愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@にして送信を)
記事ランキング
検索
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
最新のコメント
> ひかぽんさん 作り..
by sakura-kobetu at 18:57
その101匹わんちゃんの..
by ひかぽん at 12:35
昨日やられました❗何か悔..
by ヒロシ at 04:21
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
ブログジャンル
<   2011年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
よ~し!やる三
塾への問い合わせが動き始めました。

岩倉南部中は定期テスト順位がちょうど出たところだったので、

結果を受けての動きがあったということでしょうか。

インフルエンザの影響で岩中は順位発表が遅れていますが、

また順位が発表されたら問い合わせが動くのかもしれませんね。

明日は折込広告最後の日です。

個別指導を求めるご家庭と縁があるといいです。





*****




先週の日曜に簿記の試験を終え、

講師たちと受けていた資格試験は一通り終わりました。

試験が終わったので、終わるまで読まずに我慢していた

アマゾンで注文した本を昨日から読み始めています。


貯まっていた読んでいなかった本の中で、

抜群の読みやすさで思わず最初に手を取ったのが

「よ~し!やる三(ぞう)」というマンガでした。

e0092453_025096.jpg

















よーし!やる三 ~成長日記~


このマンガ、お昼の番組「DON!」で紹介されていて

気になって思わず買ってしまった本です。

何が気になったって、まずタイトルですけどね(笑)



ある服屋さんが社員とバイトの教育のために

自分たちで作ったというマンガなのだそうです。

好評で人気が出たので一般向けに出版されたそうです。




いかに周りの仲間と上手く協力していくべきなのかが

面白くも熱くマンガで書かれていました。

読んだ感想ですが・・・

いやー、とても良かったです。

勉強になるし、面白いし、

読後の気分はまさに「よーしやるぞう」です(笑)

大人じゃなくても、クラスの友達や部活の仲間といかに

協力していくのかが勉強できるので、生徒の皆にもお勧めです。


いつものように教室に置いておくので、

良かったら読んでみてくださいね。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2011-02-28 23:50 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
講師研修会と送別会
今日は年に一回の講師研修会と卒塾する講師の送別会がありました。

採用している教材フォレスタを作成する森塾から社員の中川さんを招いて

フォレスタを使用した指導について話をしていただきました。

「これはブログに書かないでくださいね」

なんて何度かクギを刺されながら(笑)勉強になる話をたくさんしていただきました。

e0092453_2254214.jpg
















ためになりすぎて消化不良を起こしそうです。

明日からの指導にガンガン活かしていきます。


・・


その後は赤からで送別会。
e0092453_22572986.jpg
















昨年卒塾して社会へ巣立った忙しい平坂先生も、

ヒマックスな森先生も(笑)駆けつけてくれました。


貴重な戦力である2人の講師が今春で巣立っていきます。

世の中に常などありませんから当たり前のことではありますが、

やはり寂しいですよね。

社会に出ても元気に頑張って欲しいです。


普段は1次会で帰る子たちも多いのですが、

今日は皆が2次会まで行くようです。

私は諭吉を派遣して帰ってきました。


皆で楽しんできてくれるといいです。



・・・


研修の成果もあり、明日からはうちの塾はさらに良くなります。

年間の退塾生をゼロに近づけるべく、講師の皆と協力して、

生徒皆の成績を上げていきたいと思います。



今日はこのへんで。

それでは。

e0092453_2342839.jpg
















今まで本当にありがとう。
[PR]
by sakura-kobetu | 2011-02-27 23:07 | 塾日記 | Trackback | Comments(4)
心で理解する
今日は中3入試対策でした。

入試直前なので、数学は模試演習を行いました。




「公立入試の数学は満点を目指して解く教科じゃないんだよ」

「解ける問題を正確に解くことが最重要だよ」

「難しい問題は飛ばして一通り解くんだよ」

「最初の計算問題が命だよ。途中式をしっかり書いて、見直しするんだよ」



西春以上の高校を目指す場合はまた変わってきますが、

愛知県の公立入試の数学ではこういった解き方が一般的かと思います。


・・・


私の中では、これらの台詞の内容を

夏ごろから何度も口を酸っぱくして言ってきたつもりでいましたが・・・

それほど生徒たちに定着していなかったんですよね~。


計算の重要度が伝わりきっていませんでした。

見直しの重要度が伝わりきっていませんでした。

時間の使い方が伝わりきっていませんでした。


1回目の演習結果はそれらが如実に表れました。

テスト開始前にも口頭で伝えたつもりだったのですが・・・


心まで届いていなかったんですよね。

演習結果は振るわない生徒が多かったです。



・・・



そこで、2回目の演習前に再度伝え直しました。


「計算全問合ってた子どれだけいる?

