愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@にして送信を)
記事ランキング
検索
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
最新のコメント
> ひかぽんさん 作り..
by sakura-kobetu at 18:57
その101匹わんちゃんの..
by ひかぽん at 12:35
昨日やられました❗何か悔..
by ヒロシ at 04:21
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
ブログジャンル
<   2013年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
歴史年号ブースが早速役立った!
先日から授業ブースの番号が歴史年号になってます(笑)

各ブースの場所の名前は時代の名前に。
e0092453_17583658.jpg




















「今日は安土だよ」

「お前、今日は明治」

なんて使うようになってきたのですが・・・

正直、私自身もまだ慣れていません(苦笑)

生徒たちも「えーっと元Fの場所」とか言います(苦笑)


せっかくつけた歴史年号と時代を身近なものにしてもらおうと、

時代順の覚え方と、歴史年号の暗記法を掲示することにしました。

e0092453_17415389.jpg

















ネットで調べてなるべくバカバカしくて、

なるべく一発で脳に刻まれるような語呂合わせを掲示。

時代順の覚え方も「あ。NHK MAE(前)。」と。
e0092453_174150100.jpg



















この掲示には授業や自習の合間にふと壁を見た生徒が

「ふーん・・・」なんて言いながら知らずに知らずに

覚えてしまって欲しいなという願望がこめられています。



・・・


さて、新中3生は模試を受験したところですが、

南中3年Kさんの社会の問題用紙に

熱い書き込みを発見しました。

それは・・・

e0092453_17414710.jpg


















凄い!目論見どおり!

さすがKさん。

好奇心と情報吸収力とスピードが素晴らしいです。

そして早速問題を解く際に活用しているところが

これまた素晴らしいです。


こんなふうに覚えてくれたのはKさんだけかな?

他の子たちはどうなんだろ?

ちょっとチェックするような小テスト作ってみようかな(笑)



この10個の時代の順番と代表的な歴史年号が

知らないうちに身体に染み付いてしまったら、

これから歴史を勉强していく上での骨組みとして

小さく役立つのではないかと期待しています。


皆もKさんのように覚えてしまって、

是非自分の勉强に役立ててください。

大活躍はしないものの、覚えておくと

便利だと思いますよ♪



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-03-31 17:56 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
岩中吹奏楽部スプリングコンサートへ
新中3生の中での最大派閥は岩中吹奏楽部です。

8人在籍しています。

文化部が最大派閥になるのは恐らく初めてのことです。


吹奏楽部にとって年に1度のスプリングコンサートが

本日あるとのことで、

ちょうど模試実施日で午後から予定が空いたので

講師たちを誘って岩倉総合体育文化センターまで

見に行ってきました。

e0092453_2113723.jpg















e0092453_2113218.jpg















e0092453_21125843.jpg
















総勢60名の大所帯。迫力ありましたね。

岩中は昨年のコンクールで金賞を取る実力を持つ学校です。

演奏の良し悪しは正直わかりませんが、

塾でヒーヒー言いながら勉強している生徒たちや

休み時間にギャーギャー言ってハシャいでる生徒たちが

真剣に楽しげに演奏する姿はとてもカッコ良く見えました。



・・・


この大所帯を率いているのが音楽の先生であるK先生。

礼節や基礎を重んじる方のようで、

朝練はまず使用する校舎の掃除から始まるそうです。

その後長時間の演奏に耐える体力をつけるべく

ランニングをするそうです。

心を整え、身体を整え、

そんな基礎の上に素晴らしい演奏があるんでしょうね。

今春中3生が抜ける前は90名もいた超大所帯の部活です。

それを仕切って金賞へ導いたわけですから、

K先生は指導力のとても高い方なのでしょうね。

(ここだけの話、K先生が作成する音楽のテストはしっかり
毎回作りこまれていて、過去問を解いたぐらいでは
対策できない所からもキッチリとした先生だということは
私まで伝わってきていますww)


生徒たちは幸せですね。

しっかりきっちり指導してもらえて。



・・


吹奏楽部の皆さん。

今日は素晴らしい演奏をありがとうね。

お礼として俺が君らにあげたいのはテストの点数なんだ(笑)

