ちょっと出来すぎた展開ですが、彼女にとって享栄高校が

ピッタリとハマったんでしょうね。

嬉しいメールでした。


**


フラットな立場で学校見学のレポートをお送りするとお伝えしてきましたが、

私にとって、好印象な出来事がこうも重なると・・・

フラットな立場でこう思います。


「あぁ、いい学校なんだな。」







享栄高校と言えば、現在の生徒の祖父母の世代にとっては

「やんちゃな生徒大集合!」といったイメージの学校だと思います。

これは中京高校にも言えて、確かにガラの悪い学校のイメージが

昔はあったんです。正に「ごくせん」や「ルーキーズ」の世界ですよ。


しかし、10年20年という時を経て、私立高校は生まれ変わっていきます。

たとえば、昔は中京高校も「やんちゃな生徒大集合高校」であったのですが、

今や愛知県下の私立高校のTOP校の仲間入りを果たしています。


享栄高校はまだまだ中京高校には偏差値的にも及びませんが、

こういったしっかりと努力を重ねている真面目な私立高校が

今後伸びていくんでしょうね。

今後中京高校のように変貌を遂げていくのかもしれませんね。



3回のレポートでは書ききれなかった思いを

エピローグとして書き加えさせていただきました。





それにしても、現在朝の7時すぎ。

スーパー早い更新ですよね。

実は猛暑名古屋の熱帯夜にやられ、

暑さで6時に起きちゃったのです(苦笑)



この暑さにはばまれ、家から出たくない生徒多いと思いますが、

思い切って家を出て、塾に自習にいらっしゃい。

涼しく快適で勉強がぐんぐん進むから!待ってるよ♪


殺人的に暑い日が続きますが、

受験生にとっては変わらぬ大事な一日です。

一日一日を大事にして、しっかり勉強していきましょうね。




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-07-26 07:17 | 高校の選び方 | Trackback | Comments(0)
学校見学に行こう ~享栄高校編3~
享栄高校の学校見学記事の最終章です。

予告の通り次は特進クラスのご紹介です。


特進クラスは特進クラス専用の校舎を使用して指導をしていきます。

メインの校舎に併設されています。

e0092453_17142012.jpg


















なんでも、呉服屋さんだった建物を買い取って改装して、

特進クラス用の校舎にしたそうです。

建物の中は・・・

e0092453_1715255.jpg


















完全に学習塾のようなコンパクトさですねw

完全少人数制なので目が行き届きまくります。


国語の授業を見せていただきました。





少人数ですし、本当に塾のようですね。

特進クラスは0限から8限まで授業があります。

特進クラスの上位3分の1の生徒は授業料全額免除ですし、

残り3分の2の生徒も、愛知県の私学授業料軽減を使用すれば、

ほぼ授業料は0円で通うことができるそうです。

(交通費や海外研修などの費用はかかるものの、差し引いても

 少人数クラスでこの待遇はお勧めできると思います。)


特進コースは塾の先生に嫌われるらしいんですけどね。

至れりつくせり過ぎて、塾いらずなんで(笑)

でも学校としても力を入れて指導しているコースですから、

オススメですね。



**



さて、案内していただいた山田先生に最後に少しだけインタビューをしました。



→享栄には募集定員を超えて多くの生徒が近年入学してきていますが、

 その生徒が集まる理由はなんでしょうか?

 その理由を長所も交え3点教えてください。



まず1点目です。

 「全生徒対象の転科システムです。

  入学時には普通科、機械科、商業科と入口が3つに分かれていますが

  1年時には皆同じカリキュラムで指導します。そして、2年時に再び

  どの科へ入りたいかを再び希望を取ります。公立高校でいうところの

  総合学科のような感じでしょうか。中3の時点でやりたいことを一応決めて

  入学してきますが、2年の時に転科希望を募ると4分の1の生徒が転科して

  いきます。この転科のシステムが享栄の大きな特徴です。」



なるほど。確かにこのシステムは確かに素晴しいです。

まだまだ考え決まらぬ子供たちに大まかな進路を決める

猶予を1年与えてあります。4分の1もの生徒が動くと

いうのは、このシステムがうまく稼働している証拠ですよね。



話をいろいろ伺ってみて、私が面白そうと思ったコースは・・・


情報デザインコースか情報メディアコースがお勧めですね。

というのも、メディアコースは享栄高校の関連のIT系の専門学校へ

週に1回Wスクールとして通い、高度な内容を指導してもらえるからです。

やっている内容の高さが伺えます。


そして、デザインコースの方は、WEB業界、DTP業界で

通用するようなスキルを身につけることを目指しています。

なんでも「こういったデザインの勉強をしたかった」と内申オール4ぐらいの

生徒が入学してきたり、3兄弟が全員デザインコースに来てくれたなんて例も

あるぐらい人気のコースだったりするそうです。


(飽くまで私がやってみたいコースを紹介してるだけって噂もありますけどねw)







