愛知県岩倉市北名古屋市に「さくら個別指導学院」ができるまでの奮闘を、書き残していきたいと思います。塾歴18年目、塾長の國立が実況をお送りします!
by sakura-kobetu
塾の詳細はこちらです
■初めてこのブログへ訪れてくれた方は
こちらの記事へどうぞ

■塾の詳細を詳しくお知りになりたい方は
ホームページへどうぞ

■メールはこちらまで
⇒sakurakobetu※
ybb.ne.jp
(※を@にして送信を)
記事ランキング
検索
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
カテゴリ
はじめに
塾日記
その他
塾の紹介
高校の選び方
俺と100冊の勉強本
塾開業
塾移転
勉強の方法
ネットでの調べもの
2014年塾改革
2009年塾改革
個別指導のコツ
最新のコメント
> ひかぽんさん 作り..
by sakura-kobetu at 18:57
その101匹わんちゃんの..
by ひかぽん at 12:35
昨日やられました❗何か悔..
by ヒロシ at 04:21
こんばんは☆初めましてで..
by はひはひ嫁 at 23:43
漫画は書くではなく描くと..
by たつ屋 at 16:05
ブログジャンル
<   2013年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
面談に来て欲しい!
夏の保護者面談の全予定が昨日終了しました。

保護者の方には暑い中足を運んでいただくわけですから、

それに見合う面談ができるようにと頑張りました。

少しでもお力になれていると嬉しいです。


・・・


22歳で学習塾に就職して以来

保護者面談は16年ずっと行なってきています。


断然生徒たちとの年齢が近かった新人時代、

子どもたちの気持ちの理解には自信があったものの、

保護者の方々の子を想う気持ちは

理解できていなかったのではないかと、

振り返ってみて思います。



・・


ここ最近は断然保護者の方と年齢が近くなりました。

時には同い年、年下のお母様もチラホラと。

年を重ねることで新人当初にはわからなかった保護者の方々の

我が子を想う気持ちは理解できるようになってきたのでは

ないかと思っています。


そして、ここがポイントなのですが、

年齢を重ねて40歳を目前にしながらも、

私の著しい精神年齢の低さから、

子どもたちの気持ちの理解が

衰えてきたということはありません(自称)

今でも勉強嫌いで勉強から逃げたい子どもたちの気持ちは

我がことのように痛いほど理解出来ます(苦笑)



私の中で保護者の方の気持ちも子どもたちの気持ちも

年々理解が深まってきていますから、

面談に来ていただければお子さんの学力向上への

いいご相談ができるのではないかと思っております。


今回面談にお越しいただけなかったご家庭も、

是非冬の面談にはお越しください。



・・・


「子どもは地域の大人の多くの手で育つべきだ」


これは

いつやるの?今でしょ!の林先生が

テレビの番組でおっしゃっていた言葉です。

私もそう思います。


お子さんを支える大人の手の中に、

是非私の2本の手も入れさせてください。

保護者と塾とでタッグを組んで、

子どもと対決していきましょう!



・・・・・・・・・


明日は公立小中学校は出校日です。

よって塾の授業は2講(14時半)からのスタートです。

2時に開校しますので、間違えないようにしてくださいね。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-07-31 16:58 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
授業開始時間変更と夏時間を検討中
「小学生にとって4時開始は早すぎて、5時半開始はちょっと遅い」

「中学生が7時開始の5講に偏りすぎて希望時間に来れない生徒がいる」


こんな問題を解決すべく、授業開始時間を早めることを検討しています。

今検討しているのは10分早める時間割で、

4講「17:20~18:40」

5講「18:50~20:10」

6講「20:20~21:40」


といった感じです。


これで小学生問題も、5講集中問題も解決に向かうことを目指します。

年度が変わる来春に実施予定でいます。

(カッコ良く書きましたが、学印個別@京都の岡田先生に

いただいたアドバイスからですw)



あとは夏時間の検討です。

小牧のTO-BE進学スクールでは夏時間が設定してあり、

10分授業開始が後ろ倒しになっていました。



幸い岩倉市内の中学の最終下校時刻だけを

マークしておけばいいわけですから、

当塾でも設定することが可能でしょう。


岩倉市内の中学では例年5月最終週から7月の終業式までの

8週間が最終下校時刻18:30となっています。

例えばこの8週間の間だけ5講6講だけ15分後ろ倒して・・・

5講「19:05~20:25」

6講「20:35~21:55」


なんてことも出来ると思います。


微妙なスタート時間ですが、

「最終下校時刻から5講授業開始時刻までをなるべく長くとってあげたい」



「6講の終了時刻はなんとか22時前に終わらせてあげたい」

という想いの合わさった時間帯ですw



来春変更予定でいます。

お越しいただいているご家庭は

新しい時間帯後の通塾時間帯を

検討してみてください。


一部の生徒によっては時間変更が改悪に

なってしまうこともあるかもしれませんが、

どうかよろしくお願いします。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-07-30 14:05 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
1枚1枚服を着る
今日から夏期講習が本格稼働しております。

