愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@にして送信を)
記事ランキング
検索
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
最新のコメント
> ひかぽんさん 作り..
by sakura-kobetu at 18:57
その101匹わんちゃんの..
by ひかぽん at 12:35
昨日やられました❗何か悔..
by ヒロシ at 04:21
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
ブログジャンル
<   2010年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
継続は力なり
5月5日までOFFです。

しばらく余談つづきます。


・・


昨日までハワイへ行ってきました。

ハワイに関して「ハワイ県」なんて言葉があるぐらい

ですから、やはり日本人率が高かったですね。

話した3割ぐらいのアメリカ人に日本語が通じた気がします。

相手も日本人を相手にすることが多いので、

ちょっとした日本語の言葉は相手も知っていますからね。


こんな日本人に優しいハワイの言葉の環境が

私の「英語を頑張って話そう」という気持ちを無くしてしまいます。



・・


ハワイ滞在3日目、

そこそこ日本語通じちゃうな・・というのを肌で感じてきた頃、

夕方からホテルで予約を入れたレストランへ行ってきました。


レストランに到着し、中に入るべく

「6時半に予約した國立ですけど。」

と言おうと受付の人に近づいたのですが、

パッと英語でこのフレーズが出てきませんでした。


えーっと・・・どう伝えたらいいかな?

(ですけど)って曖昧な感じをどう伝えるんだ?

んー・・・えーい、めんどくせー。


思いつくまま口にしました・・・




「シックスサーティーにリザベーションしたクニタテですけど。」




我ながらヒドイです(苦笑)

完全なルー大柴です。




受付の人は理解できたようで「OK.」と返事を。

これでも通じちゃうんですよね。

確かに単語をつなぎ合わせてみれば推測できますからね。




確かにこんな感じでも通じるには通じますが、

英語を使ってコミュニケーションをとれるようになりたいなんて

言っている私が、こんな楽をしていたらいけませんよね。

こんなことでは英語の力はアップしていきません。

ひどい英語を使ってしまい、ちょっと反省しました。




***



さて一方、週1回英会話教室に通っている大田先生は

英語力が格段に上がり、香港へ行った一年前とは別人でした。

フットワーク軽くアメリカ人に英語で話しかけることができて、

いろいろな英語の表現を使って的確に会話をしていました。

んー、やはり週1回でも外国人と英語で話す機会を持って

継続的に努力をしていると成果が出てきますね。

ルー大柴的な私とは大違いです(苦笑)



「継続は力なり」



ベタな格言ですが、大事ですよね。

この言葉の大切さをしみじみ感じた

今回のハワイ旅行でした。



さ、毎回言っている気がしますが、

私も再び英語の勉強を頑張ろう!




今日はこのへんで。

それでは。

e0092453_15342727.jpg
















e0092453_15332342.jpg















シックスサーティーにリザベーションしたレストラン「マリポサ」からの眺め。

左を見ればワイキキのホテル群で、そこから右は全て水平線が広がります。

イフ、ハワイにゴーしたら、是非このビューをエンジョイしてください♪
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-04-30 15:37 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
上空1万メートルより
現在ハワイから成田へ向かう飛行機の中です。

上空1万メートルあたりでしょうか。

家に帰ったとたん、時差と疲れでバタリと寝てしまいそうなので、

今のうちにブログの記事を書いてしまおうという作戦です。




それにしても・・・

機内では小さな子供の泣き声が各所から聞こえ、

ステレオで響き渡っています(苦笑)

そりゃあそうでしょう。こんな窮屈なエコノミーに

7時間とか8時間もじっと座っているなんてことは

ハワイでの楽しみがあって覚悟のある大人だから

耐えることができるのであって、

小さな子供からしたら拷問でしょう。


さらに、その小さな子供の容赦ない泣き声は

私を含めた周りの大人にとっても拷問でしょう(苦笑)


どうか小さな子供を持つ大人の方々、

自分たちが楽しみたいからと小さな子供を連れて

ハワイに行くのはやめてあげてください。

当の小さな子供にとっては全く記憶にも残らず不快なフライト。

周りの大人にとってもそれによってさらに不快なフライトに。

ちいさな子供へのフライトの負担を考えて

せめて飛行時間の短いグアムや、

サイパンあたりにしてあげてください。


子供をハワイに連れて行ってあげるのは、

「記憶として残しておくことができるようになってから」

そして「8時間のフライトにグズらない分別がついてから」

を私は激しくおススメします・・・


って何書いてるんでしょうね?(苦笑)