2点目は先にお伝えした特進クラスの実績とその日々の取り組み。


そして3点目は・・・

少し話は逸れてしまうのかもしれませんが、こうおっしゃっていました。


 「同じレベルの公立高校の現状がひどくて、(そういった高校へ進学するよりも

  享栄高校で勉強をしたい)という生徒が予想外に増えてしまって、

  例年なら公立高校へ行っていた層が、どんどんこちらへ向いてきて、

  定員を大きく上回る生徒が入学してしまったという面もあります。」



んー、深いです。

一部の公立高校の荒廃ぶりが、こんなところに形となって現われているんですね。

公立王国愛知県ですが、公立高校が私企業である私立高校とあらゆることを

比べっこされれば、ぶっちぎりで勝てるのは授業料の安さだけでしょうね。




良く理解できました。



享栄の売り、それは一言でいうと、

総合学科のような全生徒が転科できる制度と

特進クラスの取り組みですね。



**



さて、ここからもう少し突っ込みます。



→では享栄高校の弱点を教えてください。


  「2年時に転科できる制度ですが、勉強したい子と

   勉強嫌いな元気のいい子が特定のコースに

   偏ってしまいがちであることです。」


なるほど。先輩達の転科の様子を見て、後輩たちが感じ取って、

いつの間にか、勉強嫌いな子が集まりやすいコースとか、

だんだんできてきてしまったんでしょうね。


こういった状況を改善する意味も含め、来年度は

新しいコースの設置も検討されているそうです。




**



さて、最後におまけの質問を。

これが一番興味深い質問です。


→もしも山田先生のお子さんを私立高校へ入れることになったら、

  享栄高校以外で行かせたい高校はどこの学校ですか?



山田先生はこう答えてくれました。


  「名城大付属の特進コースですね。実際うちの子供が昨年まで行っていたんです。

   そこそこの成績で入った息子は、そこで熱心に指導してもらって

   ぐんぐんと実力をつけて、受ける大学受ける大学どんどん受かっていったんです。

   しっかり指導してもらえました。お勧めですよ。」



説得力ありまくりですね。プロが勧めるんですから、これは検討の価値ありですね♪




*****



さて、今日は文字ばかり長い記事でしたね。

でも、享栄について詳しく知りたいと思っていた方の

お力には多少なれたかもしれませんね。




最後に今回案内とインタビューを受けていただいた

山田先生を撮影させていただいて帰ることにしました。

先日買った一眼レフを構えて早速撮影です。



ええっと、こんな感じかな。

e0092453_16552683.jpg
















e0092453_1656037.jpg

















んー、どうもいかんですね。

山田先生の表情が硬いです。


ただでさえ山田先生はガタイがいいですから、

山田先生が普段のにこやかな表情を封印して

キリっとした表情になると・・・・・

道を歩いていたら皆が道を譲る系です(謎)

まずいです。来年の享栄の生徒募集も危ういです(笑)




困ったなぁ。

いつものにこやかな表情が撮りたいのになぁ・・




そこに同僚の先生が通りかかり、山田先生にこう話しかけます。


「山田先生、写真撮影してもいかんよ。

 パンフレットに載せると怖くて生徒が来なくなるから(笑)」

・・・

・・



あっ!やった!!

e0092453_17056100.jpg
















良かった。ナイスアシストのおかげで

山田先生の笑顔も撮れましたし、

今年の享栄の生徒募集も安泰です(笑)




3回に渡り「学校見学に行こう ~享栄高校編~」をお送りしました。

いやぁ、学校見学は私も勉強になりますし、面白かったですね。

また他の学校も見てきますね。



今日はこのへんで。

それでは。

e0092453_1761835.jpg
















山田先生、ご協力本当にありがとうございました。


エピローグへ
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-07-25 17:12 | 高校の選び方 | Trackback | Comments(4)
学校見学に行こう ~享栄高校編2~
昨日の続きです。

享栄高校の校舎見学を始めたところからでしたね。


・・



メインの校舎の中に足を踏み入れて見渡してみたのですが・・・



うひゃー。スゲー。

ドラマみたいな校舎やな。

イオンかよっ!?