 計算の見直しをした子はどれだけいる?

 今手が挙がらなかった大半が見直しをすべき人たちってことだよね」

「君らの人生を左右する入試の問題の大事な得点源の部分だ。

 計算問題はいわば数学での命となる部分なんだよ。

 慎重に取り組んで取り組みすぎることなどない」


「計算の見直しにかかる時間は2分程度でしょう。

 解けるかわからない問題に時間を割くぐらいなら、

 最後の2分を割いて見直しをしてごらん」


「当たり前のことをもう一度、大きな声で言わせてもらうよ。

 素早く見直すためにも途中式は大きく丁寧に書くこと。

 見直すときには指かペン先で途中式を追いながらすること」




1回目の演習で痛い目にあった生徒たちは聞く姿勢が違います。

私の言葉が心に入っていくようです。


しかも、タイミングが良いことに、

見直しをして計算が全問合っていたという生徒が

「見直しをしたら2問直ったんだよ」なんて言ってくれました。

見直しをせず計算ミスをしてしまった多くの子たちには、

耳が痛すぎる事実ですよね(笑)



そしてさらに、2回目の演習は難易度の低い問題を12問選んで、

その問題だけを解答時間を縮めて解いてもらいました。

難易度の低い問題に集中して力を注いで解くことで、

結果がどれだけ違うのかを体感してもらうためにです。




さて、どうなるでしょうか?

取り組んでもらった結果は・・・



効果てき面でした。

計算の正答率も、その他の問題の正答率も、

全体でグッと上がったんですよね。



これで生徒たちには多くの大事なことを

心で理解してもらえたことでしょう。




・・・・・・・




「やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ。」


連合艦隊司令長官を務めた山本五十六の名言です。



私自身この言葉は知っていましたし、わかったつもりでいましたが、

やっぱり全くわかっていなかったんですよね。



今日の出来事で、この言葉がようやく心で理解できてきた気がします。

放った言葉がちゃんと相手の心に届くよう、

やってみせて、何度も伝え、実践してもらい、褒めていきたいですね。




しっかり心で理解してもらえるように

努力を重ねます。


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2011-02-26 23:23 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
もらえるものは病気でも
公立高校入試の倍率が愛知県教育委員会から発表されました。

ご覧になりたい方はこちらからどうぞ。


蒼心塾の加藤先生も言ってましたが、

まぁ、ここまで来たら倍率を見たところで

「頑張るだけ」という選択肢には変わりは無いんですけどね。




・・・



あと、野田塾さんの公立入試直前テレビ講座が先日あり、

その放送での内容が今年もHPからダウンロードできるようです。

んー、流石愛知に根ざした伝統のある県内大手塾です。

素晴らしいコンテンツの公開、受験生には嬉しいですね。



中でも漢字の予想100問というコンテンツは、

一昨年見事出題的中してましたし、

昨年からの新傾向である四字熟語も入ってますし、

要チェックかと。


数学の計算特訓用のコンテンツも素晴らしいし、

リスニング問題への取り組みの指示も素晴らしいです。

県内受験生はこの素晴らしいコンテンツを利用すべく、

野田塾HPをチェックしてありがたく利用させてもらいましょう。

こちらからどうぞ。






合言葉は

「もらえるものは病気でも」

です(笑)




・・・・




大学受験は今日が大きな節目でしたね。

高校受験はこれからだよ。

あと2週弱、全力を尽くそうね。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2011-02-25 23:24 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
お元気様です!
「京セラでは職場でお疲れ様ですの代わりに

 お元気様ですって挨拶しているらしいですよ。」


「まじで?!ソース(情報元)はどこよ?」


「ホンマでっかTVです」

・・・

・・




微妙~!