どうでもいいですねw



****



代打ブロガーの皆さま、昨日まで代打記事ありがとうございました。

ハワイのホテルで毎日楽しく読ませてもらってました。

皆がフリーダムに好きなことを書いてくれていて面白かったです。


ムギヤマくんの職業の話は濃厚な13歳のハローワークのようで、

生徒のためになったことでしょう。

カトウ先生の怠惰な学生生活からやりたいことを見つけるまでの

一連の流れも妙にリアルで、生徒のためになったことでしょう。


また、ゴトウ先生とサワキ先生は普段からこのブログを読んで

くれているからか、なんだか文の構成や改行の使い方や軽い口調なんか

が私の書く記事と似ているように感じて驚きました(笑)

二人とも私のへんな口癖が移らないように

気を付けてくださいね。貴重な現役講師の話が聞けて良かったです。

皆さん代打記事本当にありがとうございました。



****



さて、ハワイを満喫してきました。

時間が穏やかに流れる自然豊かな素敵な所でした。

絵葉書のような風景がそこらじゅうに広がっていました。


芸能人がハワイこぞって行く理由、

そして旅慣れたバックパッカーでさえも

ハワイの虜になる理由がわかった気がしましたね。


幸い老若男女選ばず楽しめる素敵なところなので

次はもう少し爺さんになってから行きたいですね。




・・・


・・








****


ただいま家に到着しました。

現在日本時間22時です。

ということは?ハワイ時間で言うと・・

27時・・・夜中の3時か!!

どうりで眠いはずです。スグ寝ます。



今日はこのへんで。

それでは。



絵葉書かよっ!?というハワイの日常風景。
e0092453_22124438.jpg
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-04-29 22:07 | その他 | Trackback | Comments(0)
素直な気持ち
こんばんは、
最後の代打、
核弾頭サワキです。

加藤塾長もまおも、
らしさ全開のすばらしい記事でしたね。
むぎやまさんも面識はありませんが興味深い記事でした。

一読者として楽しく読ませていただきました。

僕もいい流れに便乗して、
今日はヒットを打ちたいと思います。




くにたてさんからご紹介がありましたように、
僕は去年の秋からさくらにお世話になっています。

さくらの講師としてはまだまだペーペーですが、
塾人としての経験と、
年長者ということを武器に、
最近は好き放題やらせていただき、
一番調子こいていると言うのは信憑性の高いうわさです(笑)

自称『企画部長』として、
このブログでも紹介された、
「第1回男ナイト」企画や、
「ドルーガモーニング」企画を立ち上げました。

現在進行形では、
『春の遠足 inモンパ』企画が動いています。

おもしろそうでしょう?
みんなで楽しみを共有したいんですよね。

もっと砕いた表現をしますと、
みんなでバカ騒ぎがしたいのです!!!!(笑)

講師のみんなノリがいいんですよねー。
もちろんくにたてさんもです(笑)
楽しくて企画しちゃうんです。



初めて僕がさくらの講師を見たとき、
その仲の良さに感嘆しました。

みんながのびのび仕事をし、
常に笑顔で人と接しています。

さくらの雰囲気の良さはピカイチです。

早くその輪の中に入りたいなーなんて思っていたら、
いつの間にか率先して盛り上がっていたっていう話です(笑)

ときにはみんなで、ときには独りで(笑)
独りのほうが多いですかな(笑)

講師たちはみんな僕より年下ですが、
尊敬できるくらい立派な人間ばかりで、
良い刺激をもらっています。

そんな素敵な講師たちの中での僕が考える自分の役割は、
おとなしいみんなを盛り上げること。

通称『ウーロン茶で年中酔っ払い』のスーパーハイテンションで、
講師の絆をより強固なものにし、
今以上にいい雰囲気を作り上げることです。

講師のコミュニケーションがしっかりすれば、
生徒にもいい影響を及ぼしますから。



******************



とにかく、
今日言いたいことな何なのか?
っていいますと、
さくらはいいぞッ!!!!
すごくいいッ!!!!!!

ってことなんです。
これを声高に叫びたいだけです。

絶えず笑顔に満ちた空間は居心地がいいですし、
たくさんの愛情が溢れています。

講師の僕が言うのだから、
間違いありません。

こんな素敵な空間にいられる僕はラッキーです。

拾ってくれたくにたてさんに感謝です。

本職はもちろん、
これからも好き勝手盛り上げさせてもらいます!!!