君らの顧問のK先生バリにしっかりきっちり追い込んで、

過去最高を目指して頑張ってもらうから覚悟よろしくね♪




明日からの第3タームも頑張れそうです。

明日からは再び午後1時からの教室開放ですから

間違えないように気をつけてくださいね。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-03-30 21:50 | 塾日記 | Trackback | Comments(2)
スイーツ男子の卒塾作品
高校受験を見事第一志望合格で終えた

スイーツ男子ことSくん。

実はどこか抜けてることもたまにあって、

塾での指導最終月である3月の授業料がまだ未納でした。

納入袋で直接手渡しで納入してもらうようにしているので、

おそらくSくんが親に渡すことなく鞄の中に

納入袋を眠らせたままにしていたのでしょう。


家に電話をして持ってきてもらうように昨日伝えたら、

今日早速Sくんが塾に現れました。

手に納入袋と大きめの袋を持って。


「これ遅くなってすいませんでした」

と納入袋を差し出されました。

そしてもう片方の袋も差し出してくれたので

中を覗いてみると・・・

手作りのロールケーキと先生たちへの手紙!
e0092453_22434050.jpg






























「本当は2本作ったんだけど1本失敗しちゃって。
これも味は保証しませんw」

なんて謙虚にSくんは言いましたが、

このロールケーキが絶品なのは前回食べたので知ってます。

その場にいた講師たちとあっと言う間に1本食べきりました(笑)

生クリームの苦手な寺澤先生も

「生クリームなのに食べれた・・・」なんて不思議顔。

それだけ美味しいロールケーキなんですよね。


後でやってきた和田先生はたまたま最後の一切れにありつきましたw

「あー!これ前回食べたかったんですよね~。嬉しい!!」

なんて大感激で大満足でした。




習字を習っているだけあって筆ペンで

今までに指導を受けた各先生にも手紙をつけてくれて、

本当に嬉しいプレゼントでしたね。


ここまでくるともしかしたらSくんは

この仕込みをするために、このケーキを届ける口実を作るために、

わざと授業料納入袋を持って来なかったのではないか?

なんて思っちゃいました(笑) ないわなw



スイーツ男子は卒塾に素晴らしい作品を作ってくれました。

ほんと、本職になればいいのになぁなんて思いますが、

彼の夢は自動車関連の仕事に就くことです。

繊細な彼の感覚を活かして、キッチリ車を作って欲しいものです。

これからのスイーツ男子の活躍に期待したいと思います。

S本当にありがとうね!



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-03-29 22:56 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
小牧南高校の定員割れそう問題
(2013年3月の記事です)

タイトルは「月曜から夜更かし」風にしてみました(笑)

