愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@にして送信を)
記事ランキング
検索
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
最新のコメント
> ひかぽんさん 作り..
by sakura-kobetu at 18:57
その101匹わんちゃんの..
by ひかぽん at 12:35
昨日やられました❗何か悔..
by ヒロシ at 04:21
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
ブログジャンル
<   2009年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
身銭切り学習法
代打記事を書いてくれたこともある

ハムカツ王子ことKくんは、この4月より高3になります。

受験がいよいよ始まるのです。


受験勉強に対していろいろと相談をしていたのですが、

勉強の状況を考えて、現在週1回で塾に通っているのを

どうしても週2回に増やしたいという結論に至りました。


「お前、今までやったバイト代、めっちゃ貯まってるだろ?

 自分のバイト代から出して通塾回数増やしたらどうよ?

 そうしたら身銭を切ってるわけだし、気合いが入ると思わない?

 サボったときも骨身に染みるぜ。なんせ自分のお金なんだから。」


そんな風に冗談めかして話してみました。

話によるとバイトしたお金は使い道もさほどなく、

どんどん貯まっていったそうです。

散財女王の服部先生よりお金を持っているかもしれません(笑)




そんな私の言葉に王子は・・・


「それいいねぇ。そうしようかな。」


なんて言って帰って行きました。




後日現れた王子は、

「俺、自分の金出して塾の回数増やすことに決めたわ!」

と宣言しました。


いいですね。この覚悟。おっとこまえです。

私が高校のときにはこの選択肢は取らなかった自信があります(笑)

自分に投資するなんてことがこの年からできるって、おっとこまえです。


志望する大学に見事合格した時には、自分が出したその分のお金を

親からもらえるようには交渉したみたいですけど、それも含めていい覚悟です。


**


「自分でお金を出している」感をしっかりと出すために、

半透明な貯金箱に毎回の授業料を持ってきて入れるようにしました。

半透明な貯金箱は私からのプレゼントです。

e0092453_1035857.jpg


















今までやる気にムラがあったり、

時間にルーズだったりしたハムカツ王子が、

身銭を切って勉強をし始めてからは、

とても安定して集中して勉強ができています。

やる気も充分です。


いいですね、「身銭切り学習法」

これは効きます。


遅刻をしたり、すぐ休んだり、

宿題をしっかり取り組むことができていないような

自分にスイートな生徒にお勧めです♪


・・・・


ブログをご覧いただいている保護者の皆さん、

いかがしょうか?「身銭切り学習法」。

子どもたちのお年玉やお小遣いの一部を

塾に払わせるのって良いことだと思うのです。

「お金を払ってわざわざ民間教育機関に通っている」

という意識を子供たちにしっかり定着させていくべきだと思うのです。

ちゃんと頑張っていればキャッシュバック。

頑張っていなければ帰ってこない。


これって、早かれ遅かれ大人になれば経験する

社会の縮図じゃないでしょうか(笑)

こんなリアルな社会勉強、そうそう体験できません(笑)



子供であってもこのあたり、

キッチリ意識して頑張ってほしいですね。

根性スイートな生徒には

ビターになるように指導していきましょう♪



・・・・・・・


そんなわけでハムカツ王子、

君の覚悟を不退転のものとすべく、

記事にしておいてあげたからね。

この一年で偏差値をぶっ上げようぜ!




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-03-31 11:08 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
120%努力を注いでもまだ楽しい
朝塾へ来ると塾の扉の前に・・・

e0092453_1143995.jpg















いきなり観葉植物がドカンと置いてあります。

しかも、お店の包み紙は破かれて、

しかも、その隣にはサンドイッチの包み紙が。


???

なんだ?

誰かが昨日塾に持ってきてくれたのかな?

