愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@にして送信を)
記事ランキング
検索
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
最新のコメント
> ひかぽんさん 作り..
by sakura-kobetu at 18:57
その101匹わんちゃんの..
by ひかぽん at 12:35
昨日やられました❗何か悔..
by ヒロシ at 04:21
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
ブログジャンル
<   2009年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
定員まであと10名
新聞折り込み広告はもう来春まで入れません。

理由は現在無事に生徒が集まって来てくれているので、

生徒のテストの点数にならないことに手間とお金をかける必要が無いからです。

小さな教室ならではのことですけどね。


生徒はあと10名で定員です。

特に中3生は今いる生徒に全力が尽くせるよう、

9月以降の入塾をお断りすることにしたので、

この7月が最後の入塾機会になると思います。


今回のテストの結果が出て、

いよいよ塾へ行かなくてはなんていう

勉強へのやる気がある友達がいたら

塾を紹介してあげてください。



逆に、

「親に言われてどこか塾に行かなきゃいかんのだってー。」

「○○がいるから俺も行こうかな。行き帰り一緒にいけるし。」

ぐらいのテンションの友達には紹介してくれなくていいですからね(笑)




***



さて、岩中は明日がテスト最終日です。

どうも昨日はテストが始まって少し気が抜けたのか、

教室の雰囲気に張りがありませんでした。

最後のスパートをかけれるように、

今日はピリッとしてもらいます。

さぁ、頑張るぞ!

・・



あ、そういえば、

昨日の写真が届きました。

ちょろりとご紹介を。

プレゼントをもらう大田先生。
e0092453_20432670.jpg
















結婚1周年記念ケーキ。不二家をあなどってました。うまかった!
e0092453_2044134.jpg
















生涯一の重さになるかもしれないプレゼント(笑)
e0092453_20443825.jpg

















全員集合の写真。お酒も入って皆良い笑顔です。
e0092453_20454567.jpg















2次会のボーリングより。3次会のカラオケまで行ったそうです。
e0092453_2047731.jpg

















次は夏期講習が終わってからかな。

今度は2次会も顔を出したいと思います。







今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-06-30 11:20 | 塾日記 | Trackback | Comments(5)
全員集合
昨日は日曜日で、朝から教室を開放した後、

夕方からは講師の皆と赤からに飲みに行きました。

この飲み会の名目は

「新しい先生の歓迎会」

「夏期講習頑張ろう会」

「テスト対策お疲れ会」

「赤から食べたい」


です(笑)



「よかったらおいでよ」なんて軽いタッチで講師に参加を呼びかけていたのですが、

嬉しいことに全員の講師が参加することになってました。

この規模になってからは初めてのことです。

私も含め17名の大所帯でわいわいと飲んできました。



誕生日であった大田先生へは、プレゼントとケーキが講師から。

合わせて「結婚1周年」記念ということで私たち2人にhは

バナジウム天然水24本も箱でもらいました。

この水が重い重い(苦笑)

生涯この重量を超えるプレゼントをもらうことはないかもしれません(笑)



吉本先生の挑発もあり、久々に学生のときのようなピッチでお酒を飲んでしまいました。

2次会の軍資金と私のカメラを講師たちに手渡して、私は1次会で帰ってきました。

愉快な写真を撮影してきてくれるといいですね。

カメラが帰ってきたらちょっと掲載しますね。




皆がとても楽しそうにしていました。良かったです。

講師同士が仲良く楽しそうにしてくれているかというのは、

教室の雰囲気に関わり、ひいては生徒の成績に関わります。

数値的データはもちろんありませんが、私はそう信じてます(笑) 


普段熱心に生徒を指導してくれる講師たちに感謝です。

講師の皆がいてこその「さくら個別」ですからね。



・・・


さて、定期テストもあと少しで終わりますね。

最後の追い込み、期待してます。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-06-29 17:46 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
「疲れた」は「頑張った」

先日のキムタクとベッキーの対談動画を見て以来、

「疲れた」と言う言葉を言わないようにしています。

キムタクの言うように「疲れた」と口にすると、ドッと体に

疲れが出るような感覚に襲われますからね。

ベッキーの言うように、あえて「疲れた」を「頑張った」と

変えて言うようにすると、不思議と清々しい気持ちに

なるものですからね。



・・


しかし、今まで疲れた時には「疲れた」と30年以上口にしてきたので、

なかなか簡単にはこの言葉は消えないんです。


仕事が終わりふとした時に、

「あぁ、今日は疲れたぁー。」なんて言っちゃうんです(笑)