 

そして、
生徒のみんな、
講師のみんな、
あなたたちのおかげで塾に行くことが楽しみで仕方ないんだよ。

ありがとう。

僕も精一杯愛情を注ぎます。

生徒のみんなは成績も上げてあげるからね♪

さくら個別指導学院を、
常に愛情と笑顔に満ちた塾へ。

愛と笑いの伝道師サワキが一肌脱ぎます。



**********


普段は口にしない想いをつらつら書いてみました。

書き始めると滑らかに言葉が出てきますね。

何書こうかずっと悩んでたんですけど、
結局ノリでいきました(笑)



さて、
明日にはみんな大好きくにたて夫妻が、
ハワイより帰国します。

くにたてブログ復活です。

楽しみです♪

長文にお付き合いいただき、
ありがとうございました。



それでは、またいつか。
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-04-28 22:08 | その他 | Trackback | Comments(0)
回想モラトリアム
小学校、中学校とそんなに勉強に困った記憶の無かった僕は
何を勘違いしたのか、高校入学と同時にまったく勉強をしなくなりました
そして暗黒の大学時代を経て、塾で働き始めます
今日はせっかくなので、僕が塾で働きはじめたきっかけをお話します
ダメなエピソード満載なので自分の塾のブログには書きにくいですし(笑)

僕の高校時代の思い出といえば・・・
ジャンプを読んでいて学校に遅刻をしたり
マンガ喫茶に行くために夏期講習をさぼったり
通学途中に読んでいた本が面白すぎて、途中で電車を降りて家に帰ったり
宿題だったワークは他人のものを表紙だけ付け替えて提出したり
廊下の端と端をゴールという設定にしてサッカーをしたり
サッカーは危ないからボクシングごっこに切り替えたり
隣の席の女の子に頼まれてラブレターを書いてみたり
授業中に弁当を食ってみたり
ファイナルファンタジーの略称が「ファイナル」か「ファイファン」かで議論したり
(時代の流れはFFに落ち着きましたね)
テストで賭けをして友人の頭をバリカンで刈ったり
うしおととらに夢中になったり
・・・などなど、素敵な高校生活を送っていました
勉強?当然できませんでしたよ
高3スタート時のマーク模試は英語が68点(200点満点)でしたからね

決してぐれていたわけではないですし、いわゆる不良とは縁遠い真面目な子だった気がしますが
なぜかこんな風になってしまいました。もちろん後悔はしていません。

それでもなんとか大学に入った僕はますます学校をさぼるようになります
ただし・・・楽しかった高校時代と違い、大学の日々は正直言って辛かったです

昼過ぎに起きてみれば当然のように授業に間に合わない
このままだと仕事から帰ってきた家族に合わせる顔が無いから
逃げるように家を出てマンガ喫茶へ
夕方になればバイトしていた塾へ行って教室長とおしゃべり
そのまま授業
授業が終わったら朝まで麻雀
また昼過ぎに起きる。この繰り返し

真綿で首を締められるとはまさにこのことかもしれません
辛さばかりがつのり、それから目をそむけ続ける日々でした
自分の中でこのままではダメだということは分かるのですが
それでも大学に行こうとは思えないのです
せっかく入ったんだし・・・
親が高いお金を出してくれているんだし・・・
就職するにも大学くらい出ておかないと・・・
通った方が良い理由はいくらでも浮かんでくるのですが
結局最後まで行動には移せませんでした
大学生にもなって不登校とは、精神的に成長していなかったのかもしれません

当時は「めんどくさい」以外に
大学をサボるはっきりとした答えは見つかりませんでしたが
今ならその理由もなんとなくわかります

きっとあの頃の僕は自分の未来を決めるのが怖かったんだと思います
そのまま自分が、大学を出て就職することが怖かったのでしょう

この年になってみると就職したからといって
未来が決まってしまうことなんてないってことがわかるのですが
あの頃は何も知らなかったので、自分が就職することで
自分の未来の可能性がすごく狭くなってしまう気がしていたんだと思います
一応教職には興味がありましたが、自分の気持ちははっきりしませんでした

結局悩んで(るふりだけして)時間がどんどん過ぎていきます
教師という仕事には興味がある・・・
でも、いまさら大学にしっかり通う自信もない
塾の講師になるにしても、結局大学を出ておいたほうが良い
でも・・・でも・・・

そんなとき一本の映画を見ました
音楽家を目指す主人公が学校の教師になるという話です
タイトルは「陽のあたる教室」
最初は自分の音楽ばかりを大切にして、生徒を見ていなかった主人公は
徐々に教える魅力に目覚め、結局定年まで教職を続けていきます

映画としての評価は決して高くない作品だと思いますが
僕はこの映画を見て、教師と言う仕事の魅力に気づくことができました
教師というのは生徒達の未来を良くも悪くも、変えることができるのです

生徒に何かを伝えることで、自分も変わる、生徒も変わる
そこには無限の可能性がある
僕はこの映画を見てそう思えたのです

ここからの展開は早いものでした
ちょうど大学2年の冬に個別指導塾の雇われ教室長をやってみないかという話がバイト先の塾から舞い込みます
それを受けて速攻で大学を中退
そのまま20歳から始まった塾人生
國立せんせいにもたくさん協力していただいて
ついに昨年には自分の塾を開くこともできました
塾にかかわって10年以上になりますが、やっぱり塾って面白いですね!







