愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@にして送信を)
記事ランキング
検索
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
最新のコメント
> ひかぽんさん 作り..
by sakura-kobetu at 18:57
その101匹わんちゃんの..
by ひかぽん at 12:35
昨日やられました❗何か悔..
by ヒロシ at 04:21
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
ブログジャンル
<   2008年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
夏フェスデビュー。
今日はOFFでした。

ショートな余談をお送りします。



今日は生まれて初めて「夏フェス」に参加してきました。

簡単に言うと音楽の祭りですね。



豊田スタジアムに元気のいいバンドが集まりました

ホルモンもエルレも来てましたね。


・・


実は初の夏フェス参加にあたり、ライブでの目標がありました。

それはダイブを決めてくることです。


ライブに置いてのダイブとは、人の波の上に転がることですね。

人の波の上に人が転がるのですw



実はずっと憧れていたのです。

皆が暴れるような激しいライブでしかダイブなどできないので、

ずっと機会ありませんでしたが、今回そんな機会がやってきたのです。



・・


ビビってずっとダイブしないままライブの時間が過ぎていきます。

「俺はダイブデビューしてくるぜ。」

そんな風に周りの人たちに言ってしまいましたし、

なんとかチャンスを見つけてダイブに挑戦しなくてはなりません(苦笑)


あれよあれよという間に、最後のバンド、エルレガーデンです。

ここで行くしかありません。

ドキドキしながらライブの終わり際、

思い切って人の波に飛び乗ってみました。

曲はエルレガーデン「red hot」でした。

ダイブをするのに頼もしいノリのいい曲です。

おかげでダイブデビューにふさわしい立派な人の波ができていました♪

飛び乗るために台になってくれた人、落ちないように持ち上げてくれた人、

無事に降りれるように後ろから前に押してくれた人。

多くの人の助けがあり、無事にダイブデビューしました!

皆が暴れるような激しいライブにも礼儀や協力があるんですね。

なんだか新鮮でした。


34歳でダイブデビューです(笑)

感想は・・・

こりゃ気持ちいいし、面白い!


これからも年甲斐の無いことを攻めていきますw



愉快な一日になりました。

生粋の余談におつきあいありがとうございました。



・・・・



運動不足のふくらはぎを酷使したので、

明日は爺さんのような足取りですが悪しからずです(苦笑)


さぁ、2学期が始まるね。

明日からも頑張っていくぞ!

今日はこのへんで。

それでは。


・・・・
熱気冷めやらぬ終演後の豊田スタジアム。

来年は大田先生とか興味ある講師とかと皆で一緒に来たいですね。

e0092453_135658.jpg
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-08-31 23:47 | その他 | Trackback | Comments(2)
退塾ゼロ
今日で夏期講習が終わります。

朝からずっと教室を開ける生活は今日までです。

今回は体力的にキツかったです・・・


大田先生にも大幅に手伝ってもらうようになったのに

なんでキツいのかなぁ?なんて考えてみたのですが、


 1・生徒数が単純に増えたから

 2・テキトーだった私生活において、食事・洗濯・掃除
   なんかの家事もしっかりするようになったから

 3・歳をとったから
 
 
こんな感じですかね(苦笑)

なんとか無事に終了です。

明日から通常の生活リズムに戻りますね。



**



ふと、振り返り考えました。


「・・・あれ?

 そういえば、最近退塾生がいないなぁ。

 いつから退塾する子がいなくなったけ?・・・。」


記録を紐解いてみました。

卒塾していった中3・高3が3月に抜けたのを最後に、

新年度4月から9月を迎えようとしている今まで

退塾生はゼロです。



とても良い流れですね。

少ないながらもチョイチョイ退塾を出したりしていた

去年までとの違いを考えてみました。



 1・塾のやりたいことが口コミやブログなどを通して地域に浸透し、
   勘違いをして入塾してくる家庭が無くなったこと。

 2・このブログの毎日更新で、「塾長の目線」というある意味偏った情報でありながら、
   毎日塾の様子を家庭に届けることができ、家庭と塾の風通しが良いこと。

 3・講師の先生たちとの連携もとれてきて、さらにいいチームになってきたこと。

 4・講師の先生たちの熱心な指導の賜物。

 5・今更塾を変えている場合ではない中3生が多い(笑)