口にしてしまったときに気がつくのです。

そして訂正です。

「あ・・・実は疲れて無い。頑張った。」

「いやぁー、今日は頑張ったぁー。」なんて言い直したりして(笑)



・・・


塾に置いてある斎藤一人の絵本

「こうていペンギンはなせ生きのこったか?」

には、言っていると幸せになれる「天国言葉」と

言っていると不幸せになる「地獄言葉」が載ってました。


天国言葉は

●ついてる

●うれしい・楽しい

●感謝しています

●幸せ

●ありがとう

●ゆるします




地獄言葉は

●ついてない

●不平・不満

●グチ・泣きごと

●悪口・文句

●心配事

●ゆるせない




なるほど。これ本当でしょうね。

これは宗教でも、迷信でも、魔法でもなんでもなく、

とてもシンプルで当たり前のことですよね。



日々

「ついてねー。最悪だし。」

「あいつムカつく。許せん。」

なんて言っている人間に人は集まらない。


日々

「ついてるな。日々楽しいわ。」

「ありがとな。マジ助かるし。」

なんて言っている人間に人は集まる。


これだけの話です。



人は一人で生きていけません。

自分の周りに多くの人が集まる人は

皆に助けてもらうことができて

幸せに人生を歩む確率が高いということでしょうね。




・・・・


同じように考えると、

「疲れた」は地獄言葉かもしれません。

「頑張った」は天国言葉でしょう。


キムタクベッキー作戦で私も幸せを追ってみたいと思います♪

この作戦おすすめです。

是非ご使用ください。





今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-06-28 09:58 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
シンプル
先日、学援隊の犬童くんたちと名電に見学に行ったのですが、

見学の約束が昼の1時からだったので、午前中に

一緒にラーメン屋へ行ってきました。



犬童くんとは塾業界仲間である前にラーメン仲間であり、

2000年頃から一緒にラーメンだけを食べに

大阪とか行ったこともありました(笑)



久々にラーメンを食べに行こうと日程を調整したら、

その後に名電の見学の予定が入ったというのが実のところです。



以前から行かなくてはと課題であった店、

中川区の麺屋はなびへ行ってきました。

昨年OPENの新店ながら、その実力はかなりのもので、

一躍名古屋ラーメン界の有名店に仲間入りを果たした店です。


開店15分前から店の前の椅子に並び始めたら、

あれよあれよという間に開店時には後ろに10人ほど並んでます。

人気の程がうかがえますね。


食べたラーメンはやはり素晴らしく、

今年中にもう一度来たいと思うほどでした。



・・・


さて、このお店ですが、面白いラーメンを出してます。

それは・・・

e0092453_13341475.jpg












具の入っていない麺だけのラーメンです。

純粋にスープと麺を味わってもらおうと作った商品なのでしょう。

味のごまかしのきかないラーメンです。

こういったシンプルなのっていいですね。




***


塾もこうありたいものです。

生徒たちにやってもらうことを増やす方向で考えるのではなく、

生徒たちに出す指示を減らす方向で考えていく。



シンプルな指導内容、シンプルな学習。

それでいてしっかりと結果を出す塾。



こうありたいものですね。




・・・・


寿司職人の世界では、

最初は寿司を握る時に7手ぐらいで握るそうです。

そこから始め、経験を重ねることで、6手、5手と、

その手数を減らして握ることが可能になるそうです。

手数が減れば減るほど、ネタに触る回数が減るわけですから、

新鮮な状態で食べてもらうことができるということです。

イイことですよね。



寿司職人が握る手数を減らすように、

私も生徒たちに出す指示を年々減らしていきたいなぁ。


そんな風に思います。


よりシンプルに。

よりシンプルに。









今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-06-27 13:56 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
学校の先生を尊敬する
日本テレビ系列で平日夜11時から始まるニュースゼロで、

公立中学を長期取材した特集が昨日から放映されています。

たまたま初回を見れたので、今日も見たのですが、

これがとてもリアルでドキドキします。


先生の眼を盗んでマンガを読む生徒、

教室に入れなくて職員室にいる生徒、

授業中に寝ているところを起こされて

怒って振りほどこうとする生徒・・・。



うわー。これって岩中や南中もこんなんかなぁ・・?



