愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@にして送信を)
記事ランキング
検索
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
最新のコメント
> ひかぽんさん 作り..
by sakura-kobetu at 18:57
その101匹わんちゃんの..
by ひかぽん at 12:35
昨日やられました❗何か悔..
by ヒロシ at 04:21
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
ブログジャンル
<   2012年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
大人の遊び場
OFFです。

余談を。

東京に来ています。

代官山にある大人向けの

TSUTAYA(蔦屋書店)に来ました。
e0092453_23334119.jpg









このTSUTAYA、ただのTSUTAYAじゃありません。

大人好みのマニアックな本ばかりが並んでいて、

店内にはスタバやBARがあります。

購入前の本を優雅なソファーに座りながら

ドリンクを飲みながら読むことができるんです。

大人の遊び場ですよね〜。

東京ですよね〜。

手放しで羨ましいですね〜。


ただ、せっかく憧れて代官山まで来たのに、

ここに到着するまでにカフェに

入ってしまってアイスコーヒーを

すでに飲んでいてお腹タプタプだったので、

この本屋ではゆっくりしなかったんですけどね(苦笑)

いつもながら東京の規模と質の高さに

驚かされます。やっぱすげーな。

何かと勉強になります!


・・・


ショートですが、OFFなので、

今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-06-30 22:56 | その他 | Trackback | Comments(2)
「ゴミ拾い」で「ゴミ捨て」を迎撃!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
配付物について

一部の中3生に保護者面談と模試の案内がまだ配付できていません。

来週の水曜までには配付を完了しますので、もうしばらくお待ちください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



通ってくれている中学生の定期テストが全て終了し、

今日の塾は高校生ばかりで落ち着いたものでした。

テスト期間中にはバタバタしていてできなかったことを

今日は一つ一つこなしていった一日でしたね。


今日はその中でも、

ずっと前からやろうやろうと思いながら

1年近く経過してしまったことをようやく実行しました。


それは、塾周りのゴミ拾いです。

少し離れた塾の駐輪スペースまでの道には駅前ということもあり、

ゴミが結構落ちていたんですよね。

この状況に便乗してうちの生徒がたまにゴミを捨てたりしていました。

発見したときは生徒たち全体に注意をしてきましたし、

捨てた生徒を発見できたときにはキッチリ追い込んで来ました(笑)


まだまだそういったモラルが

身についていなかったりするんですよね。

まぁ子供だから当たり前ですけどね。

本当に痛い目に遭わない限り、ゴミを捨てる生徒は

「地球が汚れること、街が汚くなること、俺困らない。」

てなもんでしょうね(苦笑)




今日私がゴミ拾いをすることにした一番大きなきっかけは・・・


「生徒たちのゴミ捨てには(割れ窓理論)が効くだろう。

 まず駐輪場周りに捨ててあるゴミをキレイにして、

 心理的にゴミを捨てにくくしてやろう。

 それでもゴミを捨てる生徒がいたならば・・・

 そのゴミはとても目立つので見逃すことは無いだろう。

 すぐにうちの生徒の仕業とわかるだろう。

 そんな舐めた生徒は見つけてとっちめてやるぜ!」

です(笑)



ちょっと歪んだ感じのキッカケではありますが、

キレイになるので良しとしましょう。




ようやく「やろう」と心に決めた今日に限って、

恐ろしく日差しの強い暑い日ですw

ゴミを拾うために前かがみになることが多かったので

流れる汗が目に入ってとても痛かったですね。

「いててて」

なんてリアクションしながらも、心の中では・・・


「うわ、なんか俺頑張ってるっぽい!

 なんだか良い人っぽいぞ!」

なんてニヤニヤしてましたけどね(苦笑)



・・・


30分もゴミを拾えば

岩倉市用の可燃用(大)ゴミ袋がいっぱいに。

駐輪場周りはかなりキレイになりました。

これでゴミを捨てるような舐めた生徒たちを

迎え撃ちたいと思います♪



・・・

さて、一部はキレイになりましたが、

駐輪場周りを少し離れるとまだまだゴミが落ちています。

せっかく決心して行ったゴミ拾いですし、

夏休みが始まるまでにもう一度ゴミ拾いを行いたいと思います!