こんな感じでしょうか。

退塾がゼロになりましたが、そのかわり、

面談・体験までして入塾にならない生徒は増えた気がします(苦笑)


サラリーマン時代だったらこの状況は猛烈に叱られてましたけどねw

でも今は逆に、面談でしっかり話して、体験までして入塾をしないということは、

「やりたかったことにズレがあったんだろう。入塾前にそのズレがわかってよかった。」

なんて思ったりします。




良い形でここまで進めることができています。

だからといって驕ることなく、自分のペースでこれからも進めてまいります。

通ってくれている生徒・保護者の皆様、

2学期からもよろしくおねがいします。




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-08-30 11:13 | 塾日記 | Trackback | Comments(2)
母親の大変さを知る
夏期講習も今日を合わせて残り2日です。


今年の夏期講習ですが、

結婚したので大田先生とシフトを組んで

昼から出勤する日を作りました。

大田先生が昼から出勤の日は、大田先生が

弁当を作ってきて、それを昼食として食べていました。

私が昼から出勤の日は、ホカホカ弁当やモスバーガーを

買ってきて、それを昼食として食べていました。


そんな夏休みの毎日でしたが、

夏休み最後の昼から出勤である本日。

34歳にして人生初めての弁当作りにチャレンジをしてみました(笑)


いつも作ってもらってばかりなので、

一度自分でも作ってみようと思ったのです。


私は料理の腕は3流ですが、食べ物を愛する気持ちは自称1流です。

昨日の夜にしっかりとクックパッドでおかずの作り方を予習して

今日の弁当作りに挑みました。



今日の朝、「生鮮館やまひこ」に開店から行き、食材を調達してきました。

1個198円もするパプリカを2個も買ってしまいました・・・

料理の下手さを見た目の彩りでカバーしなくてはいけませんからね。



家に帰って、弁当作成を開始したのは10時半でした。


タマゴを誤って落として割ってしまったり、

分量をまちがえてしまったり、

そんなこんなしているうちに時間は経っていきます。


完成したのは・・・

12時15分!

なんと1時間45分もかかってしまいました!


弁当作りって大変だ!母親ってすごい!

弁当作りって立派な仕事だ。



また、あれだけ時間をかけて弁当を完成させたのに、

食べてしまうまでに15分もかからないんですよね・・・(苦笑)






当たり前のように弁当を作ってもらって食べていましたが、

大きな感謝の気持ちを持って食べなくてはいけませんね。

実際に自分で作ってみて、34歳にしてようやくしみじみと思いました(苦笑)



生徒の皆も一度自分で作ってみるといいよ。

これが大変なんだってば!

弁当を作ってもらえるありがたみがわかると思うよ。



これからは残すなんて持っての外。

「不味い」なんて口が裂けても言うんじゃないよ!


親に感謝して弁当を食べるようにしようね。




・・・・


・・・


・・





あれ?

なんじゃこりゃ?

NHK教育番組的な記事になっちゃいましたw

もしくは爺さんの呟き・・・(苦笑)


塾にも全く関係ありませんが、

この思いを伝えたくて書いてしまいました。





**


さぁ、夏休みも夏期講習も、残すところあと1日。

明日もみんな自習においでよ。


今日はこのへんで。

それでは。


・・・
私の弁当作成デビュー作です。味は写真から伝わらないのが幸いしていますw
e0092453_17242926.jpg

















見た目から入るのは得意なんです♪鮮やかにできました。味は2.5流ですが(苦笑)
e0092453_17253191.jpg
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-08-29 17:26 | 塾日記 | Trackback | Comments(4)
段取り共有化へ
先日、定期テストへ向けての指導のスムーズな段取りを、

皆で共有できるようにしていこう!なんて記事を書きました。

その記事はこちら



さっそく形にしてみようと思い、

その下書きを鉛筆でコピー用紙に書いてみました。


中2Mくんが私が書いている紙を覗きこんでこういいました。



「・・・あぁ、段取りのやつね。」



うぉ!うちのブログをしっかりと読み込んでる!!