それにしても名前も何も無くて・・・

e0092453_111232100.jpg
















枝につけられた紙には「ふじ 1才」と書いてあります。

迷子のふじ、預かってます。

ご存じの方いましたら、申し出てください。

しばらく申し出がなかったら、「はるまふじ」か「ふじこちゃん」という

名前をつけて、塾で育てますからね♪



****


さて本題です。

昨日の夜は情熱大陸というTV番組で

ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英さんが紹介されていました。


受賞した3人の中でも一番人間臭くて、面白いところがあるので、

マスコミに一番追い回される教授ですよね。

名古屋の向陽高校出身で愛知県民としては親近感湧きますし、

興味を持って番組を見始めました。


以下、心にとまった言葉たちです。

(記憶の中の言葉なので、ちょっとニュアンスは違うかも知れません)



「なんでかなぁと思った事を掘り下げて考えていく。

 そのうち3分の1は仕事に関わること。

 そのうち3分の2は遊び。

 たった3分の1で仕事になるっていうのは幸せですね。」


「勉強とは自由を獲得すること。」





一番心に残ったのはこの言葉でした。


「120%努力を注いでもまだ楽しい。

 そんな道を探して行ってください。」



私も「楽しい」という感情はとても大事なファクターなんだろうと思います。

幸い私の選んだこの塾という道は120%努力を注いでもまだ楽しいです。

数学の計算のように明確な答えがあるわけでは無い学習指導について

いろいろと考えを巡らすことは、私にとって「楽しい」と表現してもよさそうです。




生徒の皆はまだ仕事を選ぶのは先だけれども、

社会に出て働き出すその日までに、

自由を獲得するために勉強をしよう。

120%努力を注いでもまだ楽しいなんていう道を探そう。

その道は止まって探すのではなく、

いろんな道に飛び込んで実践の中で探していこう。




益川教授の言葉をお借りして、

生徒の皆へのメッセージをお送りしました。



***



五条川の桜は週末に見ごろのようです。

今年は土曜の仕事が終わった後に

夜桜を見に行ってこようかと思います。

おすすめ屋台があったら教えてくださいね♪



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-03-30 10:49 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
元講師の結婚式
本日OFFです。

余談を。


今日は同業仲間の犬童くんの結婚式がありました。

何度かこのブログにも登場し、代打記事を書いて

もらったこともある元講師だった犬童くんです。

彼とは出会ってから付き合いは10年近いですね。



犬童くんは大学を卒業してしばらくしてすぐに

同じく元講師だった横山くんと共に学習塾を開業したので、

勤めていた会社の上司とか社長とかいません。

そんな経緯があって、学生時代のバイト先の塾長であった私が

今日は主賓席のいい場所に座らせてもらいました。

なんか恐縮ですね。


「おめで、おめでとう、おめでーっ!」


主賓らしく、ハイキングウォーキング調に

お祝いの言葉を映像に残してきました♪



・・・・


北名古屋にできたきれいな式場でした。
天気が良かったので、ガーデンウェディング日和でした。
e0092453_16525884.jpg
















見に来てくれた犬童くんの生徒たちと新郎犬童くんと新婦真理ちゃん。
お気に入りの一枚です。
e0092453_1653342.jpg
















広い式場でしたし、北名古屋だったので、生徒たちにも来てもらったようでした。

生徒を40人も呼んでましたね!皆を呼びたくてこの式場に決めたのかもしれませんね。

暖かないい式でした。犬童くん、呼んでくれてありがとうね。


・・・


新郎新婦の2人は岩倉に新居を構えています。

昨年末にはすでに岩倉市役所に婚姻届を提出しています。

その日の夜、塾を閉めて大田先生と帰ろうかとビルの前に出ると・・・

たまたま犬童くんと真理ちゃんが自転車2ケツ(2人乗り)で現れました。


「今日婚姻届を岩倉市役所に出してきたんです!」


「今から祝杯挙げに七福行ってきます!」



 「塾の先生が道交法違反の2ケツとは!」とかはひとまず置いておいてw


とても仲よさそうに、とても幸せそうに、

七福の方面へ2人は消えていきました。


いつまでも仲良くいてくださいね。

また同じイワクラーとして七福で4人で飲みましょうね。


・・・


e0092453_17233685.jpg
















私たち夫妻と犬童夫妻と5月に挙式を控える横山夫妻。

真ん中、真理ちゃんの後ろにひとりでいるのは・・・

私とガンジス川のほとりで待ち合わせをしたヒサくんです(笑)



余談をお送りしました。

今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-03-29 17:36 | その他 | Trackback | Comments(0)
好きなものに結びつける
野球が大好きなYくんは、勉強はあまり好きではありません。