(宣言してしまった効果)で頑張ります!!




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-06-29 23:44 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
教科書やレシピだけで学ぶのは難しい
今日は大田先生の誕生日でした。

日頃塾で一緒に働いていますが

いつも食事の用意は大田先生がしてくれているので、

今日は感謝も込めて、誕生祝いも兼ねて、

私が食事を作ろうということになりました。



「ラタトゥユ」と「鶏肉の南蛮風」と「ベビーリーフのサラダ」

を作ることになり、

朝からカネスエに買いだしに行ってきて、

いよいよ料理開始です。



これが予想以上に大変で、

2時間の奮闘の末になんとか完成しました。

完成した頃にはヘトヘトです。

もう今日の仕事を終えたような疲労感が

身体全体を襲っていました(苦笑)

「主婦って凄い。」

「毎日食事の用意って凄い。」


そんな風にしみじみ思わされましたw



・・・


今日の私の料理の先生はいつもながら

「クックパッド」です。

大田先生が先にレシピを選んでくれていたので、

それに沿って作れば楽勝だろとか思っていたのですが・・・

文字だけを頼りに料理をするというのは結構難しいですね。


例えばこんな表記がありました。

「玉ねぎが透き通ってきたらパプリカを入れ、汗が出るまでしっかり炒めます。」


私の反応は・・・

「汗って・・・まさか俺のことか?俺が一生懸命汗出して炒めろということか? 

 そんなわけないよな!?
 
 パプリカを水分が出るまで炒めることを(汗がでるまで)なんて表現にしてるのか?

 そもそもパプリカって炒めて水分がそんなに出るものなのか?

 んーわからん!!」



例えばこんな表記もありました。


小麦粉をまぶしてこんがりと焼きあげましょう。


私の反応は・・・

「小麦粉ってどれぐらいまぶすんだろう?

 ふりかけみたいに上からパラパラ程度でいいのか?

 それとも天ぷらみたいに全体にべっとりつけるのか?

 料理する人の常識かもしれんけど

 俺にはわからんぞ!

 もうちょっと具体的に書いといてくれよ!」


・・・

・・




いつも日常の多くの場面で

生徒の立場に置き換えていろいろと思います。

今回の料理奮闘の経験から思ったことは・・・


「あぁ、これはまさに(自分ひとりで教科書を読んで理解して

 勉強を進めて行くこと)の難しさを表わしているんだろうなぁ。

 疑問点が湧いたときに一人では解決できないもんな。

 料理にしろ勉強にしろ、それが得意な人に質問をして

 理解を深めるということは、やっぱり大切なんだなぁ。

 一人で教科書やレシピから全てを学んで習得することが

 容易で可能ならば、世の中に料理教室や学習塾が存在してないわな。

 人に聞いて理解を深めるってとても大切。

 生徒たちが自ら質問をできるような仕掛けが施せたらいいなぁ・・・」



でした。




・・・・

 

ちょいちょい大田先生に質問をしながらなんとか完成。

ベビーリーフのサラダが罰ゲームのように酸っぱくなってしまったことを除けば、

料理初心者としては上出来でしょう(笑)

慣れていませんし恐ろしく大変でしたが

たまには作ってみたいですね。



・・・・・・・・・



岩中も千秋中も明日が定期テスト最終日。

最後の頑張りを見せてもらいましょう!