あ、申し遅れました
蒼心塾の加藤といいます!
今日は代理でブログを書かせていただきます
よろしくお願いします


さて挨拶もしたし、今日はこのあたりでおしまいにしたいと思います
本当は暗黒大学時代を支えてくれた「ピンポン」と「真心ブラザーズ」の話をしようと思ったのですが
長くなってしまったのでまたの機会に

明日はイケメン講師として名高いサワキ先生です
僕と違って明るくて若々しいブログを書いてくれることでしょう
長い文章を読んでいただきありがとうございました!

追伸
GWはアラバキにてスカパラ見てきます
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-04-27 18:00 | その他 | Trackback | Comments(0)
今やるべきこと・今やれること


代打2番手ゴトウです。



今頃塾長夫婦は南の島でまったり過ごしているんでしょうね。

うらやましいです。



さてさて
それでは少し自己紹介を

さくらの生徒として2年

高校を卒業して講師として3年目を迎えています。



さくらのみんなにはなぜだかヒマだヒマだ思われていて

「ヒマオ」

だなんて呼ばれていたり・・・


  (下の名前がまおなんで
   
   ひまなまお・・・

   ひままお・・・

   ひまお・・・

   ヒマオ・・・・・・・。

   ひどい扱いですね。)


本当はヒマなんかじゃないんですよ?


学生なので毎日学校へ行き

習い事もしていたり

土日は遊びに行ったりもします。


とても充実です。




と・・・ヒマオ説について語るのはこのくらいにして本題に!



正直なところ

高校時代、日本語の理解度の低さから「台湾人」なんて呼ばれていた私には

塾長の代打、そして一日目のむぎやまさんの後に書くのはかなりプレッシャーです・・・。



何を書こうか迷いに迷いましたが・・・

私の習い事でのことを書こうと思います。



私は去年の夏頃からパソコン教室に通っています。

ずっと将来のためになにか資格をとりたいなぁと考えていたところ

塾長に背中を押されパソコンを習うことを決めました。


習いに行く前は

さくらのブログを見ることくらいしかできなかった私ですが

今では5つの資格を取得し

タイピングだけみても倍以上の速さで打てるようになりました。


自分の成長が手にとってわかるので楽しくてしかたないですね。




そんなパソコン教室にはさまざまな人が通っています。

主婦の方、おばあちゃん、OLの方、中小企業の社長さん、お医者さま・・・

ときどきそういう方々とお話する機会もあったりします。



そこでよく言われる言葉・・・


「学生のうちにやれることはやっておいたほうがいいよ」

「今しかできないことをしっかりやっておきなね」



社会人になるとなかなか自分のために時間をとるのは難しい。

今自分のためにがんばることは将来の自分への投資になるはず。




中学・高校生は、部活を頑張ろう!

友達と思いっきり遊ぶのも頑張ろう!

そして勉強も頑張ろう!!



今やっている勉強が将来何の役に立つの?

足し算ができればいいじゃん!

なんてときどき生徒に言われます。


私も因数分解とか理科の実験とか古典とか将来どんなふうに役に立つのかうまく言えません。

とういうかよくわかりません・・・(苦笑



けれど今勉強すれば高校へ行ける。

高校で勉強したら大学とか専門学校へ行ける。

バイトや習い事をする機会があれば私のようにいい出会いができる。

それはきっと自分を変えてくれる。

自分の将来を広げてくれる。



そんな未来のために今やるべきこと・今やれることを頑張ろう!!





最後はちょっと先生っぽいことを書いてみました。



なんだかまとまらない文章になってしまい台湾人ぶりを発揮してしまいました・・・。

こんな話にお付き合いいただきありがとうございました。




明日は加藤先生!

きっとおもしろいお話がきけることでしょう!




以上ゴトウでした!!
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-04-26 21:58 | Trackback | Comments(0)
代打ブロガー1日目
こんにちは
代打に起用されたむぎやまです。

塾長の國立さんとはよく2人でお酒を飲みながら色々な話をしてたくさんの刺激をもらっています。
22歳からずっと一人でデイトレードをしているので色々なことを指導してくれたり相談に乗ってくれる先輩がいない僕にとって、國立さんは数少ない大切な人生の先輩です。


まず自己紹介ですが・・・・すでに紹介されてるとおりデイトレーダーです。
性格は夢中になると止まりません(笑)株式や為替などの投資の方法や旬なネタを話すのが大好きなのでいい話相手が見つかると延々と数時間でも話せてしまいます。國立さんも間違いなくその被害者の一人です(笑)