いろいろな教科を指導してきましたが、なかなか勉強に気持ちが向かないようで。

試行錯誤を続けながら一緒に勉強をしています。


そんなYくん、春期より社会をやってみることにしたのですが・・・

これがうまくハマって調子が出てきたんですました。


作戦としては・・・

「好きな野球にむりやり結びつける」

です。



**



前後関係がわからないと理解がしづらい歴史では無く、

単元ごとでキレのいい地理を選びました。

予習で入っていきましょう。

単元はアメリカからです。


いいですね。ラッキーです。野球の本場です。

野球を絡めながらやっていきましょう。


「デトロイトは何の産業が盛んだった?」


 「えー・・自動車。」


「デトロイトのメジャーのチームは?」


 「デトロイトタイガース!」



「じゃあ、ロサンゼルスは何の産業が盛んだった?」


 「えっと・・航空機。」


「ロサンゼルスのメジャーのチームは?」


 「ドジャースとエンゼルス!」


意気揚々と答える彼はとても楽しそうです。

野球をきっかけに勉強に対する気持ちが前に向いてきました。



**



さて、そんな前回の授業を終えて、本日の学習単元はヨーロッパです。

引き続き無理やり野球に絡めていきましょう。



 「先生、ヨーロッパ連合って何なんですか?」


「んー、要は高校野球連盟みたいなもんだな。」




「・・で、このイタリアのあたりで地中海式農業をやってるんだ。

 そういえばイタリアってWBC出てたよな?どうなの?つえーの?」

 
 「メジャーリーガーが結構いて、なかなか強いよ。」



野球効果があったか無かったか、

ヨーロッパも軽快に進んでいけました。

どんなきっかけであれ、興味を持ってやれるって強いですね。

ここでいい点が取れれば、自信につながって他教科にも波及しますからね。

さぁ、野球をスパイスに使いながら、

これから社会を頑張ってもらおうと思います。


・・・


・・





「あれ?お前、この宿題途中やりだけど、調べてやったか?

 調べてやってもいいって宿題表に書いたよなぁ?」



 「あ、あれっ?!書いてあった?・・・あっ、本当だ。き、気がつかんかった・・。」



「ウソつけこのやろう!当たってないのに痛いふりして

 デッドボールもらうような演技するんじゃねー!」


 「へへへ・・・。」






今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-03-28 11:59 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
さくら個別自習必勝マニュアル
今日は通ってくれている皆の立場に立ってみて、

さくら個別指導学院を10倍活用するための

自習に対する3つの作戦を書いてみたいと思います。

早速いきます。



  其の壱 「1対1の授業の隣に自習で座る」

授業の無い日に自習に来て、1対1の授業で

先生の隣の席が空いているところをチェックします。

もしも先生に質問したりしたければ、自習としてその席に座ればOK。

そこで、先生が手が空いているときにわからない問題の質問を80分したら・・・

ほら、それって普段の授業と一緒じゃないですか?

テスト対策で受講すれば中3生だと3,500円とかするんですよ?

このテクは裏技でもなんでもありません。むしろ積極的に利用して欲しいテクです。

ちょっと座りにくいと思うときは塾長に声をかけてください。

「この生徒が自習で横に座りますんで、困っていたら助けてあげてください。」

と一声かけてあげますからね。




  其の弐 「丸テーブルの周りをうろつく」

丸テーブルとは、塾に入って正面に置いてある飲食可能なテーブルです。

ここは休憩中に先生たちが集まる席です。

ここでうろうろしてください。

たわいない無駄話を先生たちとしてください。

先生の記憶に残りますからこれでOK。

先生たちと顔見知りになれます。


顔見知りの先生が増えてくると・・・

気軽に質問できる先生が増えますよね。

そして其の壱のテクニックが利用しやすくなるんですよね。

学校の先生はその教科について一人しかいませんが、

塾ならば先生の人数だけ質問できます。便利じゃないですか?