今日はこのへんで。

それでは。

e0092453_22265875.jpg
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-06-28 22:28 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
テスト勉強は慎重かつ大胆に!
テスト勉強に大切な姿勢は

「慎重かつ大胆」です。


なんでも慎重に勉強に取り組むハート弱めの生徒は

問題を解くことができない自分を見たくないので・・・

ひたすらノートに要点まとめをします。

ワークは答えを横に置いてチラチラ見ながら進めます。

答えを見た問題もチェックをつけずにシャーペンで記入していきます。


「テスト当日にできればいいんだから、

 赤ペンでまっかになっても正しくワークに取り組むんだよ」


といくら伝えても、やっぱり強い不快感があるんですよね。

自分の実力の無さで赤く染まったワークができあがるのは。




こういった慎重すぎる取り組みは

覚える・理解する⇒問題演習する⇒間違いを直す⇒覚える・理解する⇒・・・

という勉強のサイクルが出来あがらないんですよね。

ノートまとめばかりの生徒は「覚える・理解する」ばかりで、

「問題演習」が無く、自分の弱点がわかりません。

ワークを答えに頼りながら取り組む生徒は「問題演習する」が中心ですが、

脳への負担が少なく、「覚える・理解する」がしっかりとなされていません。

間違いもチェックせず丸としてしまったら、やはり自分の弱点がわかりません。


・・・・


ハートの強い大胆に取り組める生徒は

大切なことを理解しています。

「テスト当日にできればよくね?」ということをです。

気持ちいいぐらい赤く染まったワークになっても、

赤ばかりのノートができあがってもケロリとしています。

「できないから勉強してるんだよ」

「この赤ができるようになることが勉強でしょ?」

ってなものです。

ただ、大胆でハートが強すぎるのも考えもので、

間違えて当然なんて思いで取り組む生徒は

「覚える・理解する」という部分を飛ばしたりします。

「問題で解いて覚えていけば良いじゃん!こまけーことはいいんだよ!」

と、インプット無しで演習ばかり(苦笑)

実際の問題の答えだけで覚えているので

聞かれ方が少し変わると手が出なくなります。

やはり勉強のサイクルが完成していません。



***



では私の思う「慎重かつ大胆」な理想のテスト勉強の形をお伝えします。

まずは少し慎重に「覚える・理解する」ことからスタート。

ワークが最低6割できることを目指して「覚える・理解する」作業をします。

教科書やノートを読んで覚えることや、要点まとめなどですね。

(要点まとめをおすすめしないのは以前書いたとおりです。)


次に少し大胆に問題演習に入ります。

「テスト当日にできればいい」を合言葉に

間違えたりわからないことが当たり前であるという認識で

恐れず、大胆に取り組むことがコツです。

赤ペンで真っ赤に染まってもドンドン行くのです。

答えを開いて横に置くとかダメですよ。


6割以上マルであったページは

間違いも答えと答えの解説で納得できればOKです。

あとで戻ってきて2周目で直していきます。


マルがほとんどつかなかったページは・・・

それでも一通りワークを終えるために進めましょうか。

そうったページはあとで戻ってきて「覚える・理解する」ところから

やり直せばいいです。そしてマルが増えればいいです。


一通りワークを終えたら、間違えてチェックをつけた問題を

もう一度確認して、マルがほとんどつかなかった単元は

もう一度覚える作業をしたあとで、ワーク2周目に入っていきます。


この取り組みは勉強のサイクルがしっかりできあがっていますよね。



***



まとめます。


テスト勉強は慎重かつ大胆に。

慎重に「覚える・理解する」ことからスタート!

合言葉は「ワークが最低6割できるぐらい!

 時間をかけ過ぎるな!」

そして大胆に「問題演習」を行う!

合言葉は「間違って当然!

 テスト当日にできればいい!」




ですね。


生徒たちの勉強の取り組みを見ていて

強く思ったことを書いてみました。



今日も気合い入れて行きましょう!

今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-06-27 11:06 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
ブレイン☆バトルしようぜ!
学んで遊ぶエデュテインメント教材「ブレイン☆バトル」が

ついに発売されたようです。

「ブレイン☆バトル」とは先日少しご紹介した

学習塾が作成した子供向け学習カードゲームですね。

ホームページはこちら


やはり子供向けであるということと、教育教材であるということから、

あまり「萌え」要素は取り入れていないようですね(笑)

萌え要素が入っていればレアカードの希少性も高まって、

ヤフオクなんかで取引されるようになったら面白いんですけどねw


カードはのほほんとした優しい絵が採用されています。

ルールは・・・パッと見ですが少し込み入っているでしょうか?



