愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@にして送信を)
記事ランキング
検索
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
最新のコメント
> ひかぽんさん 作り..
by sakura-kobetu at 18:57
その101匹わんちゃんの..
by ひかぽん at 12:35
昨日やられました❗何か悔..
by ヒロシ at 04:21
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
ブログジャンル
<   2010年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
土台を作る
このブログで何度も書いてきましたが、

私は学生時代はたいして勉強ができませんでした。


塾講師という職を選んで、いざ真剣に学びなおしてみたら・・

「あぁ、だからか!」

「なるほど、そういうことか。」

の連続でした(笑)



・・



大人になり学習指導ができるまでになりましたが、

こう考えてみたことがあります。


「学生当時はなぜ勉強ができなかったのだろう?

 この違いは何だろう?」






一番の要因は「覚悟」の違いであるとは思いますが、

そういったモチベーションにまつわる部分以外で考えてみると・・



学生時代できなかったのは、おそらく「土台」がぐらついていたこと

が原因じゃないかと思うのです。



英語で言えば

 ● 語順の基本は「主語+動詞」

 ● 1つの文に基本的に動詞は1つだけ

 ● be動詞と一般動詞は基本的に一緒に使えない



数学で言えば

 ● 等式の性質とは

 ● 整数とは 素数とは

 ● ひし形とは 平行四辺形とは

 ● 平方根とは 素因数とは



国語で言えば

 ● 用言とは 体言とは

 ● 動詞とは 形容詞とは 形容動詞とは



こういった最初にしっかりと理解をして

おかなくてはいけない土台の部分がぼんやりとしていたんですよね。

こういった部分をしっかりと理解をしていなくても、

なんとなく表面的な知識で解けてしまうことがあります。

しかし、ちょっと深い問題になると、やはりこの土台がものを言うんですよね。




土台がグラグラした土地に家を建ててみようと思ったところで、

建築できるのは一階建てのプレハブが限界でしょう。

どれだけ努力を重ねても、土台がグラグラしていたら

高い建物は建てることができません。

もし建ったとしても土台のもろさにすぐに崩壊することでしょう。



当時の私の勉強の状況はこの状況に近かった気がしています。

私なりに努力をして土台の上に高層ビルを建てようと

努力してきたつもりだったのですが、

まったく工事が進まないんですよね、2階の工事から(苦笑)

そりゃぁそうです。

土台がボロボロだったわけですから。




・・・



「あ、等式の性質を理解してないな。」

「あ、be動詞と一般動詞をごっちゃにしてる。」

「あ、連用形がわからないというより、そもそも用言の意味がわかってないな。」


土台がグラグラしていた自分の経験がここで生きるのです(笑)




春休みは土台作りに最適な時期です。

昔の私のようなグラグラの土台の上での家造りは辛いものです。

生徒の皆にはしっかりと土台を固めて

新学期を迎えてもらいと思います。

見上げるほどの建築物を作ることを目指して、

基本を大切にして進めていきますね。





今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-03-31 13:47 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
新年度スタートは4月5日より
e0092453_1657532.gif















来週から新年度授業が始まります。

5日はまだ春休み中ですし、通常授業が無いと

勘違いするのではないかと思い、急きょ教室に張り出しました。


水曜自学も始業式の日より再開です。

間違えないようにしてくださいね。


・・

あと、新年度からの年間カレンダーもホームページにアップしました。

e0092453_1743436.gif






























こちらからもダウンロードできます

ひとまず仮のカレンダーになります。

近隣の学校の年間予定が出て、

塾の予定を微調整をしてから

教室で皆に配付していきますね。





今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-03-30 17:03 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
移り変わり
先日記事に書いた4年半在籍していたベテラン生徒

お母さまが卒塾の挨拶にお越しになり、

お礼としてお酒をいただいてしまいました。



振り返れば2か月か3カ月前ぐらい、

ベテラン生徒が急に

「先生は・・・お酒飲むの?」

「どんなの飲むの?」

なんて聞いてきたことがありましたね。


「何?急に。やっぱりビールと芋焼酎だな。

 焼酎は悪酔いしなくて、二日酔いしないんだよ。

 なんか悪酔いしないのは作り方の具合らしいんだけど・・」


なんて私の話を「ふぅ~ん。」と聞いていましたが、

なるほど。ここに繋がるわけですね。

ありがたいことです。

美味しくいただきます。



・・


小5の終わりごろから長く来てくれていた生徒を送り出したところですが、

今日、小5の終わりごろである生徒の新規面談がありました。


こうやって来てくれる生徒たちは移り変わっていくのですね。




新学期間近。

頑張ります。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-03-29 17:12 | 塾日記 | Trackback | Comments(2)
岩倉桜まつり下見
OFFです。

