愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@にして送信を)
記事ランキング
検索
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
最新のコメント
> ひかぽんさん 作り..
by sakura-kobetu at 18:57
その101匹わんちゃんの..
by ひかぽん at 12:35
昨日やられました❗何か悔..
by ヒロシ at 04:21
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
ブログジャンル
<   2012年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
キンドルデビュー
OFFです。

余談を。

先日キンドルを買いました。

キンドルとはアマゾンが販売してる電子書籍リーダーですね。
e0092453_2395623.jpg
















ゴールデンウィークに行ったハワイで

外国人がプールサイドで電子書籍リーダーを使って

本を読んでいたのが気になっていたんですよね。

ハワイまで何冊も本を持って行った私がバカみたいでした。

本は好きだしこれは良いのではないかと考え、購入してみたのです。



さっそくいじってみた感想としては・・・

まだまだ書籍のラインナップが満足レベルでは無いですね。

大人の事情がいろいろとあって、世にある全ての

本が電子書籍化するわけではないんでしょうね。

ざっとランキングを見てみた感じ、

読んでみたい本はありませんでした。

(もしくは既に読んだ本w)



ここは良いなぁと思った点は、

わからない語句の部分を長押しすれば、

辞書機能が動いて意味が出てくる点です。


これは子どもたちの読書にとても良いですよね?

いちいち調べる手間いりませんし、

PCと違って私の持ってるキンドルは白黒で

WEBを自由に見れるものではありません。

本を読んでいる途中で他の娯楽に引きずり込まれる

こともないでしょう。


あとは書籍のラインナップが充実してきたら

言うこと無いですね。

いつか私の口から

「どうか国語力をつけるためにも

 お子さんにキンドルを買ってあげてください」

なんて言う日が来るかもしれませんね(来ないか)


今後のキンドルの発展に期待します。


・・・・・・・・・・

2012年も今日で終わりですね。

来年も少しずつマイナーチェンジを繰り返して

より良い塾作りに精を出したいと思います。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-12-31 23:21 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
未来は僕らの手の中
長期OFFです。

余談をお送りします。


当塾の謎ガール中2Rさん

最近音楽に興味があるようで、

幅広いジャンルの音楽を聞いているそうです。


彼女のi-Podの中には

「BENI」「シェネル」なんてものから、

最近流行りの洋楽「テイラースイフト」、

そして急に藤井フミヤ「トゥルーラブ」や

槇原敬之なんかも入っているそうです。

まさに音楽の闇鍋です(笑)

・・

ある日塾に来たRさんの手のひらには

「ブルーハーツ トレイントレイン」

と書いてあったそうです。

ゲオで借りようとメモをしてあったそうです。

なんと素晴らしセンスでしょう。

それにしても20年以上前のこのアーティストを

どこで聞きつけてきたのでしょう(笑)

俄然アドバイスをしたくなりました。


・・・・・・・


私がブルーハーツに出会ったのは今から25年も前、

中2の頃で、最初のアルバム「ブルーハーツ」でした。

当時メロディアスで耳触りのいいポップスばかり聞いていた私には

ブルーハーツの音楽は衝撃的でしたね。

なんじゃこれ?決して心地よくない音楽・・・

でもなんだか惹かれる・・・


思春期の中学生にはズドンと胸を打つ熱い歌詞なんですよね。

最初の曲「未来は僕らの手の中」

はタイトルがまずドキドキします。

6曲目「少年の詩」の歌詞は今も覚えています。

どうにもならないことなんて
どうにでもなっていいこと
先生たちは僕を不安にするけど
それほど大切な言葉はなかった



なんだか歌詞は全般的によくわからんけど、

なんだか熱くてかっこいいなぁ。

というのがブルーハーツへの私の感想でした。

今も歌詞の内容はさほどわかっていませんが、

今もブルーハーツは好きですね。まぁ青春の曲ってやつですね。

(そして、まさか先生側になるとは想像しなかったですねw)