写真もなく生徒からしてみたら退屈であろう

独り言記事をしっかりと読み込んでくれていました(笑)



これは気合入れて作らなくてはいけませんねw






さっそくパソコンを使って形にしてみました。

e0092453_12223089.jpg
















年間の大きな流れを下のほうに記し、

そこから近々予定をズームして上に書いてみました。



ん、これで指導ペースのイメージは皆で共有できそうです。

作ってみて思ったのは・・・


これは生徒にも共有したら、よりいいんじゃないかな?



さっそく教室にも貼ってみました。

この指導の流れをベースにして、

各生徒に合うようにアレンジしていけるといいですね。


ゆくゆくはこの次のテストまでの大きな予定を

生徒と講師が相談して組めるようにしていくと良さそうです。


さぁ、次のテストに成果が出るか、楽しみです。




今日は段取り共有化について再び書かせてもらいました。

今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-08-28 12:10 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
里帰り
夜の7時過ぎ、授業真っ最中の時間帯に塾のドアが開きました。

開いたドアの隙間から見慣れないサングラスの女の子が手を振っています。

ん?



あぁ!去年の卒業生だ。現在高1の女の子2人組、AさんとRさんです。

Rさんは享栄高校に通っている、先日メールをくれた子です。



「うわぁ、この教室久しぶりー。懐かしいぃー。」

久しぶりに来て2人とも興奮しているようです。



「私、高校に入ってからなんか生活が物足りないって思ってたんだけど、

 この塾に来て皆と話したりコミュニケーションすることが足りないって思ったの!」



「私はここで勉強したことに思い出がいっぱいあるよぉ。

 あぁ、あのホワイトボードが懐かしいね。あれを使ってよく授業したね。

 自分の汚い部屋のことをゴミ部屋とか言われたり、

 整理されていない塾にもってきていたカバンのことをゴミ袋とか言われたりしたね(笑)。

 紫の服を着てきたらナスとか言われたよね(笑)。

 あの頃私はこの塾でしか自分の素が出せなかったんだよなぁ。」



「あぁ、やっぱり落ち着くわぁ。私ここに布団持ってきたら寝れるね。生活できるよ。」



おぉ!なんだか猛烈に喜んでくれています(笑)

家、学校に次ぐ第三の居場所(サードプレイス)になればいいなと、

暖かみのある家庭のような塾を目指していたので、

彼女たちのこのリアクションはとても嬉しいですね。







いろいろ彼女達と思い出話に花を咲かせていると、

昨年までは生徒だった後藤先生がやってきました。


後藤先生は遊びに来た2人に「久しぶりだね。」なんて声をかけ、

名札、三色ボールペンを棚から取り、タイムカードをサッと通します。


Rさんがその様子を見て言うのです。


「わー、かっこいいー。

 ねぇ、先生、どれぐらいのレベルの大学に

 行っていたらここの塾で雇ってくれるの?」



 「そうだねぇ、○○大学以上ぐらいかなぁ。」



「そうかぁ、じゃあ私勉強頑張るよ。

 頑張ってそれ以上の大学に入って、

 ここの先生になれるようにするよ。

 ここで先生やりたいもん。」



あらあら、かわいいこと言ってくれますね。


明るい性格と喋りが上手いRさんですから、

素質は充分です。なんだか楽しみが増えましたね。






久々に故郷に帰ってきたような2人組は

一通りワイワイして帰っていきました。

またたまには里帰りとして遊びに来て欲しいですね。


たまでいいですけどね(笑)



今日はこのへんで。

それでは。





・・・・・・

「化粧が崩れたから」なんて言って、終始サングラスの2人組。

昔は寝巻きにしているジャージでよく来てたくせによく言うぜ(苦笑)

名古屋方面の学校に行くとやはり美意識が変わりますねw

e0092453_13215796.jpg
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-08-27 13:28 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
個別指導塾の選び方
もしも私に中学生ぐらいの子供がいるとして、

個別指導塾に通わせることになったとしましょう。

さて、実際に個別指導塾という畑にずっといた私のような人間は

何を重視して個別指導塾を選ぶのでしょうか?