以前から地域の人に不安視されていた

「小牧南高校定員割れそう問題」

について書いてみます。

今年に関して言うと、

もしかしたら定員割れを起こしたかもしれません・・・


では早速2013年春の小牧南高校の受験状況の

詳細を見ていきましょう。


まずは推薦入試の募集定員48名に対して

今回の志望者数が34名でした。

少し割れるぐらいのことは過去にもありましたが、

ここまでバックリと募集定員を下回ったことは始めてかもしれません。

ここで例年よりも14名多く一般入試合格者が出ることになります。


加えて一般入試の志望状況は、

小牧南高校(2013春受験分)
第一希望 221名 第二希望189名 合計410名  
定員(推薦合格者抜き)286名  第二希望率46%  倍率1.43倍


です。

昨年の志願状況は、

小牧南高校(2012春受験分)
第一希望 235名 第二希望172名 合計407名  
定員(推薦合格者抜き)272名  第二希望率42%  倍率1.5倍


ですから、

元々低い倍率がさらに低くなり、第二希望率もさらに高まっています。

より入りやすい状況が揃ってしまったわけです。


前回一宮南と比較した記事のときに書いたように、

第二希望の生徒たちが第一希望に合格をして、

小牧南高校への入校が無くなったときには、

倍率はさらに下がります。これが実質倍率ですね。


もしも仮に小牧南を第二志望にする生徒たちの2分の1(50%)が

第一志望に合格したとしたならば・・・

予想実質希望者316名÷実質定員286名 = 予想実質倍率1.1倍


もしも仮に小牧南を第二志望にする生徒たちの3分の2(66%)が

第一志望に合格したとしたならば・・・

予想実質希望者286名÷実質定員286名 = 予想実質倍率1倍



こんな状況です。

1倍と言うことは第一志望を小牧南にした生徒の全員が

入学できるということですからね。




そして当塾から送り出した今年の小牧南高校合格者の中で

一番内申が少なかった生徒は・・・・内申25です。

この内申で小牧南に入ることはここ10年無かったでしょう。



某N田塾さんの予想ボーダーにも

「実質倍率が低く、推定できませんでした」

と書かれていた小牧南。

今年は定員割れに近い状況になっていたことが予想されます。


また4月に入ってから入学した生徒たちに

実際どうだったかを聞いてみたいと思っています。



・・・・



来年の受験はおそらく

「お、去年定員割れ同然だったから小牧南狙い目やん。

俺も受験しよ~っと」

なんて生徒たちが集まり、揺り戻しがあるので

定員割れは無いと思いますけどね。



小牧南を取り巻く状況は本当に激動ですね。

これからもしっかりと見ていきたいと思います。


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-03-28 20:01 | 高校の選び方 | Trackback | Comments(4)
1学期の間、金曜の夜は修行に出ます
ちょっとしたことではありますが、

新年度の私の勤務状況についてご報告をさせてください。


4月から7月20日までの1学期間限定で、

知り合いの塾の一斉授業を1日担当することになりました。

私は金曜日の夜の授業を担当することになっています。


知り合いの塾というのは

小牧にあるTO-BE進学スクールです。

前職時代から付き合いがあり、

何度かこのブログでも登場した犬童先生の塾です。


私が授業を担当することになった理由ですが、

知り合いの塾の一大事の手助けをするというのが理由の5割ですね。

犬童先生のパートナーとして指導をしていた

牧野先生が体調を悪くして入院をすることになってしまったのです。

牧野先生が抜けた大きな穴を埋めるべく、

「うまく予定が合いさえすれば力になれそうだよ」

と犬童先生に申し出たという流れです。


前職時代の話ではありますが、犬童先生も牧野先生も

私が教室長をしていた個別指導部門で講師として

来てくれたメンバーです。

2人とも当時の教室を長い間助けてくれましたからね。

いわば他人じゃない2人なのです。


犬童先生のブログにも今回の件の説明が書かれています。



元々金曜日は澤木先生に教室を任せて、

私は外へ塾の勉强へ行こうと動き始めたところでした。

私が他塾で期間限定で代打の一斉授業をするというこの経験は

さくら個別にとっても大きなプラスになると確信しています。


今回のこの決断の内訳は、

「人助け5割」「自分の勉强(自塾への還元)のため5割」です。

他塾の良いエキスをしっかり吸って自塾に還元していきます。



・・・



こういった経緯があり、4月から1学期間

金曜の夜だけは毎週私が教室を離れます。

そのため金曜の夜は澤木先生が終日いて、

私のようにその日は授業を持たずに、

ずっと教室を巡回できるようにします。

万全を期して金曜の夜を迎える予定です。



今回のこの件で、さくら個別からは私の他に

澤田先生と竹浦先生も指導に行きます。

2人共将来教師志望なので勉强にもなると思い、

私が声をかけました。


指導に行く私達3人にもプラスになり、

留守を守る澤木先生にもプラスになり、

助っ人教師を迎える犬童先生にもプラスになり、

この一大事を乗り越える犬童先生の塾の生徒たちにもプラスになり、

この件で学んだことを還元されるさくら個別全体にもプラスになる。


この件で関わる全方向が将来良い事として振り返ることができるよう、

全力で頑張ってきたいと思います。





今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-03-27 19:13 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
ドアインザフェイスとフットインザドアで自習部へ
新中3生たちに

受験生になるこのタイミングで

4月の段階から自習に来るように

話していっています。

「自習部」なんて名前をつけて部員を募集中です(笑)


この4月から余分に自習に声をかけるということは初めての試みです。

単純に「学習量」を強制的に確保するためにですね。

学習量が多いほうが入試に有利であるのならば、

勝負が始まる4月から学習量を増やしてあげるのが

一番いいでしょう。

あの手この手で生徒たちに声をかけて、

「自習部」の勧誘を行なっています。



こういった生徒への勧誘はちょっとテクニックがいります。

今回まず声をかけたのは

受験への気持ちを高めているハリキリAさん。

Aさんは勢いで自習に来る曜日を

「月・火・水・木・金」と書いてくれました(笑)

いいね!ナイスハリキリ!