早速手に入れてやってみたいと思います。

またやってみた感想をここに書いてみますね。



・・・・・・・・


定期テスト直前。

ショートな記事が続きますが、

今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-06-26 23:53 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
いびつな勉強をしている生徒はよく目立つ
テスト直前です。

教室は授業を受ける生徒と自習する生徒でパンパンでした。

生徒たちに毎日自習に来てもらうことにしたので

生徒たちの普段の学習の様子がよーく伝わってきますね。


目についてしまうのは・・


やる気の無い生徒。

考えなしに好きな教科だけやる生徒。

集中力無く勉強の振りをしている生徒。

脳を使わない作業のような勉強をする生徒。

・・・

・・



いびつな勉強をしている生徒は目立ちますね~。

毎日来てるので、そう言った生徒たちは浮き彫りになってきます。

指導しがいがありますねw

いちいち小姑のように指導してまわってます。



今回の毎日自習はこういった生徒たちの様子が

よくわかったことが大きな収穫でした。

次回はこの結果を踏まえて、もう一歩踏み込んで

指導できるよう指導の方法を考えています。

どんどん硬派な塾にしていきますからね♪



試験が終わるまでは慌ただしい毎日が続きそうです。



・・・


本日はGIFT(旧小関塾)の小関先生が社員を3人連れて久々に来てくれました。

個別指導について、指導について、塾経営について、

いろいろと情報交換させていただきました。

その上講師と生徒へお土産まで。

小関先生ありがとうございました!

今度はGIFTを見学させてくださいね!



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-06-25 23:51 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
塾長会議
現在深夜2時。

伏見の和民で塾長仲間と

塾談義に花が咲いてます。

1教室で塾をやっていると

自分自身が試行錯誤して取り組んだ

1つの経験しか持っていませんからね。

他塾の方々の取り組みを聞かせてもらって

その経験を増やすことができるのは

とても助かります。

自塾に活かせるヒント

持ち帰ろうと思います。



超ショートですが、

今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-06-24 23:59 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
「過去最高」を生徒全員に
「今日のブログの記事は何を書こうか?」

と悩んで煮詰まった時には、

その時に考えていることを書くと決めています。

例によって今日も煮詰まってます(苦笑)




さて、今考えていることは・・・



来てくれた生徒たち全員に

「過去最高の努力」と「過去最高の成果」

をプレゼントしたい。

そのためにどうやって指導をしていこうか!

ということです。



生徒によって学力は違います。

個別指導はその形態も手伝ってか、

学力の違いはとても大きいです。


どこかに一本のライン(目標点数)をひいて

「生徒全員でこのラインを超えることを目指すぞ!」

というのは・・・個別指導では私はピンときません。



どこかに定めたラインを皆で超えることは難しいですが、

生徒一人一人にとっての

「過去最高の努力」と「過去最高の成果(順位)」

ならば生徒全員にプレゼントすることも可能ではないかと思うのです。



言葉にして言うのは簡単ですが、

これが難しいです。




せっかく個人塾ですし、

最高決定機関「俺」ですし、

良いと思ったことは間髪入れず

どんどん取り入れて実行していきます。




明日も教室開放。

気合入れていきます!

今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-06-23 22:03 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
生徒のやる気に頼らない指導を
昨日自習に来ていた中2Kさん。

目を離すといつも「ノートまとめ勉強」をしています。

ここ数日何度もその「まとめ勉強」をテスト直前にすることが

非効率なのかを話してきたのですが・・・・

このまとめ勉強が辞めれないみたいなんですよね。

昨日もフォレスタ理科のポイントページを

せっせとノートにまとめていました。

せっかく重要語句が赤文字になっていて、

赤シートを被せて文字を隠せばすぐに暗記確認が

できるようにしてある教材なのにです。


私はKさんに問いかけました。


「それって、ここに赤シート被せて暗記すれば終わることでしょ?