このテクニックも活用してください。



  其の参 「自習内容を塾長に伝える」

自習で来た時に塾長(私)のところへその日にやりたい自習内容を伝えてください。

もしもそれを伝えてくれれば、その時間で一番お勧めの席を教えてあげます。

たとえば、自習テクをすでに使いこなしている生徒だと・・・


「伊藤先生の隣空いてる?化学質問したいから座っていい?」


「生物勉強したいんだけど、質問できそうな先生って今日来ますか?」


なんて具体的に話しかけてきますね。

具体的に頼ってきてくれれば、具体的に力になってあげれます。





塾で自習したい生徒にとって

この3つの習慣はとても大切です。

この習慣を習得できれば、もっとさくら個別が使いやすくなりますよ♪

是非お試しください。






今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-03-27 18:16 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
新生徒ファイル完成
新しい生徒ファイルが完成しました。

e0092453_1546497.jpg
















e0092453_1547499.jpg
















e0092453_15472098.jpg

















これで勉強方法がわからないとは言わせません。

表紙だけリッチにカラーで印刷しました♪

しかも表紙には入塾してきたときの初心を書くことができます♪♪


最近入塾してきた子にはまだファイルを渡してなかったですね。

お待たせしました。これでようやく渡せます。


このファイルちょっと大きいですが、基本的に毎回塾に持って来てくださいね。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-03-26 15:57 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
美味しい点数
e0092453_18431450.gif






















今週は普通に水曜自学も授業もありますよ。

勘違いしている人もいるようだったので、

改めて告知します。

来週は通常授業も水曜自学もなく、

春期講習だけありますからね。

フリーの自習はいつでも大歓迎です。


***


さて、記事の本題です。

先日ついに動き出したスタディーパッドですが、

地味に制作は進んでいます。

レシピを集めている最中です。


今力を入れて集めているのが「社会」の勉強法ですが・・・

講師の先生に書いてもらったレシピというのは、

やはり王道中の王道が多いのです。

「授業が終わるたびに復習」

「テスト前までにまとめをつくる」

とか、マメな女の子向きな感じでしょうか。


こういった王道レシピと共に、

ちょっと男の子向けなレシピも欲しいなって思ってるんですよね。

なんといいますか、こう、

もっと手順がシンプルで、それでいて効果があって・・・



もちろん王道レシピには敵わないんでしょうが、

やんちゃ坊主たちにも取り組めそうな、

勉強へのモチベーションを高めるきっかけになるような、

そういったレシピが欲しいのです。



そう思っているところに、

学年1位を企んでいる中2Sくんが塾にやってきました。

Sくんは現役中学生ですし、社会は9割5分以上とれていましたし、

ナイスな社会勉強のレシピを書いてくれるかもしれません。

私は彼に社会の勉強方法を聞いてみました。



  「いろいろな問題をやることかな。」



「ほう、それは・・・まとめ作業とかやってから?

 それともいきなりワークから入るの?」



  「いきなりワークからです。」



おおっ!!

「ノートにまとめる」などのインプットの手順を飛ばして

いきなりワークに突入です!

これはハラペコ男子生徒が喜びそうな

素晴らしいレシピを書いてくれそうです(謎)



早速社会の勉強法についてのレシピを書いて

くるようにお願いしました。

来週には手に入りそうです♪


・・・


・・






さてさて、

素晴らしいレシピが手に入りそうなところですが、

1点、必ず避けては通れない条件があります。

どの勉強法レシピもこの条件だけは必ず満たさなくてはいけません。

それは・・・


 「学校の授業をしっかり聞く」


です。

全ての先生が必ずこの条件を書いてくれています。

やはり彼もしっかりと授業は聞いています。

ここだけは避けられませんからね。


これからご紹介する勉強法レシピを試そうと思っているあなた。

新学期からより真剣に学校の授業を聞いて下さいね。

そうしないと美味しい点数は取れませんから(笑)



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-03-25 18:44 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
ヤッチョマン
今日はほぼ余談な話です。




生まれも育ちも春日井市である私は、

団塊世代であふれていたマンモス団地「高蔵寺ニュータウン」で生まれ育ちました。

コテコテの団塊ジュニア世代ですね。

そして、当時その団地の中にある岩成台西小学校へ通っていたのですが、

今日はその頃の思い出話を少しさせてもらいます。


・・・


小学生のころ、担任してもらったことは無かったのですが、

谷内尾(やちお)先生という先生が隣のクラスの担任の先生でいました。

小3から小6まで、私たちの学年を束ねる学年主任として、

熱い指導で私たちを導いてくれた先生でした。



その先生は自分のことをヤッチョマンと名乗り、

ヤッチョマン星から来たのだと皆に言っていました。

「やちお」という名が呼びにくいから考えたニックネームなのかもしれませんし、

もしくは「タケチャンマン」のパクリだったのかもしれません(死語)