そして他の子にも影響を与えそうな

キーとなりうる生徒たちに声をかけます。

「目標とする高校まで内申がまだ離れてるでしょ?」

「1学期の内申でだいたい決まっちゃうんだよ」

「逆言うとこの1学期で上がらなかったその学校は諦めなきゃいけない」

「4月の3週間だけ試しに頑張ってみないか?」

「家でプラスアルファーの勉强なんかできるイメージ無いでしょ?」

「5月になったらまた自習の数を調整してもいいから」

(4月だけ)というフレーズと(後で変えることができる)という

甘いフレーズを織り交ぜながら勧誘をしていきます。

元々やらなきゃという気持ちが心の底にあるので、

あとは(やる方)に傾くように天秤にオモリを乗せていくだけです。



こんな囁きをしたあとで、トドメの台詞を。

「Aさんは張り切って毎日来るって言ってるけどね・・・

まぁ、キツイって言うならここまで来なくてもいいけど

毎日じゃなくてもいいから自習を増やしてみない?どうよ?」


これが心理学的に言うと「ドアインザフェイス」テクニックです。

最初に大きな要求を見せておいて、小さな要求を通りやすくします。

こんな話の流れで「自習は増やしません」とは言いづらいでしょうww


「じゃあ、火と木に来ます」

なんて台詞を生徒から引き出したら大成功。

2コマも自習コマを増やしたのに、

「2コマで勘弁してあげよう」なんて雰囲気すら漂っています(笑)


ハリキリさんとキーとなる生徒たちの参加を決めさせたら

この勧誘はもう成功したも同然です。

ここからは芋づる式に受験への気持ちが高い順に声をかけます。

意識が高い子たちから順に参加を決めさせていって、

参加希望者が膨らんだ所で、勉强への意識が低い生徒たちへ。
e0092453_13333749.jpg


















「え、こんなに多くの人たちが追加で自習に来るんですか?・・・」

余程のことが無い限り断りにくいし、

私も頑張らなきゃという流れになりますね♪



・・・



最初から中3生は自習を増やすぞと

システムにしてしまってもいいのですが、

どうしても「やらされている感」が生徒たちの態度に滲み出ちゃいます。

なので、「飽くまで本人の意志で自習を増やした」

という事実を作りたかったんですよね。

自分で決めたことならば、サボった時の後ろめたさは大きいです。

サボりを指摘された時の痛さも大きいです。

半ば強引ではありますが、

生徒たちの自発的な態度を大切に進めて行きたいですね。


・・・


さて、現在16名の生徒が自習部の仮入部に参加します。

ここから引き続き声をかけていって、

20名を超えるメンバーに参加してもらおうかと。



一度この4月に自習部の活動に参加してしまえば・・・

心理学的にいう「フットインザドア」テクニックで夏から追い込みます。

小さなことをOKさせて、そこからだんだんと

大きなものを要求するというテクです(笑)

「4月のときにあれだけ自習できたんだから、

部活が無くなったってことはさらにできるってことじゃない?