↓↓↓


この吹き抜けの建物の構造。

イオンショッピングモールのようですよね。

解放感があります。おしゃれです。名古屋ですね。




ダンス同好会がテラス横の吹き抜けのロビーでダンスの練習をしています。

うわー。ドラマみたい。

チアがここで練習していることもあるようです。






続けて案内していただきます。5階までエレベーターで上がり、

降りながら見せてもらいます。(校舎内は全てバリアフリーだそうです。)


5階にあった多目的ホールです。




卓球部とボクシング部が活動をしていました。

昨日も書きましたが名古屋の学校は土地を有効活用するために

施設を縦に積むんですね。各部活動の部室もここにあります。



この多目的ホールの入口に空のペットボトルが放置されてしまっているのを見て

山田先生が苦笑いをしながらこうおっしゃります。

「これがありのままのうちの現状ですね。お恥ずかしい。」

e0092453_11113989.jpg
















利害関係なく、フラットな立場でのレポートをしている

ところをアピールする良い機会です。

これも撮影をして掲載してみました。

でもこういったところを私に対して変にごまかさず、

こう誠実に対応されてしまったら・・・

なんだか好感度UPですよね(笑)

さすが山田先生です(笑)



**


こちらが図書館です。



学校見学に来る中学生がこの図書館に感激するそうです。

私が感激したところは・・・

e0092453_1185414.jpg
















うわ!東海ウォーカーがここで読めるんだ!

テニスや野球の雑誌に混ざって

声優グランプリなんてマニアックな雑誌も置いてあるんです!

さすが三年連続マンガ甲子園出場の実力校だけあって、

アニメ漫画オタクな生徒にいい環境です(笑)




情報処理実習室です。



簡単に言うとパソコンがいっぱいある部屋ですね。

ここのパソコンは凄いですよ。

写真ではわからないですが、各パソコンには

フォトショップ・イラストレーター・フラッシュ・プレミア

なんていうクリエイティブな仕事に必要な高価なソフトが

全パソコンにインストールされているそうです。

生徒たちは喜んでフォトショやイラレを休憩時間も触ったりしているそうですよ。

あぁ、いいなぁ。私も混ざって習いたいなぁw



体育館です。



この広い体育館、冷暖房完備だそうです。凄いです。

バスケ部がコーチに厳しく指導を受けてましたね。

あぁ、青春です。





その他、撮ってきた写真を載せておきましょうか。

茶道部の茶室かな。
e0092453_11175774.jpg

















柔道場はキレイでしたが、ここは冷暖房不完備だそうです。修行ですw
e0092453_11182578.jpg















機械科の教室です。外から覗いただけでしたが。
e0092453_11184664.jpg
















e0092453_11191713.jpg
















廊下に貼ってあった張り紙です。学校の雰囲気を推測できますよね。楽しげです。
e0092453_11195671.jpg
















**


さて、次に

通っている生徒たちについて聞いたこと、見たことを書いてみましょう。


こちらの学校は携帯電話の所持使用はOKのようです。

使用している生徒をよく見かけました。

女子のスカートは膝上が基本ですよね。名古屋ですし。

アルバイトも居酒屋などでなければ、届出制で可能なようです。


髪の毛を染めてくるのとピアスはアウトです。

髪の毛が染めてあると朝は校舎に入れてもらえないそうです。

(入れてもらえなかった生徒が街をふらふらしていて

 苦情が来ることもあって大変だそうですw)


今や私立高校はルーキーズやごくせんに出てくるような

わかりやすいヤンチャな格好をした生徒が在籍することが難しくなっています。

もちろん享栄高校にもそんな生徒は一人もいませんでした。

しっかりと指導が行き届いているんでしょうね。

・・



こんな大人からしてみたらどうでもいい学校生活の情報が

子供にはとても大切だったりするんですよね(苦笑)