・・・・


私がブルーハーツのアドバイスをしたがっているということを

大田先生から聞きつけたRさんが、私の所へやってきました。

私は彼女にこう話しました。


「おそらくスーパーベストとか出てるとは思うけど、

やっぱりね、音楽もダシも一番最初のものが一番良いことが多いのよ。

君のような思春期ど真ん中の人には是非

ブルーハーツは「ブルーハーツ」という

最初のアルバムを聞いて欲しいのさ。

やっぱり一番ダシが出てるぜ。一番いいぜ」


と(笑)



言葉だけでは伝わらないでしょうからRさんへ向けて動画を2つだけ。

「未来は僕らの手の中」を歌うブルーハーツ。
タイトルが既にカッコ良すぎます。ズルイです(笑)
個人的にはあと「ハンマー」とか好きですけどね。



もうひとつ、実はこっちの動画の方が見て欲しい。
熱く暖かい人柄のボーカル甲本ヒロトについて。
忌野清志郎の葬式での熱い弔辞。
2人を知らない人からはなんてことない動画なのかも。
でもブルーハーツに足を突っ込もうとするならば、
甲本ヒロトの人柄を知っておいて欲しいのだ。
基本的に私の世代の人からしたら甲本ヒロトはずっとヒーローです。

ニコ動のアカウント無いと見れないかも・・・。
(ブラウザがGoogleChromeだと不具合あるかも)

・・・

さて、これをきっかけにRさんがブルーハーツに

熱くなっていったならば、

私は今年最後の大仕事を終えたことになりますね♪


Rさん、最近勉強も調子いいし良い流れだよ。

来年も頑張っていこうね。

未来は僕らの手の中ですからね!



きょうはこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-12-30 12:55 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
2012年仕事納め
本日、午前中に中3生に模試を実施して

今年の仕事を納めました。
e0092453_2214573.jpg

















これまでの努力の成果が出るといいです。


・・・


夕方からは毎年仕事納めの日の恒例で

一宮のイタリアンのお店「ゴッチャポント」で

今年の反省会を大田先生と。


来年もいろいろと改善していこうと言う話を

ワイワイとしているうちにビールが効いてきて、

フェードアウトするように

反省会が終わるのも毎年恒例です(苦笑)



まだまだ改善したいところ満載で、

来年からの指導もとても楽しみです。

来年も宜しくお願いします。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-12-29 22:56 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
(仮)仕事納め
本日今年の授業納めでした。

明日の中3模試実施で今年の業務全て終了です。


今日は警視庁で働きだした廣瀬先生が里帰りしたので、

皆とご飯を食べてきました。

卒塾した後藤先生と吉本先生も呼びました。

e0092453_1133073.jpg


















なんだか無駄にスポットライトを浴びているのが

廣瀬先生です(苦笑)


卒塾した講師たちの近況を肴に

ビールを美味しくいただきました。

さて、明日が正真正銘の仕事納めです。

あと少し、頑張りたいと思います!


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-12-28 23:58 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
働く女性は偉大である
講習真っ最中ですが余談を。