大丈夫だよ。余裕でしょう。頑張っていこうぜ!」

なーんて♪



いい意味で受験生には私に騙されてもらって、

「こんなに勉强するつもりなかったのに、

たくさん勉强をするハメになって志望校に合格できた」

なんて台詞を来春の桜が咲く頃に聞きたいものです。


新中3生の皆さん、

一個上の先輩たちはうちの塾始まって以来の学習量に

取り組んでもらった学年でしたが、

君たちの代はさらに学習量を増やす予定です。

覚悟して楽しんで勉强していこうね♪



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-03-26 13:51 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
生徒所持のスマホを利用して
このサイトのアクセスについて、

約1年前まではまだガラケーからの

アクセスが多かったのですが、

ここ最近になってスマホからのアクセスが

ガラケーからのアクセスを超えました。

時代の流れを感じますね。



生徒たちがスマホを持つようになって

勉強面においてはマイナス面が多いと思うのですが、

塾では少しだけ便利になることがあります。

それは何かというと・・・

綺麗な写真を撮れる機能がついていることですね。

スマホを買い与えられていない生徒でも、

i-Pod touchを持っていれば

同じく写真を撮れるので大助かりです。




例えば現在春期講習中ですが、

渡した春期講習の予定表を生徒が

家の冷蔵庫に貼ってしまったなんてことがあります。

予定を把握していないことが多いお子さんの状況を

危惧して、保護者の方が目立つところに貼るように

したのでしょう。

ただ、生徒ごとに予定が違うので、

生徒自身が塾のファイルに予定表を挟んで

自分の予定を把握してもらわないと困ること多いです。


昨日も冷蔵庫に貼ってしまったなんて生徒いましたが、

ここで写真を撮る機能を活用します。

「しゃーない。ちょっとまってろ。お前の予定表の塾控えを持ってきてやる。

 スマホで写真を撮っておけ。これでいつも予定表を持ち歩いていることになるよね」

なんて話をして写真を撮らせました。

写真はとても鮮明ですし、拡大もできますし、

携帯を持ち歩いていない日はありませんし、とても役にたちますよね。


講師の先生たちもよく自分の予定表を

スマホで写真を撮って把握していますからね。

この機能を利用しない手はありません。



また、春休みになって生徒たちは通知表を学校からもらってきています。

塾に持ってくるように言っているのですが、毎回忘れる生徒がいるものです。

そんな生徒にも、

「最悪家でスマホで写真を撮って持って来い。

通知表の具合と、各教科の○のつき具合が画面で把握できればいいから」

と伝えています。

その写真を見せてもらって、こちらの書類に記入ができれば

本物を持ってきてもらう必要はありませんから。


・・・・


中学生にとって百害あって一利ありのスマホです。

この一利、大切にして行きたいと思います。


・・・


何度も言ってきましたが、

もしもお子さんにスマホを持たせるならば、

「勉強中はスマホを預かる」ことと、

「寝るときはリビングか親の寝室など親の目の届くところで充電をさせること」

の2点は死守してください。

この2点を死守できないと、スマホの豊かな機能の誘惑に

子どもたちが溺れてしましますから!




今日は塾でのスマホの数少ない利点をご紹介しました。

今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-03-25 08:27 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
尾張地区進学高校のプチマインドコントロール
三河地区にも同じことが言えると思うのですが、

名古屋市を除いた尾張地区の進学高校は、

生徒たちにプチマインドコントロールを施します。


「マインドコントロール」という言葉が

ちょっと良いイメージが無いので、

プチなんて言葉をつけて可愛げを出してみました(笑)


それはどのような内容でコントロールするかと言うと・・・

「国公立大学を目指そう」

「国公立大学が良い」

という内容ですね。


大田先生は西春高校出身です。

当時は西春の躍進を支えた先生たちが盛んに

「国公立大学へ行くぞ」とハッパをかけたそうです。


時には

「国公立大学に行けば浮いたお金で
親に車を買ってもらえることもあるだろう」とか

「この不景気で親が仕事を失ったりするかもしれない。
だから国公立大学は親孝行になるぞ」とか

「就職するときに会社の人は国公立と私立だったら
どっちの学生に来て欲しいと思う?(国公立だ)」とか


ある一面は真実ではあるものの、

それ言いきっていいか?ちょっと言いすぎじゃね?

といった感じの内容でゴリゴリと国公立を目指させたそうです。


・・・


少し前の小牧南の生徒たちからも同じことを感じました。

小牧南の生徒たちに進路先をどう考えているかを聞いたときに、

具体的には決まっていないものの、

ひとまず返事は「国公立」だったのです。


お前、決して国公立を目指す努力なんかしてねーじゃん?

お前、不器用で得意な教科に偏りありすぎで私立向きじゃん?