よく生徒に聞かれたりするので書いてみました。





**


さて、明日は別館にある特進クラスのレポートと、

山田先生にインタビューした内容を掲載して終了予定です。


我ながら消費者の立場で無ければ書けないレポート

内容になってるかな?なんて思います。

ある意味名古屋一の享栄高校紹介記事でしょう。

いや、名古屋一ってことは日本一。

いや、日本一ってことは世界一。

いや、世界一ってことは銀河・・・もういいですね(苦笑)


ってことで

自称「銀河系一の享栄高校紹介記事」

の最終回を明日お送りしますね。



今日はこのへんで。

それでは。


その3に続く
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-07-24 10:48 | 高校の選び方 | Trackback | Comments(0)
学校見学に行こう ~享栄高校編1~
消費者の立場からガチンコな情報を発信したい。

学校見学をさせてもらって大人の目線からレポートしたい。

フットワークの軽さを使ってつっこんだレポートをしたい。

ブログを使ってくだらない情報まで細かくお伝えしていきたい。



こんな思いを抱いたところから、学校見学レポートを思いつきました。

そんな企画を快諾してくれそうな知り合いの高校の先生である、

享栄高校の入試広報室室長の山田先生にお願いしてみたところ・・・

快く受け入れてくれました。さすがです。



享栄高校を選んだ理由は、まず入試広報室室長である

山田先生と知り合いであったから。これが5割の理由です(笑)

とても腰が低く、熱心に仕事をしてらっしゃる山田先生ならば

快諾してくれるのではないかと思ったこと。

そして、少子化のあおりを受けて、定員割れをおこす私立高校が多くある中、

2年連続で募集定員をオーバーして生徒を集めている

享栄高校のその魅力はどこにあるのだろうかと、

単純に自分の目で確かめたかったからです。


先に言っておきますが、山田先生と知り合いではありますが、

享栄高校から依頼されたり、商品券やお金をもらって記事を

書いているわけではありませんからね。

そんな大分の教育委員会じゃあるまいし(苦笑)

好き勝手ありのまま書いていきますよっ!



享栄高校のホームページよりもパンフレットよりも

WEBの特性を生かして、私の軽い薄い語り口を生かして(苦笑)

詳しくレポートしていきたいと思います。




**





さてさて、早速学校へ向かうのですが、

リアリティーを出すためにわざわざ電車で行ってみました(笑)

不必要な写真もガンガンUPしていきますね。

岩倉に住む中学生と保護者に一番役立てば幸いです♪




岩倉から名古屋まで15分程度で出て、地下鉄桜通線に乗り換えて15分程度で

最寄り駅「桜山駅に到着します。

8時44分の岩倉を出る準急に乗った私が桜山の駅に着いたのが

9時25分ぐらいだったと思います。乗り換え含めて45分見ておけばいいでしょうか?



桜山駅構内にある地図を見てみると・・・

ほう、近くには享栄高校はもちろんのこと、

向陽高校、高蔵高校、名古屋大谷高校、瑞陵高校なんかがあるんですね。

学校だらけですね。知ってはいましたが、こう地図で見ると新鮮です。




そこから徒歩で住宅街を抜けて5分6分歩けば・・・


4番出口を出ます。
e0092453_1447309.jpg


















出たらこの風景です。
e0092453_14475246.jpg















名古屋の市街地ですね。
e0092453_14481199.jpg















4番出口を出て二つ目を左折。
e0092453_14483680.jpg















名古屋市博物館の建物を右に見ながら。
e0092453_14485520.jpg

















しばらくすると享栄高校の校舎が見えてきます。

無事に学校に到着です。

e0092453_14515313.jpg


















e0092453_1452273.jpg


















さすが名古屋の学校ですね。地価が高いですから広い運動場はありません。

基本的に主に体育館を使用して体育は行うそうです。

体育大会はグランパスも試合で使う瑞穂競技場を借りるそうです。





山田先生の案内で早速学校の施設を案内していただくことに。

メインの校舎の中に足を踏み入れて見渡してみたのですが・・・



うひゃー。スゲー。

ドラマみたいな校舎やな。

イオンかよっ!?