中3向け受験対策授業をスタートをしました。

朝から夜まで慌ただしく過ぎていきましたね。


今日は講習受講が後半にさしかかった家庭に

授業の報告をするためにお電話をしました。

先日も1件お電話をしたのですが、

実は講習生へのこういった授業の報告のお電話は

とても久しぶりのことです。


・・・


久しぶりになってしまった経緯は一応ありまして、

良かれと思ってお電話をしたのに、

「入塾勧誘されてなるものか」と報告の電話に対して

過剰に身構えるご家庭が以前いらっしゃったのです。

「こんな思いをするぐらいならば、

講習を受講してもらってフラットな状態で選んでもらおう」

なんて都合のいい言い訳を作って

報告の電話をしなくなってしまっていたんですよね。


・・


この思いを最近思い直し、

ここ最近2件講習生のご家庭へお電話をしてみて

気がついたことなどをお伝えしましたら、

とても喜んでいただけました。


そりゃそうですよね。

子供からの報告だけでは

わからないことがたくさんあるわけで、

本当に塾を検討している家庭からしたら、

授業の報告は情報が増えて嬉しいでしょう。



こうやって電話をしてみて、

ご家庭に喜んでいただけると・・・

「なぜ今まで電話をしてこなかったのだろう?」

「電話して状況報告をした方がいいに決まってるじゃないか」

なんて思うんですよね(苦笑)



時と共に私は知らぬ間に1枚1枚衣服を脱ぎ棄てて

裸の王様状態になっていたわけです。

ゆっくりじっくりと衣服を脱いでいったのでしょう。


初心に戻り、1つ1つ大切にしていって、

脱ぎ捨てた衣服を1枚1枚着ていきたいと思います。




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-07-29 23:31 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
インド商人と戦うために
OFFです。

余談を。



今年の秋休みには講師たちとインドへ遊びに行く予定です。

海外旅行が好きで毎年どこかへ行くようにしているのですが、

私がペラペラと英語を操ることができるわけもなく、

現地の人との会話は片言英語でなんとか凌いできました。

もう少し現地の人たちと会話ができるといいなぁ

なんていつも思っているのですが、

そんな私にぴったりなものを先日見つけてきました。


こちらです。
e0092453_214023.jpg

















e0092453_2323379.jpg



















「グロービッシュ」というものです。

なんとなく噂は聞いていました。

気になって先日本を買ったところです。


アマゾンに書いてあったグロービッシュの紹介文です。


日本初のグロービッシュ公式本がついに登場!

●いま話題の非ネイティブの英語術「グロービッシュ」
 ・いまや世界の英語の7割以上が、非ネイティブ同士
 ・そこで求められるのは「伝われば十分」の英語
 ・「完璧な英語」を目指す不毛な努力はもうやめよう!

●グロービッシュなら、非ネイティブでも1年で習得可能
 ・単語は1500語とその派生語だけ
 ・文章は短く、15語以内に 
 ・発音よりも、アクセントに注意せよ!

●この本自体もグロービッシュで書かれています!
 ・英語・日本語、左右1ページずつの対訳形式
 ・英語はグロービッシュで書かれています
 ・単語リストも収録。学習教材に最適!

世界中で読まれているバイブル、日本初上陸!



限られた英単語、限られた英文法を使って

短い文章で思いを伝える。

非ネイティブのための英語なのだそうです。

短いフレーズで的確に英語で思いを伝える良い練習になりそうです。


インドではまさに非ネイティブ同士の英会話が繰り広げられます。

タフなインド商人たちと交渉で戦うためにも、

グロービッシュをちょっと学んでみようと思います♪




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-07-28 23:03 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
真面目な子には幸せになってほしい
先日新規面談をした生徒に見せてもらった