ドキドキしながら見ています。

生徒たちの素行の酷さもドキドキしますが、

そんな生徒たちに決して手を挙げることなく、

大きな心で受け止め、辛抱強く生徒たちと向き合っている

先生たちがとても大きく見えました。



私は学校の先生を尊敬します。


勉強の得意な子、苦手な子、

内気な子、外交的な子、

気難しい子、やんちゃな子、

心が病気の子など、

この地域に生まれた全ての子供たちと向き合って

学習面、生活面、部活動と、

全てを育てる仕事です。


凄いなぁ。



学習塾に通うような生徒というのはその一部ですよね。


塾を必要としないような一握りの本当に勉強のよく出来る生徒たち。

塾には足を向けないような気合の入ったヤンチャな生徒たち。

そんな生徒たちも含めて学校のクラスはできてますから、

その仕事の大変さは想像を超えます。


学校の先生を悪く言うような生徒もいたりしますが、

やっぱり学校の先生は凄いです。

私はそう思います。



・・・・





まだ特集は続くようです。

よかったらニュースゼロ見てみてください。




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-06-26 01:09 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
キッズセーフティマップ
9月に入ると、岩倉全域の小中学校生徒に

「キッズセーフティマップ」というものが配付されます。

e0092453_11291239.jpg











これは地図の会社ゼンリンが手がける地域貢献活動で、

子どもたちが危険を回避するために、

安全マップを作ってもらおうというものです。


くわしくはこちら


一宮や春日井などの30万40万人規模の都市は

すでに以前から配付されていたそうなんですが、

5万人都市岩倉でもついに配付されることになりました。



で、この地図を作成するにあたり、製作費を集めなくてはいけません。

そのために広告を掲載するスポンサー企業を募集するのですが・・・

さくら個別にもその依頼がやって来たのです。




まぁ、一種の地域貢献みたいだし、

小さな街の岩倉ではスポンサーを募るのも大変でしょうから、

今回は広告を掲載することにしました。(ちょっと偉そうw)



・・・


さて、その掲載する広告は自作してもいいとのことだったので、

自作しますと返事したまま、放置してました。

昨日催促の電話をいただき思い出したところです。


早速軽く作ってみたのですが・・・

e0092453_11171330.gif









どうも面白みに欠けますねぇ。

写真を載せたほうが面白いかもしれません。



自習に来ていたTくんに話しかけます。

「今度さぁ、こういうものが9月に学校で配られるんだけど、

 ここにさくら個別の広告が載るのね。

 それで、ここの広告にTの写真使っていいかなぁ?

 学校で開いた時にみんなが、うわ!Tじゃん!とか言って

 面白いと思うんだけど(笑)」



するとTくんはニヤーと笑ったかと思うと、

「いいよ。」

とライトな返事をくれました。


さて、別にここで生徒を増やそうなんて思ってませんから、

住所だの電話番号だのゴチャゴチャ載せず、

ロゴだけ載せておきましょうか。


こんな感じでしょうか・・

e0092453_11203673.jpg











なんだかいい感じになりました。

これでTくんのクラスは配付されたときに楽しめるでしょう(笑)



岩倉市内の学校で9月に学校で配付されますから、

もらったらチェックしてみてくださいね♪



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-06-25 11:25 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
満員御礼
今日は早い時間からずっと満席が続いています。

本来勉強机にしない丸いテーブルも稼働中。

e0092453_19191141.jpg
















いつも浮ついている中3男子が本気モードなので、

教室全体が本気モード。

いい空気出てます。

このまま突っ走ってもらいましょう。


今日はまだまだこれからも忙しそうです。

そんな言い訳を残し、


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-06-24 19:21 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
愛知啓成高校見学レポ
愛知啓成高校の学習塾向け説明会に参加してきました。

啓成は大成と同じ愛知真和学園(旧足立学園)グループで、

仏教系の学校ですし、生真面目な学校といった印象の学校です。



私が気になる点は1点です。

大成高校にアクセスがいい岩倉市民が

大成ではなく、あえて啓成高校へ進学するときはどういった場合なのか?



そのあたりを気にとめながら説明を聞いてきました。

(今回長い記事です!)