*********************************************

今日は國立さんから好きに書いていいよというお墨付きを頂いたので「仕事」について書こうと思います。

いつもこのブログを読まれている方の多くには馴染みのない仕事だと思いますので
僕が7年以上経験を基に主観的に色々な項目で5段階評価をつけてみました。

まずデイトレという仕事を、①社会性、②人間関係、③収入、④安定性、⑤将来性、⑥労働時間の6項目で評価してみます。
e0092453_18464624.jpg


①の社会性について
これは1ですね。 社会にとって必要な仕事だと感じたことはありません。 
ロールプレイングゲームの様にこの仕事の先に上位職の様なものがあればきっと社会にもお役に立てることがあるでしょう。

②の人間関係について
これも1ですね。 トレーディングは完全に自己完結の仕事なので人との関わりは求めない限り存在しません。
社会に出て得られる貴重な経験のひとつである縦の人間関係が無いのは残念です。

③の収入について
これは5です。 経験上一般常識では計れない収益力を誇ります。 その変わり最低賃金の保証はありません(笑)歩合制の頂点にある仕事ではないでしょうか。

④の安定性について
これは0です。 短い時間で売買を繰り返すデイトレードにおいて安定性は高嶺の花です。決して求めてはいけません。ハイリスクハイリターンがシンボルです。中期長期の投資には少しだけ見込めると思います。

⑤の将来性について
これは5です。 今はどんなに大きな企業でもいつ傾くか分からない時代になりました。 
ネット環境があればお金を生み出す能力はサバイバルの環境で力を発揮できると思います。

⑥の労働時間について
これは個々のトレーダーで差が出ると思いますが、僕は5です。 
株式取引に関しては取引市場が、東証1部、2部、マザーズ、大証1部、2部、ヘラクレス、JASDAQと7つもあり5000以上の銘柄が上場されていますがその中で毎日盛んに取引されている企業1700社をチェックしたり、経済ニュースを300個読んだりと徹底してやることを心がけていました。
現在は為替取引ですが、こちらは24時間の休みなしに動き続ける市場なので必然的に長くなります。


ここまでデイトレードという仕事を大まかに説明しましたが、続いてデイトレーダーに必要な要素についていくつかの項目で主観的に5段階評価をしたいと思います。
今度は①集中力、②独創性、③運、④学力、⑤体力、⑥忍耐力・根性、⑦正確性、⑧営業力の8項目です
e0092453_1847944.jpg


では
①の集中力について
これは5です。為替市場は24時間動き続けるのですが、利益を生むタイミングは一日に数回~数十回しかありません。
数時間まった後に1分しかチャンスをつかむタイミングがないことも少なくない仕事ですので集中力はとても大事な要素です

②独創性について
これも5です。 これまでに世界中人が錬金術を求めてマーケットを分析する方法を生み出してきました。今日でも日々新しい方法が考案されています。
「守・破・離」という、受け継がれた物を守り現代合わなくなった物を捨て去り、新しく独自の工夫を加え、そして今までの型を越えるという意味の言葉が僕のこの仕事に取り組むときのモットーです

③運について
これは1です。 僕自身は運に恵まれた方ですが、この仕事で運を使ってはいけないと失敗を通じて肝に命じています。

④学力について
これは2です。 普通に計算が出来たり文章を理解できれば問題はありません。

⑤体力について
これも2です。 椅子に座っているだけですから体力を消耗しません。 基礎体力の衰えはとても気になるので定期的に運動しましょう。
        
⑥忍耐力について
これは5です。 集中力と並ぶ絶対に必須な要素です。 特に精神面での大きくダメージを受ける事の多い仕事です。自分の心に負けない強さが求められます。
余談ですがトレーダーがかかる病気のNO1は精神病です。 トラウマ、イップスなどはトレーダーの登竜門のようなものです。
大きな失敗をした後にその恐怖を乗り越えられたらようやく一人前のトレーダーになると思います。

⑦正確性について
これも5です。 自分のルールを忠実に守ること。これもトレーダーには欠かせない大切な要素です。

⑧営業力について
これは1です。 人と関わることのない仕事なので必要ありませんね。 人と話すのが大好きな僕はよく周りから他の仕事をすればいいのに・・・なんて言われます^^;


自分でまとめてみて感じたことはとんでもなく偏った仕事だなということです。 ここまで読んでくれた方もそう思われていることでしょう。
でもそんなこと僕にはどうでもいいことなんです。 
この仕事は直接的には社会に貢献できないことだとしても、一つの分野で自分の能力を最大限に磨くことはいずれ社会に貢献することに繋がると信じていますし、そのためには自分が心から好きな事に一所懸命(一生懸命)取り組むことが必要だと思っています。

長々とお付き合いくださった方ありがとうございます。 
なかなかないチャンスだったので張り切って長文を書いてしまいました。

明日もいつもとは違う方がブログを書かれるので見に来てくださいね。 
それではここで失礼します。
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-04-25 18:47 | その他 | Trackback | Comments(2)
代打ブロガーの紹介 2010
本日よりゴールデンウィークの休暇をいただいています。

以前も少し書きましたが今日からハワイへ行ってきます。

昨日授業をした中1Wさんには

「えぇ~。宿題こんなに多いのぉ~?