通知表でとても珍しい成績のつき方がありました。

このような通知表です。

e0092453_15194924.gif










同業の方ならおわかりになると思いますが、

とても珍しい評価のつき方です。

しかもこれと同じ評価が主要教科で2教科ありました。


二重丸がついている一番上の欄は授業態度・提出物を示す欄です。

その下の空欄になっている欄は教科内容の理解度を示す欄です。


すると、この成績のつき方は・・・

「教科の理解は著しく低いけど、あなたの前向きな態度をしっかり評価してます!」

ということなんですよね。



なんと真面目な子なのでしょう。

おそらく、下3つの欄が空欄になってしまっているということは、

授業では何を言っているのかがほぼわからないはずです。

普通の子ならばやっていることがほぼわからないとなると

サジを投げてしまうことが多いです。

わからなすぎて退屈になると友達としゃべったり。寝てしまったり。

蓄積するわからないストレスをどこかで解消するのです。

これが多くの生徒達、いや人間の自然な行動だろうと思います。


しかしこの子はわからないこと多いけれどわからないなりに

しっかりと授業に参加し、提出物もしっかり出しているという

真っ直ぐな姿勢を持っています。

そしてその姿勢が教科担当の先生の心に届いているのです。


「普通ならば1がつくところだけど、これだけ真面目な取り組みをするこの子に

1をつけるのは忍びない。前向きな姿勢を評価して2をつけよう」

教科担当の先生方はこんな想いでつけてくれたのではないかと推測します。



こういう子は最終的に幸せになると信じていますし、

最終的に幸せになるよう力になりたいと思ってしまいます。

真面目な人柄というのは周りの多くの味方をつけて

本当に最終的に幸せになっていくのでしょうね。


独学で勉強をしてきたという講習生の子ですが、

縁があれば秋から本格的に力になりたいです。

こういう子の力になるために塾は存在しているのだから。





目の覚める真面目な通知表を見せてもらい

とても嬉しい気持ちになりました。

そんな嬉しい気持ちのおすそわけとして

ここに記しておきますね。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-07-27 15:40 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
新設「大成高校英語留学コース」を探る
岩倉市から一番近い私立高校である大成高校に、

来春から「英語留学コース」が新設されることになりました。

保護者の方からこのコースについていろいろと質問

がありまして、昨日大成高校の方に電話をして聞いてみたら・・・


本日渉外部の井上先生と国際理解部の堀場先生に

このコースの説明をするために塾まで足を運んでいただけました。

ありがたいことです。このコースへの大成の意気込みを感じますね!


大まかなことは大成高校のHPの方で見ていただくとして、

大成の先生に話を伺って、

私がこのコースについて気になった点について書きだしてみます。



■1年間の留学を含めて3年間で卒業できる。

→女の子とかは特に学校を休学して1年留学するということに躊躇するようです。

留学も含めて3年で卒業できるというのは魅力かもしれませんね。

清林館の国際コースは留学せずに日本で学び続けることが選択できますが、

大成のこのコースは必ず1年の留学に行くことになっています。



■留学開始が1年生の8月からで、2年の7月に帰国。

→とても早いスタートで、なんでも留学の書類の準備は入学前から始まるそうです(笑)