余談を。




岩倉が誇る五条川の桜まつり。

なんでも岩倉を流れる五条川の桜は

桜の名所百選なんてものにも選ばれているそうです。


祭り開催を来週に控え、開花状況をちょっと散歩して覗いてきました。

家から徒歩3分で五条川まで出れますからね。

開花状況は・・・

e0092453_20534234.jpg
















4部咲きぐらいでしょうか?

来週半ばには見ごろになるかもしれません。

来週土曜日から桜まつりが始まり

出店などが出始めますが、

まつりが始まる土曜日以降は観光客の数は

恐ろしいことになります。

桜沿いの道は歩く人で渋滞をします。

賑やかでまつりらしいと言えばまつりらしいですが、

もしも桜を楽しむことに重点を置くならば、

じっくりと桜を楽しむことができるまつり開始直前の

水曜あたりが狙い目かもしれません。


ただ、ライトアップされた夜桜を楽しみたければ

まつり開始の4月1日(木)以降に。

さらに山車の巡行や「こいのぼり」のんぼり洗いなんかをも

見たい人は4月3日(土)に来るべきですね。

e0092453_2121787.jpg














下見を終え、家の中も花で飾ろうと

空き地で雑草の中から花を摘んで帰ってきました。

e0092453_2181850.jpg














あぁ、いいですね。

綺麗です。

そしてOLのブログのようです(笑)




・・・・・



さぁ、明日から春期講習後半戦スタートです。

新学期に向けていいスタートが切れるように頑張ります!



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-03-28 21:16 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
世代を超えた共通の趣味
昨日の授業後、講師の先生たちと

一宮市の千秋にある「百彩」という中華料理店へ

食事に行ってきました。



きっかけは私が折り込み広告から

この中華料理屋のとても安い特別期間

のチラシを発見したところからです。


このチラシにはこんな記述が。

 新春開運大感謝祭

 ● 一品料理オール500円

 ● 生ビール1杯300円

 ● 台湾ラーメン 醤油ラーメン 棒餃子 など全6品がオール200円

 ● 鶏の唐揚げ 青菜炒め チャーハン など全6品がオール300円



圧倒的な低価格で祭が行われていますね。

極めつけは・・・



 ● 開運銅鑼(ドラ) 1人1回まで叩くことができます



どうでもいい~(笑)




サワキ先生がこのチラシに食いついて、

「いいっすねぇ、行きたいっすねぇ。」と言いだし、

これにヒマで有名な後藤先生も食いついてきました。



大田先生も含め4名で話していたこの突発的企画、

他の講師に声をかけたのは行く当日で、

しかも授業に来た先生だけだったのですが・・














e0092453_14554982.jpg















e0092453_14563032.jpg















e0092453_14564524.jpg
















いつのまにかこの規模に(笑)

皆がヒマなのか、激安中華の引力なのか、

総勢12名での食事会になりましたw




ご飯を皆で食べるっていいですよね。

世代を超えた永遠の共通の趣味です。

私が何歳になろうとも、「これ美味しいよねぇ。」

という感想はどの世代ともガッチリ意見が合いますから。



これからもご飯をダシにして講師たちとの

親睦を図っていきたいと思います。

(ただ私が美味しいものを食べたいだけ

 というのも信憑性の高い噂です。)





今日はこのへんで。

それでは。



開運銅鑼
e0092453_14573184.jpg
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-03-27 15:03 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
個別指導専用教材「フォレスタ」
現在公立中学生の指導は