***

説明会後に教室を案内していただきました。

そのときに撮影した少しの写真をご紹介。

生徒たちが授業をしていたので、本当に一部しか撮影できませんでしたけどね。


メインの校舎です。平成16年に完成したようです。
e0092453_15292456.jpg

















校舎の中庭です。このあたり、同じグループの大成と似てますね。
e0092453_15293670.jpg
















校舎内にあった多目的ホールです。立派なホールで、大学の施設のようでした。
e0092453_1530137.jpg
















とても奇麗なトイレだったので、思わずシャッターを。
e0092453_15301169.jpg
















とても好きな感じのデザインだったので、思わずシャッターを。
e0092453_15302060.jpg

















出ました!創部5年目で甲子園出場の偉業を成し遂げた啓成高校野球部の
自慢の旗です。これは凄いです。思わずシャッターを。
e0092453_15302933.jpg
















今回写真はこれだけです。

後半は私の趣味のようになってしまいましたが・・・

気になる生徒は是非見学会に足を運んでください。



・・・・・



さて、本題です。

説明会で特に印象に残った点は2点です。


●特進クラスであるサミッティアコースは国公立大学への進学率が

50%前後で安定してきたという事実。(こと理系に限ると80%!)


●情操教育が行き届いていて、落ち着いた校内。

欠席者もとても少なく、約1000人の生徒の中で、1日に欠席する生徒の平均は

5人から8人程度だということ。(わずか0.5%程度!)

3年間の皆勤の生徒の率が30%にも上ること。



ですね。


こういった真面目な校風が地域にも認められているのか、

ここ何年も定員を超える生徒が入学することになっているそうです。



**



さて、大成との違いについて探っていきます。


部活動の充実度は大成の比では無いようです。

大成の伊藤先生が「部活動の数がまだ少ないところが

大成の弱点である」とおっしゃっていたのが思い出されます。


あとは・・・

国公立大の合格率でしょうか。

ちょっと大成を調べてみましたら、同じ特進クラスである

ラトナディアコースの国公立大の合格率はだいたい30%でしょうか。

ステューディアが50%なんでこのあたりは上回っています。


しかし、中身をよく見ると、

医学部歯学部薬学部系や、

早稲田慶応など難関私大、

合格した国公立大の中身を見てみると

まだまだ大成高校が1枚も2枚も上手です。



あとは・・

岩倉から出ていたスクールバスが廃止になったのも

啓成のマイナスポイントになるでしょうか。

(もっとも、部活をやるような子はバスの時間が合わないので

 最初から電車通学のようですけどね。)



むむむ。

いい学校なのに、

大成を蹴って行く理由は限られてきそうです。




*****




まとめます。

私なりに考えてみました。

岩倉市民が啓成へ行くときのお勧めの場合を。


まず、大成より若干入学しやすいという点があります。

そして、目を見張るサミッティアの国公立大への進学実績、

部活動の充実。


これらをふまえ、私が啓成をお勧めする場合は・・・


「内申が28から30ぐらいで、模試の偏差値が思うようにとれず、

 小牧南にチャレンジするのはちょっと危ない。

 しかし、なんとか国公立大に進学をしたい。

 部活も頑張ってやっていきたい。」


こんな思いを抱いた生徒は啓成のサミッティアコースがお勧めでしょう。



過去のデータをさかのぼると、サミッティアの推薦は

これぐらいの内申からもらえているようです。

これぐらいの内申で勝負できる公立高校には

尾北・岩倉総合・小牧なんかがありますが、

これらの公立高校から国公立大学へ進学を目指すと

本当にTOPの一握りにいなくてはいけません。


その点、サミッティアはきっちり指導が行き届いているので、

同じ内申を持って入学をしても、伸び率が違います。

2人に1人が国公立大学へ進学しているのです。


もちろん私立ですから、お金はかかりますよ。

昨日出した数字を書いてみるならば、

公立高校との差は約165万円。

特待入学できれば公立高校との差は約50万円。

半特待入学できれば公立高校との差は約100万円。


この金額を安いとみるか、高いとみるか?

165万円というと日産キューブ1台分ぐらいですね。

今の車は丈夫ですから、車の買い替えを我慢して

3年先に延ばせば捻出できそうな金額です(笑)





大成にはやりたい部活が無い、もしくは盛んでは無い!