帰国してじっくりと大学入試に向けた指導ができるようにと可能な限り早めたそうです。


■留学先はカナダのカルガリー。

→オーストラリアやニュージーランドが留学先として多く使われますが、

アメリカンイングリッシュや北米の文化を学んで欲しいという思いや、

治安の面など検討してカナダのカルガリーになったそうです。

カルガリーの教育委員会と連携をとって行う留学で、

1校に2名程度ずつで、宿泊はホームステイとのことでした。



■留学費用は総額350万円。

→そのうち200万円は学校から無利子の貸付を受けることができるそうです。

在籍中に返済してもらうというものだそうです。

すると少なくとも自前で150万を用意する必要があるわけですね。

私立高校に3年間通う費用にプラス350万円費用がかかると

いう状況ですね。


■定員は20名できめ細やかな指導。

→特進コースのラトナディアコースが英語の授業が週に7回あるようですが、

留学コースは週に15回英語の授業があるそうです。

そのうち5回がネイティブの先生の授業で、20名を2クラスに分けて行うそうです。

入学後4ヶ月間の準備で海外へ行けるように、万全を期するということでしょう。




■部活動は実質できなさそう。

→できないとは明言されませんでしたが、忙しいコースのようです。

実質できないと思ってもよさそうですね。まだわかりませんが。


■推薦入試が募集のメイン

基本的に推薦入試で入学を決めて欲しいようです。

ちょっと特殊な指導内容ですからね。

覚悟を持って「この学校で学びたい」という生徒を迎えたいのでしょう。

このコースの一般入試の申込用紙は学校主催の説明会での配付に限るそうです。

公立進学希望の生徒がフラッと滑り止めに受けてみようということは

できないようになっているようです。





こういったところでしょうか。

英検準一級を目指すとか、海外の大学へも送りたいとか

ありましたが、これらはまだわかりませんからね。

実際の生徒たちの結果が出てからまたレポートしたいところです。



・・・・・・・・・・・


岩倉近隣で英語に特化した高校進学先というと、


・公立尾北高校国際教養科

・私立清林館高校国際コース

・私立名城高校普通科国際クラス


あたりですよね。

ここに大成高校の英語留学コースが加わります。

大成の英語留学コースをあえて選ぶ時というのは・・・


・海外に留学をしたい
・真面目にやりたい
・通学は近いほうがいい


というときでしょうか。


来春から始まる新しいコースですから、

まだ未知数の部分たくさんありますが、

私がブレずに皆様にお伝えできる大成高校の特色は

「とても真面目で一生懸命な学校」であるという点です。

この新設コース、期待しても良いかも!

・・なんて私は個人的に思っています。



全員が留学をするというこのコースの受験は、

事前に学校の説明会に参加したり個別面談をしたりで

大成の先生と話をした家庭に限るそうです。

「話が違った」なんてことになると困るからでしょうね。

受験を検討されるご家庭は直前でバタバタせぬよう、

説明会に参加されることをおすすめしておきますね。

(次回は10月12日だそうです)




さてさて、

また大成高校の回し者臭がしてきました(笑)

このへんにしておきたいと思います。



今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-07-26 18:13 | 高校の選び方 | Trackback | Comments(0)
腑に落とす
「ほら、いつも言ってるじゃない」


この台詞は最初の入校面談で、

私がその子の勉強の取り組みの弱点を指摘してる時の

お母様の合いの手です(笑)


そうです。

お母様が勉強について正しいことを

言っていることはとても多いです。

しかし、

血が繋がっている間柄からのこういった指摘は

子供からしたらとても聞き入れにくいんですよね(苦笑)



たとえば

「携帯が手元にあったら気になって勉強にならないでしょ?
勉強のときには私に預けておきなさい」


という台詞。

ぐうの音も出ないぐらい正論です。正しすぎます。


しかし、

日々の生活の細々とした子供への指摘に混ぜてこの台詞を入れてみると・・・


「靴下脱ぎっぱなしじゃない。ちゃんと洗濯機に入れておきなさい。」

「また部屋が散らかってる。ちゃんと片付けなさい。」

「いつまでゲームやってるのよ。宿題やったの?」


「携帯が手元にあったら気になって勉強にならないでしょ?
勉強のときには私に預けておきなさい」

「もっとちゃんと食べなさい。おやつばっかり食べてるから食べれないのよ」


いかがですか?

子供からの「わかったよ母さん。気をつけるよ」

という台詞がイメージできませんよね(笑)


指摘の一つ一つが正しいのですが、いかんせん心配する気持ちが大きすぎて

少々細かく言い過ぎてしまうのでしょう。

相手は感情のある生き物なのでこのへんが難しいです。


親からのとても貴重な勉強へのアドバイスも、子供からしたら

「うるさいなぁ~。わかったよ。もういいってば。」

というリアクションをする一つの言葉になり下がってしまっている

ことが多々ありますね。



・・・


ここで血の繋がりが無い第三者である私たち塾人の登場です。

学習指導を生業としている私たちがお母様と同じことを伝えます。

すると、子供たちは

「あ、いつもオカンから言われてたけど、
プロが言ってるしどうやら本当なんだな。
今度から気をつけようかな・・」

と思うこともあるでしょうね。


お母様が我が子を心配して日々声をかけている

学習アドバイス内容に重みをつけて、子供たちの腑に落とす。

これは塾人の大切な役割でしょうね。



・・


だからと言っていつも母親の味方になるわけではありませんよ。

時にはお母様のおっしゃることの反対のことを話して

子供が「ほらぁ~」なんて母親に言う場面もありますねw



冷静に第三者となって、様々な学習アドバイスを

子供や保護者の腑に落とせるようにしたいです♪




今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-07-25 09:30 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
中3生募集停止
本日今年度の中3生の募集を締め切りました。

予定人数を超えて中3生の夏期講習の申込があり、

皆が継続して入校することになると、予定以上の

中3生の人数になってしまいそうです。

切りよく7月末までの募集にしようかとも

思っていましたが、これ以上お越しいただくと

困るので、急遽募集停止です。

ありがたいことです。



今日も問い合わせが3件ありました。

まだ動きますね。

他学年はまだまだ募集しています。

夏期講習も受講日時を相談させてもらえるならば、

まだまだ受講可能です。

迷っている方、是非お越しください!