そこから谷内尾先生はヤッチョマンと呼ばれ続け、

子供たちに慕われ続けました。





ヤッチョマンのクラスはとても団結力があり、

他のクラスが嫉妬するぐらいの熱をもったクラスでした。

イジメ問題が出てきたときは、一日の授業を全てつぶして

話し合いを子供たちにさせたりしたそうです。

ヤッチョマンのクラスの子が誇らしげにそういうことを話すんですよ。


正直私もヤッチョマンのクラスに嫉妬しましたね。

そして心の中で思うのです。

「僕もヤッチョマンのクラスになってみたかったな・・・」

なんて。




担任してもらったわけでもないのに、

細かく覚えている先生ってほとんどいません。

しかしヤッチョマンは私の記憶にしっかりと刻み込まれている

とても熱い、とてもいい先生でした。



・・・・


・・






そんな熱い男ヤッチョマンについて、

ふと昨日思い出したのです。


 ヤッチョマンは元気にしているだろうか?


あの頃10歳ぐらいの頃に見てもらっていたから・・・

24年ぐらい経ってますね(笑)


 ヤッチョマンが元気にしているといいなぁ・・・


そんな想いでなんとなくグーグルで検索をかけてみたのです。

「ヤッチョマン」と。



えい。


・・・


・・





うわ

うわ

うわ

うわ


うわっ!!

ヤッチョマンだ!!


え?

名古屋市北区でなんか精力的に活動してる!!

楠地区の成人式の司会とかしてる!?

今年で68歳!?

てか、

まだヤッチョマンって名乗って子供たちと触れ合ってる(笑)!!!



24年前、僕らのヒーローであったヤッチョマンは、

今も子供たちのヒーローでいるようです。




20年以上前から情熱を持ち続けて

周りの子供・大人・老人たちに想いをぶつけ続けて

今も活動している元気なヤッチョマンに、

大きな元気をもらいました。



いやぁー元気で良かった。

せっかくなんでちょっと載っていたメアドにメールしてみます。




今日は小学生時代の私たちのヒーロー、

ヤッチョマンについてご紹介しました。



今日はこのへんで。

それでは。




HPから拝借してきた現在のヤッチョマンの写真(左側)

私にはすごくカッコ良く見えますよ!ヒーローだかんね♪
e0092453_22165572.jpg
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-03-24 22:18 | その他 | Trackback | Comments(0)
新しいステージへ進む君たちへ



現在朝の9時です。

今日は公立高校入試の合格発表の日です。

朝10時に各高校に合格者の受験番号が貼り出されます。

今日はあえて入試結果が出る前に記事を書こうと思っていました。


新しいステージが始まる新高校1年の君たちへ

多くの人にとって初めて迎える人生の大きな岐路です。

あと少しで合格発表が発表されますね。



さて、合格発表を終えて

見事志望校に合格を手に入れた人、

残念ながら志望校に届かなかった人、

その結果を全て全身で受け止めてくださいね。



誤解を恐れずに言うならば、

その結果は100%あなたに責任があります。

予定通りですか?不本意ですか?

出た結果についてしっかりと振り返って考えてください。





これは「塾としての責任逃れ」とか

つまんないことじゃないんです。



自分に起きる全てのことは100%自分に責任があると考えるのです。

これは良いことも、悪いことも、どちらについてもです。



「人のせい」とか、「環境のせい」とか、ダセーです。

「愚痴を言う」のもダセーです。

「愚痴でも言わないとやってられない」なんて台詞もダセーです。

人間として成長していく人はダセーことはしません。

ダセーことをしている人は、ダセーところから成長していきません。

君たちにはダセー人にはなって欲しくないし、

こういった人生の大きな節目を大切にして成長していって欲しいのです。



もう一度伝えますね。

良いことも悪いことも、自分に起きる全てのことは

100%自分に責任があると考えましょう。



私がこのことを本で読んで知ったのは28歳ぐらいの頃でした。

実際にそう考えることが少しずつできるようになってきたのは

30歳を超えてからかもしれません。

私もまだそう考えることがしっかりとできているわけではありませんが、

このことがとても重要ということだけはわかります。



君たちに伝わるかどうかはわかりませんが、

君たちが今そう考えることができるかどうかわかりませんが、

年齢が半分ほどの君たちに、エールとして送ります。



君たちは今15歳です。

人生90年として野球に例えるならば、

まだ1回の裏になったばかりです。

熱く、そして愉快な試合になることを祈っています。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-03-23 09:15 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
世界遺産でアーアーと歌う
本日OFFです。

