愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@にして送信を)
記事ランキング
検索
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
最新のコメント
> ひかぽんさん 作り..
by sakura-kobetu at 18:57
その101匹わんちゃんの..
by ひかぽん at 12:35
昨日やられました❗何か悔..
by ヒロシ at 04:21
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
ブログジャンル
<   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
日本っていいなぁ
本日岩倉へ帰ってまいりました。

中部国際空港に着いて、

久々に日本のサービスに触れてこう思いました。


「やっぱり日本って凄いなぁ。日本っていいなぁ。」


離れてみて初めてわかる感覚があるのですが、

久々にそうしみじみ感じました。




今日は帰りの飛行機に乗る前に、

朝から香港の繁華街にある「糖朝」という店へ行きました。

そう、名古屋駅前高島屋に入っている、

マンゴープリンで有名なあの糖朝です。

香港の本店を攻めてみたわけです。



店内はとてもキレイで、席数も多く、落ち着いた雰囲気がありました。

スイーツだけではなく、一通りご飯も食べることができる店なので、

豪華な内装のロイヤルホスト・・・といった感じでしょうか。

さすが有名店です。キレイですし、日本人率も高めですね。



席に案内されてしばらくすると店員のおばさんがやってきました。

注文用紙を置いたあと、注文記入用の鉛筆を・・・

なんと、机に投げてよこしました!

コロンコロンと転がり止まった鉛筆を見て

思わず笑ってしまいました。


「惜しいなぁ・・。ここまでキレイな店内と美味しい料理だからなおさら。

 机に投げてよこすとかは中国では普通なんだろうけど、

 それをスッと置くだけで大違いだということが誰かわからんのかな?」




今日のこの出来事があって、最初に書いた私の感想があるのです。

「やっぱり日本って凄いなぁ。日本っていいなぁ。」




良いところ悪いところがどちらの国にもあるわけですが、

今回は特に「きめ細やかなサービス」と言う面で

日本の良いところが浮き彫りになりましたね。


また来年のこの時期に、他国を見に行きたいと思います。



・・・


中華料理が続いたので、

明日はうどんとか食べたいです。

いや、お茶漬けかな。

胃腸を休めたいと思います。



今日はこのへんで。

それでは。


マカオのホテル「ザ・ベネチアンマカオ」の豪華天井壁画
一緒に撮りたくて、床にカメラを置いての撮影ですw
e0092453_0342036.jpg



















e0092453_0342528.gif

[PR]
by sakura-kobetu | 2011-04-30 23:49 | その他 | Trackback | Comments(0)
メイドインジャパンのパワー
香港でテレビを見ていたら、

日本の「養命酒」のCMがやっていました。

その養命酒のCMの最後に入ったテロップに

ドキっとさせられました。

そのテロップとは・・・


「全製品日本で作っています」





これは凄いです。

この一文の意味はとても重いです。



日本製であるということが、

その製品の品質の高さを証明しているということです。

これが宣伝文句になってしまうということは、

それだけ日本に全幅の信頼を寄せているということですよね。



香港で見た「養命酒」のCMで

日本人であることを誇らしく思いました。



・・・



講師たちを連れて案内した旅も明日で最後です。

明日帰国します。

帰ったらひとまず空港できしめんを食べることにしますw



今日はこのへんで。

それでは。


マカオのホテル「ザ・ベネチアンマカオ」の豪華ロビー。
無論入っただけです(笑)
e0092453_0373880.jpg







































e0092453_0374258.gif

[PR]
by sakura-kobetu | 2011-04-29 23:27 | その他 | Trackback | Comments(0)
異国での待ち合わせ成功
異国での待ち合わせ成功しました。

ブルースリー像の前で各国の観光客が

照れながらブルースリーのポーズをして撮影する中、

6人でがっちりブルースリーポーズで撮影してきました。

シャッターを押してくれた中国人カップルありがとう。
e0092453_0395271.jpg


















朝から晩まで香港初心者の講師たちを案内して回りました。

やはり中華料理は大人数で食べるといろいろ味わえていいですね。
e0092453_0395515.jpg





















脚は棒になりましたが、楽しかったです。

明日はマカオを案内です。

今日はこのへんで。

それでは。







塾人だからできる震災復興支援のお誘い

e0092453_0395856.gif

[PR]
by sakura-kobetu | 2011-04-28 23:42 | その他 | Trackback | Comments(0)
ろえべを俄然応援するぞ
香港より更新しています。