ちょっと考えて見ます。




指導スタイルかな?

指導システムかな?

授業料かな?

受験情報の有無かな?

指導実績かな?



いや、そうでは無さそうです。

どれも重要ですが、最重要ではありません。


では私が考える個別指導塾選びの最重要ポイントは・・・

わかりやすく3点に絞ってみましょうか。



1点目

 教室長の人柄です。

どれだけやり手の教室長でも、ヤル気が欠けた人では頼りありません。

情熱ばかりが先行して、指導や進路に関わる知識に欠ける人も心配です。

良さそうな教室長でも大手の塾でそこの社員であると人事異動があるので、

子供を通わせる期間との相談になります。3年間とか4年間通わせるつもりなら

途中での教室長交代というリスクも視野に入れておくべきです。

教室長と会って話をして、

しっかりと気持ちを持って子供を導いてくれそうかどうかを見極めます。



2点目

 教室の雰囲気です。

一斉授業の塾なんかでは、「俺について来い。ついてこれば間違いない!」

こんなカリスマ教師が開く伝説的な小汚い塾があるかもしれませんが、

個別指導塾ではそういった伝説的な小汚い塾はまず無いでしょう。

なぜならば、通う一人一人に合わせて指導を展開していくのが個別指導なので、

そんな大雑把な人が教室長では、一斉授業では成り立っても、

個別指導では成り立たないと思うからです。

よって、個別指導教室は小奇麗な方が良い教室であることがほとんどでしょう。

あとは指導している講師、授業を受けている生徒に頑張ろうという息吹を

感じるかどうか。

こういったところをチェックしたいですね。



3点目

 通う生徒(保護者)からの口コミです。

飲食店でもそうですが、味にうるさい人が好んで通う店には

初めてでも安心して店に入れます。

味にうるさい人が奨めてくれた店には機会を作ってでも

足を運んでみたいと思うものです。

同じように、教育熱心な家庭の子供が通っていたり、

そういった家庭の人が塾の内情とともに勧めてくれたならば

心強いものです。そういった家庭が何組も通っているならば

期待も高まります。




***


こんな3点でしょうか。

この3点についてクリアできていれば、

優良塾である可能性が高いでしょう。


・・・

・・




一消費者としての立場で偉そうに書いてみました。





さて、供給者の塾長の立場としては・・・


今から教室を整理しようかな(苦笑)

小奇麗ではなく、大奇麗になるよう、

整理を開始します♪



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-08-26 14:59 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
アニーがウォーバックスさんに好かれた訳
今日から夏期講習最終週に入りましたが・・・

更新できずこの時間になってしまいました。

そんなこんなで

今日もちょっと余談を書かせてください。


**


昨日は夕方から「ミュージカルアニー」を見てきました。

今年で23年目になるロングランのミュージカルです。



これを一度見てみたかったんですよね。

中京テレビ関連の会社で働く友達に頼んで、

チケットをとってもらって行ってきました。




感想から言いますと・・・

「子供と動物には敵いません。とても良かった!」

といったところです。





孤児院で暮らす赤毛の主人公アニーが

別れてしまった両親を探していくという話なのですが・・・



アニーがポジティブで素敵なんですよね。

浮浪者との会話のシーンでこんなやりとりがありました。



 浮浪者「線路の下の家では夜も眠れないよ。」

 アニー「悪夢を見たときにすぐに起きれるから良いと思う。」


 浮浪者「ポケットには5セントも無いんだよ」

 アニー「これからポケットにお金が入ったときに凄く喜べるじゃない。」


 浮浪者「寒さで手も凍えてねぇ」

 アニー「ポケットが空いているから手を入れられるよ。」



どんな境遇であろうと、楽しい明日を信じて、

明るく楽しく生きていく。

主人公はそんな素敵な少女でした。







明日を信じて日々前向きに生きる人には、

同じようにプラスのパワーを持った人が集るものですよね。

事実、アニーはその人柄が人々を引き寄せ、

アメリカの有数の資産家であるウォーバックスさんに

気に入られて養子になる話が舞い込むのです。




いやー作り話とは言え、やっぱり思うのです。


 「やっぱり前向きな考え方がスーパー大事だな。」


最終的に幸せになるアニーを見てしみじみ思いました。




ちょっとまた見に行きたいですね。



**



朝晩めっきり涼しくなってきました。

こういう季節の変わり目は体調を壊しやすいですよね。

気をつけて8月最終週を乗り越えましょうね!