 先生は南の島に行くのにぃ~?」

なんて責められたんですけどね(苦笑)



3年前のインドへ旅行に行ったときから、

ブログの毎日更新を止めないように、

身近な人に私に代わってブログの更新をしてもらうようになりました。

ちなみに過去には・・・


3年前インド旅行時
1日目  岩井先生@さくら個別講師
2日目  ハムカツ王子@さくら個別生徒(現久世先生)
3日目  大田先生@結婚前
4日目  ちぇりー@さくら個別生徒
5日目  おさむさん@かわしま進学塾
6日目  ナオト@さくら個別生徒
7日目  犬童先生@学援隊
8日目  M下先生@さくら個別講師


2年前バリ旅行時
1日目  M下先生@さくら個別講師
2日目  エリアーデ@さくら個別生徒
3日目  サチヨ@元生徒・現キューピット
4日目  犬童先生@学援隊
5日目  ノゾミ@元生徒・当時女子大生
6日目  大志@元生徒・現居酒屋バース店長
7日目  Tくんの母@さくら個別生徒の保護者


1年前香港旅行時
1日目  ハットリー先生@さくら個別講師
2日目  ワカナ@さくら個別生徒
3日目  モリ先生@さくら個別講師
4日目  横山先生@学援隊代表


このような私にとって豪華なメンバーが

記事を書いてくれていました。

読み返しても楽しいです。





****************



さて、今年もお願いして4人の方に代打記事をお願いしました。

頼もしい代打ブロガーをご紹介します。



まずは明日4月25日は、テニス仲間の武儀山くんです。

もっともテニスはずっとやっていないので

最近はもっぱらただの飲み友達ですね。

彼は8ケタのトレードをする凄腕デイトレーダーです。

彼について書いた過去の記事を見ていただいてもわかるように、

のめりこんだら周りが引くぐらいとことんやりこむのが彼のスタイル。

「夢中になって取り組んだ」という言葉は恥ずかしくて彼の前では使えません。

年齢は5つも下ですが、何かと敵わないところの多いスゲー人です。

何を書いてくれるかさっぱりわかりませんが、楽しみです。

武儀山くんは明日登場です。




さて、次の日4月26日はさくら個別講師のゴトウ先生です。

ゴトウ先生は高2の頃から通ってくれている元生徒の講師です。

さくら個別歴5年目に入るゴトウ先生なので、このブログにもちょいちょい登場してます。

天性の明るさと日々ヒマな現実を駆使して、

さくら個別のヌシとして塾で大活躍してくれています(笑)

人を選ばず誰とも明るく元気に話すことができるオールラウンダー講師なので、

知らぬ間に塾での担当コマ数は一番多くなっていました。

頼んでいない仕事を自ら進んでやってくれたりと、

実は意外と気が利くところのある人です。

溢れるヒマな時間を使って推敲してもらい、

明るく元気な記事を書いてくれることを期待したいと思います(笑)

ゴトウ先生は26日の登場です。




続いて4月27日です。

4月27日は蒼心塾の加藤先生です。

先日の記事にも書きましたが、昨年の夏に

念願の塾の開業を果たした方で、

開業一年を待たずしてほぼ定員いっぱいの人気塾の塾長です。

好きなことを仕事にすることを「スキメシ」というそうですが、

そんな「スキメシ」という言葉がぴったりな加藤先生ですね。

音楽と漫画を愛する深さは他の追随を許さず、加藤先生のブログでは

塾ブログなのに音楽と漫画について長々と書いていることが多々あります(笑)

CD屋のように教室にCDの試聴機を置きたいなんて言っていたので本物でしょう。

書いてくれる記事は音楽愛・漫画愛に溢れた記事かもしれませんね。

楽しみです。

加藤先生は27日の登場です。



最終日の4月28日、トリをつとめるのがさくら個別講師のサワキ先生です。

前職時代大田先生の担当していた元生徒なのですが、

縁あって昨年秋から講師として来てもらっています。

大学を中退して個別指導教室で雇われ教室長として2年過ごし、

今春から教職免許をとるべく再度今年から大学に通い直す

という変わった経歴のある人です。

この変わった経歴がそうさせたのか、

普段の振る舞いは落ち着いていて、実年齢プラス5歳の落ち着きがあります。

そうかと思えば皆で飲みに行けば、酒がダメで終始ウーロン茶なのに

一番のテンションで騒いでいます。ボーリングでは吼えていましたね(笑)