香港は本土の中国人観光客のパワーに包まれていました。

どこもかしこも中国人観光客一色。

繁華街の中心にあるルイヴィトンの路面店には、

入口に中国人が入店待ちの行列を作っていました。

焼きドーナツの行列のみたいに軽くヴィトンに並ぶものです。

中国のパワーをまざまざとみせつけられました。



・・・



中国パワーにも驚かされましたが、

一番胸が熱くなったのははデパートにあったこのディスプレイです。
e0092453_2334844.jpg


















大きなディスプレイスペースには売りたい商品を展示せず、

日本を応援するというメッセージと桜だけ。

よく知らないブランドですが、大田先生が言うには

革製品で有名なスペインのブランドとのこと。

Loeweと書いて「ロエベ」と読むそうです。





どんなの作ってるか知らんけど、ろえべ、ありがとう。

もしも日本で見かけただけならば

「お前コビ売ってるだけちゃうんか!?」

なんて勘ぐってしまいそうですが、

日本から遠く離れた香港の地で見てしまうと

ろえべの本当の熱い気持ちが伝わってきます。

チムサーチョイのデパートだけでなく、

セントラルのデパートでも同じディスプレイを見かけたよ。




んー。

ろえべ、俄然応援するぞ。

今度なんか買ってみるね。





香港で熱い想いになった今日でした。


今日はこのへんで。

それでは。


塾人だからできる震災復興支援のお誘い

e0092453_23333078.gif

[PR]
by sakura-kobetu | 2011-04-27 23:45 | その他 | Trackback | Comments(0)
初代打!
はじめまして。

昨日ご紹介にあずかった講師の廣瀬(ヒロセ)です。

mixiやらtwitterといった類のものはやったことがないので

あまりこういうことは得意ではありませんがガンバります。


今日の夕方6時ごろ、自宅のドアの前にたどり着き、

鍵を取り出そうとかばんの中をあさっていました。

しかし見つからない・・・

それもそのはず、今日はいつもと違うかばんを持ち歩いていたので

鍵は家の中です(T_T)

またタイミングも悪いことに母も帰りが遅くなるとのこと・・・

ドアの前でボーっと待っているのも何だったので

友達に車を出してもらってご飯を食べに行くことにしました。

目的地は北名古屋市にあるインドカレー料理店「ブシャーン」

車で15~20分ほどで行けるという便利さと、

僕の知るインドカレー屋の中ではBEST1の味を誇っているということでよく利用します。

CoCo壱と比べるとあっさりした味付けで、

ご飯好きな私もそこではナンを主食にいただいています♪

ぜひみなさんも一度足を運んでみてください(^0^)


大した話ではございませんが、この辺で〆ようと思います。

お付き合いありがとうございました。
[PR]
by sakura-kobetu | 2011-04-26 23:36 | Trackback | Comments(0)
旅先で待ち合わせを
明日から香港へ行ってきます。

先日書いたように、講師たちと現地の

ブルースリー像前で待ち合わせしてます。

旅先での待ち合わせが私の小さな夢でした。

楽しみです。

楽しみ過ぎて参加講師への旅行詳細案内を

旅行広告風に作っちゃいましたw

我ながら旅行代理店の棚にささってそうです(笑)
e0092453_1957030.jpg































現地での行動を明後日から香港に来る

講師たちと2日間行動を共にしようと思ってます。

楽しんできます。

・・・

・・



さて、毎年海外へ行く時にはこのブログを書いてもらうために

代打をお願いしているのですが、今年は1人だけにお願いしました。

どこの海外へ行ってもネット環境は整っているが、

初日だけは不安なので1人にだけお願いしたということです。

代わりに書いてくれる代打をご紹介をします。




明日26日に代わりに書いてくれるのはさくら個別講師の廣瀬先生です。


先日のカードゲーム「ドミニオン大会」での優勝者でもあります。

廣瀬先生の主戦場は屋内です。基本的にゲームやらマンガやら麻雀やら、

そんなことばかりをしている昭和の香りのする大学生といった人物です(笑)