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-08-25 22:36 | その他 | Trackback | Comments(0)
夢を追い続ける
本日OFFでした。

今日は夜から教え子大志が開いた居酒屋で、

近々誕生日を迎えるテニス仲間のメンバーの

誕生日会があるとのことで、大田先生と顔を出しに行ってきました。


到着すると、おや、

近々誕生日を迎えた人も含まれていたらしく、

私も祝ってもらっちゃいました。

それにしても祝う人数が多い(笑)

e0092453_21444178.jpg





















國立サンという表現が、メンバーと私との歳の差を感じさせますね(苦笑)


ざっと店内を見渡すと、昔の教え子カオリも来てました。


「おー、久し振りやんけ!」


カオリは松下先生と同じ中学で同学年の子で、

同時期に塾に通ってくれていた生徒です。

元気が取り柄の我が道を行くタイプの子でしたね。



「私はメイクアップアーティストになるから、

 正直高校はどこでもいいんだよね。」



そんなことをサラリと言ってのける子で、

進路相談の面談なんかは、やりにくかったのを記憶しています。



そんな彼女、高校の合格発表の日には、

「合否がわかったらすぐに連絡してこいよ。」

と伝えてあったのにもかかわらず、音沙汰がありません。

担当の先生たちとヤキモキしながら連絡を待ちました。

(当時のカオリの担当は大田先生とサチヨでしたw)



「ダメだったのかなぁ?」なんてイヤーな気持ちで待っていると、

窓の外に遠くから歩いてくるカオリが見えてきました。


待っていた先生たちで、窓から顔を出してカオリを呼びます。


「カオリィー!」


カオリはこちらの呼びかけに気が付きました。

彼女は顔をあげて大きく手を振って笑顔でこう答えました。

「受かってたよー!!」




忘れられない光景ですね。

みんなでよかったよかったと騒いだ覚えがあります。


サチヨ先生なんかは、「心配したんだからぁ」

なんて泣いていた気がします(笑)

当の本人は「え、なにが?」といった感じでケロリとしてましたけどねw


・・・


・・






***




今日はそんなカオリに再会したのですが、

彼女は相変わらず我が道を歩いていてくれました。


中3のときに宣言していたように、高校を卒業して

メイクアップアーティストになるためにモード学園に通っていました。

そして現在、第一ステップとして美容部員を目指して就職活動中でした。



中学の時の夢を追い続けていました。

オットコマエですね。有言実行。首尾一貫。

中学のときの勉強はお世辞にも出来たほうではなかったカオリが、

モード学園ではメイクの分野で学校代表に選ばれることも

あったりと、意外に優等生のようです(笑)



しかしオットコマエな性格が美容部員就職活動では

役立たないこともあるようで・・・

クリスチャン・ディ○ールの面接に先日いったそうなのですが・・・

趣味の格闘技観戦について熱く語りすぎて、

「カオリさんは品が無い」と落されてしまったそうです(苦笑)



・・・


・・





アーティストを目指していろいろと楽しそうに話してくれたカオリは輝いてました。

あとは品を身につけたら完璧ですね(笑)


まぁ、彼女なら美容部員のステップを経て、

見事アーティストになってくれるでしょう。


今日は夢を追い続けるオットコマエな元生徒カオリをご紹介しました。


彼女から学ぶことは・・・

「夢は追い続けろ」ってことですね。





・・・・・・


「先生が足りなくなったら塾に呼んでよ。

 私先生やるよ。

 え?