本日冬期講習2ターム目の3日目です。

前半戦も終盤を迎えました。


午後からの開講なので、

基本的に午前中に家で

ご飯を食べてから仕事に来ています。



いつもご飯は大田先生が作ってくれています。

午前中にご飯を作ってもらって・・・

そして講習中は午後一番から

ほぼ毎日フルコマで授業に入ってくれています。

フルコマというのは全てのコマというわけですから、

13時から22時までずーっとです。



対して私。

第一線を退いて授業には入っていません。

午前中はブログとかを書くものの、

基本的にのほほんとしております。


んー

これはなんだか悪いですね。

もちろん授業に入っていないからといって

私もサボっているわけではありませんが、

指導の最前線で1日中いるというのは神経をすり減らすものです。

午前に家のご飯を作ってもらって、

昼から夜までずっと授業に入ってもらっているのは

気力体力を考えても大変だろうと。





微力ながら何か手伝えないかと思い、

「1日ご飯を作るよ」という提案を大田先生にしてみました。

前回も同じような展開で一度ご飯を自分で作ってみたので、

もう一回やってみようと思ったのです。

提案が通って私が今週中の1日だけ、

食事の準備の担当になりました。


そしてその日が今日なのです。


・・・・




作るメニューは最初から決まっていて鍋です。

初心者向けでいいじゃないかと思っていたんですよね。

「具材を切ってぶち込んでグツグツさせれば楽勝だろ」

なんて思っていたんですよね。

それが少し甘かったw








本日作るメニューはトマト鍋です。

クックパッドでつくれぽ300人超の

こちらの人気レシピです。(そのレシピの写真借りてきました)
e0092453_20352559.jpg























むむむ、

鍋スープの素とかを使うやつじゃないんだな。

ホールトマトを潰すところからだと?

なんだかちょっと本格的です。



お、具材の切り方とか指示がないな。

ポトフみたいにゴツくしておこう。男の料理っぽいしな。

ん?具材の量「適宜」ってなんだ?

誰もが臨機応変に対応できると思いやがって・・・

仕方ない適当にしておこう。

あれ、これ具材鍋に全部入るか?ちょっと多すぎたかもな。

仕方がない。野菜が煮えてカサが減ったところに

他の具材を入れていこう。

しまった、イモがゴツすぎて火が通るか怪しいぞ。

しまった、イモに火が通る前に肉や魚に火が通りすぎて

硬くなってしまいそうじゃないか。

しまった、やっぱり具材入れすぎて底が焦げ付きそうだぞ。

んー・・・



たかが鍋にハラハラさせられて、

完成したときにはヘトヘトに(苦笑)

ここも前回と一緒の展開ですねww


今日の仕事を始める前に、

仕事を終えたあとよりも

気疲れをしてしまいました(苦笑)




共働きの夫婦がいくら家事を分担しているといっても、

これまでの日本の歴史、人類の歴史の影響もあり

食事の準備は女性の担当であることが多いでしょう。

でもこの食事の準備って・・・本当に大変ですね。

これが毎日って・・・・

本当に頭が下がります。

働く女性は偉大ですね。

(もちろん主婦も偉大です)



もっと食事の準備の経験値を上げて

私もテキパキとできるようになりたいですね。

家事の戦力となれるように、修行したいと思います。




・・・・・・



5講を終える頃になんだか疲労感を感じたので、

原因を思い浮かべたら

その原因は「今日の慣れない食事の準備」でした(苦笑)



余談でお送りしました。

今日はこのへんで。

それでは。





追伸

このレシピのトマト鍋は美味しかったです。
私が作っても美味しいのだから、
皆さんが作れば鉄板です♪
さすがクックパッド人気レシピです。
ウズっときたらお試しを♪


追伸2

「ブログ記事書けたぞー」と
フーッと息を吐き出したら
P君のため息狩りに遭いました(゚д゚)!
今日は3発デコピン食らいますw
進歩無しっ!
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-12-27 21:22 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
スイーツ男子が塾にやってくる
冬期講習の第二タームがスタートした昨日、

中3Sくんが大きな紙袋を持って現れました。

はて、何を持ってきた?