「先生、新しいエヴァンゲリオンのパチンコ出ましたよ」なんて誘ってくれるものだから、

年に1度ぐらい廣瀬先生とパチンコに行きますw


「先生、劇場版エヴァンゲリオンが公開されましたよ」なんて誘ってくれるものだから、

廣瀬先生と二人でエヴァンゲリオンの映画を観に行きましたw

私に遊戯王カードを指導してくれた貴重な人でもあります(遊びばっかw)




そんな遊びに一生懸命な廣瀬先生ではありますが、

この香港旅行は就職活動のため泣く泣く我慢を。

その上ブログのお留守番を1日してもらうことに。

ありがとうね、廣瀬先生。

土産にどうでもいいもの買ってくるね♪


そんな廣瀬先生に明日の更新を任せました。

普段からこのブログを読んでくれているようなので、

このブログの雰囲気はわかっているはず。

あまりオタク全開な記事を書いて読者を

置いていかないよう気をつけて、楽しんで書いてくださいね。








・・・




明後日に現地から更新しますね。

いってきます。


今日はこのへんで。

それでは。


塾人だからできる震災復興支援のお誘い

e0092453_20185784.gif

[PR]
by sakura-kobetu | 2011-04-25 20:32 | その他 | Trackback | Comments(4)
先日ご紹介した「超訳 ブッダの言葉」を再び読み始めています。
e0092453_2234664.jpg

















長谷部誠は「超訳 ニーチェの言葉」が良かったなんて著書で言ってましたが、

私にとってはニーチェの言葉よりも、ブッダの言葉の方が心に刺さりました。

マイブーム仏教強しです。

明後日から出かける旅行にもこの本だけを持って行こうかと考えています。




本は全部で12章に分かれています。

その最後の章は「死と向き合う」というタイトルがつけられています。

訳者の小池龍之介さんがこの内容をあえて最後に持ってきたそうです。

一般的に恐れられていて、逃げれるものなら逃れたいと思われている「死」について

正しい認識を持つことで、穏やかな心を持ち続けるようにしよう。

そんな教えがこの章に繰り返し書かれています。



私にとってこの章はなんだか妙に気にかかるんです。

死についてはやっぱり逃げれるものなら

逃げたいと思ってるからでしょうか(苦笑)