余談をすこし。

2007年の11月に行ってきたインド旅行より

思い出話をさせてください。


**


インドへ渡って3日目、

アグラという街で世界遺産タージマハルを見た後、

もうひとつの世界遺産である「アグラ城」の芝生で

ボケーっと5時間ぐらい過ごすことにしました。

次に向かう街バラナシへの寝台列車出発までの時間を

この世界遺産の芝生で本でも読みながら過ごすことにしたのです。

穏やかな景色と気候の中、リスがちょろちょろ歩くアグラ城の芝生は

とても居心地がよかったです。



アグラ城は日本で言うところの名古屋城や犬山城のような場所かもしれませんね。

外国人観光客もいますし、修学旅行生や社会見学の学生たちもやってきていました。



芝生で寝転んで本を読んでいると、

早速社会見学に来ているインドの学生たちに絡まれました。

多分中坊ぐらいでしょうね。

わーっと何人かでやってきたかと思うと、

その中で一番英語が得意な子が英語で質問してきます。

フレンドリーと言うかなんというか、

まぁいろいろと聞いてくるわけです。


「どこからきたんだ?」

「何をやってるんだ?」

「インドの有名人を知っているか?」

「インドの歌を知っているか?」


わいわいと一通り話したら、そのグループは帰って行きました。


やれやれと思っていると、また違う中坊たちがやってきました(苦笑)

また質問攻めです。

レアな体験なんで中坊軍団と一緒に写真を撮っておきました。

e0092453_2233064.jpg















んー、間違いなく中坊でしょうw

e0092453_22331875.jpg















見えますか?このフレンドリーな感じw

e0092453_22334242.jpg
















頼んでないのに担任の先生まで呼んできました(笑)

貴重なショットですw



さて、中坊の質問攻めが続きます。

英語が堪能な中坊がこう言ってきました。


「何か日本の歌を歌ってよ。タクジが好きな歌を。」


うわー。なんかこの展開よくテレビ番組とかで見ましたよね。

これはキツイ注文だなぁ。

ひとまずこう返してみます。


「じゃあちょっとインドの歌を歌って見せてよ。」


これでインド人が恥ずかしがって歌わない展開になれば、

私も歌わなくても済むでしょう。



さぁ、どうだ!インド人!

・・





熱唱かよっ!!(笑)


これは参りました。

なんて気持ちよさそうに歌を歌うのでしょう。

これはもう歌わざる得ませんね。


・・




それにしても何を歌えばいいんだろう?

日本の歌何万曲とある中からチョイスして

日の丸を背負って歌わなくてはいけません(勘違い)

ここは日本らしい古い歌を歌って逃げておきましょうか。

「さくらさくら」とかがいいかもな。


「じゃあ、日本の伝統的な歌を歌うよ・・・」


私がそういうと、歌った彼がさえぎるようにこう言います。


「違うよ。そういう曲じゃなくて、タクジが好きな歌を聞かせてくれよ。」


んー。確かに。悔しいが正論です。

完全に追い詰められました。


「アー。」


「アー。アー。」


何の曲も思い浮かばずアーアーと場つなぎの言葉を続けます。

期待に満ちた中坊たちの視線が刺さります。


「アー。アー。」


アーアーばっかり言っていたら

歌いだしが「アーアー」から始まる古い日本の歌謡曲が思い浮かんでしまいました。

もう駄目です。

この曲しか思い浮かばなくなりました。


日の丸背負って歌を歌うことになった曲のチョイスとしては

微妙な感じですが、仕方が無いのでこれを歌いましょう。








多分、インドの世界遺産でクリスタルキングを歌ったのは私だけでしょうね(苦笑)

生徒も講師も誰もついてきていませんが、保護者の方だけがわかればいいのです(笑)

愉快ながらも嫌な汗をかいたインドの昼下がりでした。



***


久々のインド思い出話でした。

またインド行きたくなりました。

(ちなみにタイトル「世界遺産でアーアーと歌う」は

 「世界の中心で愛を叫ぶ」を意識しています♪)


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-03-22 23:13 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)