袋をあけると・・・


うぉっ!手作りのロールケーキが2本と
e0092453_1023199.jpg

















クッキーで作られた家!!?
e0092453_1023538.jpg

















そうです。

中3Sくんはスイーツ男子だったのです。

先日授業中の雑談で諸岡先生が手に入れた情報で、

Sくんの趣味がお菓子作りだということが判明したのです。

このSくんがですよ(笑)
e0092453_1026496.jpg

















まさにギャップ萌えですね(謎)


「俺のロールケーキは余計なものを入れない

 シンプルな味なんだ」なんて諸岡先生に言っていたらしく、

とても気になった私が先日の三者面談の帰りに

Sくんに頼んだのです。


「材料費払うからさぁ、いっちょロールケーキを作ってきてよ!」

なんて(笑)



返事をせずにハニカミながら帰って行ったSくんは

しっかりと覚えていてくれたんですね。

またクリスマスに持ってきてくれるところがイカしてやがります。



どれどれと皆で早速

ロールケーキを食べてみたのですが・・・

これが「美味すぎ」でした。

たいがい「美味い」という私ではありますが、

これは皆の総意ですし、お世辞では無く

今までで食べたロールケーキの中でも

かなり美味い部類に入ります。


生クリームが甘すぎることなく、

中のフルーツの酸味が程良いアクセントとなり、

どれだけでも食べれそうな最高の一品でした。




持ってきてくれたときにSくんに聞きました。

「ありがとな!なぁ、材料費いくらかかった?」

「あ、お金はいいです」


男前かっ!?(笑)

まさにご馳走をごちそうになってしまったので

そういうわけにもいきません。

図書券でお礼をすることにします♪



・・・



「お前、このスイーツに注ぐ情熱を勉強にも・・・・」

おっと、あぶない。

伝統的で野暮な大人の台詞を言うところでした(苦笑)

そんな簡単に他の物へ向ける情熱を

小分けにして勉強に注ぐことができたならば、

塾などいらないですよね(苦笑)


やっぱりお礼は成績だな。

受験まであと少し、頑張ろうな。



クリスマスに最高のスイーツをSくんにごちそうになりました。

Sくんごちそうさまでした。


今日はこのへんで。

それでは。

e0092453_10224837.jpg
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-12-26 10:44 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
福袋「暗記セット」先行販売
「先生、ブログに書いてあったのって本当ですか?」

中2のKさんが話しかけてきました。


ん?なんのことだろ?

でもKさんが話しかけてきたということは・・・

おそらくこの暗記セットのことでしょう。

「福袋ということで1月4日から暗記セットを500円で販売しよう」

なんて記事で書いていたんですよね。

こんなにはやく食いついてくれるとは嬉しいことです。

暗記セットに食いついたというよりも、

エヴァンゲリオンが好きなKさんですから、

暗記セットにつけた名前に食いついたというところでしょう(笑)



1月4日になったら販売するから待っててね。

なんて返事をしたものの・・・

この冬期講習こそが暗記セットを使用して

勉強ができる絶好のチャンスですよね。


どうしようかと迷ったのですが・・・

さっそくセットを作ってあげて渡してあげました。
e0092453_9424360.jpg
















Kさんは暗記セットの名前を作ってあった「渚カヲル」にしました。

「この名前を狙っていたんですよね」なんて言うKさん。

あー狙ってそうです。おそらくこの名前を選ぶのではないかと思ってました。

4年前に学習計画表を作成したときにも

カヲルくんが好きだという女の子いましたから。



それにしてもこの暗記セット、

塾で使う分には違和感無いですが、

学校で使うには違和感バリバリですね(苦笑)


「ねぇ、なんで渚カヲルって書いてあるの?」

なんて友達のツッコミになんて答えるんでしょうね(笑)

まぁ、これがいいと言うんで良しとしましょうか。


・・・


1月4日から発売予定の福袋「暗記セット」、

好きな名前をプレートに入れてあげるので、

暗記セットを無くしてしまったあなた、

是非この機会にどうぞ。

ペンと下敷だけを普通に揃えても

500円を超えますからお買い得ですよ♪



・・・・


さて、今日から冬期講習第二ターム開始。

講習生もたくさん来ますし、

今日から5講・6講もあります。

頑張りますよ!