気になっているこの章の中の1節をご紹介します。




君にもいずれ、死が訪れる

君にもやがて身体が崩壊し、死が訪れるときがくる。

その崩壊のときがくる前に、君に話しておくべきことがある。

「欲しい欲しい、足りないよ!」という欲望を手放して、安らぐこと。

過去から貯めこんできた記憶(おもいで)への執着を手放して、

軽やかに、今この瞬間をよけいなことを考えずに生き抜くこと。

そうすれば、すべてのことに「ま、いっか」と

心はすこぶるやわらかくなるだろう。

経集849





誰にでも死は必ず来るから、

ビビって無いで日々を

穏やかに一生懸命に過ごしなよ。



改めて書いてみるとどこかで

聞いたことのあるようなフレーズではありますが、

この事実を心から理解して実践できたならば、

今よりももっと日々穏やかに、日々一生懸命に

過ごせるのかもしれないなぁ・・・

そんな風に感じます。




・・・・



5年前、私はインドに旅行に行きました。

その旅の途中にヒンズー教の聖地であるバラナシに行きました。

その街は聖なる川ガンジス河のほとりです。

そこには火葬場があり、亡くなったヒンズー教徒が

そこで焼かれて川に流されていました。

ヒンズー教徒にとってそれは幸せなことなのだそうです。

天命を全うできなかった病死の人や事故死の人は

焼かれずに布にくるまれてそのまま川に流されていました。

そんな火葬場のすぐ近くにホテルやレストランがあり、

少し離れたところでは沐浴をしたり泳いだりしていました。

インドでは日常の中に「死」がありました。





では日本では日常の中に「死」はあるかというと・・・

牛・豚・鶏を食べるために殺してその肉を食べているのに、

私も含めスーパーのパックになったところからしか知りません。

道路で車にひかれたのら犬やのら猫は通報する市民と市の職員のおかげで、

半日も経たずにその亡骸は道路から姿を消します。

日本では火葬場のすぐ近くにホテルやレストランがあるわけ無いです。

日常の中に「死」はありませんね。



・・・



私が「死」というものが遠い日本人だからこそ、

この死について書かれた最後の章が妙に気になり、

「死」に対して心だけでも準備したいなぁって

感じているのかもしれませんね。



2読目のこの本、3読4読して味わいたいと思います。




・・・



OFFだからといって好きに書いてみたら、

妙に暗い記事が完成しました(笑)

タイトルも「死」ですし(苦笑)

この暗さの理由は・・



スパイスの力で胃腸風邪をぶっとばせ!

と調子に乗ってインドカレーを食べに行くという

胃腸にとって最悪の行動をとったことで、

胃腸の調子は上向くどころか完全破壊。

そこからトイレに住むぐらい通い続け、

今日は朝から梅干2粒しか食べれなかった。

という私の近況が影響しているかもしれませんね(笑)







今日はこのへんで。

それでは。


塾人だからできる震災復興支援のお誘い
e0092453_2332764.gif
[PR]
by sakura-kobetu | 2011-04-24 23:09 | その他 | Trackback | Comments(0)
池上彰のわかりやすさを探る
今日より長いOFFが始まります。

しばし余談にお付き合いください。


・・


今日はOFFに入ってゆっくりと池上彰の本を読むことができたので、

先日予告したように「池上彰のわかりやすさ」を探ってみたいと思います。

池上さんの著書6冊と、ウィキペディアと、WEB検索と、自分の感想を元にお送りします。



「池上彰のわかりやすさ」の基礎を作ったのは、

彼が11年間出演していたNHKの番組「週刊子供ニュース」です。

1週間のニュースを子供にもわかるように放送する番組で、

彼はここでニュースを文字通り「子供にもわかるように」説明し続け、

ニュースをわかりやすくする修業を積んだのです。



この番組に出て修業を積むことで、

池上彰が手に入れたわかりやすさの秘訣は

大きく3つあると私は思います。



挙げてみます。

●わかりにくい言葉を使わず、
 わかりやすい言葉を使うことを心がけたこと。

●ニュースを聞く側に立った口調で話し、
 聞く側の興味をひいて話していること。
 
●伝えるためによく調べて、
 その上推敲を重ねていること。



以上です。


一つずつ見てみます。




●わかりにくい言葉を使わず、
 わかりやすい言葉を使うことを心がけたこと。


これについてはとても具体的に本に書いてありました。

「カタカナ用語」「漢語表現」「四字熟語」「~的~性」、

「そして・それから」「順接の(が)」「ところで・さて」「いずれにしても」「絵文字」・・・

わかりにくくなる原因であるこれらの言葉を極力使わないこと。

そして、マジックワードである「大変なんです」「つまり」「言い換えれば」

なんて言葉を加えて話すと良いと書いてありました。

とても具体的です。ありがたい!

そして(!!)、わかりやすくするために使わない方がいい表現を

このブログでめちゃめちゃ使ってました(苦笑)


あとは、ニュースで扱われる難しい言葉の

その一般的な認知度を11年の修業で正確に掴み、

話す相手によって使用する言葉のレベルと説明の深さを

適切に変えることができるんでしょうね。





●ニュースを聞く側に立った口調で話し、
 聞く側の興味をひいて話していること。


 「○△鉄道会社は運賃を値上げすることになりました」

と伝えるよりも、

 「皆さん、○△鉄道会社の運賃が値上がりしますよ」

と聞く側に立って伝えることでメッセージを強く伝えることができる・・

こんな風に本には書いてありました。

少しの違いのようで、聞く側からしたら大違いですね。


聞く側の興味をひく話し方がされているわけです。

聞く側の気持ちを高めるために池上さんが使用する

「良い質問ですね」は、流行語大賞にもノミネートされ、

彼の代名詞のようになりました。

実際私もパソコン教室で先生にこの台詞を使ってもらった

ことありますけど、テンションあがるんですよねぇ(笑)