テレビっ子の廣瀬先生が自慢げに言ってました。

ソースがホンマでっかではありますが、面白い情報です。

これからの挨拶は「お元気様です」にしようぜ。

なんてふざけて話していたのですが、

どうやら本当になりそうな流れになってきました。



「お元気様です」推進隊長の廣瀬先生は率先して

「お元気様です」と、恥ずかしげもなく挨拶をしています。

副隊長の澤木先生も調子に乗って「お元気様です」と返事を。



んー、確かに「お疲れ様です」より「お元気様です」のほうが

力はみなぎりそうですよね。

問題はただ一点。

ちょっと響きが照れますよね(笑)



今週末の講師研修会で多数決を取ってみたいと思います。

スタンダードな同僚の挨拶、「お疲れ様です」で行くのか、

真新しい挨拶、「お元気様です」で行くのか。



来週月曜から不自然な挨拶で皆が挨拶していたならば・・・

「お元気様です」が勝利した証ですね。


結果楽しみです。




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2011-02-25 23:21 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
素直は才能
先日の定期テスト前日の話です。

英語のテスト前日に単語カードに英単語を書きはじめていたMさん。

これはまずいなということで、自習しているMさんに声をかけることに。

ソフト部のMさんなので、Mさんに合わせて声をかけました。


「いい?今からMがやろうとしてる勉強は、テスト前日にすべきことじゃないんだ。

 例えるならば、ソフトの練習試合の前日に腹筋を始めるような感じなんだよ。

 試合の前日だったらすべき練習は筋トレじゃないのはわかるでしょ?」



こんな台詞からはじめて、英語はどうやって勉強していくべきかを細かめに話しました。

簡単に言うと、「教科書の本文を読んで訳ができて、全文英作文ができるようになると、

文法の吸収スピードも英単語暗記スピードも全然違うから、まずは全文英作文を目指そう。

単語は文章の中で覚えていくのが理想だよ。日本語も単語から覚えたわけじゃないでしょ。

言葉の勉強は音読が命だから、音読を大切にしてやっていこう。」なんて内容ですね。

「今回はもう前日だし、無理かもしれないけど、次からこの方法を試してごらん。」

最後にこんな風に伝えたんですよね。

(そのときの様子は以前少しブログに書きました



・・・



さて本日、定期テスト後初めての水曜自学でした。

テストの結果を順に聞いていっていたのですが、

Mさんに聞くと、どの教科もよく点数が取れていたんですよね。

しかも、前日に単語カードに英単語を書こうとしていた

レベルであったはずなのに、英語がよく取れていました。


「頑張ったね!前日に単語練習しようとしてたわりには凄いとれてるじゃん!」

そう話しかけると、Mさんが言いました。


「あー、前日に覚えれたんですよ」


ほう、頑張っていろいろ覚えたんだろうなぁ・・・

なんて思いながら、その台詞は軽く聞き流していました。



・・



しばらくすると、彼女は英語の勉強に取り組んでいました。

どうやら教科書ガイドを見ながら、

ブツブツと本文を読みながら暗記をしているようです。







あれ?

よく考えたら、あの日伝えた内容を

すぐに実行して取り組んでいるってことか?


まさか、「前日に覚えれたんですよ」と言う台詞は、

前日に本文の全文英作文をやって覚えれたっていう意味だったのか?




日々真面目に取り組む子なので

たしかに細かく学習法を伝えはしましたが、

すぐにそれを試すべくやってみて

そしてそれを今も継続して取り組んでいるなんて・・・

んー・・・



「この子は伸びるわ。」



思わず心の中でつぶやきました。



素直って才能です。

「性格が学力の伸びるスピードを変えたりする」

という事実のとても良い例ですね。



ぶつぶつ言いながら自学ノートに

教科書本文の自己テストに取り組むMさんに感動しました。

これからのMさんのさらなる伸びに期待します。

そして、さらに伸ばすべくアドバイスをしていきたいと思います。




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2011-02-23 23:28 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
普通では無い個別指導を
4月からスタートする来年度の話ですが、

4月からは塾生全員がもっと塾に来て

もっと自習をするようなシステムに変更したいと思っています。



大半の人が家で勉強はできない!!

家で勉強できる子は塾に通わない!!


塾に自習に来る生徒と、

呼びかけても来ない生徒では

成績の上がり方が大きく違ってくる!!


正しい勉強方法で長時間勉強することが最強!