 ここまで時間かけてまとめ勉強にしがみつく理由がなんかあるんかな?

 (まとめ勉強をしないと気が済まない)のか、

 それとも(このテスト前日にガチで問題を解いてみて

 ほとんど解けなかったりしたらショックで嫌だから

 ガチで問題を解いてみたくない)のかどっちかか?」



Kさんの返事は

「どっちもです・・・」

でした。




この返事はなんだかとても大事な気がしました。

いくら私が勉強に対する正論を振りかざしたとしても

その正論を実行することを妨げる障害を

取り除く手伝いをしてあげれなければ、

私の正論は無駄に終わるということですよね。


「わかっているけど、○○なので実行できない」

の○○について、塾として解決に全力を尽くさなくては

いけないんだろうと強く思いました。



もっと強制力をもって学習をする仕掛けを

塾のルールとしていくことが必要です。

塾のルールであるならば、生徒たちの気合量や覚悟量の違いは

関係無くなります。塾生皆が気合量の多少にかかわらず同じ学習量

を確保できますからね。





あ、これ、書きながら良いフレーズだと思いました。



生徒たちのやる気は波がありますし安定しません。

「やる気がある生徒は良くて、やる気の無い生徒は悪い」

というのは当たり前のようですが、やる気の薄い生徒でも

結果が出るような仕掛けを作っていきたいですね。

「生徒のやる気の大きさに結果が大きく左右されない指導」

を目指して精進します。

次の定期テストはもっと生徒に頑張ってもらうこととします。




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-06-22 23:55 | 塾日記 | Trackback | Comments(2)
絵描きはつらいよ
一昨日の記事は「誘惑四天王」というタイトルで書きました。

家庭学習をしているときに勉強する気持ちを誘惑して

邪魔をして来る主なものを4つ紹介するという内容でしたね。


生徒たちにとって他にどんなものが誘惑になるのだろうか?

なんてふと思い、昨日の自学のときに一人の生徒に聞いてみました。

聞いてみたのは中2Rさん。

Rさんが言うには・・・

「メモ帳です」

とのこと。



「ハ?・・・・あぁ、メモ帳に絵を書いてしまうということか!」


確かにRさんは以前学校の自学ノートの日記を書く欄に

べるぜバブのアランドロンが結構な大きさで

すごい完成度で書いてありました(苦笑)

e0092453_10312552.gif









先生が止めないからエスカレートしていったのでしょう。

「お前、この絵を完成させる時間あったらもう1ページ自学できたやろ!」

なんて突っ込んだ覚えがありますw





そうか、そうだった。Rさんは絵が好きだった。

Rさんはアニメやマンガのオタクですね。

オタクの人々は絵を書くのが基本上手です。

好きこそものの上手なれ。

努力をして好きなキャラクターを書けるようにするんでしょうね。



卒塾したオタクの森先生も絵が上手でした。

「絵が上手いね」と声をかけたときに森先生が

「オタクは絵を自分で生産して自分で満足して、自己完結していくしかないんです」

というようなことを言っていたのを思い出しました(笑)

だからオタクは絵が上手なんでしょうね。



・・・・



Rさんに続けて聞いてみました。

「それはマズイよね?メモ帳じゃなくても

 ノートの端とかでも絵はいつでも書けちゃうもんね。

 やばい趣味を持っちゃったね。

 勉強するときは常に絵を描きたい誘惑と戦わないといけないんだね?」

苦笑するばかりのRさん。



先日紹介した「誘惑四天王」は物理的に封印が可能ですが、

「絵描き」は封印不可能です。

絵を描くのに必要である「筆記用具」と「紙」が勉強で必ず使いますからね。



封印が難しい「絵描き」が好きな生徒は

是非塾で勉強してもらいましょう。

自習中に絵を書いていたら塾の皆に突っ込まれます。

絵描きにとってもやっぱり塾は誘惑されない最高の環境です。


そんなわけでRさん。

是非塾を主戦場として勉強してくださいね。

休み時間は心置きなく絵を描いてくださいね♪





今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-06-21 11:00 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)