聞く側の興味を引く喋りと相槌が素晴らしいということです。



最後、3つ目です。

最初の2つは即効性があり、

今から真似のできる具体的な内容ですが

3つ目だけはそうもいきませんね。



●伝えるためによく調べて、
 その上推敲を重ねていること。


「人に理解してもらう」ということを目指して調べると、

格段に理解が深まるそうです。

確かに私たち塾講師も生徒に理解してもらうことを

想定してした調べ物は理解が深いですね。

「子供に理解してもらう」ことを目指してニュースを調べた

池上さんは相当理解が深くなったことでしょう。


そして、そうして調べた内容を推敲するのです。

(推敲とは文章を何度も練り直すことです)

「もう一人の自分にチェックさせる」

「プリントアウトして読み直す」

「寝かせてから見直す」「音読する」

「上司や先輩に読んでもらう」などなど・・


世に出すまでにしっかりと情報が下ごしらえされてるんですね。



・・・・


以上、わかりやすく伝わるようにわざと3つにまとめてお送りしました。


最初は「池上彰のわかりやすさを池上彰よりわかりやすく伝える」

というタイトルで書いていたのですが、

ハードルの高さが自分の身長を越えたので撤退しました(苦笑)

情報をまとめるって大変ですね。


なんとか3つにまとめたので記事を終えたいと思います。

こんな感じで勘弁してください中村先生(笑)



今日はこのへんで。

それでは。





塾人だからできる震災復興支援のお誘い
e0092453_095677.gif

[PR]
by sakura-kobetu | 2011-04-23 22:47 | その他 | Trackback | Comments(0)
授業態度監視システム
e0092453_1823452.gif
















明日からゴールデンウィーク休暇に入ります。

丸2週間のお休みです。

その長さに耐えられる宿題を出しておきましたので、

キッチリとやってきてくださいね。

やれていないときにはキッチリと追い込んでいきますからね♪



・・・



メイン中学である岩倉中学は3年生の人数が多いです。

全7クラスある岩倉中ですが、4組を除いて

全てのクラスに3人以上塾生がいます。

これがとてもいい効果を発揮するのです。


授業態度の様子が私に筒抜けになるのです。



3年生の授業が始まる前から、

やんちゃな男子たちに口を酸っぱくして言ってきました。

「やんちゃは中2まで。授業態度と提出物は完ぺきにして

 内申を良くしていくこと。」

中3からの内申だけが入試に関わる愛知ならではですね、この台詞は。



新学年が始まりしばらくして学校の授業での様子が耳に入ってきます。

「やばいよ。俺スゲー真面目にやってるよ。」

「発言とかしてるよ。」

なんていう素晴らしい報告に混ざって・・・


「あいつやべーですよ。今日なんて授業参観だったのに先生に怒られてましたもん。」


「あいつの授業態度終わってますよ。いつも寝てますよ。」


なんて報告も。

ありがたい報告です。

各クラスに塾生が複数人いるからこそですね。



いつも寝ているという彼は「そんなことないっすよ。聞いてますよ」

なんて昨日聞いたときにはとぼけていましたが、

同じクラスの他の生徒から再び情報を得ました。

「席は一番前なのに、だいたいの授業で寝てますよ」


あー、こりゃダメだ。全力で指導決定です。

本日自習に来た彼を捕まえ早速話しました。


「お前、違う生徒にも授業態度聞いたけど、

 その子はお前は一番前の席なのにいつも寝てるって言ってたぞ。」


「そんなことないっす。ちゃんと聞いてるっす」


「でも複数の人間がお前を貶めるためにウソついたりするか?そんなわけねーだろ?

 ゴールデンウィーク明けにもう一度同じクラスの3人にお前の授業態度を聞いてみる。

 それでもしもいつも寝てるなんていう返事があったら・・・・俺お母さんに電話するわ。

 学校でいつも寝てるみたいです。せっかく塾に来て真面目に勉強しているのに

 これでは意味が無いですって」


「いやっ、やめてください。それは無いっす・・・・ゴールデンウィーク明けですね?