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-12-25 10:12 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
人を伸ばす力 ~デシ先生に弟子入り1~
きほんからわかる「モチベーション」理論

という本で紹介されていた

アメリカの心理学者であるエドワード・L・デシ

という人の本が気になってアマゾンで手に入れ、

先日よりデシ先生の本を読んでいました。

その本は「人を伸ばす力―内発と自律のすすめ

という本です。
e0092453_1032366.jpg


















少し前にここで書いたアンダーマイニング効果

このデシ先生が発見したものらしいです。


素っ気ないタイトルと素っ気ない表紙の本ではありますが、

冒頭の部分でグイグイと引き込まれましたね。

塾人である私からしたらドキドキもしました。

心拍数が高くなった部分を少しご紹介。


・・・


小さい子供たちにとって、学ぶことこそが仕事である。
子どもたちは空腹や親の要求に応じることに心が奪われていない限り、
自然に、しかも意識をかなり集中させて学ぶ。

しかし、われわれの文化で直面するもっとも厄介な問題の一つは、
子どもたちが成長するにつれて、その学ぶ意欲を失ってしまうことである。

たとえば、学校に入学すると、彼らが三、四歳のときまで自然にもっていた
学ぶことに対する興味や興奮を示さなくなってしまう。
いったい、これはどういうことであろうか。

なぜ、今日の生徒や学生の大部分から、
生まれつきもっている学ぶ意欲が消え失せてしまうのだろうか。
私の問題意識の出発点はここにあった。
私は偽りのない自分であることと社会との相互交渉についてもっと
理解したいと考え、動機づけの研究をはじめることにした。

つまるところ、あの三歳の好奇心や活力に勝る
偽りのない自分というものがあるだろうか。


中略

・・



私は1969年にこの問題に思い至って、

次のような--確かに不敵な--考えがひらめいた。

学校では、子どもたちを動機づけるためにあらゆる種類の

報酬や規則や管理が広範に利用されているが、

実はこのようなやり方自体が悪者なのであり、

それは学習のワクワクするような気持ちを促すどころか、

逆に子どもたちを無気力で惨めな状態におとしめてしまうのではないか。


・・・・


これは心拍数が上がりましたね。

それもそのはず、

「中3生に対して12月28日までにワークを仕上げよ。

仕上がらなかったら2013年はもう来なくていいよ♪」

なんて貼り紙がうちの塾の壁に貼ってありますから(苦笑)


・・・・・


なんて興味深い本なんだ!

俺に子どもたちのやる気を出す方法を教えてくれないか!

・・・と続きを読み進めてみたのですが、

もともとは堅めの本であるのに加えて

日本語訳されたこの本は

序盤の惹きつけるエピソードの部分を超えてからは

修業のような堅苦しい内容でした。


斜め読みをしているうちに・・・

内容をつかめないまま読み終えてしまいました(苦笑)

内容を掴むためにもう一回ちゃんと読んでみます。


盛り上げるだけ盛り上げておいて、

結論はまだぼんやりとしかわかってません(苦笑)

ご興味あれば皆さんも読んでみてください。



またしっかりと読んだらここでレポしますね。

デシ先生に弟子入りしたという記事でした。

今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-12-24 11:40 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
2012年12月の公立高校進路希望状況調査が発表!
第2回の公立高校進路希望調査の結果が

愛知県教育委員会のホームページ上で

12月20日に発表されましたね。


詳細はこちら



基本的な流れとしては、

■公立高校希望であった生徒が私立高校の推薦で
入試をすることに変更した生徒が出てくる

■公立高校の志望校を実力や内申不足で
下げることを決めた生徒たちが出てくる

という状況があるので、

各公立高校の進学希望倍率の変化としては、


□私立に流れたり志望校を下げる生徒のおかげで
中上位の公立高校の倍率はなだらかに下がってくる

□志望校を下げてきた生徒たちのせいで
下位の公立高校の倍率は少し上昇することもある


が基本であると思います。

また、10月の進路希望調査の段階で

倍率が例年よりも低い学校があったりすると・・・

「おっ、狙い目じゃね?この倍率だったら俺でも入れるんじゃね?」

という生徒が各地で出てきて、倍率が若干上がったります(笑)