こんな想いを形にするには、

生徒たちがもっと自習に来るような

システムにすべきだろうと思ったわけです。






あまり急で突飛な変更は迷惑をかけますが、

新しい学習習慣を始めるには4月がベストですよね。

個別指導のフレキシブルなところは残しつつ、

真綿で首を絞めるように、

来てくれる生徒たちの学習量を必修で増やしていきます。




せっかく個人経営の塾ですから、

普通の個別指導塾ではもったいないですよね。

万人がやれるシステムの塾である必要はありません。

私だからこそやれるシステムを入れてみてもいいでしょう。



「あー、あそこの塾は、一応指導形式は個別指導だけど、

 普通の個別指導じゃないらしいわよ。けっこう勉強させられるみたい。」



こんな台詞をお母さま方の育児トークでしてもらうのを目指して、

普通では無い個別指導塾を作っていきたいと思います。




・・




「ディズニーランドは永遠に完成しない。

 世界に想像力がある限り成長し続ける。」


ウォルトディズニーの一番有名な言葉です。

ディズニーに並べて書くのは超おこがましいですが、


「さくら個別は永遠に完成しない。

 私に想像力がある限り成長し続ける。」


ということですね。

・・・

・・




大変です!!

カッコつけすぎて

歯がめっちゃ浮いてきてます!!(笑)




***



そんなわけで、

今来てくれている生徒たちも、

これから来てくれる生徒たちも、

一緒に気合い入れて勉強していきましょうね♪




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2011-02-22 20:34 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
公立高校推薦入試全員合格
公立高校推薦が全員合格でした。

今年は4名が公立推薦入試を受験したのですが、

見事でしたね。



「公立推薦は本当にクジのようなものだから、

 受かったらラッキーぐらいで考えよう」

と毎年言ってきましたが、

公立推薦が全員合格というのは

開校以来初めてかもしれませんね。




見事合格を勝ち取った4人、

本当におめでとう。


1日2日は浮かれてもいいけど、

そこからは再び気合いを入れ直して勉強していこう。

ご存じのとおり、君たちの人生は始まったばかり。

マラソンに例えるとスタジアムをようやく出たところだ。

気を抜かず勉強していこうね。


気を抜くなと言っても抜けてしまうのも理解できるから、

抜けないように塾に自習に来て、

一般受験の皆と一緒に勉強していこう。


一般入試組が走り終えるまで、力強い並走お願いね。





・・・




早起きして合格発表を各校に見に行って良かったです。

今日はめでたいので、帰ったら

プレミアムモルツをいただきましょう。

調子こいて500mlにしようかな(笑)





今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2011-02-21 20:14 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
2010年マイベスト本10 (前編)
本日OFFです。

余談を少しお送りします。


今さらではありますが、

今日は私が2010年に読んできた本の中で

良かったと思う10冊の本をご紹介したいと思います。

2010年読んだ本のマイベスト10です。


一度こういった記事を書いてみたかったんですよね~。

この10冊を選ぶためにアマゾンの購入履歴を

遡っていく作業が楽しかったです。

アマゾンのアファリエイトがエキサイトでも使えるようになったそうなので、

アマゾンへのリンクを貼りつつご紹介していきたいと思います。

では10位から参ります!