個別指導専用教材「フォレスタ」を使用しています。


e0092453_1472667.jpg









3年前ぐらいから世に出回り始めた教材なのですが、

学習塾業界で初めて出版された個別指導専用の教材です。

この教材を作っているのは、新潟に本社を持ち首都圏に

30教室以上展開している森塾という個別指導の塾です。



この教材の良いところはいろいろありますが、

一番私が気に入っているところはズバリ、

「個別指導塾が作成をして日々改良を加えている教材である」

という点です。



先日森塾の三井さんに聞いて初めて知ったのですが、

なんでもこの教材を作成している制作スタッフも、

森塾で直接生徒の指導を行っているそうなのです。



三井さんをはじめ現場で指導をしている社員と、

現場で指導をしている教材制作スタッフで定期的に教材の会議を開き、

日々教材の改良に取り組んでらっしゃるそうです。



また、これは以前も書きましたが、

全国のフォレスタを使用している塾に協力をもらい、

定期テストを何万枚と集めて集計し、

よく出る問題から順番に教材に掲載しているそうです。




こういった取り組みにより、「フォレスタ」という教材には

他の塾用教材には無い「現場の血」が通っているのです。

本当に点を上げるため、力をつけるための良問が詰まっているのです。




・・・



さくら個別でのメイン教材を「フォレスタ」に変更して2年目に入ります。

もちろん、オールラウンドに使える万能の教材と言うわけではありませんが、

この教材を軸にして指導をしていくことに手ごたえを感じています。






多くの教材を抱えて消化しきれず、どれも中途半端に

なってしまうと学習効果は見込めません。

まずは学校のワーク、そしてこの「フォレスタ」を

完ぺきにやり込むことから始めましょう。


理想はこれらの教材をやりこんで、

「もう学校のワークとフォレスタの問題は完ぺきになっちゃったから、

 なんか違う問題ください。」

なんて台詞をテスト前に生徒から聞くことですね♪






今日は中学生が使用している教材について書いてみました。

今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-03-26 14:08 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
時は流れる
卒塾第一号の講師である近藤先生が遊びに来てくれました。

近藤先生が大学の都合で卒塾したのが3年前のことです。

3年ぶりに顔を出してくれたことになりますね。





近藤先生は4月から近く町の小学校で先生になります。

近藤先生が指導してくれていたときに高校生だった後藤さんは後藤先生になりました。

近藤先生が指導してくれていたときに中学生だった久世君も久世先生になりました。

時は流れていますね。



時の流れを検証しましょう。

3年前のサンタ祭りの写真です。この中に近藤先生と後藤先生と久世先生が。

e0092453_17191914.jpg

















3年後の今日、こんな感じになりました。上の写真で3人のを探してみてください(笑)

e0092453_1720739.jpg


















今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-03-25 17:31 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
次の戦い
公立高校合格発表があった次の日である今日、

先ほど愛知全県模試の問題が届きました。

新中3生がメインとなって受験する模擬テストです。

タイミングを計ったかのように合格発表の次の日に到着。

次の受験への戦いは、すでに始まっていますね。




今春中学を卒業した先輩たちは、受験でいい戦いぶりを見せてくれました。

皆の頑張りがしっかりと結果に表れていました。

さぁ、後輩の君たちも先輩たちに続いて頑張ろう!!





・・・・




さて、あまりに記事がショートですし、

少し余談を。




本日市内の小中学校は終業式でした。

春期講習の予備日である本日は

午後から教室を開けることになっていたので、

朝から講師たちとカレーを食べに行ってきました。


これは以前少し書いたサワキ先生企画で、

「インド料理屋のモーニングサービスで

 朝から本格インドカレーを食べよう」という

どうでもいい企画ですね(笑)




向かったお店は扶桑にあるドルーガというインド料理店。

朝9時半から本格インドカレーをいただきました(笑)

e0092453_16431617.jpg

















e0092453_16425580.jpg

















わざわざ扶桑まで足を運んだ甲斐がありましたね。

なかなか美味しかったです。

とくに美味しかったのが、インド風の揚げパンのような

「バトゥラ」という食べもの。

e0092453_1643457.jpg

















サワキ先生が絶賛していたので楽しみにしていたのですが、

これが期待を裏切らない美味しさ。

ナンを揚げたような、ほのかに甘みのある揚げパンでした。



美味しかったのでまた講師の皆と来たいですね。






ピュアな余談でした。


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-03-24 16:47 | 塾日記 | Trackback | Comments(2)
受験を終えた中3生へ
公立高校受験の合否発表の日である今日、