なんて生徒たちだったのですが、

聞けばポンっと「国公立」という返事が返ってくる感じ、

あぁ、プチマインドコントロールだろうなぁなんて思いましたね。


・・・


先日久々に会った現役江南高校生のKさん。

そのKさんに元江南高校生の澤田先生に聞いた

「打倒西春高校」というフレーズと雰囲気は

今も江南高校に本当にあるかどうか聞いてみました。


「先生たちはそう話してくるし、

実際私も西春高校を抜かしたいって思う」



これも「国公立」コントロールとはちょっとズレますが

マインドコントロールがかかっていそうですw


・・・・


「プチマインドコントロール」なんて

ちょっとふざけた感じで書きましたが、

具体的に進路が決まっていない生徒たちにも

早い段階から勉強への気持ちを高め、

学校全体で勉強をする雰囲気を作るための努力なのでしょう。

生徒たちに目標を持って努力をしてもらうために、

わかりやすい目標を繰り返し示して

国公立を目指すように生徒に促すのでしょう。

江南高校では西春を超えるぐらい頑張って

勉強するよう生徒に促すのでしょう。



・・・



学校全体一丸となって国公立を目指す雰囲気で勉強したい

という岩倉市民は、近隣の尾張地区進学校

「西春」「江南」「一宮南」「小牧南」へどうぞ。

(尾北、丹羽はそういう雰囲気薄いかな)

(一宮はTOP校だけどちょっと雰囲気が違うかも)



ちょっとドキっとするフレーズを使って

尾張地区進学高校の特長を書いてみました。


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-03-24 10:21 | 高校の選び方 | Trackback | Comments(0)
岩倉市民の地元感と高校選び
昨日は岩倉から自転車で通うことができる高校について

まとめてみました。

今日も引き続き高校について書いてみますね。


今日は岩倉から距離的には近いのに、

岩倉市民に馴染みの薄い高校について書いてみます。

今日は一例として名古屋市立北高校について取り上げてみます。

昨日のデータをそのまま載せると・・・

名古屋市立北高校5.9キロ(実質7.1キロ)自転車で約36分

です。

比較的近いですよね。

場所は山田高校から少し東寄りにあります。

しかし岩倉市民にとって北高校って

馴染みが薄いと思いませんか?

実際私は岩倉の地で指導を始めてから

北高校へ生徒を送りだしたことがありません。

なぜ北高校は馴染みが薄いのかということを、

私の独断と偏見を交えてお伝えします♪



ポイントは「地元感」だと思うのです。

こちらの地図をごらんください。(クリックで拡大)
e0092453_10513014.gif
















真ん中にある薄くピンクで縁取られた地域が岩倉市です。

その東西南北にはキレイに幹線道路で囲まれています。

東には国道41号線、西には国道22号線、

北には国道155号線、南には国道302号。

大きな幹線道路はそこに住む人々の気持ちの中で

「地元」と「よそ」との境目となることが多いです。

私の中でもそうですね。地図で示した場所が

岩倉の地元感が強いです。

この幹線道路に囲まれた地域を「岩倉の超地元」と勝手に定義しましょう。

(五条川以南はやや地元、合わせて比較的細い
国道155号よりも以北もやや地元と定義しましょうw)

東にはさらに名古屋空港が、西には鉄道が2本通っていて、

南にも一級河川庄内川が流れています。

それらを超えた向こう側は「よそ」感がさらに強いですね。



この勝手に定義した地元地域を出て自転車通学をするには

それなりの理由がいります。

例えば

一宮高校 →地域のTOP校

小牧工業 →一宮工業と組み合わせれる工業高校

尾北高校 →電車でのアクセスがいいので雨の日は電車通学もできる。

このような感じです。


ではタイトルに書いた名古屋市立北高校はと言うと・・・

その理由が無いんですよね。

北高校の合格者平均内申は30前後。

岩倉近くの学校に換算すると、

尾北や岩倉総合と同じ程度です。

ほんの少し内申を下げると小牧や山田があります。

アクセスも国道41号と空港の向こう側にあるため、

実際の距離よりも岩倉市民からの「よそ」感が強いです。


地元感が無く、アクセスもちょっと遠く、

同レベルの高校が近くにたくさんある。

よってわざわざ「北高校」を選ぶ理由がないのです。


同じ理由で稲沢東や一宮興道なんかも

岩倉市民には馴染みが薄いんですよね。



昨日も書きましたが、

こういった学校を選ぶ数少ない理由は・・・

「中学までの友人関係をリセットして
高校デビューをしたい」

かもしれないですね(笑)