しばらくショートな記事で失礼します!

今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-07-24 19:32 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
1つ1つ確実に。1つ1つ大切に。
夏期講習がスタートしました。

面談ラッシュも一区切りついて、

これで教務に専念できるか・・・

と思っていたのですが、

まだ問い合わせがあるんですよね。

本日2件ありました。


確かに過去の問い合わせのデータを見ても、

個別指導ですから7月末まで動く傾向が

ありました。今年も例に漏れないようです。


それにしても今年は問い合わせが多いです。

講習受講生も多いです。

おそらくどちらも過去最高の数字じゃないかと

思っています。

この好調な理由を考えてみたのですが・・・

特に思い当たりません。

思い当たるとするならば、

「1つ1つ確実に。1つ1つ大切に。」

ということを全ての塾の業務に心がけたことぐらいでしょうか。

ひきつづき心がけていきます!



皆にとって良い夏となるように、

しっかりと指導させてもらいたいと思います。



・・・


おかげさまでというかなんというか、

問い合わせやら面談が落ち着かないので

中3向けの講習講座準備がまだ完了していません。

明日もその準備を午前から仕事に取り組みたいと思います。

(嬉しい悲鳴です)



ショートですが、

今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-07-23 22:24 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)
和田奈良
OFFです。

余談を。

(いや、余談じゃないかな?)



個別指導塾は講師たちとのチームワークが大切です。

個別指導塾では講師たちが最前線の授業に入りますから

講師たちと教室長との連携が取れているかどうかが

生徒の成績に直結すると言っていいと思っています。



授業報告の内容に不明点や不安な点があれば

私はすぐに講師と話をするようにしています。

講師も授業を行っていて心配なことが出てくると

私のところへ相談に来てくれます。

こういったやりとりが自然にできるかは

講師との信頼関係が築けているかどうかに

かかっているのではないかと思っています。



・・


こんな背景もあって、

私は講師たちと信頼関係を築くためにも

精力的に講師たちと遊びに行っています。

(カッコ良く書いてますがただ楽しんでいるという噂もw)



何をして皆で遊ぶかは、来てくれている講師が

どんなこと興味があるかで決まってきます。

まぁ、皆で飲んでる時とかにワイワイと

流れで決めるんですけどね(笑)

講師の名前の後に行う行事をつけて

講師交流ノートで告知をして参加者を募ります。

私や澤木先生がいち早く参加者欄に記入をして

他の講師が書きやすいようにしておきます。

そんな小技を挟みつつ参加者を集めて遊びに行きますね。



過去には・・・

久世・夏フェス
e0092453_21344840.jpg

















澤木・男ナイト
e0092453_21352636.jpg

















子安・釣り(元生徒ww)
e0092453_21361733.jpg


















諸岡・野球観戦
e0092453_213805.jpg
















その他、

久世・ラーメン

竹浦・温泉

森・秋葉原

久世・ダイビング

樋口・サイクリング

などなど、


中には企画段階で今も眠っている企画もありますが、

その遊びが得意なその講師にリーダーとなってもらって、

皆で遊ぶ企画を定期的に行っています。

(廣瀬先生と私だけで行った

廣瀬パチンコなんていう幻企画もw)



・・・


そんな講師企画シリーズ、

次の講師企画は・・・

歴女和田先生による

「和田奈良」です。

好きな時代は奈良時代平安時代という

和田先生に引率してもらい、

奈良へ寺や仏像を見に行こうという企画です。


この企画がヒットしまして、

今日までの参加予定講師が全員で11名です(笑)

1泊で行くのですが、1日だけでも参加したいと

2日目から杉下先生と滝川先生が現地で合流予定です。


ちょっと大きな企画になってきたので、

皆で手分けして準備を行っています。


巡る寺選びやルートは和田先生担当。

宿や交通機関の手配は澤木先生担当。

歩き疲れた時に立ち寄るオシャレカフェ探しは大田先生担当。

宴の店と締めのラーメンの店選びは私の担当(笑)


楽しみですね。

9月に行ってきますので、

またそのときに報告します♪


・・・・・・・・・・・・・・


さて、明日から夏期講習が開始です!

(1ターム目は午後2時半からの開校です)

気合を入れていきましょう!


今日はこのへんで。

それでは。
[PR]
by sakura-kobetu | 2013-07-22 22:08 | 塾日記 | Trackback | Comments(0)