そんな謎多き核弾頭のサワキ先生のおかげで、最近は放っておいても

講師同士が楽しそうにワイワイとしてますね。ありがたいことです。

そんなサワキ先生に最後の記事をお願いします。

サワキ先生は28日の登場です。





****************


以上です。



茨城の中村先生とか、通っている美容院の店長とか、森塾の三井さんとか、

まだ代打記事をお願いしてみたい人はいっぱいいるのですが、

一気にお願いしてしまうと来年から困ってしまうので、

セーブしつつゆっくりお願いしていきたいと思います(笑)




書いてもらう皆の記事がとても楽しみです。

代打で記事を書いてくれる皆さま、

時間を割いて記事を書いてくれることに本当に感謝です。

勝手いいますがどうかよろしくお願いします。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-04-24 09:03 | その他 | Trackback | Comments(0)
今の物件の優れた点
少し早いですが明日からお休みをいただきます。
ガッツリプレゼントした宿題をやって、
有意義なゴールデンウィークをお過ごしください。

e0092453_20473527.gif















塾の移転話が出ています。

移転予定の物件は今よりも広く、

2部屋あって、トイレは部屋の外にあって、

入口はガラスの爽やかなドアで・・・


こう並べてみると移転先が良いことばかりのように聞こえますが、

実は現在の物件の方が優れているところも少しあります。





その中で一番大きなところは・・・

窓からの景色ですね(笑)




これが現在の物件の窓からの景色です。

左側を見るとこんな景色。
e0092453_17501523.jpg
















正面を見るとこんな景色。
e0092453_17505514.jpg















春になれば花も咲くし、
e0092453_17513417.jpg
















電車好きは電車の往来も見れるし、

ロータリーには人の流れも車の流れもあるし、

冬になればイルミネーションも見れるし・・・

この教室からの変化のある駅前の景色は好きですね。





移転して嬉しいことばかりですが、

この景色が見ることができなくなることが唯一残念でしょうか。


ただこの景色、いい気分転換にはなるものの成績には繋がりません(苦笑)

なので、移転を考え直すまでは至りません(当然)


移転するまでの間、

しっかりとこの景色を楽しんでおきたいと思います。




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-04-23 18:02 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
塾用教材管理の三カ条
2日前のこのブログの記事で、私が中学生だった頃の

塾にまつわるダサいエピソードをご紹介しましたが、

あのエピソードを書いているときに

もうひとつ塾時代の心の痛むエピソードを思い出しました。



実はこのエピソードは今の塾を運営していく上で

とても参考になっていたりします。

それはどんなエピソードかといいますと・・


・・







私が大学生になり、その個人塾で塾講師として

雇ってもらっていたときのエピソードです。

塾講師駆け出しであった私は、

指導の予習のために塾の数学の教科書を借りて帰りました。

何冊か置いてありましたし、予習のためだし、

まぁいいだろうと思って持って帰ったのです。

その教科書の表紙には塾名が油性マジックで大きく書いてあります。

生徒が間違えて持って帰らないようにですね。



何度か家でその教科書を開いて指導の予習に使っていたのですが、

そろそろ指導にも慣れてきて、その教科書を開かなくても大丈夫になってきました。

そこからいつも家の本棚にその教科書は並んでいて、たまに目に入った時には

「あぁ、そろそろ返さなきゃな・・・。」

なんて思いながら、時が経っていったのです。



しばらくして、塾に行くときにふと教科書のことを思い出したのです。


「あ、教科書返さなきゃ・・・

 でも・・・これだけ時間経っちゃったし、なんか・・・

 誰に見られるわけでも、誰にとがめられるわけでもないんだけど・・・

 この塾名がマジックで書かれた教科書を元の位置に戻すのは・・・

 なんだろう?なんだか後ろめたいような嫌な気持ちになるなぁ・・・」


そんな思いを2度3度繰り返し、結局その教科書は返せずじまいでした。


予習のために持って帰ってきたのですが、

ものすごく時間が経ってしまい、

どうもバツが悪くなってしまったんですよね。


嫌な思いを抱えたまま塾に行くのはハードルが高いです。

自分勝手ではありますが、そんな思いがあり

教科書は塾に戻ることはありませんでした。

(S塾長ごめんなさい。)




・・・



こんなエピソードです。

俗に言う「借りパク」というやつです。

こんなところでそのエピソードを書いてみたところで

心の痛みはやわらぐこともなく、

やはり今も少し心が痛いですね。




***




今の塾でもふいに教材や解答や参考書が無くなることがあります。

生徒が間違えて持って帰ってしまうのでしょう。

そして持って来づらくなってしまったのでしょう。

講師だった私ですらそう思ったのですから、

生徒なんてなおさらだろうと思うのです。



一応間違えて持って帰ることの無いように

「持出禁止」シールを貼ってあるのですが・・
e0092453_16594149.gif














これは間違えて持って帰りそうになるときには威力を発揮しますが、

いったん持って帰ってしまうと逆の効果が働くんですよね。


「あ!持出禁止教材を間違えて持って帰ってきちゃった!