 授業態度を聞くのは。明日からちゃんとするんで大丈夫っす。」



うん、教室内に複数の目があるというのは素晴らしいですね(笑)

人間は楽な方に流されやすい生き物です。

本来その授業を持つ学校の先生に直してもらいたいのですが・・・

厳しくやる先生ばかりじゃないですからね。




ゴールデンウィーク明けの聞き込みが楽しみです。





今日はこのへんで。

それでは。




塾人だからできる震災復興支援のお誘い
e0092453_19584291.gif

[PR]
by sakura-kobetu | 2011-04-22 20:01 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
受験を迎える中3生保護者様へ
全国学習塾協会は被災児童支援塾を募集しています

e0092453_14191175.gif





本題です。

いよいよお子様たちは受験学年を迎えます。

今年一年の指導の流れをご説明します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月
5月 … 単元テスト(市外中学定期テスト)
6月 …【第1回定期テスト】
7月 … 塾にて保護者面談実施
     【夏期講習】
8月 …【勉強合宿実施】
9月 …【入試対策講座前半開始】
10月…【第2回定期テスト】
11月…【第3回定期テスト】
12月… 塾にて保護者面談実施
     【冬期講習】私立高校決定
1月 …【学年末テスト】
     【入試対策講座後半開始】
    私立推薦入試
2月… 私立一般入試・公立推薦入試
3月… 中学卒業・公立一般入試

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この1年指導させていただく上での連絡事項を記しておきます。

 ● 保護者面談は2回設定しています。夏か冬かいずれかはご参加ください。
   →志望校の相談・確認や指導の方向性の確認をします。

 ● 部活を引退した9月より、土曜日を利用した全12回の入試対策講座を行いますが、
  公立高校志望の生徒に関してこの講座の前半6回を必修受講とします。
   →入試へ向けた学習法の指導と学習の絶対量の確保のため必修としました。
  費用は昨年実績で前半24,000円(教材2冊込)でした。

 ● 私立入試志望の生徒は基本的に内申対策を最優先に、定期テストで点を取ることを
  目標に指導させていただきますので、入試対策講座は自由参加とします。

 ● 部活を終えた9月以降、水曜自学の他に、80分のコマを2コマ分自習に来るよう、
  生徒に強く勧めていきます。昨年の入試結果を見ても、部活を終えてからの努力の量
  が比例して入試結果に反映されています。家でしっかりとやれている子以外は参加さ
  せてあげてください。送迎等のご負担おかけしますが、よろしくお願いします。

精一杯指導させていただきます。一年間よろしくお願いいたします。   塾長 國立拓治



・・・


・・





というレターを昨日配付した授業料納入袋に封入する予定であったのですが、

すっかり忘れていました(苦笑)


来月の納入袋配付時に中3生には封入してお渡ししますのでお願いします。



もっとも、ブログをご覧になっていない方々のために作ったレターですから、

この文面をご覧頂いている保護者の方々には必要ないんですけどね。



・・・



昨日は第一回愛知全県模試の返却も終えました。

教室に掲示してある高校合否の資料がようやく生きてきます。

e0092453_21335056.jpg


















今までは自分の偏差値がわからず、どこか他人事でしたが・・・

この模試の返却によって自分の偏差値が初めてわかり、

いよいよ自分の話として数値にリアリティーが出てきたことでしょう。



自習終了後、帰りがけにずっと高校合否の資料に見入ってる中3生がいました。

「・・そうだよな。ようやくこの資料がリアルになってきたな。どうよ?」

そう話しかけると、掲示してある1つの高校を指して、


「俺この高校に行きたいです。

 でもまだまだ内申も実力も足りないから、
 
 明日から毎日自習に来ます。」



おおっ!わかりやすく火がつきました。

いいねぇ。入試情報を掲示しておいた甲斐があります。

こっちも気合いが入りますね。



・・


このエピソードをご紹介したのは

正に受験を迎える中3生保護者様に読んでいただくためです。


「ほら、塾に毎日自習に行くって言ってる子いるわよ!

 あんたも1日ぐらい行ったらどう?」


なーんて家庭での会話を少し期待してです(笑)



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2011-04-21 20:47 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)