島田紳助が出ている「紳竜の研究」というDVDを再び見ました。


このDVDについては以前もここで紹介したことがありますが、

合否が出た中3生を迎える前に

もう一度見たくなったんですよね。

よかったら受験を終えた中3生、

このDVDについて書いた過去のブログ記事を

読んでみてください↓

過去の記事「努力の5



合否結果を受け止めた中3生へ

第一志望の合格を得た人も、逃した人も、

大切なのはこの受験を迎えるまでに

「努力の5」をしてこれたかどうかだと思うのです。



複合選抜制度と濃尾平野に広がる公共交通網により

愛知県民は多くの学校から2校も公立高校を選んで受験できます。

岩倉市民で言えば尾張地区と名古屋市内にある

多くの学校から受験校を選択できます。

合否の加減は自分で選んだ高校がどれだけ

チャレンジ校であったのかということも大きく関わってきてますからね。



第一志望に合格した人も、逃した人も、

振り返ってみてください。

志望校を目指して「努力の5」がとれたかどうかを。



もしも今回の受験で「努力の5」をとったと言い切ることができるなら、

次に目指すべきものがでてきたときに、その「努力の5」をかければいいでしょう。

もしも今回の受験で「努力の5」をとったと言い切ることができないならば、

第一志望に合格していたとしてもしっかり振り返り反省してください。


君たちの人生は始まったばかり。

将来目指すべきものができる日までに

「努力の5」をとれるよう頑張ってください。


私も負けずに頑張ります。



・・・・・・

公立高校の合否が全生徒判明しました。

第1志望にほぼ全員合格。

惜しくも第1志望を逃した1名の生徒の受験校はチャレンジ校でした。

チャレンジ届かずでしたが、それでも第2希望の公立高校には見事合格。

皆が笑顔で報告に来てくれました。

みんなお疲れ様。

しばらくゆっくりして全力で遊んでね。

ゆっくりしたらまた全力で勉強もしようね。

・・・・・・



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-03-23 15:40 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
やまびこ方式
大学受験を終えた卒塾生が教室に顔を出してくれました。

この休みを使って早速バイトを始めたそうなそうなのですが、

なんと「ブックオフ」でバイトを始めたようなのです。



ブックオフでバイトをする人に初めて会ったので、

ブックオフについて気になっていたことを質問してみました。



「ブックオフって(いらっしゃいませこんにちわ~!)って

 全スタッフが言うよね。あれもちゃんとやってるの?」



「やってるやってる。あれ、(やまびこ方式)って言うんだよ~。」



へえ~。

そんな名称がついているのか。

ちょっとネットを調べてみても、

やまびこ方式について書かれたページ

どんどん出てきましたね。





私は続けてその生徒に言いました。


「でもあれってちょっとクドいよね。

 大きなブックオフの店舗とかいくと凄いよ、声が。

 そこらじゅうから(いらっしゃいませこんにちは)が響きまくってるもん(笑)」



バイトを始めて間もない彼女ですがブックオフ魂がもう宿ったのか、

そう言う私に反撃の返事を。



「・・でもこの塾もちょっと似てない?」




あいたたた。


誰もやまびこ方式でやろうなんて言ってませんが、

確かに生徒の行き帰りには誰か先生が生徒へ挨拶をすると

その声に反応するかのように他の先生も挨拶してくれます。



私「さようなら~。」

講師「さようなら。」講師「さようなら。」講師「さようなら。」講師「さようなら。」

こんな感じですね。





この生徒の感想に対しては複雑な心境です。

ちゃんと心の入った挨拶でしたらいいのでしょうが、

条件反射になってしまっていないか気をつけないといけないです。



知らぬ間にやまびこ方式を取り入れていたうちの塾ですが、

ブックオフと違うのは、出入りする1人1人を知っていることです。

だからこそ、ちゃんと1人1人に気持ちを込めた挨拶をしたいですね。

・・



あ、前も同じこと書いてる(苦笑)

→過去の記事「コンビニ的あいさつ



・・・・



明日は公立高校一般入試発表です。

私は朝10時から塾にいますので、結果のわかった生徒は連絡をしてきてくださいね。

結果が気になる講師の方は、塾まで来るかメールで連絡してくださいね。





 
今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-03-22 21:33 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)