なんて場合も啓成がいいかもしれませんね。





最後、少し話は逸れましたが、啓成は硬派な良い学校です。

今回の記事が進路を決める際の参考になれば幸いです。




・・・



だんだん近隣の私立高校に詳しくなってきましたよ。

愛知私立高校ソムリエを目指そうかな(笑)



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-06-23 15:19 | 高校の選び方 | Trackback | Comments(6)
私立高校特待生は公立高校より安いのか?
タイトルの通りです。

気になってはいたものの、本格的に調べるまでも無いかと

ずっと放置していた疑問です。


「私立高校特待生は公立高校より安いのか?」


昨日書いた記事のデータを使い、

ざっくりと調べてみましょう。


・・・

昨日のおさらいです。

学習費と学校外活動費の総額は


公立高校は3年間で約210万。 私立高校は3年間で約375万円。


でした。


単純に引き算をすると、違いは165万円です。

ここから特待生の特典を書き出してみましょう。

一番待遇のいい特待性は

入学金、授業料の全額免除です。

入学金は平均値が約20万円。

年間授業料の平均値が約32万円ですから、

3年間では約100万円です。

合わせると約120万円。

特待生は3年間で約120万円安くなるということです。

入学金免除、授業料が半額になるという「半特待」という待遇でしたら、

3年間で約70万円安くなるということでしょう。



・・・・


では、3年間で特待生と半特待生はどれだけの費用になるのか・・・



公立は3年間で約210万。 私立は3年間で約375万円。

私立特待生は3年間で約255万。

私立半特待生は3年間で約305万。



ですね。

※2010年より公立高校無償化になり、状況は変わってしまっています。また、かと思えば無償化に所得制限がかかったりと変化してます。
詳しくはこちらからどうぞ→高校でかかる学費とお金



やはり、授業料と入学金がタダになったところで、

公立高校より安くなることはないんですね。

制服や修学旅行は公立とは値段が違いますし、

チョコチョコと各項目で公立よりも私立のほうが高いということでしょう。


***


まとめます。


学習費と学校外活動費の総額についてです。

(データは文部科学省 H18年子どもの学習費調査より)



公立高校は3年間で約200万円。

私立特待生は3年間で約250万円。(公立に50万円上乗せ)

私立半特待生は3年間で約300万円。(公立に100万円上乗せ)

私立高校は3年間で375万円。(公立に175万円上乗せ)





ちょっとスッキリしました。

一般受験をして特待合格が出た時には、

これぐらいの金額がかかってくることを念頭に置いて、

学校選びをしてください。

私立の素晴らしい施設ときめ細やかな指導を

公立費用に50万の上乗せでできることが、


果たして高いのか、安いのか?


天秤にかけて考えてみてください。


・・・・・


さて、すっきりしたところでしたが、

もうひとつ気になることがありました。



愛知県の私学助成金は手厚いなんて

私学の先生から聞いたことがありましたが、

果たして本当に他府県よりも手厚いのか?



そして、私学助成金を受けたら

3年間でどれぐらいの金額になるのか?

普通に通うのとどれぐら違うものなのか?



乗り掛かった船です。

キッチリ出してみましょう。


出しておけば私も面談で話しやすいですし♪



その辺はまた明日に書きますね。




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-06-22 11:34 | 高校の選び方 | Trackback | Comments(0)
文部科学省の子どもの学習費調査
私立高校と公立高校の費用の違いを、

じっくりしっかり調べようかと、いろいろ動いてみたのですが、

文部科学省のしっかりとしたデータを発見しました(苦笑)

平成18年度のデータなのですが、このデータは使えそうです。

こちらのページです。

エクセルへの直リンクです。


学校教育費として、

○授業料 ○修学旅行・遠足・見学費 ○学級・生徒会費 ○PTA会費
○その他学校納付金 ○寄付金 ○教科書費・教科書以外の図書費
○教科外活動費 ○通学費 ○制服 ○通学用品費 ○その他

以上の項目が挙げられていました。

これだけあれば漏れはなさそうです。


では掲載されていたデータをお伝えすると・・・


公立高校の1年にかかる学習費総額の平均は


  520,503円


私立高校の1年にかかる学習費総額の平均は


 1,045,234円


でした。


私立は公立の費用の約2倍ですね。


公立は1年に約50万円。  私立は1年に約100万円。

公立は3年間で約150万。 私立は3年間で約300万円。


これが目安でしょう。

全国的な平均なんで、この金額からどれだけ離れているかで、

いろいろとお金のかかる学校かどうかが判断できますよね。





今日は保護者の方へ向けた記事でした。



今日はこのへんで。

それでは。


(間違った記述を削除しました。 2011年7月)
[PR]
by sakura-kobetu | 2009-06-21 14:27 | 高校の選び方 | Trackback | Comments(2)