今日は岩倉から近いのに馴染みの薄い高校と、

岩倉の「地元感」について書いてみました。

今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-03-23 12:11 | 高校の選び方 | Trackback | Comments(0)
岩倉から自転車通学できる高校10校
昨日は公立高校の合格発表があり、

子どもの受験情報収集のために

2年間このブログを覗いてくれていたという

地域のお母様からお礼のメッセージをいただきました。

余談ばかりのこのブログにお付き合いいただき

ありがたいことです。


そんな方もいるのだなぁと思うと、

もう少し岩倉近隣の高校受験情報を

充実しておいた方がいいだろうなと思い、

早速今日は高校の情報を書いてみることにします。


・・・・・・・・



今日は岩倉からの各高校までの正確な直線距離の情報を。

WEB上の距離計測サービスを使って

直線距離を測ってみました。

便利な世の中です。

実際は直線で行けるわけではありませんから、

自転車で通うことを想定すると、

その距離を1.2倍ぐらいしておけばいいかもしれませんね。


調べながら書きあげてみます。

距離の近い順に書いていきますね。

スタート地点は岩倉駅です。

自転車通学を想定して、

自転車平均速度時速12キロで

推測所要時間も書いておきます。



岩倉総合高校 1.7キロ(実質2.0キロ)約10分

一宮南高校  2.2キロ(実質2.6キロ)約13分

小牧南高校  2.5キロ(実質3.0キロ)約15分

大成高校   2.7キロ(実質3.2キロ)約16分

西春高校   2.9キロ(実質3.5キロ)約18分

一宮工業高校3.0キロ(実質3.6キロ)約18分

小牧高校   4.4キロ(実質5.3キロ)約27分

尾北高校   4.6キロ(実質5.5キロ)約28分

山田高校   5.8キロ(実質7.0キロ)約35分

一宮高校   6.2キロ(実質7.2キロ)約36分

小牧工業高校6.6キロ(実質7.9キロ)約40分


こんな感じでしょうか。

直線距離からの道路の離れ具合や

信号の数などによって所用時間は前後しますけど、

ひとつの目安になるんじゃないでしょうか。


それにしても岩倉市って本当に便利ですね。

北には10万人都市の江南市、

西には38万人都市の一宮市、

東には14万人都市の小牧市、

南には8万人都市の北名古屋市、

さらに南には217万人都市の名古屋市が。

岩倉市が小さいことが幸いして、

岩倉から隣の市までがどこからでもスグです。

濃尾平野のおかげでどこまでも平地。

四方八方が自転車通学圏内。

半径5キロに自転車通学可能な高校が7校、

半径7キロに自転車通学可能な高校が10校。

ほんと、素晴らしい立地です。



・・・・・・


さて、この素晴らしいWEBサービスを利用して、

岩倉市民には馴染みが薄いものの、

実は直線距離がそこそこ近いという高校もご紹介しましょう。


名古屋市立北高校5.9キロ(実質7.1キロ)約36分

春日井西高校6.9キロ(実質8.3キロ)約42分

新川高校7.2キロ(実質8.6キロ)約43分

一宮興道高校7.3キロ(実質8.8キロ)約44分

一宮商業高校7.4キロ(実質8.9キロ)約45分

稲沢東高校8.1キロ(実質9.7キロ)約48分


これらの学校はもう一度友達関係をリセットして

「高校デビュー」をしたい岩倉の生徒にとって

いいかもしれませんね(笑)

このくくりでまた記事書いてみます。


そして、なぜこれらの学校は岩倉から近いのに

岩倉市民にとって馴染みがないかは・・・

また次の機会にお話します。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-03-22 11:58 | 高校の選び方 | Trackback | Comments(0)