この私のリアクションの詳細はまた明日ということで(笑)


今日はこのへんで。

それでは。



その2へ続く
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-07-23 14:16 | 高校の選び方 | Trackback | Comments(2)
忘れ物をする生徒はタンポポの綿毛
先生、消しゴム貸してください。


先生、筆記用具忘れたので貸してください。


先生、下敷き貸してください。


・・






塾をやっていれば多かれ少なかれあることです。

仕方なく貸してあげると今度は返し忘れて持って帰ってしまったりします。

うっかり筆記用具を忘れてくる生徒ですから、

うっかり借りていたことを忘れてしまうんですよね(苦笑)

そんな生徒はバツが悪くてそのまま持ってこなかったり。


こちらもそんな小さなこといちいち覚えてませんから、

なんだか塾の文房具類がちょっとずつ減っていくようで・・・



こういった状況に対して塾としてどのように対応していくのか?





さくら個別では貸し出し用の筆箱があります。

筆記用具ワンセット入った筆箱が2つあります。

その筆箱にはさくら個別特製「持ち出し禁止」シールが貼ってありますけどね。

ワンセットになっているので、さすがに

これを間違えて持って帰っていった生徒はいませんね。





ちなみに、

一番持って帰られ率の高いのが半透明の赤と緑の下敷きです。

赤ペンや緑ペンで重要文字を塗った後に、この下敷きをかぶせれば

重要文字が消えるからです。昔から使われる勉強グッズですよね。


この下敷きは多分開校してから30枚は買っていると思いますが、

必ず持って帰られてしまいます。

持ち出し禁止をつけようが、何をしようが、

ふと教材に挟みこんで無意識に持って帰ってしまうんでしょうね。




**


いちいち腹を立てて、

持って帰られない方策をずっと考えていましたが・・・・


ここは一つ発想の転換をしてみましょう。




間違えて持って帰ってしまう生徒をタンポポの綿毛と考えるのです。

タンポポの綿毛はその浮遊する能力を生かして、

遠くまで飛んでいき、着地したその地にタンポポの花を再び咲かせます。

これと同じ要領でさくらを遠方で咲かしてもらいましょう。





忘れ物をした生徒をこれからは大歓迎するのです。

「おお、そうか、ではこの下敷きをあげよう。いいから使いなさい。」

そういってさくら個別のロゴなりなんなりをつけた下敷きや消しゴムを渡します。

綿毛である生徒たちはその下敷きや消しゴムを持って学校に行くわけです。

そして学校の授業中・・・


「なぁ、消しゴム貸して。」


「あぁ、いいよ。」


「サンキュ。ん?

 さ・く・ら・こ・べ・つ?

 これ塾の消しゴム?」


「そうそう、もらったんだ。」


「へぇ~。面白いね。」


・・・


・・




なーんて、忘れ物をした生徒が

学校の教室内でさくらを咲かせるのです。

ちょっとした宣伝部隊ですね(笑)



もちろん、タンポポの綿毛が着地した場所が悪くて

花を咲かせることができないことがあるように、

この文房具たちもその持って帰った生徒の汚い部屋の隅で

一生を過すこともあるんでしょうけどね(苦笑)







結構本気で考えていて、赤と緑の半透明の下敷きは

本当に各生徒2枚ずつ渡してしまおうかと思っていたりします。

ただ、半透明の下敷きに名入れができる業者を見つけることが

できていないんですよね。

もしもそういった業者を見つけて下敷きを制作できることになったならば・・・

生徒一人に3枚でも4枚でも配付したいですね(笑)



**



人間ですから大人でも忘れ物はしてしまいます。

忘れ物をする人をゼロにすることに力を注ぐのを辞めて、

積極的に利用してみるのも面白いかな?

なんて思った猛暑の午後でした。



もちろん、忘れ物をした生徒には残って自習していってもらったりすることにしますから、

気軽に忘れ物ができる環境を作るというわけではありませんからね♪



***



さて、明日は高校見学に行ってきます。

いろいろ聞いてきますね。

楽しみな質問は・・・


「もしもお子様を私立高校に進学させようとするならば、

 こちらの学校以外で進学させたい高校をレベル別に3校ぐらい

 理由と共に挙げてみていただけないでしょうか?」

です。


面白そうですよね?シェフが奨めるレストランみたいですよね?


「私立高校の入試広報室の先生が選ぶ、子供に進学させたい私立高校」


あぁ、楽しみです。


しっかりと見学させてもらって、

しっかりと話を聞かせてもらいたいと思います。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-07-22 16:55 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)