ざっと倍率の上下と合わせて近隣の高校の倍率の動きを見て

みましょう。(岩倉近隣の高校を偏差値の高い順に並べてあります)



一宮 1.68倍↓ (10月時倍率1.88倍)

西春 1.93倍↓ (10月時倍率2.17倍)

江南 1.88倍↓ (10月時倍率2.61倍)

一宮南2.44倍↓ (10月時倍率2.82倍)

小牧南1.48倍↓ (10月時倍率1.67倍)

丹羽  1.73倍↓ (10月時倍率1.82倍)

尾北  2.11倍↓ (10月時倍率2.66倍)

岩総  1.98倍↓ (10月時倍率2.65倍)

山田  3.13倍↓ (10月時倍率3.24倍)

小牧  3.74倍↓ (10月時倍率4.00倍)

犬山 3.04倍↑ (10月時倍率2.83倍)

古知野(商)
    1.69倍↑ (10月時倍率1.31倍)

犬山南2.10倍↑ (10月時倍率1.86倍)



こんな感じです。


・・

江南、尾北、岩総がグッと倍率を下げましたね。

例年普通科はここから上がることは無いので、

最終倍率はここから少しだけ下がるのではないかと

予想しております。(記載内容修正しました)



小牧と犬山のかけあわせや

山田と犬山のかけあわせは、

両校とても人気が高いので、

納得できる私立が合格しているときか

内申や実力にゆとりがある場合に限ったほうが

いいと私は思います。


・・・・


よかったら参考にしてみてください。

まぁ、倍率をみて志望校を変える

ご家庭はごく一部であると思いますけどね。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-12-23 14:49 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
一発レッド
奥の自習専用部屋は常に先生が

常駐している部屋では無いので、

部屋の空気の緩みには細心の注意を払っています。

空気が緩んだ生徒の自習を禁じています。


「空気が緩んだ生徒」とは友達同士で喋っていたり、

寝ようとして寝ている格好の生徒だったり、

他ごとをやっている生徒だったりですね。

そういった生徒はその部屋の使用を即座に禁じます。

ヒドイ生徒の場合には1カ月とか使用禁止にしていますね。


・・・


さて、昨日の夕方のことです。

奥の部屋で自習をしている生徒に用事があって

ふと奥の部屋へ行ってみると・・・

私が部屋に入ったとたんに不自然に

教科書をしまう生徒がいました。

私は視界の端でその姿を捕えました。

ん?

不自然です。

私が部屋に来たタイミングで動く生徒は

たいがい他ごとやってます。


「動きが不自然だよね?」

その生徒にそう話しかけると

バツの悪そうな表情を浮かべます。

あーこれはビンゴだな・・・


机の中にしまった教科書を見せてもらうと、

間に中学生向けの恋愛小説が挟まっていました。



おうおう、やってくれますね。

この冬期講習の初日から。


調子に乗った行動をするのが(塾では)初めての生徒であったので、

落ち着いて穏やかに話してあげました。


「あー、これはねぇ、(次は気をつけるんだぞ)のレベルじゃないんだわね。

 お前、冬休みの間この部屋使用禁止ね。」


 「えっ?!」


「ほれ、今動け。今移動だよ。」


 「えっ?今ですか?!」



一発レッドカードを受けたその生徒は

奥の部屋を退場し、

常に多くの先生たちが授業をしている

手前の部屋へと移動していきました。




奥の部屋の席の配置が入口を背を向けて

あったのが効を奏しました。

他ごとをやっている生徒ははすぐにわかりますからね。


勉強への覚悟がある人だけが使用できるのが

奥の自習専用部屋です。

覚悟が低い人は、自分の弱い心に負けそうな人は、

手前の授業を行っている部屋で自習してくださいね♪




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2012-12-22 10:16 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)