 余裕だって。

 任せておいて。」


彼女のポジティブな大きなパワーは確かに

生徒たちに分けてほしいですけどね。

ひとまず気持ちだけもらっておきますねw





今日はこのへんで。

それでは。




・・・・・・

当時のカオリの担当、大田先生(左)とサチヨ先生(上)で、

中央はカオリです。

右は居酒屋店主の教え子大志です。

カオリの受験から6年かぁ・・・

時が経つのは早いものです。

e0092453_15322560.jpg
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-08-24 23:07 | その他 | Trackback | Comments(0)
模試奮闘中
朝9時より中3生が愛知全県模試に奮闘中です。

それにしてもすごい人数。

資源回収で午後に受験するはずだった生徒も午前にやってきて、

27名もの中3生が一斉に受験しています。

狭い教室なのでこの模試の隊形を作るのが大変でしたw


みんなこの夏の成果がでるといいね。

頑張れっ!

e0092453_10471868.jpg
















今日はこのへんで。

それでは、
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-08-23 10:47 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
段取り共有
夏休みの課題を塾が定めた期日までにやれるように、

段取りを組んで生徒に指示をしてきました。


早めの働きかけで生徒たちはしっかりと

早い段階で課題を仕上げることができました。


前回「当たり前の空気」なんてタイトルで同じようなことを書きましたが、

この結果からつくづく「段取り」の重要性を感じています。



今度の9月の講師研修会は、この「段取り」を取り上げて

話し合っていこうかと思っています。



**



私たち指導する教師は、

目の前の生徒の一喜一憂に翻弄されて指導がブレたりしないようにすべきでしょう。

生徒が目指すゴールから逆算して指導していけるようにしたいですね。



・・・・


入塾してきた生徒の志望校は西春高校。

現在その生徒の内申点が35。

西春の80%合格内申が39なので、

その差は4つ。


・・・・


狙い撃ちで内申を上げていく。

数学と英語、あとは美術と保健体育で上げていく。

塾では直接指導している数学を1上げなくてはいけない。

現在数学は内申3なので、4にする必要がある。


・・・・


現在平均程度の点数。

数学はテスト前にワークをやる程度の勉強具合。

4にするために・・・平均プラス20点を目指す。

平均点は大体毎回60点前後なので、

2ヶ月後の定期テストで80点以上を目指すように指導する。


・・・・


そのために演習の絶対量を増やすことから始める。

宿題はワークを2ページのボリュームで毎回出していこう。

ワークは発展問題まで一通りこなし、間違えた問題を2回目やらす。




******





ここまでは授業開始までに相談して決めることができそうです。

さて、実際に授業が始まってきますが、

ここから講師の微調整が入ってきます。





・・・・


定期テスト4週前。

昨年の定期テストの範囲を見ると・・・

ここの学校は例年二次関数の基本までは範囲に入ってる。

しかし今年の学校の指導ペースは速いから・・・

二次関数の応用まで指導していこう。

それをテスト2週前までに終えよう。


・・・・


予測どおりに推測テスト範囲はクリアしたので、

テスト範囲の復習を行っていこう。

過去問を使用して仕上がりの確認を1週前に行おう。


・・・・


テスト前日。

仕上がりは上々。確認テストでは9割を超える仕上がり。

あとは実力を出し切ることができるかどうか。

前日なので、何度か解いて身についた問題を

再びやらして自信を持って当日を迎えてもらおう。


・・・・







こんな風に指導できるのが理想ですね。

ただ、これだけ先を見据えて、

ゴールから逆算して進めることができる講師は

そうそういません。




ということは・・・

この逆算する段取りを講師間で共有できるように

私が仕組みを作っていけば良さそうです。

いや、作っていくことこそが良い結果を生みそうです!




講師研修会は9月13日。

それまでに形にします。



必死に今の生徒の姿だけを見て指導をしていると、

視線は足元へ行き、視野は狭くなりがちです。

グッと身体を起して、背伸びをして道の先をよく確認しながら、

生徒たちを指導して導くことができるよう、

仕組みを作って行きたいと思います。







思いついたことをメモのように、

自分に言い聞かせるために書きました。


セルフトークな記事ですいません。


でも、これでより塾が盛り上がる予定です♪

飽くまで予定ですがっ(笑)







今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2008-08-22 21:52 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)