 どうしよう。気まずいなぁ。塾に持っていきにくいなぁ・・。」


こんな気持ちになるはずです。

なぜなら私が経験者だから(苦笑)


このシールが逆に塾への返却率を下げるような気がしています。

すぐに気がついてすぐに持ってこれれば大丈夫なんでしょうけどね。



・・・・



こんな自分の経験もあって、

「塾に置いてある教材は間違えて持って帰られることもある。

 そして、いろいろあって教室に戻ってこないこともある。」

そう考えて多少覚悟しています。



**



塾の教材が無いことに気がついたときには、

その教材を取り戻すべく活動を始めます。

その教材を使った可能性がある生徒に声をかけていきます。

声かけのコツは北風と太陽ですね。




「なぁ、昨日塾の社会の教材持って帰ってないか?

 間違えて持って帰ったやつがいるんだよね。腹立つ!

 あんな派手な持ち出し禁止のシール貼ってるんだから、

 持って帰ってしまったときに絶対気が付いてるはずっ!」



こんな声のかけ方では、もしも間違えて持って帰ってしまっていても

「私が持って帰っちゃいました。」なんて言い出せませんよね(苦笑)

これでは「北風」のアプローチです。




こういうときには

「太陽」のアプローチがいいでしょう。


「なぁ、昨日塾の社会の教材間違えて持って帰ってない?

 昨日からないんだけど、だれか寝ぼけて持ってっちゃったっぽいんだよね・・

 間違えて持って帰っていないか家でちょっと見てきてくれないかなぁ?

 もしあったら持ってきてほしいのよ。お願いね。頼んだよ~。」



「あっ!間違えて持って帰ってきちゃった!どうしよう!」

という生徒の不安な気持ちを和らげて、

「エヘヘ、スイマセン。カバンから出てきちゃいました。」

なんて頭をかいて持ってきやすくするのです。


いかにこの柔らかなアプローチで生徒に聞くことができるかが勝負ですね。

こういうアプローチで該当学年の生徒に聞いて回ると、

そこそこ教材は戻ってくるようになりましたね。



・・







なんだか生徒や保護者の方にはどうでもいい記事でしたね(苦笑)

しかし同業の塾長の方には多少参考にしていただけるかもしれません。



同業の方に参考にしていただけるかもと信じてちょっとまとめてみます。

塾の教材が無くならないようにうちの塾でしていることは3つです。


 其の壱 使用頻度の高い塾の教材類は塾長席のそばか、人通りが多い場所に置く。
   
 其の弐 使用頻度の高い塾の教材には「持出禁止」を明示する。漫喫のように。

 其の参 万が一無くなった時には、すぐに皆にやさしく声をかけて探してもらう。




以上、私の心の痛むエピソードを元に考えた「塾用教材管理の三カ条」でした。




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-04-22 16:54 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
模試を活かす
第一回愛知全県模試の結果が帰ってきました。

受験生にとってはこの第一回の結果がスタートラインになるでしょう。

2年生からしっかりと頑張ってきた生徒は、

しっかりとその成果が数値として出ています。

いいスタートラインを手に入れましたね。




さて、貴重な模試のデータが手に入りましたので、

少し前にご紹介した「落ちたって、いいじゃん!」という本に書いてあった

正答率50%以上の問題をしっかりやり直すというメソッドを利用させてもらうこととします。


正答率50%を超える問題が全て正解できるようになると、

偏差値は50を超えるという結果から、

まずはそこに焦点を当てて基礎をしっかり固めていこうという作戦ですね。


この作戦はその生徒の実力に合わせ、

正答率40%以上の問題までやってもらったりもできますね。

正答率40%を超える問題が全て正解できるようになると、

偏差値は60を超えるようです。





全県模試のHPから問題ごとの正答率を出したこのページ

プリントアウトして、受験した生徒に本日配付します。

生徒によって正答率何%の問題までやり直すかを指示し、

今日の自学の間に正答率一覧に直すべき問題を

ピックアップしてマーカーでチェックを入れ、

ゴールデンウィークの課題に追加したいと思います。



個別指導ならではの指導ができそうです。

全県模試の受験料が安く感じるぐらい、

このデータをしゃぶりつくして使いたいですね。




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2010-04-21 17:14 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)