◆10位◆
なぜド素人経営者の焼肉屋は繁盛したのか?
 たむらけんじ著

e0092453_21435768.jpg


















以前、こちらのブログでもご紹介しました。

つまらない芸しか持っていないたむらけんじが芸能界で残っている訳がわかりました。

とても真面目で勉強熱心な一面、経営に関する鋭い視点、とても新鮮で面白かったです。

新書ですし、薄いですし、気軽に楽しめる1冊だと思います。



◆9位◆
出稼げば大富豪 (調子ぶっこきシリーズ)
 クロイワショウ著

e0092453_21435341.jpg















こちらも以前ブログでご紹介しましたね。

みかみ塾@山口県のみかみ先生がブログで紹介してらっしゃった本です。

シンプルで読みやすい。それでいて言葉に深みがある。

軽快な会話調で書かれた面白くもタメになる自己啓発本です。

4作出ていますが、やはり最初に出たこの作品が一番面白いですね。



◆8位◆
残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法
 橘玲著

e0092453_21434969.jpg


















橘さんの著書は好きで全て読んでいます。

賢い橘さんが身も蓋も無く正しいことを淡々と面白おかしく書いていきます。

これから幸せに生きていくためには、

「伽藍を捨ててバザールに向かえ」「恐竜の尻尾のなかに頭を探せ」

とのアドバイスを。この著者の本は大人しか面白くないかもしれませんが、

ハマると抜けられません。



◆7位◆
落ちたって、いいじゃん! 逆転発想にこそ難関中学合格のカギがある
 金 廣志著

e0092453_21434369.jpg


















この本もブログで紹介しました。この本からヒントを得て、模試のやり直しについて

より具体的に指導できるようになりました。塾人にとっても勉強になる良書ではないかと。

著者の壮絶な生い立ちを経て塾の業界に入るまでの話も素晴らしかったです。

こちらにもこの本の紹介がありますので、興味あればどうぞ。



◆6位◆
物乞う仏陀
 石井光太著

e0092453_21433888.jpg



















この本もみかみ先生に教えていただいた本です。

この本が本当に凄かった。

1年で一番感情を揺さぶられた1冊でした。

アジアの国々で生きる物乞いや障害者の生活を取材した本なのですが、

人間としての最底辺の生活が生々しく描かれています。

心臓をグーっと握られるような感覚が本を読んでいる最中に何度も襲ってきます。

「だからこうすべきだ」なんて軽々しく口にできない絶望的な状況がそこにあります。

生徒にも「今現在も世界で起きている事実」として知っていて欲しいと思います。

ただ、勧めるのは高校生以上ですけどね。




***



以上、10位から6位までご紹介しました。

この記事を作るのが意外に手間取ったんで

5位から1位はまた後日ご紹介させてください。


ランキングの続きは誰一人興味無くても、

自己満のために勝手に紹介させていただきますからね(笑)



ご紹介した本の中で興味あるものがあれば

全て塾の本棚に置いておきますので、

是非読んでみてくださいね♪






・・・


さあ、入試も佳境に入ってきました。

中1・中2も定期テストが終わったので

次学年へ向けての仕込みに入ります。

今週も気合い入れていきましょう!


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2011-02-20 23:14 | その他 | Trackback | Comments(2)
成績を上げる褒め方・下げる褒め方 2
さて、昨日の続きです。

成績を上げる褒め方・下げる褒め方という内容を書いていましたね。

昨日の結論としては、

「才能をほめると知能が下がる

 努力をほめると知能が上がる」

でしたよね。



紹介した本ではここからもう少しだけ続きがあります。

とても大切なところなので、引き続きご紹介します。




ところで、このほめ方の影響力の調査から、

もうひとつショッキングな事実が明らかになった。



生徒全員に「私たちはこれから他の学校に行きます。その学校の生徒に、

どんな問題が出たかを教えてあげてください」と言って紙を配った。

その紙には自分の得点を書きこむ欄も作っておいた。



信じがたいことに、〈能力群〉の生徒の4割近くが、得点を高めにいつわって書いていた。

こちこちマインドセットの子にとっては、間違えるのは恥ずかしいことなのだ。

頭が良いのなら、なおのこと。それで点数をごまかしたのである。



頭が良いと言われると、ふつうの子どもでも

ウソをつくようになったことに不安を抱かざるえない。

子供に「あなたは頭が良い」と言ってしまうと、
その子は自分を賢く見せようとして
愚かなふるまいに出るようになる。




われわれはそんなことを望んで「頭が良い」「優秀」「才能がある」とほめるわけではない。

子どもからチャレンジ精神を奪い、成功への道を閉ざしてしまおうなんて、

そんなつもりは毛頭ない。けれども、実際にはそういう結果につながる

危険をはらんでいるのである。




・・・


どうですか?

子供に接している大人たちはドキドキしませんか?

子供が勉強の結果に対して嘘をついたりするのは、

元の原因を辿ればその大人自身かもしれないってことですよね。

4割近い生徒が点数を偽っていたんですよ?

接し方一つでこんなに変わってしまうんですね。


昨日からの繰り返しになりますが、

大切なので何度でもお伝えしましょう。


「褒めるときにはその努力を褒めてあげましょう」



私も肝に銘じておきます。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2011-02-19 20:51 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)